HOME » » ふくたんからのお知らせ » リレーメッセージin看護―135

リレーメッセージin看護―135

こんにちは! 看護学科の高田です。

いよいよ梅雨入りいたしました。寒暖差の激しさに体調を崩しそうになることもありますが、皆元気に学んでいます。

 4月入学した1年生は、聞きなれない新しい言葉が飛び交う学習環境の中で、学生同士でともに学びあい、一歩ずつ自分の中に知識と看護技術を取り入れ、自分の看護を生成しています。

 若さと知る喜びを学生さんから感じ、私自身も学習を楽しんでおります。



ところで、今回も基礎看護技術の講義についてです。

 フィジカルアセスメントPart 2    

本日は、腹部と運動器のフィジカルアセスメントを演習で行いました。入試説明会にいらしていた高校の先生方も授業の参観をされ、緊張しながら授業をやらせていただきました。

看護リレーメッセージ135-1.JPG
看護リレーメッセージ135-2.JPG

 フィジカル(身体)の状態を理解するための方法を、フィジカルイグザミネーションといいます。

ちなみに、人が体を動かせるのは何が作用していると思われますか?

骨と筋肉です。それをコントロールしているのが神経です。筋肉はその中でも骨格筋といわれるもので、骨の先端につき、収縮と弛緩をしながら、骨を動かしています。私たちは、それがあって食事をしたり、トイレにいったり、スポーツができたりします。

全身のため、学生はその部位の筋肉(例えば、筋肉は全身で400ぐらいあります、無論医師ではないので、生活に必要な筋肉でよいのですが)や骨さらに関節や神経の名称や作用を4月からの解剖生理学を通して学びつつあります。その土台の上に今回の学習が積み重なることになります。

看護学生の学習の難しさはそこにあり、たいへんな学習に取り組んでいることになります。今回の演習での学生の声です。

 ・関節可動域の測定が難しい。解剖生理学とのつながりを感じた。

 ・関節の動きがよくわかった。正常を理解して、異常がわかるようにしたい。

未知なる領域に足を踏み出し、驚きと困惑の演習ですが、とまどいにならず、学生の「わかったぁ」がどんどん広がる授業を作り上げたいと思わされた時間でした。

 学生さんと教員でともに『つくり、つくりかえ、つくる』を目指して、看護師としての自分を学生さんが自ら作り上げられる授業を進めていきたいと考えています。

看護リレーメッセージ135-3.JPG
看護リレーメッセージ135-4.JPG

アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.