HOME » » ふくたんからのお知らせ » 保護者の方へ

保護者の方へ

中村11.jpg

授業担当 中村 尚紀 先生

社会福祉学科社会福祉専攻では福祉の専門知識や技術を学び、それを活かして人や地域社会とあたたかい関わりをもち、人権を擁護することのできる人間性豊かなソーシャルワーカーや地域社会に貢献できる福祉人材の育成を目的としています。

社会福祉援助技術論Ⅰの授業を担当する講師の中村尚紀先生は、「楽しく学ぼうソーシャルワーク!」目標とし、学生がグループごとに問題への解決策をディスカッションしながら考える講義を行っています。

                  グループディスカッションを行う学生

中村8.jpg中村9.jpg


授業では学生が3つのグループに分かれて与えられた問題について考えます。

「認知症を患った母親の介護に疲れた娘の相談を受けたソーシャルワーカー」と言った具体的な状況を設定し、自分がソーシャルワーカーとして担当した時、どうすればいいのかをグループで話し合います。

娘の視点やソーシャルワーカーの視点など多角的に相手の気持ちを考え、客観的に検討します。

ソーシャルワーカーの視点では「娘さんは介護に疲れているから介護施設への入所を検討するべきだ」という意見が出ても、娘の視点では「自分の母親の面倒は最後まで自分が家で見るべきだ」といった意見が出たりと、真っ向から学生の間で意見が対立するということもあります。

この問題に正解や不正解はなく、これらのグループワークを通じて学生の「考える力」を育成しています。

                先生と学生で議論を交わすことも

中村5.jpg中村7.jpg




中村1.jpg中村 尚紀 先生:

「ソーシャルワークには正解や不正解はなく、相手の気持ち、立場、状況をどれだけ考えることができるかが重要になってきます。グループでのディスカッションを通して、学生には相手の「表情」や「雰囲気」から相手の気持ちを考え、自分ならどうするかということを常に考え続けることのできる人間として成長して欲しいと思っています。、考えることの難しさだけではなく、「難しいからこそ楽しい!」を実感してもらえるような講義を心がけています。」


中村3.jpg学生コメント:

「グループワークで自分が娘だったら、ソーシャルワーカーだったらどう思うかと考えるのは演劇の役のようで楽しい。」

「自分の思いとは全く違う意見を持っている学生もいて驚いた。」

「どうしたらいいか、答えが出ないこともあるけどその分相手の気持ちに近づけたと思う。」


本学の社会福祉学科社会福祉専攻ではこのような社会福祉援助技術論Ⅰをはじめとする、たくさんの科目の中から自分の興味に応じて選択して学ぶことができます。

5月26日(土)のオープンキャンパスでは、社会福祉専攻、介護福祉専攻、看護学科、幼児教育学科も含めて、それぞれの学科・専攻の学びの特徴などについて、楽しく、分かりやすく紹介します!

ぜひお越しください!


5月26日のオープンキャンパスの内容はこちら

参加申し込みはこちら

小川1.jpg

授業担当 小川 耕平 先生

幼児教育学科では子どもの保育・教育に関する専門知識、技術を習得し、音楽や図工、体育などを通して子どもの感受性を育む表現力を身につけることができます。これにより幅広い教養と使命感をもち、子ども達の幸せをサポートできる、人間愛に満ちた保育者、教育者として成長することができます。

幼児体育Ⅰの授業を担当する小川耕平先生は「自分たちが実際に遊びを体験する」ことにより、子どもが遊ぶ時に注意すべきことを学生自ら考える授業を行っています。

                       学生が「遊び」を体験

小川2.jpg小川3.jpg

授業では内容を「体験」と「検討」の2つに分けています。大縄跳びや体操など実際の現場で子どもたちが行う運動を自分たちで行った後、その運動の際に子どもがケガをしやすい危険なポイントの検討や、大縄跳びなどの運動で失敗してしまった子どもへの心のケア、フォローの仕方を学びます。

これらの活動を通して、講義による「知識」としての幼児教育を学ぶだけでなく、自らの「経験」として蓄積していくことができます。

みんなで楽しく運動をしながら学ぶことができる小川先生の授業は、学生からの人気も非常に高い授業になっています!

                   笑顔で楽しく学べる現場の知識!

小川4.jpg小川5.jpg


小川6.jpg

小川 耕平 先生:

「実際に学生が運動を体験することで、子どもたちの気持ちを考えることができる人材として保育・教育の現場へ赴くことができます。その中で運動が苦手な子どもや、失敗してしまった子どもへの気遣いができる人間へ成長していけるように指導しています。また、講義中は学生が楽しみながら学ぶことによって、学生が自発的に学び、より理解を深めることができるような教育jに励んでいます。」


小川7.jpg小川8.jpg

学生のコメント:「みんなで運動しながら楽しく学べて面白い!」

          「自分でやって初めて子どもの気持ちが分かった」

          「身近な遊びにも危険な個所があることを学んだ」


本学の幼児教育学科では、表現力豊かな保育士、幼稚園教論を育成するために、魅力ある先生方が、工夫した授業を展開しています。

5月26日(土)のオープンキャンパスでは、社会福祉専攻、介護福祉専攻、看護学科、幼児教育学科、それぞれの学びの特徴などについて、楽しく、分かりやすく紹介します!

ぜひお越しください!

5月26日(土)のオープンキャンパスの内容はこちら

参加申し込みはこちら

竹1.jpg

授業担当 竹ノ山 圭二郎 先生

社会福祉学科社会福祉専攻では社会福祉士養成課程に加えて、心理学を基礎・実験系から臨床系まで体系的に学ぶことができます。

これは短期大学では珍しく、北陸の短期大学では唯一本学のみで、大きな強みとなっています。

心理学の授業を担当する講師の竹ノ山圭二郎先生は、「日本一楽しく学べる心理学講義!」を目指し、先生が独自に開発した学生参加型の「クエスト型授業」を行っています!

                       授業風景!

竹3.jpg

               

               
竹ノ山先生自ら体を張った実演も・・・


竹2.jpg


グループで相談して問題解決!

竹5.jpg竹6.jpg


授業では学生一人一人が「クリッカー」というリモコンを持ち、クイズ番組のように問題に答え、その結果をリアルタイムで見ることが出来る形式を採用しています。

パーティ・チャレンジとして与えられた問題に対してグループ単位で取り組むことにより、お互いにコミュニケーションを取り合い協力して問題解決するプロセスを学ぶことができ、学生が自分から進んで授業に参加することができます!


ノ1.jpg

竹ノ山 圭二郎 教授:

「『主体的・対話的で深い学び』を本当の意味で実現するために、ゲーミフィケーションの考え方を授業デザインに組み込み、学生が勉強を『やらされている』のではなく、子どもがゲームに夢中になるのと同じように、『学ぶ喜び』を体感し、自ら学ぶようになるさまざまな『仕掛け』を工夫しています。受講している全ての学生が、強制されていないのに、毎回1時間~4時間程度の予習を自発的に行った上で授業に参加しています。日本一、心理学を勉強している短大生だと思っています。」


竹4.jpg竹7.jpg
学生のコメント:「毎回の授業がクイズ番組のようで、学ぶのが楽しい!」



本学の社会福祉学科社会福祉専攻はこのような心理学の授業をはじめとする、たくさんの科目の中から自分の興味に応じて選択して学ぶことができます。

526日(土)のオープンキャンパスでは、社会福祉専攻、介護福祉専攻、看護学科、幼児教育学科も含めて、それぞれの学科・専攻の学びの特徴などについて、楽しく、分かりやすく紹介します!ぜひお越しください!

526日(土)のオープンキャンパスの内容はこち

参加申し込みはこち


 このたび、モンゴル国立老年学センターと本学との間で、両国の福祉科学と老年学を促進し、組織間の相互理解を促進することを目的として、基本合意書を交わすことになり、4月14日(土)に東京において、その調印式を行いました。

当日は、モンゴルから保健大臣、保健大臣顧問をはじめとする7名がお見えになりました。
IMG_3177-2.jpgIMG_3179-1.jpg  (基本合意書に調印:モンゴル保健大臣顧問 アマルサンハン・バザール氏と炭谷学長)

 今後、どのような連携活動を行っていくのかについては、両者間で検討しながら進めていきますが、現段階では、以下のようなことを考えています。
    ① 教員・研究者・行政スタッフの交流
    ② 協同研究プロジェクトの実施
    ③ 講演会やシンポジウム開催
    ④ 学術情報・資料の交換
    ⑤ 相互に合意した他の学術協力の推進

 モンゴルでは、18~30歳の人口が国民全体の6割を占め、アジア諸国の高齢化に比べると比較的若いのですが、平均寿命は70歳で、男性65歳、女性75歳ということです。とくに、男性の平均寿命を延ばしていきたいと考えておられました。
 
 本学としては、『地学一体』のコンセプトのもと、「地域貢献」を意識していますが、このモンゴル事情に対しても、少しでもお役に立てれば、という思いです。

 <浦山理事長コメント>
   日本は、少子高齢化、地方創生という問題を抱えているが、その中でモンゴルの学生

   が日本で頑張っていることは頼もしいし、重要なことである。学園としてもモンゴルから

   の留学生をしっかりと支援していきたい。
 <保健大臣 ダバジャンサンギン・サランゲレル氏コメント>
   モンゴル保健省の中に高齢者担当部署があり、医療分野においても日本の技術等を

   積極的に取り入れている。今後、高齢者へのサービスをどのように提供できるかなど、

   広範囲な意見交換を行っていきたい。

IMG_3185-1.jpg         (左から  保健大臣、保健大臣顧問、炭谷学長、浦山理事長)


富山福祉短期大学後援会奨学金(給付)について


下記の日程で本学後援会奨学金の受給学生を募集します。

奨学金を希望する学生は、3号館学事課まで応募書類を取りに来て、所定の手続きをして下さい。



応募対象    富山福祉短期大学に在籍するもので、下記の条件を満たす者       

          (1)経済的な理由により希望する者

          (2)奨学生として相応しい者 

          (3)保証人等が後援会会費を納めている者

          ※(2)については前年同様、進級・卒業できることを前提

応募書類配布期間  平成29年7月18日(火)~平成29年8月31日(木)

応募書類     ・応募理由書

           ・所得を証明する書類(主たる家計支持者2名分)※コピー可

提出締切     平成29年8月31日(木) 17時30分(時間厳守)

提出先      3号館学事課

選考基準    家庭の経済的状況等により選考

給付金額    1人あたり100,000円以内

           (返還義務無し・給付対象者数により給付額を決定)

対象者決定  平成29年9月15日(金)選考結果を応募者全員に書面で連絡、

          また学内に結果掲示

支給方法    平成29年9 月22日(金)までに指定口座(保護者口座)へ振込み

備考      県委託訓練生は対象外


(本件に関する問い合わせ先)

後援会担当 三上

10月26日、看護学科2年生を対象に学内で進路ガイダンスが行なわれました。11月には幼児教育学科1年生、12月は社会福祉学科1年生を対象にガイダンスを開催予定です。

もう?という声も聞こえそうですが、今の時期から考え動くことが重要となってきます。特に看護学科の学生達はこれから実習が始まり、就職活動を重点的に行える時期が限られています。そこで、今回は「いつ・何を・どのように」と、的を絞った説明がありました。

027.JPG
まずは、学年暦で実習期間を確認し、活動ができる期間を把握します。そして今年の求人一覧を例に希望先の求人時期と病院説明会の日程などを照らし合わせ、いつから動けばよいか、何をすればよいかを考えました。

031.JPG
ガイダンス終了後は個別で相談を受け付けました。1年生の時にも学内で進路ガイダンスを行っていますが、前回と違い、学生からは具体的な質問もありました。



キャリア開発・支援課では、求人情報だけではなく、過去の採用試験や編入学試験の情報提供も随時行っています。小さな疑問から履歴書・面接対策まで、まずは気軽に相談に来てください。

7月22日(金)に学内就職説明会を開催しました。


今回は、本学が業務連携している、以下の3法人を招いて施設や業務の説明をしていただき、学生の就職活動に対する意識と意欲を高めようという目的で実施しました。


<来ていただいた法人>

■ 社会福祉法人アルペン会

  特別養護老人ホーム アルペンハイム、アルペンデイサービス、軽費老人ホーム

   ケアハウスとやま、ガンバ村保育園、アルペンリハビリテーション病院

IMG_1469-1.jpg

■ 特定医療法人財団五省会

  西能病院、西能みなみ病院、介護老人保健施設 みどり苑

IMG_1477-1.jpg

■ 社会福祉法人小杉福祉会

  特別養護老人ホーム 太閤の杜、特別養護老人ホーム 大江苑、特別養護老人

   ホーム エスポワール小杉、あいあい保育園

IMG_1483-1.jpg


どの教室においても、和やかな雰囲気で行われていましたが、学生の話を聴く顔は真剣そのもので、
時折メモをとったり、意欲的に質問をしたりする姿が見られました。

IMG_1473-1.jpgIMG_1479-1.jpgIMG_1480-1.jpgIMG_1484-1.jpg
参加した学生は、次のような感想を述べていました。


・ 今回、法人から施設の話を伺うことで、より自分のやってみたいことが明確になりました。現場で働くうえで、その施設が行っている取り組みや強みを知っておくことは、視野が広がり、結果的に質の高い介護者へつながると感じました。自分の目で見て、感じて、働きたいと思える施設へ就職したいです。

・ 以前も話を聴いたことがありましたが、今日はまた違った視点での取り組みが聴けて感動しました。アルペン会さんの多世代交流の話を聴いているといつも心が温まります。施設見学も積極的に行っていきたいです。

・ 実習で西能病院や西能みなみ病院に行ったことがあり、五省会の概要について少しは分かっていたが、今回の説明会に参加して、知りたかった情報を得ることができ、五省会のことをより詳しく知ることができてよかった。就職に対して迷っている最中だったので、すごく参考になった。前向きに検討したい。



今回は、学生の参加人数があまり多くありませんでしたが、来ていただいた法人の方からは、「学生の人数が少なくても、このような取り組みは継続して行っていくことが大事ですね」という言葉をいただきました。

この言葉通り、今後も継続して行っていくことにより、この説明会を学内に定着させ、学生への浸透を図っていきたいと思います。そして、より多くの学生の就職活動をサポートできるような説明会になればいいと考えています。



7月に入り、就職担当窓口には、

「就職についての相談があります」

「履歴書を書いたので見てもらえませんか」

「面接練習をお願いします」

などと学生が頻繁に訪ねてくるようになり、就職活動が活発になってきました。

キャリア開発・支援課では、一人一人の学生に丁寧に対応しながら、その学生の希望が叶うよう、全力で支援していきます。


学生のみなさん、就職についての相談は、どんなことでもお気軽に、1号館窓口に来てください!




富山福祉短期大学後援会奨学金(給付)について


下記の日程で本学後援会奨学金の受給学生を募集します。

奨学金を希望する学生は、3号館学事課まで応募書類を取りに来て、所定の手続きをして下さい。



応募対象    富山福祉短期大学に在籍するもので、下記の条件を満たす者       

          (1)経済的な理由により、希望する者

          (2)学業成績ならびに短期大学生活に支障がない者 

          (3)後援会会費を納めていること

          ※(2)については前年同様、進級・卒業できることを前提

応募書類配布期間  平成28年7月19日(火)~平成28年8月31日(水)

応募書類     ・応募理由書

           ・所得を証明する書類(主たる家計支持者2名分)※コピー可

提出締切     平成28年8月31日(水) 17時30分(時間厳守)

提出先      3号館学事課

選考基準    家庭の経済的状況等により選考

給付金額    1人あたり100,000円以内

           (返還義務無し・給付対象者数により給付額を決定)

対象者決定  平成28年9月16日(金)選考結果を応募者全員に書面で連絡、

          また学内に結果掲示

支給方法    平成28年9 月23日(金)までに指定口座(保護者口座)へ振込み

備考      県委託訓練生は対象外


(本件に関する問い合わせ先)

後援会担当 三上

今年の就職活動の日程は、3月より企業説明会開始、6月より採用試験開始となっています。

本学の学生も少しずつ施設説明会等に参加しており、1号館の就職担当窓口にも、「履歴書の書き方を教えてください」、「志望動機を添削してください」、「公務員試験について教えてください」などと言って訪ねてくる学生も出てきていますが、就職活動は「まだまだこれから」という現状です。

学生にとってはもちろん初めての就職活動であり、求人票を見て、どのような観点で施設を選び、実際にどのような手順で活動すればよいのか、そしてどんな採用試験が行われるのかなど、戸惑うことが多いと思います。

これから本格的に就職活動が始まるのを前に、そのような学生を支援することを目的として、『キャリアアップ講座』を行いました。

IMG_9387-1.jpg

IMG_9368-1.jpg昨年度との違いは、

・学科ごとに開催日を設け、原則全員参加としたこと

・就職先施設へのアンケートにあった意見を反映して、「ビジネスマナー」という時間を追加したこと

です。


4月16日(土)は看護学科3年生を対象に行いました。
IMG_9382-1.jpgIMG_9373-1.jpgIMG_9370-1.jpgIMG_9384-1.jpgどの学生もメモをとりながら真剣に話を聞き、「自分の就職活動に役立てよう」という気持ちが伝わってきました。

今後、社会福祉学科、幼児教育学科と行っていきますが、短大全体として就職に対する意識が高まり、学生一人一人が自分の進路としっかりと向き合ってくれることを期待しています。

看護師、保育士、福祉・介護関係は人手不足で、求人もたくさんきます。だからこそ、施設見学等を積極的に行いながら真剣に考え、後悔しないような就職をしてほしいと考えています。

キャリア開発・支援課では、皆さんの希望を叶えるために
全力で支援していきます!

一緒に頑張っていきましょう!

目標は 『就職内定率100%』 です!



 2月3日(水)に社会福祉専攻1年生で「就活・編入学体験発表会」が行われました。

今回は、就職希望者で内定をもらったり、進学希望者で編入学合格したりした2年生5名を招いて、実際の体験談を聞き、就職や進学に対する意識を高めるという目的で開催されました。



 今回協力していただいた社会福祉専攻2年生5名です。

IMG_8245-1.jpg(左から) 

  ・ 中川  宗 さん    トヤマ商事株式会社 内定

  ・ 藤原 知沙都 さん  社会福祉法人 町屋福祉会花園デイサービスセンター 内定

  ・ 堺井 綾音 さん    社会福祉法人 マーシ園 内定

  ・ 草島 瑞季 さん    日本社会事業大学福祉援助学科3年次 編入学

  ・ 大川 朝世 さん    東海学院大学心理学科3年次 編入学



最初に、竹ノ山学科長より激励の言葉です。

IMG_8225-1.jpg    「社会福祉専攻の進路先は幅広く、自由度が大きい。それだけに、

     自分の好きな進路先へ進み、自分の人生を自分でつくっていくこ

     とが大切です。自分でよく考えて選択する。そして、選択したらそ

     れに責任をもってください。『意志』と『責任』です。今日の先輩方か

     らの話を聞いて、その選択をするための参考にしてください。」

     と話されました。



続いて、キャリア開発・支援課より、今年度の就職・編入学状況について話があり、いよいよ先輩方の話を聞く座談会になりました。

IMG_8233-1.jpg先輩たちからは、以下の7つのテーマで話がありました。

  ① どうやって就職・編入学先を決めたか

  ② 就職試験の準備はどんなことをしたのか

  ③ 試験(面接、筆記等)はどんな内容だったか

  ④ 自分のどこが評価されて内定したと思うか

  ⑤ 活動中、一番つらかったことや悩みを教えてください

  ⑥ 試験日の前にやったことは何か

  ⑦ 最後に1年生へ一言お願いします


IMG_8226-1.jpg  1年生にとって、先輩たちの言葉はとても興味深く、真剣に話を聞いていました。


  テーマ⑦の1年生へのメッセージを紹介します。

    ・ 毎日の積み重ねは大きい。ボランティア、サークル活動やアルバイトでの

      経験が自分の財産になる。

    ・ 自分のやりたいことがあったら、その意志を貫くことが大切です。また、悩

      むことがあったら先生に相談して一つ一つ解決していってください。

    ・ 福祉に限らず、もっと広い視野で考えて、いろいろと調べて知ったうえで自

      分の進路を選択したほうがいい。

    ・ だれよりも早く動き出すことが大切。気になる施設があったら早く見学に

      行ってください。



最後にフリータイムということで、自由に先輩たちのところに行き、相談会を行いました。

IMG_8242-1.jpgIMG_8240-1.jpg   先輩たちの前に座り、すがるように質疑応答を繰り返す姿からは、「なんとかし

   たい!」という強い思いが伝わってきました。



この授業を終えての1年生の感想です。

  ・ 自分の目標や決意は曲げずに、自分なりのやり方で、あらゆる壁を乗り越え

    ていくことが大切であると感じた。そして、備えることが必要不可欠であるとあ

    らためて思い知った。


  ・ 将来、自分がどの方面へ就職するか迷っていますが、「とにかく行動」とのあり

    がたいお言葉をいただき、ボランティアや見学を積極的に行って、自分の視野

    を広げていきたいと思います。先輩の体験談のおかげで、準備がスムーズに

    行えそうです。


  ・ 先輩方の話を聞いて、就職も進学もとても大変なことで、それぞれの方が自分

    の目標に向かって努力されていたことが分かった。また、面接の様子なども詳

    しく知ることができてよかった。自分も今日から就職や進学のことをしっかりと

    考え、準備していきたい。


  ・ 先輩たちの受験という戦いの事情をよく知れてよかった。自分たちももう目の

    前に就職活動があるのだと感じた。



これらの感想からもわかるように、1年生は、この授業を通して、自分の進路や将来の姿に対して興味をもち、不安をおぼえ、そして「もう始まっている」という意識を高めることができたようです。

この興味や不安を『意欲』に変えて、今後就職活動や編入学に立ち向っていってほしいと思います。


今回協力していただいた2年生の皆さんは、短大に入学したときの志と、卒業時の進路が全く違っているそうです。学内外でのいろいろな経験を経て培った自分の思いを大切にした結果なんでしょうね。

自分の人生としっかりと向き合い、周りの方からのアドバイスを受け入れながらも、自分でよく考えて判断し、進路を選択していきましょう。


今年の就職活動は、<3月より就職ガイダンス開始、6月より採用試験解禁> となっています。

キャリア開発・支援課においても、いろいろな情報をいち早くキャッチし、学生の就職活動を手厚く支援していきます。



アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.