HOME » » ふくたんからのお知らせ » 遠隔授業実施に伴う図書館での取り組み

遠隔授業実施に伴う図書館での取り組み

現在、新型コロナウイルス感染症対策のため、当面の間、本学図書館の利用を貸出、返却のみとしております。館内での学習をすることはできないため、授業での課題や、自主学習をおこなううえで、学生は大変苦労しています。


そこで今回、図書館の電子書籍配信サービス、Maruzen eBook Libraryを、学生が自宅にいても利用できるようにいたしました。この実施は、丸善雄松堂株式会社様のご協力により実現したものです。これにより学生は登校できない中、外出せず自宅にいながらサービスを利用し、調べ物ができることになります。Maruzen eBook Libraryは学術書籍に特化した機関向け電子書籍配信サービスであり、看護・情報・観光分野の電子書籍66冊が取り揃えられています。


また、図書館では学生の国家試験対策として、自宅でできる国家試験の無料オンライン、アプリケーションなどの情報提供もおこなっています。これにより学生は、遠隔授業の合間に自宅にて国家試験の勉強をすることができます。


本学におきましても、この状況下でいかに学生の皆さんに安心・安全な環境で学修時間の確保を図っていくかの検討と準備を引き続き進めています。

学生の皆さんがこれまで同様、不便なく学生生活、学業に専念できるよう、しっかりサポートしていきます。

図書館1.jpg図書館2.jpg

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.