HOME » » ふくたんからのお知らせ » 【授業紹介】生活支援技術Ⅰ-①(介護福祉専攻1年)

【授業紹介】生活支援技術Ⅰ-①(介護福祉専攻1年)

◆科目名:生活支援技術Ⅰ-①

◆授業担当:坂井 亜紀 先生


生活支援技術Ⅰ-①では、4月~5月にかけ全8コマ(4日間)の講義を非常勤講師の坂井亜紀先生(老人保健施設みどり苑管理栄養士)より受けました。

この科目の学習教育目標は、身体的機能と栄養学的基礎知識を理解し、食生活支援を実践するための技術を修得することです。

初日は、授業テーマが「調理の基本」「疾病予防と食事」でした。

衛生管理の方法から始まり、お米のとぎ方、煮干しだしのとり方、野菜のいろいろな切り方、青菜のゆで方、減塩調理の工夫、食物繊維を摂る工夫について学びました。

宮城先生1.jpg

2日目は、授業テーマ「介護食の工夫を知る」。

料理を柔らかく仕上げる方法や、のど越し良くする方法、蒸し料理のポイントを学んでいました。

宮城先生2.jpg

3日目は、「食文化を知る」。節句食について、揚げ物料理のポイントについて学びました。

宮城先生3.jpg

最終日は、「食事の基本」「献立の成り立ちを知る」でした。主食、主菜、副菜の割合や食材や色彩の組み合わせについて学びました。

宮城先生4.jpg

学生は、6つのグループに分かれ、1食分の献立を考えたり、食材を切ったり、レシピの中の調味料を計測スプーンで換算したり、食品成分を考えたり、盛り付けに工夫を凝らしていました。

しっかりと先生の話に耳を傾け、チームメンバーで協力しながら楽しそうな表情で調理している姿が印象的でした。


2年次の訪問介護実習では、実際に利用者の食事の要望を確認して、食材の買い物や、材料を切りお味噌汁、肉じゃが、野菜いため、また卵焼きを作ったりしています。
今回の授業で修得した知識をこれからの食生活支援の実践の場で活かし役立ててほしいものです。

宮城先生5.jpg



介護福祉専攻 宮城和美

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.