HOME » » ふくたんからのお知らせ » 【社会福祉専攻】保健医療ソーシャルワーカーの資格に全員合格

【社会福祉専攻】保健医療ソーシャルワーカーの資格に全員合格

社会福祉専攻では、『保健医療ソーシャルワーカー』の資格を取得することが出来ます。

この資格は、病院の役割や医療費、利用できるサービスや制度について学び、患者さんの社会的な面を支援するための資格です。

指定科目を履修した社会福祉専攻・2年生の伊藤拓海さん・金子智里さん・永井里樹さんの3名が、『保健医療ソーシャルワーカー』の資格試験に合格しました。
HP写真.jpg

合格した学生たちに話を聞いてみました。

Q1:『保健医療ソーシャルワーカー』の資格取得を目指したのはなぜですか?

  「将来、医療機関で働くため目指しました。」

  「医療の知識を深めるために目指しました。」

  「過去に医療従事者の方に良くしてもらった為、資格取得を目指しました。」



Q2:資格取得に向けての学びはどうでしたか?」

  「とても有意義に学ぶことが出来ました。」

  「覚える知識がとても多く、時間がある時に覚えたりして大変でした。」

  「主に、病院機能や医療事務について学びましたが、組織を構成する役割を細かく学べたのは良かったです。」



Q3:資格を取得した気持ちはどうですか?

  「専門職としての意識を持って取り組みたいと思っています。」

  「試験内容が難しかったですが、諦めずに臨めて良かったです。努力して得られた結果なので、とても嬉しいです。」

  「合格する自信がなくて不安でしたが、合格して良かったです。正直驚いています。」



Q4:今後、『保健医療ソーシャルワーカー』の資格をどの様に活かしていきたいですか?

  「医療機関との繋がりの架け橋になれるよう活かしていきたいです。」

  「現状に満足することなく、得た知識を現場と照らし合わせながら活かしていきたいです。」

  「春から高齢者施設で働きます。高齢者の方は、特に怪我や病気との関わりが深いので、医療面の知識が必要になると考えられます。 病院などに受診する際は、情報提供等を行い医療に繋げて行きたいです。」




今後は 「保健医療ソーシャルワーカー」の資格取得で学んできた知識をそれぞれの働く福祉の現場で活かしながら、利用者や現場等に貢献できるよう日々努めて頂きたいです。伊藤さん・金子さん・永井さんのこれからの福祉現場での活躍を期待しています。



                                                                          社会福祉専攻 中村尚紀

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.