HOME » » ふくたんからのお知らせ » 国際観光学科開講記念シンポジウムを開催しました

国際観光学科開講記念シンポジウムを開催しました

シンポ国際.jpg◆日程:2019年10月29日(火)

◆時間:15:00~17:30

◆場所:学校法人浦山学園USP(Urayama Social Platform)

今回のシンポジウムは、富山福祉短期大学が2020年4月に新しく開講する「国際観光学科」を記念し、『ツーリズムで成功する地域創生~そのための人材育成とは~』と題して開催し、当日は約100名の方々にご参加いただきました。

まず初めに、本学園理事長 浦山 哲郎より挨拶がありました。

「いかにして海外から富山に人を呼び込むか、学生とともに考えたい」という言葉で始まりました。

シンポ1.jpg次に、国土交通省観光庁 観光地域振興部長の村田 茂樹氏による基調講演を行い、訪日外国人の動向や国の「観光ビジョン実現プログラム2019」について説明。「ツーリズムの成功には熱意と合意形成、具体的な戦略が必要」と述べられました。

シンポ2.jpgパネルディスカッションでは、「観光カリスマ百選」の1人でJTIC.SWISS代表 山田 桂一郎氏、美ら地球CEO 山田 拓氏、観光分野において幅広い経験をもつ齋藤 望氏、富山県観光・交通振興局長猪俣 明彦氏の4氏がパネリストを務め、本学国際観光学科の藤本 幸男教授が進行役となり、各パネリストは観光振興を通じた地域創生を成功させる手法や人材育成について意見を交わしました。

シンポ3.jpgシンポ4.jpgシンポ5.jpgシンポ6.jpg
【参加された方々の声をご紹介します】

・最新のデータを基に話され、現状の実態が分かり、また、実践に基づいたお話をうかがえて、大変参考になりました。

・日本が観光振興に必要な要素が全て備わっているフランスと並んで稀な存在というのは初めての情報でした。数字のデータが多く、分かりやすかったです。

・観光の課題について、第一線にいらっしゃる方々のお話を聞けて非常に勉強になりました。直接関係ない一般住民をどう巻き込むのか、という課題、取り組みには大変興味をもちました。みなさんの話がとてもおもしろかったです。

・世界の中で見た日本の現状やこれからの観光の課題をわかりやすく話していただき、大変勉強となりました。富山の「光」を国内外へもっと発信していけるよう、これからも学びを深めたいです。


本学の国際観光学科では、国内でも数少ない、本格的なインバウンドビジネスを学ぶ学科となります。

時代先取りの3つの観光分野、「ユニバーサル・ツーリズム」「アドベンチャー・ツーリズム」「食のツーリズム」+観光ICTを学び、国内外のさまざまな会社や組織で求められる人材を育てます。

今後とも一層のご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。


国際観光学科に関する詳細は こちら

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.