HOME » » ふくたんからのお知らせ » 施設・企業の方へ

施設・企業の方へ

 このたび、モンゴル国立老年学センターと本学との間で、両国の福祉科学と老年学を促進し、組織間の相互理解を促進することを目的として、基本合意書を交わすことになり、4月14日(土)に東京において、その調印式を行いました。

当日は、モンゴルから保健大臣、保健大臣顧問をはじめとする7名がお見えになりました。
IMG_3177-2.jpgIMG_3179-1.jpg  (基本合意書に調印:モンゴル保健大臣顧問 アマルサンハン・バザール氏と炭谷学長)

 今後、どのような連携活動を行っていくのかについては、両者間で検討しながら進めていきますが、現段階では、以下のようなことを考えています。
    ① 教員・研究者・行政スタッフの交流
    ② 協同研究プロジェクトの実施
    ③ 講演会やシンポジウム開催
    ④ 学術情報・資料の交換
    ⑤ 相互に合意した他の学術協力の推進

 モンゴルでは、18~30歳の人口が国民全体の6割を占め、アジア諸国の高齢化に比べると比較的若いのですが、平均寿命は70歳で、男性65歳、女性75歳ということです。とくに、男性の平均寿命を延ばしていきたいと考えておられました。
 
 本学としては、『地学一体』のコンセプトのもと、「地域貢献」を意識していますが、このモンゴル事情に対しても、少しでもお役に立てれば、という思いです。

 <浦山理事長コメント>
   日本は、少子高齢化、地方創生という問題を抱えているが、その中でモンゴルの学生

   が日本で頑張っていることは頼もしいし、重要なことである。学園としてもモンゴルから

   の留学生をしっかりと支援していきたい。
 <保健大臣 ダバジャンサンギン・サランゲレル氏コメント>
   モンゴル保健省の中に高齢者担当部署があり、医療分野においても日本の技術等を

   積極的に取り入れている。今後、高齢者へのサービスをどのように提供できるかなど、

   広範囲な意見交換を行っていきたい。

IMG_3185-1.jpg         (左から  保健大臣、保健大臣顧問、炭谷学長、浦山理事長)


7月22日(金)に学内就職説明会を開催しました。


今回は、本学が業務連携している、以下の3法人を招いて施設や業務の説明をしていただき、学生の就職活動に対する意識と意欲を高めようという目的で実施しました。


<来ていただいた法人>

■ 社会福祉法人アルペン会

  特別養護老人ホーム アルペンハイム、アルペンデイサービス、軽費老人ホーム

   ケアハウスとやま、ガンバ村保育園、アルペンリハビリテーション病院

IMG_1469-1.jpg

■ 特定医療法人財団五省会

  西能病院、西能みなみ病院、介護老人保健施設 みどり苑

IMG_1477-1.jpg

■ 社会福祉法人小杉福祉会

  特別養護老人ホーム 太閤の杜、特別養護老人ホーム 大江苑、特別養護老人

   ホーム エスポワール小杉、あいあい保育園

IMG_1483-1.jpg


どの教室においても、和やかな雰囲気で行われていましたが、学生の話を聴く顔は真剣そのもので、
時折メモをとったり、意欲的に質問をしたりする姿が見られました。

IMG_1473-1.jpgIMG_1479-1.jpgIMG_1480-1.jpgIMG_1484-1.jpg
参加した学生は、次のような感想を述べていました。


・ 今回、法人から施設の話を伺うことで、より自分のやってみたいことが明確になりました。現場で働くうえで、その施設が行っている取り組みや強みを知っておくことは、視野が広がり、結果的に質の高い介護者へつながると感じました。自分の目で見て、感じて、働きたいと思える施設へ就職したいです。

・ 以前も話を聴いたことがありましたが、今日はまた違った視点での取り組みが聴けて感動しました。アルペン会さんの多世代交流の話を聴いているといつも心が温まります。施設見学も積極的に行っていきたいです。

・ 実習で西能病院や西能みなみ病院に行ったことがあり、五省会の概要について少しは分かっていたが、今回の説明会に参加して、知りたかった情報を得ることができ、五省会のことをより詳しく知ることができてよかった。就職に対して迷っている最中だったので、すごく参考になった。前向きに検討したい。



今回は、学生の参加人数があまり多くありませんでしたが、来ていただいた法人の方からは、「学生の人数が少なくても、このような取り組みは継続して行っていくことが大事ですね」という言葉をいただきました。

この言葉通り、今後も継続して行っていくことにより、この説明会を学内に定着させ、学生への浸透を図っていきたいと思います。そして、より多くの学生の就職活動をサポートできるような説明会になればいいと考えています。



7月に入り、就職担当窓口には、

「就職についての相談があります」

「履歴書を書いたので見てもらえませんか」

「面接練習をお願いします」

などと学生が頻繁に訪ねてくるようになり、就職活動が活発になってきました。

キャリア開発・支援課では、一人一人の学生に丁寧に対応しながら、その学生の希望が叶うよう、全力で支援していきます。


学生のみなさん、就職についての相談は、どんなことでもお気軽に、1号館窓口に来てください!




今年度も、富山まなびあい大学【臨床美術の会】主催の『とやま臨床美術展』が8月31日から始まりました。『とやま臨床美術展』は富山福祉短期大学共催、高岡市・射水市からも後援をいただいています。


『とやま臨床美術展』

開催日 2015年8月31日(月)~9月6日(日)

開催時間 毎日13:00~18:00 最終日9月6日(日)のみ16:00まで

場所   高周波文化ホール(新湊中央文化会館)

料金 無料(臨床美術体験可)


会場には、2015年度に制作されたものを中心に、約1,000点の作品が並びました。高岡市にある10カ所の地域包括支援センターでの臨床美術教室に参加された方々の作品や、臨床美術士が個人でセッションを行った際の作品、氷見高校における出張授業での作品など、さまざまなプログラムの作品がならんでおり、美しい空間ができあがっていました。
H27臨床美術展1.jpgH27臨床美術展2.jpgH27臨床美術展3.jpg
展示会場には、体験コーナーもあり来場者の方も楽しんでいただけます。

参加型の体験「葉っぱのフロッタージュ」は、来場者に体験で作っていただいた葉っぱの型を造形した木に張り付けて、開催期間中に完成させるものです。
H27臨床美術展4.jpgH27臨床美術展5.jpg
また、抽象画のプログラムが体験できるコーナーなども用意されています。
H27臨床美術展6.jpgH27臨床美術展7.jpg
富山県内各地で行われた臨床美術教室の作品が一堂に集まるこの臨床美術展に、皆さんも是非足をお運びください!
H27臨床美術展8.jpg


富山福祉短期大学では、学生が臨床美術士の資格を取得できる授業を実施している他、地域の方が資格取得のできる臨床美術士資格取得講座(通学講座)や、科目等履修制度を設けています。また、臨床美術講座を体験したいという団体の方にも臨床美術士を派遣しています。臨床美術士に興味のある方、地域で臨床美術教室を開講したい方は是非ご相談ください!





富山福祉短期大学では、地域に開かれた大学を目指して、従来の地域つくりかえ講座を大幅に拡大し、平成27年度は33講座を予定しています。大学としての教育・研究の資源を積極的に活用し、福祉・看護・教育の多彩な企画をご用意しました。講師陣は、それぞれの分野で豊富な実務・研究業績と教育経験を備えた当大学の全ての専任教員が務めます。なお、当大学の地域つくりかえ講座は、富山県民カレッジ連携講座として申請されており、希望される方には県民カレッジ講座修了単位として認定されます。


第15回は、「認知症について考える、学ぶ、地域に活かす~認知症の予防と介護のポイント~」と題し、一般の方(認知症に関心のある方、介護に関心のある方、介護に携わる方)を対象として開催します。

ますます深刻化する超高齢社会において、よりよい地域をつくるための大切な知識の一つとして認知症の理解が挙げられるでしょう。そこで、今回の講座では認知症の基礎知識を理解しながら、認知症の予防と介護のポイントについて学びます。


日時  平成27年9月7日(月) 18:30~20:00

場所  富山福祉短期大学 2号館 2F 2-201

対象  一般 ※認知症に関心のある方、介護に関心のある方、介護に携わる方

定員  20名

受講料 500円(当日受付にてお支払いください)※高校生以下無料



是非ご参加ください!

お申込はこちらから

FAXでのお申込用紙→15_地域つくりかえ講座_認知症_270907FAX用.pdf
15_地域つくりかえ講座_認知症_270907 .png
ご案内PDF→15_地域つくりかえ講座_認知症_270907.pdf







富山福祉短期大学では、地域に開かれた大学を目指して、従来の地域つくりかえ講座を大幅に拡大し、平成27年度は33講座を予定しています。大学としての教育・研究の資源を積極的に活用し、福祉・看護・教育の多彩な企画をご用意しました。講師陣は、それぞれの分野で豊富な実務・研究業績と教育経験を備えた当大学の全ての専任教員が務めます。なお、当大学の地域つくりかえ講座は、富山県民カレッジ連携講座として申請されており、希望される方には県民カレッジ講座修了単位として認定されます。

第9回は、「福祉施設における知的障がい児者の気になる行動・困った行動への支援について考える-応用行動分析学の視点に基づいた支援-」と題し、関係施設職員の方を対象として開催します。一般の方の参加も可能です。

知的障がい児者や知的障がいを伴う自閉症児者の支援をされている職員の方の中には、利用者様の様々な行動への対応に苦慮する場面もあるのではないでしょうか。そうした支援者の方に、支援のポイントをご紹介します。利用者様の生活を「つくり、つくりかえ、つくる」ことへの一助としてください。

日時  平成27年8月1日(土) 10:30~12:00

場所  富山福祉短期大学 3号館 2F 3-201

対象  関係施設職員の方(一般の参加も可)

定員  30名

受講料 500円(当日受付にてお支払いください)※高校生以下無料

是非ご参加ください!

お申込はこちらから

FAXでのお申込用紙→09_地域つくりかえ講座_知的障がい児_270801FAX用.pdf
09_地域つくりかえ講座_知的障がい児_270801.png
ご案内PDF→09_地域つくりかえ講座_知的障がい児_270801.pdf





富山福祉短期大学では、下記の要領で免許状更新講習(文部科学省認可済)を開催します。


≪講習の概要≫

●日 時: 平成27年7月28日(火)9:00~16:00 (本学Uホール)

●定 員: 25名

●受講対象者:幼稚園教諭・小学校教諭(現職、過去に教員経験のある者・臨時、非常勤講師の登録をしてある者)

 保育士(幼稚園教諭の資格を持っており、認定こども園、認可保育所で働いている者)


●講習名: 幼少期に必要な運動遊びについて

●時間数: 6時間(選択)

●講 師: 小川 耕平(幼児教育学科 講師)他

●受講対象:平成28年度3月31日に最初の修了確認期限を迎える現職教職員等の方

          昭和35年4月2日~昭和36年4月1日までに生まれた方

          昭和45年4月2日~昭和46年4月1日までに生まれた方

          昭和55年4月2日~昭和56年4月1日までに生まれた方

       平成29年度3月31日に最初の修了確認期限を迎える現職教職員等の方

          昭和36年4月2日~昭和37年4月1日までに生まれた方

          昭和46年4月2日~昭和47年4月1日までに生まれた方

          昭和56年4月2日~昭和57年4月1日までに生まれた方

●受講料:8,000円


≪講習の内容≫

 幼少期に必要とされる運動動作の獲得や子どもの発育発達に応じた運動指導の方法について講義及び実技を通じて学ぶ。また、日本サッカー協会のキッズリーダー講習会を併用して実施することで、実際の教育現場で使える実践的な運動あそびについての知識と技術を習得する。

※受講された方には日本サッカー協会より「キッズリーダーU-6」の資格が授与されます。


≪お申込み≫

受講のお申込は6月17日までに、先着順で受付けます。

以下の申込用紙データを印刷してご記入の上、下記の住所まで郵送かFAXしてください。
H27 教員免許状更新講習 受講申込書.pdf



≪お問い合わせ先≫

学校法人浦山学園 富山福祉短期大学 

学事部学事課(3号館) 教員免許状更新講習係

〒939-0341富山県射水市三ケ579 

電話:0766-55-5567  FAX:0766-55-5568

富山福祉短期大学では、今年度も若手福祉士スキルアップ研修を実施します。

対象は、介護福祉士取得後、5年未満の方を対象とした研修です。本学の社会福祉学科介護福祉専攻の専任教員から、アセスメントの知識・技術を学び、スキルアップを目指しませんか?

■主な内容

①介護現場でケアに悩んでいる、より良いケアを提供したい若手介護福祉士を対象とした研修です。

②介護過程の展開、ICFの理解、認知症高齢者のケアを共通のテキストや映像教材を用いながら学ぶことができます。そして、アセスメントの知識と技術を磨く7回シリーズの研修です。

③2回目~3回目は、主に介護過程に関するテキストを用いて介護過程を学ぶことができます。

④4回目~5回目は、主に映像教材を用いてアセスメント・個別ケアのポイントを学ぶことができます。

⑤発表会では、介護福祉教育に携わる本学の講師陣から様々な視点から助言をもらうことができます。

そして、第7回目の終了後には、簡単な懇親会もあります。


■日時

毎月1回 第1木曜日  18:30 ~ 20:00

※日にち詳細は下記をご覧ください。

■スケジュールとテーマ 

第1回 9/3 宮嶋専攻長からの挨拶・説明会・研修の目的と基礎的な知識の理解

第2回 10/1 テキストを用いた介護過程の理解

第3回 11/5 テキストを用いたアセスメントの理解

第4回 12/3 映像教材を用いたアセスメントの理解①

第5回 1/7 映像教材を用いたアセスメントの理解②・計画の立案・実施・評価の理解

第6回 2/4 介護現場における介護過程の展開と抄録の作成方法の理解

第7回 3/3 研修成果に関する発表会と総括

■受講対象者

介護福祉士取得後、5年未満の方 (定員20名)

※少人数制によるケーススタディ(事例検討)を行うため20名定員です。

※定員に達し次第募集終了とさせていただきます。

■場所:富山福祉短期大学 3号館 201教室

■受講料:無料 

※本研修は、研修効果を研究する為、アンケートやインタビューにご協力いただきます。

※本研修は、基本的に毎月出席となります。ご都合の悪い場合のみ、サポート対応いたします。

※本研修で使用するテキストは、本学で用意致します。
fukurou010.jpg

■申込

受講申込書をご記入の上、FAXもしくは郵送・ご持参ください。

 ※受講申込書ダウンロード →H27申し込み用FAX.pdf

<FAX>

0766-55-5570

<郵送先>

〒939-0341 富山県射水市三ケ579
富山福祉短期大学 共創福祉センター事務局 宛

<ご持参>
富山福祉短期大学 1号館 共創福祉センター事務局 まで

■申込締切
平成27年8月7日(金)

■受講決定通知

FAXにて後日送信。FAXによる受信が困難な方のみ、郵送(自宅)とさせていただきます。


★「詳細は、こちらの案内をご覧ください」→H27年度 若手介護福祉士スキルアップ研修ご案内.pdf


■お問合わせ先

富山福祉短期大学 
共創福祉センター事務局 牧田・喜多
(担当教員: 社会福祉学科介護福祉専攻 毛利・牛田)
TEL 0766-55-5567  FAX 0766-55-5570



このたび、本学がもつ教育課程を生かした高大連携・地域連携を推進したく、福祉・看護・幼児教育の領域の出張授業2015 を企画いたしました。この講義による学びの経験によって、高校生の皆さんには、地域社会に貢献するこれらの領域への興味や関心を高めてもらい、これからの新たな学びへの橋渡しとなることを願います。地域や施設等の方々には、現場で活かすための研修として"生きた"学びとなることを願います。

各高等学校長様・研修等のご担当者様におかれましては、是非とも本学に対し、出張授業を要請していただけますように、よろしくお願い申し上げます。

出張授業2015 詳細について



富山福祉短期大学では、下記の期間を指定休業日とし、校舎を閉館させていただきますのでお知らせいたします。

<閉館日>

●平成27年4月30日(木)

尚、4月30日(木)にいただきましたお問合せ(FAX、メール等)に関しましては、平成27年5月1日(金)以降、順次お返事させていただきますのでご了承ください。

よろしくお願いいたします。

富山福祉短期大学


平成27年4月24日、連携協力に関する協定を結ぶため、富山福祉短期大学と社会福祉法人アルペン会とで、協定書の調印式を行いました。


社会福祉法人アルペン会様は、本学の学生も多く就職しており、特別養護老人ホームやデイサービス、ケアハウス、保育園などを運営されています。今後、お互いの人的・物的資源を有効活用し、地域の課題に対応しながら地域社会の持続的な発展につなげることを目指し、地域福祉のさらなる充実に寄与できるよう、今後具体的な活動を連携し進めていきます。


調印式は、富山福祉短期大学で行われ、アルペン会理事長の室谷 民子様と本学学長との間で協定書が調印されました。
アルペン会1.jpgアルペン会2.jpg

室谷理事長からは、現場での悩みも違った視点から先生方にアドバイスいただいたりやりとりがあれば、理想に向かってやっていこうという職員の切磋琢磨する気持ちが湧き、チャレンジできる世界が見えるかもしれない、とお話くださいました。


北澤学長からは、学生時代にやっておいてほしいことをカリキュラムに反映していくなど、助言をいただきたい、臨床美術など、認知症予防につながる取り組みの研修先としても協力いただきたい、とお話がありました。

その後、「富山という豊かな地域において、自分を表現する時間を利用者につくっていきたい」、「生きることに輝きをもたらす時間の大切さなどを開発できたら」など、歓談に花が咲きました。


富山福祉短期大学とアルペン会では、それぞれに窓口を設け、共同事業の実施、授業やボランティア活動での学生支援など、さまざまな形で連携を図っていくことになります。




アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.