HOME » » ふくたんからのお知らせ » 2017年10月

2017年10月

ピアサポートあい(南砺市旅川福祉交流館)の利用者の方との交流の様子をお伝えいたします。

HP_REALぴあさぽーと1.jpg

10月21日(土)に高岡市ふれあい福祉センター体育館で、交流を行いました。
今回はサークル代表田中さんが不在で、社会福祉専攻1年生豆本栄さんが代表代行となって、事業所スタッフ、サークルメンバー、卒業生が連携して開催することができました。

利用者さんは、はじめにラジオ体操をしてから、リレーゲーム、交流試合をして楽しみました。シュートが入った時には大きな歓声が上がり、みんな楽しんでいる様子でした。
交流試合では何回も参加している利用者さんが多いのと応援グッズの後押しもあり、かな~り白熱した展開となりました。利用者さんをはじめ、学生、職員、卒業生のみんなが笑顔で活動を終えることができたことに感謝いたします。

HP_REALぴあさぽーと2.jpgHP_REALぴあさぽーと3.jpgHP_REALぴあさぽーと4.jpgHP_REALぴあさぽーと5.jpg

今回の交流も、"福祉事業所"と"REAL"と"RIALIZE(卒業生)"の三位一体コラボ企画となりました。これらの活動は看護や福祉の現場でレクリエーションを企画運営したり、利用者さんの笑顔を引き出すための勉強に確実に役立ったと思います。みんなが楽しいと感じるイベントとしてこれからも続けていきたいです。


~車いすバスケットサークルREALとは~

https://www.youtube.com/watch?v=RdBoEfrGD0w

2007年に砂田大輔氏(卒業生:現在特養清楽園勤務:SANDMANS VO/MC)らを中心に結成された、"車いす"に乗ってバスケを楽しむ伝説のEMPOWERMENT※サークル。スローガンとして健常者、障がい者の境界を"あいまい"にしたいを掲げている。

※empowerment:力を引き出す、解放する、権利付与等の意味



サークル顧問:鷹西 恒


11月の図書館開館時間について

平成29年11月1日

館長 中野 愼夫


11月の開館時間は下記の通りです。

よろしくお願いいたします。

開館時間に関する問い合わせ先:図書館まで



11月

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

黒色(9時~20時)

青色(9時~18時)

赤色(休館日)

 「富山コミュニティー論」は、全学科の1年生が必ず履修する科目で、地域の課題を理解することが学習の目標となっています。幼児教育学科では、地域の子育ての課題、あるいは、地域の子育て支援の課題を理解することを目標としています。

 私のグループの学生は、学生たちが意見を出し合い、子育て支援センターを利用する保護者にアンケートなどを実施し、子育て支援の課題を明らかにするという目標を決めました。

 そこで、子育て支援センターの機能をグループで調べるなどの準備を行い、射水市子ども子育て総合支援センターを実際に見学しました。

 まず、センター長の齋藤先生から、センターについてご説明をしていただきました。

HP_石津コミュニティー論1.jpg

 その後、センター利用者の方が集まり、「ふれあいタイム」が始まりました。最初は、保育士さんによるパネルシアターです。子どもたちだけでなく、お母さんたちも期待の表情です。保育士さんは、子どもたちの反応を受け止めながら演じていました。

HP_石津コミュニティー論2.jpg


 体操の時は、学生も一緒に動きます。

HP_石津コミュニティー論3.jpg

 これらの他に、ふれあい遊びもあり、親子でスキンシップを楽しめる工夫がありました。

 ふれあいタイムが終わり、利用者の方々は、思い思いの活動を楽しみます。緊張がほぐれた学生も、子どもと遊び始めます。また、お母さんとお話をさせていただく学生の姿も見られました。

HP_石津コミュニティー論4.jpg



 翌週の授業では、学生たちがそれぞれの気づきを発表し、学びあいました。

HP_石津コミュニティー論5.jpg



 保護者と子どもだけで遊ぶ、子ども同士が関わる、保護者同士がかかわる、といった多様な利用形態が可能である、などの意見が交わされました。


 次の作業は、この体験をもとにアンケートを作成することです。これからが大変ですが、保護者の思いを、少しでも、実感できる機会となればと思います。また、地域が保育士に期待していることを感じ取ってほしいと思います。自分たちが学んでいることの意味がより明確になりますし、こうして頑張って自分をつくっていくことが、同時に社会に貢献していくことになるのですから。

 センターの先生方、利用者の皆様、ありがとうございました!


幼児教育学科長 教授 石津孝治



 幼児教育学科2年生が「保育内容(環境)」の集中講義として、国立立山青少年自然の家にて「幼児期における自然体験活動指導者研修」に参加してきました。あいにくの雨模様でしたが、自然の中を散策したり、子どもたちと一緒に自然を使ったアクティビティを楽しんだり、充実した3日間の研修となりました。

HP_立少研修1.jpg
■ 日 時 : 10月13日(金)~10月15日(日)

■ 場 所 : 国立 立山少年自然の家

■ 対 象 : 幼児教育学科2年 53名


 今回の研修は、富山大学の学生24名と合同で行われました。ふくたんの学生と富山大学の学生が4~5名のグループとなり、自然の中で子どもたちと行うアクティビティを考えて実施します。



 1日目は、事前に一人ひとりが準備してきた「自然の中で子どもたちと行うアクティビティ案」からディスカッションして1つを選び、実際に子ども達と活動できる内容に改良していきました。

 各グループで担当領域が決まっており、アクティビティ案はその領域の内容で検討します。


・運動   (自然の中でしかできない、体を使った動きや活動)

・人間関係 (子ども同士で相談する等、協力して活動するもの)

・造形   (自然物を使った共同制作活動あるいは自然環境を活かした共同制作活動)

・身体表現 (体を使った表現。例えば動物になりきって動く等)

HP_立少研修2.jpgHP_立少研修3.jpg

 2日目には、アクティビティ作りを行いました。3日目本番の降水確率が高かったので、雨天を想定し屋内でできるアクティビティとし、落ち葉や木の実など必要なものを森で散策しながら集めました。また、活動に必要な道具や材料も、手づくりで準備しました。

HP_立少研修4.jpgHP_立少研修5.jpgHP_立少研修6.jpgHP_立少研修7.jpg

 そして、いよいよ子どもたちにアクティビティを体験してもらう最終日!

 学生が考えたアクティビティをいくつかご紹介します。

☆運動「もりをたんけん!!サーキット」

カラフルな落ち葉の帽子をかぶって探検に出発! ツルの縄跳び、ススキの的投げ、小枝のケンケンパ、最後は葉っぱの山の中でお宝探し。

☆人間関係「しりとりの森」

仲間と協力しながら森の中に隠されたしりとりカードを探し、カードを並び替えてしりとりを完成させる。

☆造形「落ち葉スタンプですてきな旗を作ろう!」

好きな葉っぱや木の実を選んで絵の具を塗り、大きなチームの旗にみんなでスタンプする。

☆身体表現「忍者になって巻物を手にいれよう!」

忍者になって森の中を敵にみつからないよう動物に変身しながら、隠された巻物を探す。

HP_立少研修8.jpgHP_立少研修9.jpgHP_立少研修10.jpgHP_立少研修11.jpg

 活動案を考えるときはなかなかイメージしづらいようでしたが、他のグループと相互参観してアドバイスし合ったり、リハーサルを繰り返して改良するポイントを見つけたり、必要な道具を考えて作成したりすることができました。
 本番では1つのアクティビティを3つの子どもグループが体験するため、1回終わるたびに学生同士が話し合い、実施するたびに工夫され、子どもが楽しめる内容へと細かな変更がなされていました。


 出会ったばかりの他大学生とチームを組んで、短期間のうちにアクティビティや指導案を作らねばならず、しかも講師陣からはたくさんのダメ出しが出るので、大変な「産みの苦しみ」だったと思いますが、その分得られた学びも大きかったことでしょう。 富山大生との交流からもとてもいい刺激を受けることができたと思います。

 これからも自ら自然と触れ合う直接体験を増やして、子どもたちと一緒に自然を楽しめる保育者になってほしいと願っています。


幼児教育学科 助教 岡野宏宣、藤井徳子


120gou-1.jpg
こんにちは。今回のリレーメッセージを担当する蘭です。

私は9月20日、9月28日(A日程)と12月19日、12月25日(B日程)に「看護職員認知症対応力向上研修会」の講師を務めさせていただくことになりました。
この研修は、①認知症患者の入院から退院までのプロセスに沿った基本的な知識や、認知症に対する実践的な対応力を習得すること、②医療機関内等での認知症ケアの適切な実施、③マネジメント体制を構築できる看護師を養成することを目的としています。

対象者は、県内の急性期病院等で指導的な役割を担う者、看護管理者または、指導的役割を担う者であり、且つ同じ医療機関等の職員に対して伝達講習が行える者。A日程、B日程それぞれ50名程度が受講します。



120gou-2.jpgわが国では、高齢で認知症をもつ入院患者が増加し、認知症患者の在院日数がますます長期化しています。

認知症を有する高齢者は、一般的な加齢変化などの転倒要因に加え、危険な状態を察知し回避する注意能力障害、パーキンソンニズムによる歩行障害や脳血管障害による運動障害を併せ持った人が多く、非常に転倒のリスクが高くなります。
さらに、入院中は生命の影響を及ぼすラインやドレーン類の挿入、創部の安静による臥床が必要となりますが、認知症の診断を受けている高齢者は、睡眠障害やせん妄などを随伴しやすく、現状や術後安静の指示を理解できないことも少なくありません。

このような場合、患者の安全を守る方法の一つとして身体拘束を選択する場合があります。しかし、身体拘束は患者の人権を侵害する行為で、2次的な健康障害を起こしやすく、患者の順調な回復過程を妨げることに繋がります。現場の看護師は、患者の安全と患者に与える弊害の狭間でジレンマを感じ、認知症やせん妄状態の患者への対応に大変苦慮しています。


120gou-3.jpgそこで、認知症やせん妄に関する基本知識や適切なアセスメントや対応力を習得し、各施設の実情に応じた認知症への対応方法を検討し、適切なマネジメント体制を構築することや、自施設の看護職員へ認知症に関する基本知識などの伝達講習をできることが本研修会の目標になります。



私の担当はマネジメント、人材育成に関することで、施設全体および部門ごとのマネジメント(人員、環境、情報管理等) の実践的な対応方法および、スタッフ研修計画策定や教育技法等の教育技能を習得することをねらいとしています。

認知症ケアマネジメントの柱 である 1) 医療安全の推進、2) 認知症ケアの充実と入院長期化の回避のための方法論を紹介するとともに、各施設および部署の状況に合わせた方法を開発・普及できるように教育のプロセスや指導案について講義しました。
堅苦しい内容ですが、教育論を語る時に欠かせない山本五十六の話や身体拘束の代替方法やせん妄対策や抗精神病薬について事例を用いて説明し、受講者が興味・関心を持ち、実践で生かせるように工夫しました。

これからも現場に貢献できるような研修、研究に携わっていきたいと考えています。




合格おめでとうございます!

殿岡さん.JPG

殿岡 彩樹さん(社会福祉学科社会福祉専攻)

≪編入先:仁愛大学 人間学部心理学科≫


Q1.進路決定おめでとうございます。今の気持ちを教えてください。

A1. 合格できてとても嬉しいです。しかし、合格したからと言って気を抜かず、日々の授業など、残りの短大生活を有意義に過ごしていきたいです。


Q2.進学のための活動を振り返って思うことは何ですか?

A2.受験まであっという間でした。6月にオープンキャンパスに行き、学校の雰囲気を見てきました。実験室の設備とても豊富で充実していたことが印象的でした。


Q3.合格を勝ち取った要因は何だと思いますか?

A3.入学した当初から編入学をし、心理学をより深く学びたいと思っていました。その気持ちを持ち続けて短大生活を送っていたことが合格につながったと思います。自分の思いを強く持ち続けることが大切だと思います。


Q4.進学先で何を目指し、頑張っていきたいですか?

A4.福短で学んできたことを大切に、心理学のより専門的な部分の知識や技術を身につけていきたいです。そして今まで以上に自分をひとまわりもふたまわりも成長していけるよう、いろいろなことに挑戦し頑張っていきたいです。


Q5.後輩へアドバイスやメッセージをお願いします。

A5. 編入学を考えている場合は、早いうちからいろいろ調べて、オープンキャンパスにも参加して学校の雰囲気を知るのが大切だと思います。また、受験にあたり、短大での成績も重要となるので、日々の授業を一生懸命受け、学習に取り組むことも大切です。

編入学を考えている方は、1年生の時からの積み重ねが大切ですので頑張ってください。


 合格おめでとうございます!

 富山福祉短期大学では、編入学を希望する学生を対象とした独自の給付型奨学金制度(4年制大学編入「私」宣言奨学金)を設けています。殿岡さんも入学当初から宣言し、見事大学に合格しました。この制度を活用して4年制大学へ編入した先輩方は、大学でより専門的に学び、資格取得にも励んでいます。

 福短はこれからも編入学を希望する学生を応援し、サポートしていきたいと思います。

10月14日(土)に「直前入試説明会&保護者説明会」を開催いたしました。

入学願書出願開始直前ということで、多くの受験予定者ならびに保護者の方に参加いただき、ありがとうございました。


HP_H29第1回NS1.jpg

『直前入試説明会』では、第Ⅰ部に「就職・奨学金などのサポート体制」といった学生生活に関すること、「入学試験・願書提出の注意点」などについてご説明させていただきました。

その後の学科・専攻ガイダンスは、希望学科・専攻に分かれ、教員と在学生が司会を担当しました。

「学科・専攻の紹介」や「教員からの入試のアドバイス」、「在学生の受験体験談」など、さまざまな内容を和やかにお伝えしました。

HP_H29第1回NS3.jpgHP_H29第1回NS2.jpg
そして第Ⅱ部では、「面接試験・自己PR文対策講座」「小論文対策講座」を行いました。
どちらの講座も毎年好評で、今年も「面接・小論文のポイントを丁寧に教えていただき、とても満足しました」「詳しく丁寧に教えて下さったので、小論文に対する不安が解消されました。説明会に参加して良かったです」など、嬉しいコメントをいただきました。


『保護者説明会』では、「富山福祉短期大学の目指す教育について」「入学後の短大生活について」丁寧に説明させていただき、キャリア支援(就職・進学)の説明や奨学金に関する説明もおこないました。

HP_H29第1回NS5.jpgHP_H29第1回NS6.jpg

富山福祉短期大学では、11月1日(水)より「校長推薦入学試験」・「社会人・学卒者入学試験Ⅰ期」「外国人特別入学試験Ⅰ期」の入学願書受付が開始となります。出願・入試に関する不安や質問は下記の窓口にて対応させていただいております。遠慮なくお問合せください。


お問い合わせ窓口:富山福祉短期大学 企画推進部 企画推進課 TEL 0766-55-5567


10月13日(金)、看護学科1年生を対象に進路ガイダンスが開催しました。


≪進路ガイダンス日程≫ 

 平成29年10月13日(金) 対象:看護学科1年生

 平成29年10月23日(月) 対象:看護学科2年生

 平成29年11月29日(水) 対象:幼児教育学科1年生

 平成29年12月12日(火) 対象:社会福祉学科1年生

003.JPGまず進路について、進学か就職かの選択肢があることに触れ、今後の授業や実習の日程を把握していきます。そして、いつ・何を・どのようにすればよいか等、活動スケジュールを立てるにあたり具体的な説明がありました。

004.JPG

資料1.JPG

説明会の後に早速、1号館のキャリア開発・支援課を訪ね、編入学の資料や求人票を見てくれた学生もいました。

今まで漠然としていた進路について改めて考えるきっかけとなると同時に、よい活動のスタートをきることができればと思います。


学生のみなさんが自分の行きたい就職先や大学を見つけ、そこへ進めるように、教員・職員全員でサポートしていきます。

春には面接・小論文対策など「キャリアアップセミナー」も実施します。履歴書添削や面接練習なども随時行っていますので、少しでも迷ったら気軽にキャリア開発・支援課へ相談にきてください。

富山福祉短期大学では、「直前入試説明会」「保護者特別説明会」を同時開催いたします。

第1回NS.jpg
日程:1014日(土) 13301600 (予定)

終了いたしました。ご参加いただき、ありがとうございました。

場所:富山福祉短期大学 5号館


高校生・既卒生の方と保護者の方に分かれ、説明を受けていただきます。

高校生・既卒生の方対象の「直前入試説明会」では、本学の入試制度の説明や学科説明、面接試験のポイント、小論文講座など、試験対策について詳しく説明します。

保護者の方対象の 「保護者特別説明会」では、キャリア支援(就職・進学)の説明や学費・奨学金に関する説明を詳しくさせていただきます。


また個別相談も受け付けておりますので、出願・入試に関する不安や質問にすべてお答えいたします。是非ご参加ください。


◆詳細については、こちらをご覧ください→  10月直前入試説明会_詳細.pdf

◆お申込みはこちら→ お申し込みフォーム



※ 推薦入学試験に出願するためには、本学へ1回以上来学・見学している必要があります。


富山福祉短期大学では、10月にスペシャル企画でオープンキャンパスを開催します!

第7回OC.jpg

今回のオープンキャンパスでは、「学科・専攻紹介」および「映画上映」をおこないます。

上映する映画は「ケアニン~あなたでよかった~」です。
「人と関わる仕事がしたい」「人のために仕事がしたい」と思っているみなさんに、ぜひご覧いただきたい作品です。


ふくたんについて、福祉の仕事について、理解を深める絶好の機会です!

ぜひ、スペシャルオープンキャンパスにご参加ください!


【日程】

* 10月7日(土)13:00~16:00
終了いたしました。ご参加いただき、ありがとうございました。

* 詳細についてはこちらをご覧ください
 → スペシャルオープンキャンパス 2017.pdf

* お申込はこちらから


 

アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.