HOME > 富山福祉短期大学について > 建学の精神・教育理念・教育目的・教育目標等

建学の精神・教育理念・教育目的・教育目標等

建学の精神

1 質実にして明朗な人格形成
1 専門的な学問とその応用を通して社会に貢献する人格形成

教育理念

富山福祉短期大学は、より時代のニーズにあった高度な専門性を高める教育機関であると共に、人間としての素養・教養を高め、個性・自主性を重視し、知行合一を基本に実践躬行を以って、より良き社会の形成に自ら貢献出来る人材育成を期する。

教育目的

本学は、教育基本法及び学校教育法の定めるところに従い、深く専門の学芸を教授研究し、知性・教養を高め、職業及び実生活に必要な能力を養い、もって社会性・創造性豊かな人間形成を図ることを目的とする。

教育目標

つくり、つくりかえ、つくる。

教育目標 つくり、つくりかえ、つくる。 福祉・看護・教育に関わる『私』という自己像を描く皆さんにとって、本学はそのことを実現していく場所です。 私たちは、自分のよさや可能性を固定せず、『私』を「つくり、つくりかえ、つくる」という不断の過程をつくり続けることを目標にしています。 この目標には、ゴールがありません。常に「今を乗り越えていく」こと自体が目指されるのです。 『「つくり、つくりかえ、つくる」という共に生きる過程を生きること』を目指すのです。 そのような不断の自己形成によって、不透明な時代、ゴールが見えない時代を他者と共に喜びを分かち合い、共感し、前向きに生きる在りようが開かれていくと考えます。 更に、「福祉」を根底に置く本学で学ぶ皆さんには、そのような在りようと感覚を身に付け、社会性・創造性豊かな『私』になることが求められているのです。

教育方針

専門知識・技術の修得

専門職として生きる「私」をつくり続ける。個々の「私」の知的要求に応え、専門知識・技術を深く探究できる環境をつくり出す。

学生主体の学び

学ぶ主体である「私」をつくり続ける。個々の「私」の主体的な学びをサポートし、その主体的な課題追究のプロセスを援助する。

コミュニケーション
スキルの修得

福祉の基本的スキルであるコミュニケーション能力を高める。他者との関わりによって「私」をつくり続けていくように援助する。

ディプロマポリシー

  1. 人を理解するための幅広い教養と専門的な知識を持ち、専門職として人を支援するための基本的技術を有している。
  2. 専門職として人権を尊重する高い倫理観を有し、専門的な知識を活用しながら、保健・医療・福祉・教育の関連職種と連携して、主体的に問題を解決する能力を有している。
  3. 人や地域社会とあたたかい関わりをもち、円滑な人間関係を築き上げるコミュニケーション能力を有している。
  4. 専門職として、よりよき社会の形成に自ら貢献する生涯学習力と実践力を有している。

社会福祉学科

  • 人を理解するための幅広い教養と福祉に関する専門的な知識を持ち、福祉の専門職として人を支援するための基本的技術を有している。
  • 福祉の専門職として人権を尊重する高い倫理観を有し、専門的な知識を活用しながら、保健・医療・福祉・教育の関連職種と連携して、主体的に問題を解決する能力を有している。
  • 人や地域社会とあたたかい関わりをもち、円滑な人間関係を築き上げるコミュニケーション能力を有している。
  • 福祉の専門職として、よりよき社会の形成に自ら貢献する生涯学習力と実践力を有している。

社会福祉学科ディプロマポリシー

看護学科

  • 人を理解するための幅広い教養と看護に関する専門的な知識を持ち、看護の専門職として人を支援するための基本的技術を有している。
  • 看護の専門職として人権を尊重する高い倫理観を有し、専門的な知識を活用しながら、保健・医療・福祉・教育の関連職種と連携して、主体的に問題を解決する能力を有している。
  • 人や地域社会とあたたかい関わりをもち、円滑な人間関係を築き上げるコミュニケーション能力を有している。
  • 看護の専門職として、よりよき社会の形成に自ら貢献する生涯学習力と実践力を有している。

看護学科ディプロマポリシー

幼児教育学科

  • 保育や教育の基礎知識、あるいはその対象についての幅広い知識を有し、また保育の基本的な技術を有している。
  • 保育者の社会的責任についての理解のもと、子どもが最善の利益を得られるよう保育・教育の計画を立案・実施する基礎的な力を有している。
  • 子どもと信頼関係を築く力を有している。また、保護者との初歩的なコミュニケーションをとる力を有している。
  • 保育者として、よりよき社会の形成に自ら貢献する生涯学習力と実践力を有している。

幼児教育学科ディプロマポリシー

カリキュラムポリシー

  1. 教育課程編成の基本方針
    教育目標を踏まえ、専門職業人として必要な基本的態度・習慣、人間性を身に付け、専門職として必要とされる専門知識、判断力、技術を修得できるように教育課程の枠組みを「総合科目」と「専門科目」とで構成している。
  2. 科目群の構成
    (1)総合科目
    総合科目は、地域社会に貢献できる専門職としての土台となる幅広い教養を身につけ、人権を尊重する倫理観および主体的な学びの態度を涵養(かんよう)し、コミュニケーションスキルを習得するための科目群から構成される。
    (2)専門科目
    専門科目は、専門知識や隣接関連領域の理解および専門職としての技術を習得するための専門科目群から構成される。

社会福祉学科

社会福祉学科は、「教育目的」を達成するために、以下のようにカリキュラムを組み立てている。

社会福祉学科ディプロマポリシー

看護学科

看護学科は、「教育目的」を達成するために、以下のようにカリキュラムを組み立てている。

看護学科ディプロマポリシー

幼児教育学科

幼児教育学科は、「教育目的」を達成するために、以下のようにカリキュラムを組み立てている。

幼児教育学科ディプロマポリシー

アドミッションポリシー

  1. 福祉、看護、保育・教育に興味や関心があり、学ぶ意欲と常に自己を高めようとする意識を有する人。
  2. 自らを律し、他人や地域・社会の役に立とうとする意識を有する人。
  3. 思いやりの心を持ち、円滑なコミュニケーションをとる努力ができる人。

社会福祉学科

  1. 福祉に対する興味や関心があり、福祉を学ぶ意欲と常に自己を高めようとする意識を有する人。
  2. 自らを律し、他人や地域・社会の役に立とうとする意識を有する人。
  3. 思いやりの心を持ち、円滑なコミュニケーションをとる努力ができる人。

看護学科

  1. 看護に対する興味や関心があり、看護を学ぶ意欲と常に自己を高めようとする意識を有する人。
  2. 自らを律し、他人や地域・社会の役に立とうとする意識を有する人。
  3. 思いやりの心を持ち、円滑なコミュニケーションをとる努力ができる人。

幼児教育学科

  1. 保育・教育に興味や関心があり、保育・教育を学ぶ意欲と常に自己を高めようとする意識を有する人。
  2. 自らを律し、他人や地域・社会の役に立とうとする意識を有する人。
  3. 思いやりの心を持ち、円滑なコミュニケーションをとる努力ができる人。

「つくりかえ」のサポート

本学の教育目標と「福短マトリックス」

本学では、建学の精神のもと、「福祉の心」を根底に置き、人々の「幸せ」をサポートする人材育成を目指しています。 そのため、本学では「つくり、つくりかえ、つくる」学習環境づくりに力を入れています。 今の自分のよさや可能性を固定することなく、学びを深めながら自分自身を高めていく過程を、切れ目なく作り続けるため、トータルな指導・環境づくりを行っています。

福短マトリックス図

▲クリックすると拡大します

福短マトリックスと「週フォリオ」

 教育目標である「つくり、つくりかえ、つくる」の実現に向けて、定期的に「週フォリオ」を記入する時間を設けています。 自由テーマや学科・専攻ごとに指定されたテーマに沿って、今の想いを記入し、各AD(アドバイザー担当教員)に提出します。 ADは、週フォリオをもとに面談などを行うことで、学習支援や学生生活支援に活用しています。


学長の言葉 >>

福祉短大学長 北澤 晃のブログ
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
リレーメッセージin看護
ふくたん日和(教職員ブログ)
ふくたん学生レポート(学生ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
学校法人 浦山学園 学園創立50周年特設ページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.