HOME » » ふくたんからのお知らせ » 受験生の方へ

受験生の方へ

合格おめでとうございます!

小椋茉央さん.JPG

小椋 茉央さん(社会福祉学科社会福祉専攻)

≪編入先:新潟青陵大学 福祉心理学部臨床心理学科≫


Q1.進路決定おめでとうございます。今の気持ちを教えてください。

A1.無事に合格することができ、安心しました。


Q2.進学のための活動を振り返って思うことは何ですか?

A2. 富山福祉短期大学に入学した当初から、卒業後の進路として進学を考えていました。1年生の頃から、一つ一つの科目を大切にし、、勉強を積み重ねてきたことが結果へつながりました。


Q3.合格を勝ち取った要因は何だと思いますか?

A3. 家族、先生や職員の皆さんの応援や支えがあったことだと思います。


Q4.進学先で何を目指し、頑張っていきたいですか?

A4. 社会福祉士の資格をとること、福短で学んだ心理学の勉強を深め、臨床心理士の資格をとることを目指して頑張りたいと思います。


Q5.後輩へアドバイスやメッセージをお願いします。

A5.進学を考えているなら、早いうちから志望校を調べておくと目標が定まり、勉強のモチベーションにもつながります。頑張ってください!



富山福祉短期大学では、編入学を希望する学生を対象とした「4年制大学編入『私』宣言奨学金」という独自の奨学金制度を設けています。以来、社会福祉専攻の学生はこの制度を活用し、毎年4年制大学へ編入学を果たしています。小椋さんも入学当初から編入学を宣言し、見事合格しました。
福短はこれからも学生たちの「学びたい気持ち」を応援し、積極的にサポートしていきたいと思います!

7月22日(金)に学内就職説明会を開催しました。


今回は、本学が業務連携している、以下の3法人を招いて施設や業務の説明をしていただき、学生の就職活動に対する意識と意欲を高めようという目的で実施しました。


<来ていただいた法人>

■ 社会福祉法人アルペン会

  特別養護老人ホーム アルペンハイム、アルペンデイサービス、軽費老人ホーム

   ケアハウスとやま、ガンバ村保育園、アルペンリハビリテーション病院

IMG_1469-1.jpg

■ 特定医療法人財団五省会

  西能病院、西能みなみ病院、介護老人保健施設 みどり苑

IMG_1477-1.jpg

■ 社会福祉法人小杉福祉会

  特別養護老人ホーム 太閤の杜、特別養護老人ホーム 大江苑、特別養護老人

   ホーム エスポワール小杉、あいあい保育園

IMG_1483-1.jpg


どの教室においても、和やかな雰囲気で行われていましたが、学生の話を聴く顔は真剣そのもので、
時折メモをとったり、意欲的に質問をしたりする姿が見られました。

IMG_1473-1.jpgIMG_1479-1.jpgIMG_1480-1.jpgIMG_1484-1.jpg
参加した学生は、次のような感想を述べていました。


・ 今回、法人から施設の話を伺うことで、より自分のやってみたいことが明確になりました。現場で働くうえで、その施設が行っている取り組みや強みを知っておくことは、視野が広がり、結果的に質の高い介護者へつながると感じました。自分の目で見て、感じて、働きたいと思える施設へ就職したいです。

・ 以前も話を聴いたことがありましたが、今日はまた違った視点での取り組みが聴けて感動しました。アルペン会さんの多世代交流の話を聴いているといつも心が温まります。施設見学も積極的に行っていきたいです。

・ 実習で西能病院や西能みなみ病院に行ったことがあり、五省会の概要について少しは分かっていたが、今回の説明会に参加して、知りたかった情報を得ることができ、五省会のことをより詳しく知ることができてよかった。就職に対して迷っている最中だったので、すごく参考になった。前向きに検討したい。



今回は、学生の参加人数があまり多くありませんでしたが、来ていただいた法人の方からは、「学生の人数が少なくても、このような取り組みは継続して行っていくことが大事ですね」という言葉をいただきました。

この言葉通り、今後も継続して行っていくことにより、この説明会を学内に定着させ、学生への浸透を図っていきたいと思います。そして、より多くの学生の就職活動をサポートできるような説明会になればいいと考えています。



7月に入り、就職担当窓口には、

「就職についての相談があります」

「履歴書を書いたので見てもらえませんか」

「面接練習をお願いします」

などと学生が頻繁に訪ねてくるようになり、就職活動が活発になってきました。

キャリア開発・支援課では、一人一人の学生に丁寧に対応しながら、その学生の希望が叶うよう、全力で支援していきます。


学生のみなさん、就職についての相談は、どんなことでもお気軽に、1号館窓口に来てください!




 今年度は富山福祉短期大学の公認サークルとして20サークルが承認されました。

 そのうち11サークルが社会貢献特別助成対象となっています。先日公認サークルの

代表者へ後援会より助成金が交付されました。

 サークル活動では学年や学科を超えた交流ができます。北陸三県体育大会や福短祭

での活躍、地域で活動させていただくことで学生自身が成長してくれることと期待します!



  サークル名   活動内容 (○は社会貢献特別助成対象)
1 VCC

ボランティア参加、学内でのボランティア推奨活動を通じて、

様々な人たちと繋がり協力しながら社会貢献を行う。

2

富山型デイサークル

富山型デイサービスでのボランティア活動。

地域交流会への参加。

3 回想法サークル

回想法を用いて地域や施設等で活動し、高齢者との世代

間交流・地域交流を行う。

4 臨床美術サークル

施設で臨床美術を実施したり、イベントで臨床美術を広め

る活動を行う。

5 地域活動支援サークルちょっこり

発達障がいや様々なハンディキャップのある子ども達が

地域の中で自立し、楽しく幸せに暮らせることを支援する。

6 笑顔スポーツ学園Jr

幼児から高齢者まで幅広い年齢層を対象に、スポーツ実

践を通して笑顔を届ける。

7 だっこサークル

保育園で延長保育の子どもたちの見守り。

活動を通して小児の発達段階を理解していく。

8 多職種連携サークル

多職種連携の実践や多職種連携教育の魅力を学び、

社会に発信する。

9 ロコモ研究会

ロコモティブシンドロームの現状と予防法を研究する。

地域に出向き、調査を行う。

10 地域健康づくりサークル

介護予防講座の開催。転倒のリスク評価・測定を行い

転倒予防体操を紹介する。

11 子ども大好きサークル

がんで入院中の子どもたちへのクリスマスプレゼントの

準備や募金活動を行う。

12 映像作成サークル  

映像データを収集し、短大のPRや地域の活動を配信し

ていく。

13 ソフトテニスサークル  

北陸三県体育大会に向けて練習する。また学生間の

交流を図る。

14 ミントンサークル   バドミントンで北陸三県体育大会に出場する。
15 女子バスケットボール   北陸三県体育大会で勝つための練習を行う。
16 バレーボール   北陸三県体育大会に向けて練習をする。
17 ソフトバスケサークル

北陸三県体育大会で優勝を目指し練習する。

ソフトボールとバスケットボールの練習。

18 バンドサークル   音楽を楽しむ。福短祭のステージで演奏する。
19 Book Joy サークル   図書の楽しさの共有。本の紹介を行う。
20 広報サークル  

福祉・看護・幼児教育の魅力や専門職としてのやりがい、

福短のよさを学生目線で捉え学内外に情報発信する。

 

 

 
 
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今年の就職活動の日程は、3月より企業説明会開始、6月より採用試験開始となっています。

本学の学生も少しずつ施設説明会等に参加しており、1号館の就職担当窓口にも、「履歴書の書き方を教えてください」、「志望動機を添削してください」、「公務員試験について教えてください」などと言って訪ねてくる学生も出てきていますが、就職活動は「まだまだこれから」という現状です。

学生にとってはもちろん初めての就職活動であり、求人票を見て、どのような観点で施設を選び、実際にどのような手順で活動すればよいのか、そしてどんな採用試験が行われるのかなど、戸惑うことが多いと思います。

これから本格的に就職活動が始まるのを前に、そのような学生を支援することを目的として、『キャリアアップ講座』を行いました。

IMG_9387-1.jpg

IMG_9368-1.jpg昨年度との違いは、

・学科ごとに開催日を設け、原則全員参加としたこと

・就職先施設へのアンケートにあった意見を反映して、「ビジネスマナー」という時間を追加したこと

です。


4月16日(土)は看護学科3年生を対象に行いました。
IMG_9382-1.jpgIMG_9373-1.jpgIMG_9370-1.jpgIMG_9384-1.jpgどの学生もメモをとりながら真剣に話を聞き、「自分の就職活動に役立てよう」という気持ちが伝わってきました。

今後、社会福祉学科、幼児教育学科と行っていきますが、短大全体として就職に対する意識が高まり、学生一人一人が自分の進路としっかりと向き合ってくれることを期待しています。

看護師、保育士、福祉・介護関係は人手不足で、求人もたくさんきます。だからこそ、施設見学等を積極的に行いながら真剣に考え、後悔しないような就職をしてほしいと考えています。

キャリア開発・支援課では、皆さんの希望を叶えるために
全力で支援していきます!

一緒に頑張っていきましょう!

目標は 『就職内定率100%』 です!



 2月3日(水)に社会福祉専攻1年生で「就活・編入学体験発表会」が行われました。

今回は、就職希望者で内定をもらったり、進学希望者で編入学合格したりした2年生5名を招いて、実際の体験談を聞き、就職や進学に対する意識を高めるという目的で開催されました。



 今回協力していただいた社会福祉専攻2年生5名です。

IMG_8245-1.jpg(左から) 

  ・ 中川  宗 さん    トヤマ商事株式会社 内定

  ・ 藤原 知沙都 さん  社会福祉法人 町屋福祉会花園デイサービスセンター 内定

  ・ 堺井 綾音 さん    社会福祉法人 マーシ園 内定

  ・ 草島 瑞季 さん    日本社会事業大学福祉援助学科3年次 編入学

  ・ 大川 朝世 さん    東海学院大学心理学科3年次 編入学



最初に、竹ノ山学科長より激励の言葉です。

IMG_8225-1.jpg    「社会福祉専攻の進路先は幅広く、自由度が大きい。それだけに、

     自分の好きな進路先へ進み、自分の人生を自分でつくっていくこ

     とが大切です。自分でよく考えて選択する。そして、選択したらそ

     れに責任をもってください。『意志』と『責任』です。今日の先輩方か

     らの話を聞いて、その選択をするための参考にしてください。」

     と話されました。



続いて、キャリア開発・支援課より、今年度の就職・編入学状況について話があり、いよいよ先輩方の話を聞く座談会になりました。

IMG_8233-1.jpg先輩たちからは、以下の7つのテーマで話がありました。

  ① どうやって就職・編入学先を決めたか

  ② 就職試験の準備はどんなことをしたのか

  ③ 試験(面接、筆記等)はどんな内容だったか

  ④ 自分のどこが評価されて内定したと思うか

  ⑤ 活動中、一番つらかったことや悩みを教えてください

  ⑥ 試験日の前にやったことは何か

  ⑦ 最後に1年生へ一言お願いします


IMG_8226-1.jpg  1年生にとって、先輩たちの言葉はとても興味深く、真剣に話を聞いていました。


  テーマ⑦の1年生へのメッセージを紹介します。

    ・ 毎日の積み重ねは大きい。ボランティア、サークル活動やアルバイトでの

      経験が自分の財産になる。

    ・ 自分のやりたいことがあったら、その意志を貫くことが大切です。また、悩

      むことがあったら先生に相談して一つ一つ解決していってください。

    ・ 福祉に限らず、もっと広い視野で考えて、いろいろと調べて知ったうえで自

      分の進路を選択したほうがいい。

    ・ だれよりも早く動き出すことが大切。気になる施設があったら早く見学に

      行ってください。



最後にフリータイムということで、自由に先輩たちのところに行き、相談会を行いました。

IMG_8242-1.jpgIMG_8240-1.jpg   先輩たちの前に座り、すがるように質疑応答を繰り返す姿からは、「なんとかし

   たい!」という強い思いが伝わってきました。



この授業を終えての1年生の感想です。

  ・ 自分の目標や決意は曲げずに、自分なりのやり方で、あらゆる壁を乗り越え

    ていくことが大切であると感じた。そして、備えることが必要不可欠であるとあ

    らためて思い知った。


  ・ 将来、自分がどの方面へ就職するか迷っていますが、「とにかく行動」とのあり

    がたいお言葉をいただき、ボランティアや見学を積極的に行って、自分の視野

    を広げていきたいと思います。先輩の体験談のおかげで、準備がスムーズに

    行えそうです。


  ・ 先輩方の話を聞いて、就職も進学もとても大変なことで、それぞれの方が自分

    の目標に向かって努力されていたことが分かった。また、面接の様子なども詳

    しく知ることができてよかった。自分も今日から就職や進学のことをしっかりと

    考え、準備していきたい。


  ・ 先輩たちの受験という戦いの事情をよく知れてよかった。自分たちももう目の

    前に就職活動があるのだと感じた。



これらの感想からもわかるように、1年生は、この授業を通して、自分の進路や将来の姿に対して興味をもち、不安をおぼえ、そして「もう始まっている」という意識を高めることができたようです。

この興味や不安を『意欲』に変えて、今後就職活動や編入学に立ち向っていってほしいと思います。


今回協力していただいた2年生の皆さんは、短大に入学したときの志と、卒業時の進路が全く違っているそうです。学内外でのいろいろな経験を経て培った自分の思いを大切にした結果なんでしょうね。

自分の人生としっかりと向き合い、周りの方からのアドバイスを受け入れながらも、自分でよく考えて判断し、進路を選択していきましょう。


今年の就職活動は、<3月より就職ガイダンス開始、6月より採用試験解禁> となっています。

キャリア開発・支援課においても、いろいろな情報をいち早くキャッチし、学生の就職活動を手厚く支援していきます。



保育士が働く現場には、大きく分けて「公立保育所」と「私立保育所」の2つがあります。この公立保育所で働くには、市町村職員となるため、その市町村の『公務員試験』を受験し、合格しなければいけません。


キャリア開発・支援課では、それを希望する学生を支援するため、『公務員試験対策講座』を開講しています。


幼児教育学科1年生を対象に希望をとったところ、22名が集まりました。今年度は、これに加えて、同じ浦山学園の富山情報ビジネス専門学校幼児教育学科からも7名参加し、合計29名が受講していきます。



11月10日(火)に開講説明を行い、テキスト等を配布しました。

IMG_7146-1.jpg
IMG_7157-1.jpgどの学生も緊張感をもって、真剣に話を聞いていました。

来年度9月まで、週1回のペースで地道に学習を積み重ねていきます。模擬試験も2回行う予定です。


その後、公務員試験の教養試験を体験してもらい、今後学習する内容の確認を行いました。

IMG_7165-1.jpg
IMG_7169-1.jpg予想以上に興味をもって問題に取り組んでおり、学生のやる気が伝わってきました。

来年度7~9月に行われる第1次試験に向けて、この学生のやる気を持続させるような言葉がけなども行い、粘り強く学習に取り組みながら、学力が合格レベルまで伸びるよう、学生と一緒に頑張っていきます。


 

今年の春に富山福祉短期大学を卒業し、看護師として活躍中の永井真央さんに近況を教えていただきました。

永井真央さん.png


   永井 真央 さん (看護学科 平成27年3月卒業)

勤務先:新潟西蒲メディカルセンター病院



Q.現在のお仕事の内容を教えてください。

A. 新潟西蒲メディカルセンター病院で看護師として病棟で勤務しています。慢性期の患者様が主ですが、整形外科や急性期の患者様もいるため、その患者様に合わせた看護を提供していきます。

Q.なぜ現在のお仕事に就こうと思ったのですか。

A. 元々、母が看護師をしており、子どもの頃から母にあこがれていたのがきっかけです。人と接することが好きで、「人の為に何かができる」ということにとても興味と尊敬の気持ちがあり看護師という仕事に就こうと思いました。

Q.現在の仕事のやりがいや大変なことを教えてください。

A.「人対人」であるため、信頼関係を築くことが大切であり、とても大変なことだと実感しています。ひとりひとり、考え方も違うため、その人の立場になって常に考え、日頃接することにより信頼関係を築けた時にとても嬉しく感じます。また、命を預かるという責任があるため、毎日気が抜けず、緊張とプレッシャーの日々ですが、患者様が少しずつ元気になっていく姿やご家族がその変化に喜びを感じていらっしゃるところ、笑顔を見た時にやりがいを感じます。

Q. 「看護師」に向いている人や求められる能力は何だと思いますか。

A. 相手のことを考えることができる人だと思います。

  他の人の立場になって考えることができ、責任感をもち自己成長を常に意識することが必要だと思います。

Q.「看護師国家試験」に合格するためにはどのような方法で勉強しましたか。

A. 家で一人で勉強することがとても無理だったので、友達と毎日学校か図書館を利用し勉強しました。時には友達とリフレッシュしたり、悩みや愚痴を話してストレス発散も必要でした。問題集は1~2冊を何周も行い、間違ったところはなぜ間違ったのか根拠を調べ、つながりを考えながら覚えました。何度も問題をといて間違いをしっかり復習することを中心に勉強しました。

Q. 富山福祉短期大学を卒業して今思うことは?

A.短大で人とのつながりや福祉の心を学ぶことができ、今の自分の糧になっていると感じます。看護だけでなく、障害者の方との交流や疾病と向き合う人たちと交流し自分の視野が広がり、様々な方との関わり方・特徴など学ぶことができ自分の看護観・考え方が広がったと思います。

Q. 今後の目標を教えてください。

A.今後は、何年間か臨床の場で経験を積み、将来的には自分が何か専門的に学びたいと思えることを見つけ、認定看護師やさらなる資格をとりたいと思っています。そのためにも今、看護師としての基礎を学び、土台をしっかりつくり、看護師として何が必要か、患者様にとって何が必要か考え、日々頑張りたいと思います。

Q. 福短へ入学してくる高校生や在学生に向けて、メッセージをお願いします。

A.福短はとても温かく、様々な経験をできるところです。とにかく何かやってみるというチャレンジ精神をもってたくさん充実させてください。受験生(看護3年生)はとても辛い時もあると思いますが、頑張ったらきっとハッピーなゴールが待っているので、それまでどうか頑張ってください!

貴重なお話をありがとうございました。在学生のみなさん、受験生のみなさんの近い将来の参考になることと思います。これからも目標に向かって頑張ってください!

この度、富山福祉短期大学では、映画『うまれる ずっといっしょ』上映会を開催します。この映画は累計40万人以上を動員し、観るものを号泣させたドキュメンタリー映画『うまれる』の第二章として制作され、全国各地で自主上映されており、多くの感動を生む話題作です。

入場料は無料です。また、当日は福短祭(本学の学園祭)も開催されています。
皆さまお誘いあわせの上、是非ご参加ください。
 ※定員に達しましたので、受付を終了させていただきました
卒業生の方は、お電話にてお問い合わせください。


この上映会は、平成27年度同窓会研修会として行われる同窓会主催の上映会です。一般の方々も入場いただけます。

日時  平成27年9月19日(土) 13:30~15:40
場所  富山福祉短期大学 5号館 1F 5-102
定員  80名
入場料 無料
※当日は、福短祭が開催されているため、混雑が予想されます。できるだけ、公共交通機関をご利用ください。

お申込はこちらから   ※定員に達しましたので受付を終了させていただきました。

                

FAXでのお申込用紙→チラシ「うまれる ずっと、いっしょ」.pdf
うまれる ずっと、いっしょ。表面.pngうまれる ずっと、いっしょ。裏面.png



富山福祉短期大学では8月22日(土)に、『第4回オープンキャンパス』 『第5回オープンキャンパス』を開催します!!


1日で午前・午後の2回開催ですが、午前と午後では異なる盛りだくさんの内容のプログラムをご用意しています!


午前は、学科・専攻別の体験授業ということで、5種類のうち1つを選択していただき、体験授業を受けていただきます。豊富な体験授業ラインアップがおすすめです。


午後は、学科間のつながりを活かした【福短】だからできる<多職種連携合同授業>「社会福祉専攻・介護福祉専攻・看護学科 合同授業」や、「つくり、つくりかえ、つくる」作文技法、1・2年生対象プログラムなど、盛りだくさんな内容となっています。

また、スペシャル企画として【福短】を卒業し実際に夢を叶えて働いている先輩たちからの話を聞ける歓談タイムもあります!!


共通内容として、「入試ミニセミナー」「保護者特別説明会」開催。

8月のオープンキャンパスより、2016年度(平成28年度)学生募集要項の配布を開始します



※詳細はこちらをご覧ください。 → 8月OCパンフレット.pdf


毎回好評をいただいている「学科・専攻別歓談タイム」もご用意しています。 教員や在学生に、わからないことや不安などをきいてみてください。

友達と一緒に、ご家族と一緒に、是非参加してみてください♪



【 日程 】

★ 第4回オープンキャンパス
 8月22日(土) 10:00~12:20

★ 第5回オープンキャンパス
 8月22日(土) 14:00~17:30



* お申込はこちらから

8月に入り、就職活動中の学生から、毎日嬉しい内定報告が相次いで入ってきています。

今回は社会福祉学科社会福祉専攻の瀬戸優月さん、幼児教育学科の堀小百合さんのお二人に就職活動について話を聞きました。



瀬戸優月さん(社福H).jpgのサムネイル画像

堀小百合さん(看護H).jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
(左)瀬戸 優月さん(社会福祉学科社会福祉専攻)
    ≪内定先:射水福祉会 いみず苑≫
(右)堀 小百合さん(幼児教育学科)

    ≪内定先:富山県呉西愛育会 高岡愛育園≫


Q1.就職内定おめでとうございます。今の気持ちを教えてください。

A1.(瀬戸)試験当日までバタバタしていたので、内定をいただいた実感がまだ

        わきませんが、とても嬉しい気持です。

   (堀) とても嬉しいです。早く決まってよかったです。

Q2.就職活動を振り返って思うことは何ですか?

A2. (瀬戸)応募書類などの準備を万端にできなかったので、早くから情報を

        集め、当日まで焦ることなく準備しておけばよかったと思いました。

        特に履歴書の準備は早くした方がよかったです。

   (堀) もう少し早めに行動しておけばよかったと思います。


Q3.内定を勝ち取った要因は何だと思いますか?

A3. (瀬戸)受験を決めてから準備期間が3週間ほどしかありませんでしたが、

        最後まで諦めず、やれることを精一杯したことだと思います。

   (堀) 面接で、笑顔ではきはきと話したことだと思います。


Q4.どんな社会人を目指しますか?

A4.(瀬戸)すべてをできると自分を過信しすぎることなく、時には素直に人に

        助けを求めることができ、また反対に助けてあげることができる人

        になれたらと思います。

   (堀) 子ども達と一緒に成長できるような保育士になりたいと思います。


Q5.後輩へアドバイスやメッセージをお願いします。

A5.(瀬戸)途中で駄目だ、無理だと思っても決して諦めずに、今やれる事を

       一生懸命頑張ってください。

   (堀) 悔いの残らないように就職活動を頑張ってください。



 二人とも第一希望の施設様より内定をいただくことができました。本当におめでとうございます。福短の学生は、就職活動中も授業や課題・実習の他に課外活動にも積極的に参加し、忙しくも充実した日々を送っています。その毎日の積み重ねが自信につながっていることと思います。残りの学生生活も精一杯楽しんでください!



アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.