HOME » » ふくたんからのお知らせ » 第15回介護福祉研究発表会が行われました!(介護福祉専攻)

第15回介護福祉研究発表会が行われました!(介護福祉専攻)

11月22日(水)、介護福祉専攻2年生が「介護福祉研究発表会」を開催しました。


■科目名:介護福祉研究

 (担当教員:宮嶋潔准教授、中野愼夫教授、成瀬優知教授、毛利亘講師、宮城和美助教)


■授業科目の学習教育目標の概要:

自身で研究テーマを決定し、1年間を通して福祉に関する研究を、AD教員の指導をもとに取り組み、課題解決や実践現場のプロとしての研究法を身につける。

HP_H29介護福祉研究発表会1.jpg



今年度は5グループによる研究が行われました。現在の社会や介護現場を取り巻くさまざまな問題に焦点をあて、介護福祉士をめざす学生ならではの視点から調査研究が行われました。


≪研究発表一覧≫

「高齢者施設利用者の余暇の過ごし方について

 ~個別計画では利用者1人1人が望むレクリエーションが取り入れられているのか~」


「介護におけるコミュニケーションスキルの向上に向けた検討

~介護を目指す若者に欠けているスキルとは~」


「日常生活自立度と認知症周辺症状との関連性~介護保険利用者において~」


「ボランティア活動における苦情の解決案に関する考察」


「人手不足から響く介護職のストレスの実態

 ~バーンアウト尺度を用いたアンケート調査から~」




発表はパワーポイントを用い、丁寧に分かりやすく伝えました。研究内容は、施設や利用者の方、学生へのアンケートをもとに分析され、学生はその結果をもとに考察や提案を行いました。

また考察では、今回の研究を通して学んだことだけでなく、反省点や新たな課題を挙げるグループもありました。

HP_H29介護福祉研究発表会2.jpgHP_H29介護福祉研究発表会3.jpgHP_H29介護福祉研究発表会4.jpg

質疑応答では学生や先生方から多くの質問があり、発表者は研究を改めて振り返り回答していました。

HP_H29介護福祉研究発表会5.jpgHP_H29介護福祉研究発表会6.jpg

発表後には、各先生方より講評をいただきました。

「しっかりと研究をおこなう養成校は、大学と短期大学ぐらいです。自分たちは2年間短大で基礎知識・技術を学び研究として発表した!ということを誇りに思ってください。今後はこの経験を活かして、介護福祉士の重要性や意義について社会にぜひアピールしていってください。(宮嶋専攻長)」

HP_H29介護福祉研究発表会7.jpg
「研究とは、解決する問題の原因を探り、解決法を見つけ、評価するという作業です。これは特別なことではなく、これから社会でみなさんが考える方法です。また、グループワークでは協調・連携・分担を大切に、自分の役割も学ぶ機会になったと思います。聴いている人にも伝わる発表を心掛けて、これからもがんばってください(中野教授)」

「2年生はとても苦労していましたが、2年生以上に1年生には来年がんばってほしいと思います。発表の時は、噛み砕いて説明をするよう気をつけてください(韓准教授)」


「今後も、現場で疑問に思ったことを研究してほしいと思います。その際は、数値化するなど客観的な根拠をもたせ、丁寧に・正確にを心掛けてください(毛利講師)」

「想像以上にレベルが高くて驚きました。4月からがんばった成果が良く表れていたと思います。実習中に感じたことに関連したテーマがほとんどでしたが、これらは就職してからに繋がることばかりです。ぜひ現場に活かして改善に努めてください。(宮城助教)」



先生方からの講評の後に、優秀賞の発表がありました。
優秀賞のみなさんには、宮嶋先生より賞状が手渡されます。

【優秀賞】 おめでとうございます!!


HP_H29介護福祉研究発表会8.jpg発表テーマ:「介護におけるコミュニケーションスキルの向上に向けた検討

~介護を目指す若者に欠けているスキルとは~」




≪優秀賞を受賞した学生の感想をご紹介します。≫
(村田 京香さん)

とても嬉しいです。研究は大変でしたが、指導教員の中野先生の力を借りてがんばることができました。ありがとうございました。


(番口 友絵さん)

はじめての研究で大変でしたが、優秀賞をいただけて、がんばってよかったです。


(サルティン・マリアテリス・ヘンミレアさん)

研究になかなか参加できない時もありましたが、グループのみんなとがんばってよかったです。


(小嶋 佑也さん)

まさか優秀賞をいただけると思っていなかったので、びっくりしました。グループのみんなに感謝したいです。



(梶浦 一幸さん)

優秀賞をいただけて、よかったです。良い経験になりました。ありがとうございました。




学生たちはこの調査研究活動を通して、様々な気づきや仲間との協力の大切さ、達成感を経験することができたと思います。4月から介護福祉士として介護現場で活躍することになると思いますが、この研究で学んだことを活かし、頑張ってほしいと思います。


アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.