HOME » » ふくたんからのお知らせ » 在校生の声

在校生の声

4月1日の入学式から約1か月経ちました。1年生たちは福短のキャンパスライフをどのように過ごしているのか、インタビューしてみました。

Q1. 入学前のイメージと比べて、短大生活の楽しいことは何ですか?

Q2. 入学前のイメージと比べて、短大生活の大変なことは何ですか?


<社会福祉学科 社会福祉専攻>

HP_H29新入生1.jpgHP_H29新入生2.jpg
A1.  同じ目標をもった人たちが集まっているので、お互いのことを話し合うことができ、楽しい!

A1.  入学前は授業が難しそうだなと思っていましたが、グループワークが多くて楽しいです。

A2. 電車通学をしたことがなかったので、慣れなくて大変



<社会福祉学科 介護福祉専攻>

HP_H29新入生3.jpgHP_H29新入生4.jpg
A1. 自分の好きなことについて学べること

A1.  新しい友達ができる☆

A2. 高校より40分も授業時間が増え、はじめは慣れずに時計を気にしていました



<看護学科>

HP_H29新入生5.jpgHP_H29新入生6.jpg

A1. 授業で大変なこともありますが、休み時間などに友だちと一緒に勉強したり、会話したりすることが楽しいです。
A1.  授業を受けるたびに夢に少しでも近付いているような気がします


A2.  高校の時に比べて、授業の時間が長くなり、内容が濃くなり、予習・復習をしないと授業についていくことができず大変です

A2.  様々な専門用語や名称などはじめて聞く言葉も多く、覚えるのが大変



<幼児教育学科>

HP_H29新入生7.jpgHP_H29新入生8.jpg

A1.  幼児教育に関わる授業を受けられて、興味深くて楽しいです

A1.  ピアノを練習することが楽しいです!!

A2.  レポートや週フォリオなど、書くことが多くなったこと



新入生の声は、5月発行の情報誌 【ふくたん】ライフ で特集します。

ぜひ読んでみてください!



4月2日の入学式から約1か月経ちました。1年生たちは福短のキャンパスライフをどのように過ごしているのか、インタビューしてみました。

Q1. 入学前のイメージと比べて、短大生活の大変なことは何ですか?

Q2. 入学前のイメージと比べて、短大生活の楽しいことは何ですか?


<社会福祉学科 社会福祉専攻>

HP_H28新入生1.jpgHP_H28新入生2.jpg
A1.  授業がとても専門的な内容で、先生の話の要点をメモすることや毎週のレポート提出が大変です。

A2. 同じ夢をもった友人がたくさんできて嬉しい。

A2.  高校と比べて専門的なことを学べるのでとても楽しいです。


<社会福祉学科 介護福祉専攻>

HP_H28新入生3.jpgHP_H28新入生4.jpg
A1.  高校までは50分授業だったけど、短大は90分授業なのでとても長く感じます。1限から5限まであると特に大変です。

A2.  新しい友だちも増え、仲のいい子とおしゃべりするのがすごく楽しいです。

A2.  授業でコミュニケーションをとることが多く、みんなと仲良くなれる。グループワークで話し合えることが楽しい。


<看護学科>

HP_H28新入生5.jpgHP_H28新入生6.jpg

A1.  勉強と一人暮らしの両立!

A1. 毎日の予習復習がないと、講義の内容が難しくて十分に理解できないこと。

A2.  新しい環境と新しい友だち、何もかもが新鮮で毎日とても楽しく過ごしています。

A2.  県内外出身の新しい友だちが増えた! 新しい出会いが多くて楽しいです。


<幼児教育学科>

HP_H28新入生7.jpgHP_H28新入生8.jpg

A1.  授業が長く、内容もどんどん専門的になっていくので大変です。 2年後に立派な保育士になれるようがんばります。

A1.  建物が多くて、移動教室が大変。

A2.  図画工作や身体表現など、実技がたくさんあって楽しいです。友だちもみんなおもしろくて、優しくて、とても楽しいです。

A2. 友だちと話すのが楽しい。先生が優しい。


新入生の声は、5月発行の富山福祉短期大学・情報誌<福短LIFE>で特集します。

5月28日(土)の第1回オープンキャンパスから配布予定です。ぜひ読んでみてください!


4月4日の入学式から1か月半が過ぎ、1年生たちは福短のキャンパスライフをどのように過ごしているのかインタビューしてみました。

Q1.  入学前のイメージと比べて、短大生活の大変なことは何ですか?

Q2.  入学前のイメージと比べて、短大生活の楽しいことは何ですか?



<
社会福祉学科 社会福祉専攻>

HP_sinnnyusei1.jpgHP_sinnnyusei2.jpg

A1.  レポートを書くのが大変。90分授業は慣れないので長く感じます。

A1.  授業のプリントが多いので、整理するのが大変です。

A2. 友だちが増えて楽しい。授業も楽しいです。

A2. 授業がとても楽しい。勉強が楽しいのははじめてなので、入学してよかったです。




<
社会福祉学科 介護福祉専攻>

HP_sinnyusei3.jpgHP_sinnyusei4.jpg

A1.  短大生になり初めての電車通学となったので、満員電車に慣れていなくて大変です。

A2.  みんなフレンドリーに話しかけてくれて、友だちがたくさんできたから楽しいです。

A2.  同じ福祉に関心を持った人が多いので、気が合う人が多いです。少しずつ夢に近付いていると思うと学校に行くのが楽しくてたまりません。

A2.  VCCサークルの新しいリーダーになり、これからさまざまなボランティア活動に参加するのがとても楽しみ。




<
看護学科>

HP_sinnyusei5.jpgHP_sinnyusei6.jpg

A1.  予習をせずに授業に参加すると、進むスピードが速いのでついていくのが大変。

A1.  高校の頃より40分も授業が長くなって、それに慣れるのがとても大変。1回の授業で学ぶ内容もふえました。

A2.  勉強は大変だけど、80人みんな個性豊かで毎日が楽しい!

A2.  同じ目標をもっている友だちと話したりできて楽しい。自分が今まで習いたいと思っていた専門分野の勉強ができて、大変だけど楽しく感じます。




<
幼児教育学科>

HP_sinnyusei7.jpgHP_sinnyusei8.jpg

A1.  1つひとつの建物が離れているので、雨の日や風のつよい日の移動が大変。

A1.  90分授業が長いです!教科書も多くて、移動教室が大変です。

A2.  90分授業は長いけど、うけることで夢に向かって一歩一歩近づいていると思うと楽しいです。同学年の友だちはみんな明るく仲よしなので、授業でも積極的に行動し、和気あいあいとしている所がすきです。 

A2.  手遊びや学校探検の企画など、園児が喜びそうなことを考えるのが楽しいです。


新入生の声は、富山福祉短期大学・情報誌<福短LIFE>で特集しています。

ぜひ読んでみてください!


アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.