HOME » » ふくたんからのお知らせ » 【授業紹介】相談援助演習Ⅳ(社会福祉専攻2年)

【授業紹介】相談援助演習Ⅳ(社会福祉専攻2年)

「相談援助演習」は1年の前期から、2年間継続して行われる演習形式の科目です。社会福祉の知識(理論)を基に、実際の援助場面(実習)で活かすためのコミュニケーション力や相談援助力を身につけることを目指しています。


授業ではグループワークやロールプレイなどを取り入れ、学生が積極的に授業に参加しています。


今回の授業は、2年生が3~4人のグループとなり、自分達で生活に困難を抱える家族の事例を作成しました。そしてその家族が、どのような社会資源を利用することができるか調べて発表しました。


191105.jpg

191105①.jpg

経済的問題や介護や虐待の問題を抱える家族が利用できる社会資源を調べて発表しました。

 

191105②.jpg191105③.jpg191105④.jpg191105⑤.jpg

[ 学生の感想 ]

・事例を作成するのは初めてで難しかったけれど、いろいろな社会資源があることが分かった。

・地域によって違いがあることや、市町村が行っている事業について学ぶことができた。今後は自分の住んでいる地域の社会資源を調べてみようと思った。

・ソーシャルワークは利用者のニーズを引き出すことが大切だと思っていたが、社会資源を活用することも必要だと感じた。


学生は今までの学んできた制度や事業、保健・福祉のサービスを思い出しながら利用できそうな社会資源の相談窓口や利用料などを調べて発表していました。私自身も初めて相談員として働き始めた頃は、福祉サービスの利用の仕方の本で具体的な手続きを学んだり、市町村の広報で地域の社会資源を調べたりする日々でした。学生は授業を通して、少し実践力を身につけたのではないかと思います。


社会福祉専攻 准教授 松尾 祐子

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.