HOME » » ふくたんからのお知らせ » 【授業紹介】教育実習指導Ⅱ(幼児教育学科2年生)

【授業紹介】教育実習指導Ⅱ(幼児教育学科2年生)

◆科目名:教育実習指導Ⅱ

◆日程:2019年10月28日

◆担当教員:宮越 浩子先生

◆学科専攻:幼児教育学科 2年生 

幼児教育学科の教育実習は、『事前学習』『実習』『事後学習』という流れの中で行われます。この授業では、教育実習Ⅰでの学びを踏まえ、事前学習として実習計画の立て方等の再確認を行い、事後学習として、実習報告書の作成を通して、実習の成果をまとめ、各自の課題を整理していくことを目標としています。


今回の授業では、4~5人のグループごとに作成した実習指導案に基づいて模擬保育を行いました。模擬保育を通して指導案をよりよいものにするための視点を得ることが目標です。


学生は20分の持ち時間を与えられ、それぞれ手遊びや工作、絵本の読み聞かせ等自分たちの作成した指導案に基づき発表しました。

まず、発表前に①対象児の年齢、②内容やねらい(何をするのか)、③見てほしいポイントを伝え、自分たちの模擬保育を披露しました。学生の皆さんは、実際に子どもたちに接するように問いかけたり、声をかけながら進めていました。

また、聞いている学生たちも子どもたちのように「はーい!」と返事をしたり、実際に動いたり、質問したりと小さな子どもになりきっていました。

1028①.jpg1028②.jpg1028④.jpg1028⑥.jpg発表後は、その内容についてのフィードバックを行い、模擬保育の良かったところやのびしろ(もう少しこういう風に行ったらどうか等意見)を述べ、次のグループはその意見を参考によりよいものになるよう努めていました。

1028⑦.jpg今回の授業を通して、今後実習を行うにあたって実際に必要なことを学ぶ大切な機会になったと思います。今回での反省点を今後の実習や保育に活かしてほしいと思います。

◆学生たちの感想◆

・様々な個性・特性をもった子どもがいるので、いろいろなハプニングを想定し、何度もシュミレーションするなど対処法を考えていかなければならないと感じた。

・活動のつなげ方や声のかけ方など、上手な人の対応を見ることができたので、これを参考に自分の保育をよりよいものにしていきたい。

・活動の内容やルールを分かりやすく説明しないと、子どもは混乱してしまうということを子ども役をすることにより、身をもって実感することができた。今回の授業で予想していなかったトラブルに対応する大切さを学ぶことができた。

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.