HOME > 在学生の方へ > 資格取得・進学に関すること

資格取得・進学に関すること

指定科目により取得できる資格

社会福祉士国家試験受験資格

社会福祉専攻学生で指定科目を履修して卒業し、指定施設で2年以上の「相談援助」の 実務に就くことで受験資格が得られます。

介護福祉士国家資格

本学の介護福祉専攻で指定科目を履修して卒業要件を満たせば、介護福祉士資格を取得することが できます。

保育士国家資格

本学の幼児教育学科で指定科目を履修して卒業要件を満たせば、保育士資格を取得することが出来ます。

幼稚園教諭二種免許状

本学の幼児教育学科で必修科目を履修して、卒業要件を満たせば、幼稚園教諭二種免許状を 取得することが出来ます。

看護師国家試験受験資格

本学看護学科の卒業要件を満たすことにより、看護師国家試験(毎年2月末に実施、 3月末に合格発表)の受験資格を得ることができます。(本学看護学科は、文部科学大臣が指定する 看護師学校としての指定を受けています。)
なお、看護師国家試験に合格後、看護師籍に登録することにより看護師免許を得ることができます。

社会福祉主事任用資格

「社会福祉主事任用資格」とは、各地方自治体の福祉事務所に従事する社会福祉主事等の 公務員(ケースワーカー等)に任用される際に必要とされる厚生労働省が定めた資格基準であり、社会福祉 施設職員等の資格に準用されています。
本学の社会福祉学科・幼児教育学科を卒業することで取得できます。特別な試験等はありません。

指定科目履修により任意で受験できる資格

「訪問介護員(ホームヘルパー)2級」資格

この資格は、都道府県知事の指定を受けた、養成研修を受講することにより認定される資格です。
本学の社会福祉専攻は、この指定受けています。相談援助現場実習Ⅰを履修する学生は、この研修を受講することが望ましい。

※制度改正により研修が変更になることがあります。

健康管理士一般指導員受験資格

「健康管理士一般指導員」資格は、生活習慣病の原因・発生機序からそれを予防する為の 栄養・運動・環境・メンタルヘルス等を身体と心の両面から総合的に学ぶ為、個々にあった健康管理が実践でき、 またその知識を普及・啓発・指導が出来る資格です。
資格認定は、特定非営利活動法人 日本成人予防協会と財団法人 生涯学習開発財団が行っています。 医療福祉施設での健康相談、企業内の健康管理部門でのカウンセラー、地域などで健康管理指導を行うなど いろいろな場面で活動できる資格です。

交流分析士受験資格

本学において、人間関係論(2単位)、コミュニケーション論(1単位)を履修し、 単位を取得することにより、特定非営利活動法人日本交流分析協会が行う交流分析士®2級の認定試験を 受験する資格が付与されます。

福祉心理士

日本福祉心理学会が認定する「福祉心理士」とは、福祉サービスを利用する人の心理的理解 (アセスメント)を行ったり、サービス利用者やその家族、そして、そこで働く職員の福祉心理相談・支援を 行ったりするうえで専門家として求められる基礎学力と技能を修得していることを保証する資格です。

推奨資格

「臨床美術士5級取得講座(通信講座)」について

〜右脳を使ったアート、アートから福祉・看護・教育へ〜

日本臨床美術協会(内閣府認定証・特定非営利活動法人)認定の「臨床美術士5級講座(通信講座)」を本学で開講します。 北陸三県でこの講座が開講できるのは本学だけです。 15名程度の受講希望者が集まる際に開講します。 本学以外での受講や「臨床美術士4級」以上の資格取得を希望する場合は、東京(芸術造形研究所)、京都(京都造形芸術大学)などで開講しています。
現在、臨床美術士の資格取得が就職等に直接結びつくということはありませんが、高齢化社会が進み、また、効率性重視の環境にある社会においては、 今後、心のケアの面も含めて重要な働きをすることになるでしょう。

「福祉住環境コーディネーター資格(2,3級)」

社会福祉専攻では、福祉住環境コーディネーターの資格取得を推奨しています。
福祉住環境コーディネーターは、医療・保健・福祉用具・建築等の幅広い知識を身に付け、各種専門職との連携を通して、 高齢者や障害者に対する適切な住宅改修プランの提案や、福祉施策、 福祉・介護用品、保健サービスなどの情報を提供する資格です。
ますます需要が高まる中、個々の状況に応じた適切な提案能力が重要になり、福祉関連の業界はもとより、住宅・設備メーカーなど 様々な分野で注目されています。
毎年7月と11月に検定試験が行われ、高齢化や障害の重度化が進むわが国においては、今後、ますます求められる専門的な資格の1つといえます。

「障害者スポーツ指導員」

障害者スポーツ指導員は、障害者スポーツに関する知識はもちろんのこと、障がいについての深い知識と理解を持ち、 円滑にコミュニケーションをはかりながら、障害者の人たちにスポーツの楽しさや体を動かす喜びを伝えていきます。
また、地域での障害者スポーツ大会やイベントの企画・準備や運営、プレゼンテーションなども、障害者スポーツ指導員の重要な仕事です。 指導員の資格は初級・中級・上級とあり、初級指導員は、身近な障害者を対象とした健康増進や安全管理などを担当。 中級・上級とレベルが上がれば、都道府県や全国クラスの競技会、さらにパラリンピックの運営、選手育成に関わることもあります。
本学では毎年11月に開催される県主催の研修受講によって初級資格の取得をすることを推奨しています。

学んだことを活かせる進路

看護師資格を基礎資格として進学できるところ

(1)保健師養成所(修業年限1年)
(2)助産師養成所(修業年限1年)
(3)養護教諭養成課程(修業年限1年)*通学課程 通信教育課程があります。
(4)看護大学3年次編入学(修業年限2年)

看護師としての実務経験を経て進学や資格取得が可能になるところ

(1)看護大学の大学院修士課程(大学において資格審査を受ける)
(2)専門看護師養成課程(看護大学の大学院修士課程で認定を受けているところ)
(3)認定看護師養成課程
(4)介護支援専門員(ケアマネジャー)受験資格(5年以上の看護師実務経験が必要)

4年制大学の3年次編入

本学は、平成9年に日本海側ではじめての福祉系短大として開学して以来、県内外の福祉系分野に多くの卒業生を送り出してきました。 本学卒業後には、それぞれ希望の分野に就職する学生が大部分ですが、卒業生の中には、4年制大学の3年次へ編入学することで、 本学での学びをさらに深め発展させ、自分たちの未来を切り開こうとする学生もいます。
本学を卒業後に4年制大学の社会福祉系や心理系・看護系学部への3年次編入学する場合、受験資格は各大学により異なりますが、 短期大学を卒業することが基本的な条件となります。 また、選考方法や試験日程等も大学により様々ですので、就職事務担当で相談するか各自で大学に問い合わせて確認してください。
編入学試験を受験する際の提出書類(出願書類)には、通常、本学の学業成績表・卒業見込証明書が必要とされます。 当然のことながら、在学中の成績が良い方が、選考時には有利となります。 ですから、卒業後に4年制大学3年次編入学を希望する学生は、1年次から良い評価(GPA)が得られるよう、授業等に取り組んでください。
また、編入学希望者の選考にあたり、本学は多くの4年生大学・学部の指定校となっており、推薦枠をいただいています (ただし、年度により、大学・学部は異なる可能性があります)。 編入学を希望する場合は、受験する年度の情報をキャリア支援センターで確認してください。

※詳細は学生ハンドブックにてご確認ください。

学生ハンドブック   【社会福祉学科】 ダウンロード
学生ハンドブック   【看護学科】 ダウンロード
学生ハンドブック   【幼児教育学科】 ダウンロード

■ダウンロードについて
※PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Acrobat Readerが必要です。あらかじめインストールしてご利用ください。

>> ダウンロードはこちら

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.