HOME » » ふくたんからのお知らせ » インフォメーション

インフォメーション

4月の開館日と利用時間


平成31年4月1日

図 書 館

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

※開館時間に関する問い合わせ先:図書館まで 


黒色
(8時30分~19時)

青色(8時30分~17時30分)

緑色(10時~19時)

赤色(休館日)

3月の開館日と利用時間


平成31年3月1日

図 書 館

3月

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

※開館時間に関する問い合わせ先:図書館まで 


黒色
(8時30分~20時)

青色(8時30分~17時30分)

緑色(11時30分~17時30分)

赤色(休館日)

 1月23日 (水)闘病記文庫感想文と図書マラソン表彰式を実施しました。闘病記とは「病と向き合う過程を綴った手記」です。本学では闘病記を疾病別に分類し、闘病記文庫として設置しています。12月末現在で871冊所蔵しており富山県内では唯一の冊数を誇ります。

 闘病記感想文は患者の闘病に対する気持ちを文章に表現することにより、命の大切さ、生きていることの感謝の気持ちをはぐくむことを目的としたもので昨年度から実施しています。感想文コンクールは学外に対しても実施しており、32名の応募がありました。表彰式は12月21日(金)に終了しています。
 図書マラソンは本を継続的に読み、読書力をつけることを目的としており、2015年度から毎年実施しています。昨年4月から12月まで貸出冊数が多かった学生を学年、学科、専攻別に表彰しました。

H30感想文コンクール.jpg

 


【闘病記文庫感想文コンクール】感想文(学内の部).pdf

・最優秀賞 西尾 早織さん(社会福祉学科 社会福祉専攻)

・優秀賞   西井 乃々華さん(看護学科)

・佳作    西田 妃菜子さん(社会福祉学科 社会福祉専攻)

・佳作    中野 裕弓さん(看護学科)


【闘病記文庫感想文コンクール】感想文(学外の部).pdf

・最優秀賞  永田 不比等さん(独立行政法人 国立病院機構 富山病院附属看護学校)

・優秀賞    吉谷 未羽さん(独立行政法人 国立病院機構 富山病院附属看護学校)

・佳作     齊藤 好恵さん(独立行政法人 国立病院機構 富山病院附属看護学校)

・佳作     山川 胡桃さん(独立行政法人 国立病院機構 富山病院附属看護学校)


【図書マラソン】

<優勝>

(社会福祉学科 社会福祉専攻)

西田 妃菜子さん、荒戸 紗貴さん

(社会福祉学科 介護福祉専攻)

楊 威さん、松宮 由佳さん

(幼児教育学科)

野路 和紀子さん、村田 知恵さん

(看護学科)

茂崎 なごみさん、亀田 静江さん、小助川 佳奈さん


<特別賞>

(看護学科)

池田 真唯さん、片岡 彩さん

2月の開館日と開館時間について


平成31年2月

図 書 館

2月

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

※開館日と開館時間に関する問合せ先:図書館

黒色(8時30分~20時)

青色(8時30分~17時30分)

緑色(11時30分~17時30分)

赤色(休館日)

1月の開館日と開館時間について


平成31年1月

図 書 館

1月

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

※開館日と開館時間に関する問合せ先:図書館

黒色
(8時30分~20時)

青色(8時30分~17時30分)

緑色(11時30分~17時30分)

赤色(休館日)

12月の開館時間について


平成30年12月1日

図 書 館

12月

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

※12月26日(水)-1月6日(日)までは年末年始休館となります。

※開館時間に関する問合せ先:図書館


黒色
(8時30分-20時)

青色(8時30分-17時30分) 

紫色(8時30分-17時)

緑色(11時30分-17時30分)

赤色(休館日)

キャリア開発・支援課からの 内定報告【第5報】です!
富山市の公務員試験に見事合格された村井さんに、今のお気持ちを伺いました。

★公務員試験合格★

幼2村井.jpg幼児教育学科 2年  村井 明日香 さん

富山市職員(保育士)


Q1.公務員試験合格おめでとうございます。今の気持ちを教えてください。
A1.とても嬉しいです。不安でしたが、無事受かって良かったです。幼い頃の担任の先生と一緒に働くチャンスを掴むことができました。

Q2.合格までの道のりを教えてください。また、就職活動を振り返って思うことは何ですか?

A2.公務員試験対策講座に参加して、一生懸命勉強しました。細かく、分かりやすく教えてくださって理解しやすかったです。

面接練習では、予想される質問に対して一言で答えるのではなく、肉付けをして自分をアピールしていくことが大切だと分かりました。

Q3.合格を勝ち取った要因は何だったと思いますか?

A3.試験前はとにかくリラックスすることです。緊張しているといつものようにできないので、深呼吸をながら、余裕を持つことが大切だと思います。

Q4.どんな社会人を目指しますか?

A4. 真面目に働き、いろいろな人びとと関わることができるようになりたいです。

社会で認められるような保育士になります。

Q5.後輩へアドバイスやメッセージをお願いします。

A5.リラックスして試験に臨んでください。

しっかり眠って、体調も整えましょう。まじめに努力したら必ず報われます。

村井さん、素敵な笑顔でインタビューに答えてくださりありがとうございました。

今年度も、次年度の公務員試験受験を考えている1年生を対象に、公務員試験対策講座がスタートします。先輩の声を参考に頑張っていきましょう!

キャリア開発・支援課では、学生の就職状況について、今後も随時報告いたします。

11月の開館時間について

平成30年10月29日

図 書 館

11月

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

※開館時間に関する問合せ先:図書館

黒色  9時-20時

青色  8時30分-17時30分

緑色 11時30分-17時30分

赤色 休館日

キャリア開発・支援課から卒業生の活躍を紹介します!

仁愛大学人間学部心理学科に進学した殿岡彩樹さんが、うれしい報告に来てくれました!どんな報告なのかは後ほど...進学後の様子等をインタビューしました。

平成29年度 社会福祉学科社会福祉専攻 卒業生

卒業生_殿岡さん.jpg

仁愛大学人間学部心理学科 3年次へ編入
殿岡 彩樹 さん (竹ノ山学科長と一緒に)


Q1.編入学し、現在学んでいることを教えてください。

A1.心理学について学んでいます。基礎的なことから専門的なことまで幅広く学んでいます。

Q2.富山福祉短期大学を卒業し、なぜ仁愛大学へ編入学されようと思われましたか?

A2.将来、心理職を目指したかったからです。また、もっと深く心理学を学びたいと富山福祉短期大学在学中に思ったからです。

Q3.現在の学びのやりがいや大変なことを教えてください。

A3.毎日の授業が楽しいです。

Q4.富山福祉短期大学での学生生活の思い出(サークル活動、ボランティア活動、実習等1つ)を教えてください。

A4.日々の授業はもちろん、同級生のみんなと楽しくおしゃべりしていたことが、とても思い出に残っています。

Q5.富山福祉短期大学で得たものを教えてください。

A5.福祉のことについてです。福祉のことを多く学んでいたからこそ、今の心理学の授業に活かせていると思います。心理学と福祉について詳しいことは、今の私の最大の強みになっていると思います。

Q6.今後の目標を教えてください。

A6.昔から犯罪心理学を生かした仕事に就きたいと思っていたので、今は犯罪心理学を活かした仕事に就くことが目標です。

Q7.4年制大学への編入学を希望していて、福短へ入学してくる高校生や、編入学を目指している在学生に向けて、メッセージをお願いします。アドバイスなど、是非お願いします。

A7.早めの準備が大切だと思います。また、あきらめずに「編入学したい!!」という夢を貫くことが大切だと思います。

今回の目玉 検定合格の報告に来てくれました!! 
Q8.今回合格された検定について教えてください。

A8.心理学検定 2級』を取得しました。この検定は、心理学を学んだという証明になります。
富山福祉短期大学在学中から受験勉強に取り組んで、去年は3科目中2科目合格でした。そして今年、再挑戦して「2級」に合格することができました。去年からの積み重ねがあったからこその合格だと思うので、次は1級に挑戦したいです!

 殿岡さん、突然のお願いにもかかわらず、笑顔で快くインタビューに答えてくださりありがとうございました。
 富山に着いて、キャリーパックを持ったまま短大に報告に来てくれました。元気な顔を見ることができてうれしかったです!今後のさらなるご活躍を応援しています!

キャリア開発・支援課からの 内定報告【第4報】です!
看護師として富山県立中央病院に内定が決まった小助川さんに、今の気持ちを伺いました。

看3小助川.jpg

看護学科 3年  小助川 佳奈 さん

内定先:富山県立中央病院


Q1.就職内定おめでとうございます。今の気持ちを教えてください。

A1.希望していた病院から内定をいただいて、ホッとしています。

Q2.就職活動を振り返って思うことは何ですか?また、志望理由も教えてください。

A2.この病院は県内唯一の県立病院であり、また、富山県の機関・中核病院として高度先進医療や急性期医療の充実が図られているため志望しました。
就職活動を振り返ってみると、長かったようで試験まではあっという間に時間が過ぎていったと思います。

Q3.内定を勝ち取った要因は何だったと思いますか?就職の為に行ったことはありますか?

A3.病院についてホームページやパンフレットを用いて調べたり、オープンホスピタルに行って情報を集めたりしたことだと思います。

Q4.どんな社会人を目指しますか?

A4.周囲の人から頼られる「社会人」を目指します。

Q5.後輩へアドバイスやメッセージをお願いします。

A5.就職活動と同時に勉強や実習をしなければならなくて大変だと思いますが、頑張ってください!

小助川さん、実習で大変な中、インタビューに答えてくださりありがとうございました。

夕方、実習で疲れているにもかかわらず内定の報告に来てくれました。本当におめでとうございます!



キャリア開発・支援課では、学生の就職状況について、今後も随時報告いたします。

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.