HOME » » ふくたんからのお知らせ » カテゴリを追加

カテゴリを追加

看護学科1年生の授業『看護学概論』についてご紹介します。

■科目:看護学概論(炭谷靖子 教授)

■授業科目の学習教育目標の概要

本科目は、看護に関わる知識・技能を学んでいくための基礎をつくる授業である。

内容は「人間社会における専門職業としての看護とは何か」を主題として、看護の歴史的変遷、看護概念の発達と主要な看護理論、看護の目的と機能、対象、方法及び看護活動の現状について学ぶ。また、看護専門職の役割、責任については保健師助産師看護師法を学び、国際看護師協会及び日本看護協会が定めている倫理綱領を学ぶことを通して各自の倫理観を確認し看護師として必要な基本的態度の育成をめざす。

今回は、「看護理論」の図書を探索するというテーマで図書館を教室として授業を行いました。「看護学の基礎となる看護理論の書籍はどの位あるのか?」学生は、図書を探し、書名、編者、訳者、出版社、出版年、看護理論者の氏名、図書のキーワードを記入していました。

どの棚に行けば図書はどこにあるのか、最初はわからず、図書館職員に聞いていた学生も多かったようですが、すぐにそのテーマについて書かれた図書を探すことができました。グループになって、わからないところをお互いに聞きあって真剣に調査していました。

看護学概論-①.JPG 看護学概論-②.JPG高校の授業と違い、短大では、通常の科目も筆記試験以外に課題レポート・実習報告書・卒業研究の報告書などを作成する機会が増えてきます。様々な課題について、先行研究を調べ、自分で調査したことや考えたことなどを記述していく能力が求められます。

図書館は、たくさんの図書・雑誌・視聴覚資料・検索用のデータベースがそろっています。これらを使いこなすことにより様々な課題を解決する手がかりを得ることができます。今日の授業は、図書館を活用することの大切さを伝えていただいた授業であるように思います。

本屋大賞-①.JPG図書館には、2012年「本屋大賞」(http://www.hontai.or.jp/)の図書が豊富に取りそろえてあります。授業後に借りていく学生も数名いました。ぜひ、この機会に図書館に足を運んでみてください。

最近のふくたんからのお知らせ

アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.