HOME » » ふくたんからのお知らせ » 2015年3月

2015年3月

3月26日(木)、業者主催の「春の学校体験・見学バスツアー」で、県内外から約40名の高校生が学校見学に訪れました。

富山福祉短期大学では、「福祉コース」「看護コース」「幼児教育コース」の3分野のコースを用意し、進学説明や体験授業をうけていただきました。


さんぽう.jpg




【福祉コース】 『重度知的障がい児者の思いに寄り添った支援とは?』

重度知的障がい児者の方の行動の意味を、参加者の方と一緒に考えました。大学生の授業さながらに、パワーポイントや動画をみて、思ったこと・考えたことを発表してもらいました。

最後には、まわりを巻き込んだ支援方法を発表するなど、社会福祉士がどのような仕事をしているのか、理解を深めることができました。

さんぽう社福.jpg

≪高校生コメント≫

知的障がいの方は、ただ人とちがう行動をとっているのではなく、"何らかの意味がある"のを知り、それについて考えたいと思った。模擬授業もわかりやすく、また受けたいと思いました。


【看護コース】 『自分のからだを知ろう!(脈・血圧測定)』

看護師の現場で行われている、脈拍・血圧測定を体験しました。2人ペアになり、脈拍を測り合いました。自分の腕ではすぐに見つかる血管が、相手の腕ではなかなか見当たらず、苦労する様子もみられました。また、水銀の血圧計を使い、血液の音をききながら血圧の測定も行いました。

さんぽう看護.jpg

≪高校生コメント≫

実際に血圧などを測ることができてとても楽しかった。


【幼児教育コース】 『伝承遊びの魅力と遊び方』

はないちもんめや絵描き歌、手遊び、折り紙などの"伝承遊び"を体験しました。折り紙遊びでは、高校生の皆さんが作ったことのないという、羽ばたくツルと動くヒヨコをつくりました。グループ内で教え合う姿も見られ、最後には全員で折り紙を動かし、たのしみました。

さんぽう幼教.jpg

≪高校生コメント≫

伝承あそびでは、教え合ってとてもたのしくつくれました。つくった後にあそべるおもちゃは喜んでもらえると思うので、たくさん覚えていきたいなと思いました。



富山福祉短期大学では、今後もオープンキャンパスなどでさまざまな体験授業や学校・学科専攻紹介を行っていきます。

多くの先輩が『オープンキャンパス』を体感して進路決定の決め手にしています!

友達と一緒に、ご家族と一緒に、【福短】のオープンキャンパスにぜひ参加してみてください。

きっと新しい発見がありますよ♪

2015年 オープンキャンパス日程

今年度4月より、荒木教授が誕生しました。先生は在宅看護のスペシャリストとして更に活躍が期待されています。

荒木教授.jpgこんにちは。またまた荒木です。           

かたいつぼみの時も満開の花の時も、風に散る花吹雪も何とも言えないくらい大好きな桜の季節となりました。



私は以前にも書きましたが、病院や訪問看護ステーションでの勤務経験があります。病院での看護もやりがいを感じましたが、訪問看護の魅力に引き込まれ、学生に在宅看護の魅力を伝えたいと教員になりました。講義をしていて思うことは、「看護の原点は、在宅にある。」そして、学生時代に学んだ「看護覚え書」に通じるということです。



皆さんはナイチンゲールの名前を知っていますか?名前を知っている人は多いと思います。戦場で敵味方問わず看護した人のイメージでしょうか?

フローレンス・ナイチンゲール(1820- 1910年)は、クリミア戦争での負傷兵たちに看護したことで有名ですよね。イギリス看護師社会起業家統計学者看護教育学者で、近代看護教育の母といわれています。



私が学生の頃、授業で「看護覚え書」について学びました。「看護覚え書」とは1世紀以上も前にナイチンゲールによって書かれたもので、「看護とは、新鮮な空気、陽光、暖かさ、清潔さ、静かさなどを 適切に整え・・・・患者の生命力の消耗を最小に整えることを意味する技術・・・」 など看護の思想の原点を示すバイブル的なものです。最近になって目をとおしても、「そのとおり、ナイチンゲールってすごいな。」と時代が流れ社会が変化しても、今なお通じることに感動しているこの頃です。

看護って何だろう?その専門性について一緒学び考えませんか?ナイチンゲールの書にふれてみませんか?


ナイチンゲールの名言・格言

 看護を行う私たちは、人間とは何か、人はいかに生きるかをいつも問いただし、

 ナイチンゲール2.jpg                    研鑽を積んでいく必要がある。

今年度もたくさんのサークルが北陸三県私立短期大学体育大会(北三)や福短祭などで大活躍をしてくれました。

どのサークルも個性的で楽しい活動を繰り広げ、充実した学生生活を過ごされたことと思います。年度の締めくくりとしてサークルの1年間の活動の振り返りをご報告します。

男子バスケットボール 

北陸三県私立短期大学体育大会では、勝つことはできませんでしたが、メンバーが同じ目標を持ち、活動ができてとても楽しかった。短大に入り身体を動かす機会が減っており、他の学科との交流もあまりなかったため、サークル活動をしてよかったと感じた。

女子バスケットボール

サークルでの活動を通して、他学科や違う学年の学生と交流をもつことができたのでとても楽しかったです。北三では結果を残すことができなかったのですが、いい経験ができたのでとても良かったと思います。次年度は後輩たちに頑張ってもらいたいです。

男子ソフトボール

三連覇がかかっていた今年度に優勝できなかったのはすごく悔しかったです。練習はそれぞれ忙しい中で時間を作り、協力して行えてよかったです。人数がそろわないとできないような練習がたくさんあるので、来年度は是非もっと多くの方に参加してもらいたいです。

女子ソフトボール

サークルメンバー全員で楽しく活動を行うことができました。北陸三県体育大会では3位という成績でしたが、チームでまとまってプレーをすることができ、一つの思い出ができました。

女子バレーボール

北三大会では2年連続3位をとることができた。今後も後輩たちに良い成績を残してほしい。

ミントン (女子バドミントン)

北三にて2年連続3位になっています。来年度こそ1位をとりたいと思っています!1年間、楽しくバドミントンをやっていました。先生とも一緒に打って、本当に良い汗をかきました。

ソフトテニスサークル

北三体育大会ソフトテニス競技で3位入賞となりました。活動当初に比べ、当日は戦意を持って団結できていたと思います。練習を通してお互いを知り、勝つことに向けての活動ができていたように感じています。

卓球サークル

毎回の参加者は多い時で7~8名、少ない時で2~3名でしたが、メンバー各自の都合で許す範囲で仲良く交流しながら活動することができたと思います。手軽にリフレッシュできるスポーツとして、またレクレーションとして今後もメンバー間の交流を深めながら活動したいと思います。

フレッシュテニス はるる

メンバーは介護福祉専攻2年生の約1/4の12名で週に2~3回練習に汗を流した。こすぎ体育館で実施される地区フレッシュ大会に参加することを目標に頑張った。2チーム(4名)と個人戦(2名)の計6名が出場を果たした。個人戦に出場したメンバーが優勝することができた。

男子サッカー部

最近、保育園や幼稚園ではサッカー教室などを行っています。サークル活動からサッカーを学び、保育の場でサッカーを子ども達に遊びとして経験してもらえるように活かしていきたいです。

アロマサークル

活動の中で一番印象に残っていることは、福短祭での活動です。地域の方や福短祭に来てくださった方を対象にアロマスプレー作り体験や手浴・足浴を体験していただき、実際にアロマの効果を知ってもらい、体験後の感想は「いい香だった」「リラックスできた」などの声を聞くことができました。

六波羅探題

今年度は課外活動に加え、高岡市のユニバーサルマップの調査も行いました。高岡市内の史跡を県外から高岡を訪れる高齢者の方や障がい者の方、子育て中の方など誰でも歴史を楽しむことができるよう福祉の視点から調査に参加しました。この調査で得たことを今後の活動にも活かしていきたいです。

パソコンサークル

北三体育大会や福短祭、地域交流会などのイベントで撮影を行い、映像編集を行いました。様々なところで貢献できよかったです。

国際交流サークル

福短祭でみんなと協力し、楽しく活動できました。いろいろな人と交流でき思い出がたくさんできました。

Fukutan Life Style

サークルを通じて富山県の素敵な場所、学校付近の楽しい場所などを取材できました。また、学年や学科関係なく、仲良くなれたこともサークルならではのことだと思いました。

映画仕掛けのオレンジ (映画サークル)

「映画仕掛けのオレンジ」では福短生に映画と触れ合ってもらおうという働きをしました。福短祭や映画鑑賞会という場で、なるべくジャンルの違う作品を選び、映画を観る楽しさ、また映画で知ることの楽しさを共有できたと思います。これからの後輩の皆さんたちが映画を好きになるきっかけになってもらえたらと、図書館に映画のDVDを寄贈させていただきました。そちらも是非チエックしてみてください。       

◆作品は「アナと雪の女王」「ゼロ・グラビティ」「シザーハンズ」etc...

特撮サークル

最初は学内での活動が中心になるとは思っていましたが、ちょっこりサークルとの連携がきっかけで地域の保育所や施設でもヒーローショーを行うことができました。子どもたちや大人の方々と一緒に楽しむことができて嬉しかったです。

卓上遊技サークル

活動開始一年目ということで、性別・学科を問わない交流、メンバー同士の連携や関係構築を目指し活動してきました。福短祭では普段の自分たちにできない事をということで、メンバーがスーパーマリオのコスプレをして綿菓子を販売しました。来年度はさらに活動範囲や規模を拡大して活動を行っていきたいです。

「HEY@!」~HEY@MMM.NNC.Jp~

学園祭のオープニングでのダンスに向けて、8割のメンバーが素人でしたが、みんなで練習して楽しく踊ることができました。

Popcorn

福短祭のダンスコンテストに向けて、学科やサークルメンバーに関係なく練習をして交流を深めることができた。本番では会場全体が一体となって盛り上がりを見せ、楽しい思い出ができてよかった。

神楽サークル

主にダンスを中心に活動しました。その発表の場として行った福短祭でのステージ発表はとても緊張しましたが、楽しかったです。子どもが大好きなダンスを私たちも楽しむことができました。

AKB'z

ビーチバレーを通し他学科・他学年の生徒同士の交流が深まった。ただ楽しむだけではなく真剣にビーチバレーの練習を行うことで充実した活動を行うことができ、大会では最高3位の結果を残すことができた。

バンドサークル

今年度は全体で練習できるレベルにならなかった。次年度は福短祭をはじめ、様々なイベントに参加したいため、サークル活動の見直しなどもしてメンバーのやる気をひきだしていきたい。

福短シネマ

日本の映画だけではなく海外の映画を鑑賞し、海外の文化に触れることができた。グループ間でお勧めの映画を紹介しあい、自分が普段観ることのない作品についても知ることができて良かったと思う。課題などで全員忙しかったが、サークル活動の時間を通して様々な映画を観ることができ、視野を広げることができた。

Cooking

1年生と2年生が仲良く交流できればと料理サークルを立ち上げました。料理サークルのメンバーがビーチバレーボールサークルに入っていることもあり、自然と打ち解け合うことができました。体を動かし、おいしい料理を食べ、楽しく活動することができました。

次回も続きを掲載します。是非ご覧ください。

いよいよ年度末、卒業、入学の準備とあわただしい3月ですが・・、話題はなんたって北陸新幹線ですよね・・・?? 北陸にとっては半世紀かかった新幹線開通、私の友達に金沢に行く新幹線なのに、富山って通るの? という人に驚いています。 「富山なくして金沢に

卒業.jpg

はいけないのよ・・・・」と叫んでしまいました。富山県人にとっては大きなイベントでしたね。

そして、 わが看護学科でも、この3月に転出される先生がお二人いらっしゃいます。今回は26年度最後の号になりますのでお二人の短大のホームページからこれまでのプロフィールとメッセージをお伝えします。



原先生.jpg

原 元子 (Yukiko HARA)教授

――――――――――――――――――――――――――――

看護学修士(富山医科薬科大学医学系研究科)、社会学学士、

社会主事任用資格、図書館司書、日本健康心理学認定健康心理士、日本フットケア協会認定員

「成人看護学概論」「成人看護援助論」「成人看護学実習Ⅱ」他

――――――――――――――――――――――――――――

生活習慣病の発症予防や進行防止を心理社会的側面から介入し研究することが、患者の生活の質の向上を患者と共に考えその人らしい生活ができる支援をしていきたい


退職にあたり思うこと

看護学科立ち上げから6年間お世話になりました。

前職との組織の違いに戸惑ったりもしました。

「土台作りの原」と今までの職場でも呼ばれてきたように、6年間の「今」を大切に生きてきました。とりわけ、図書館の整備にあたっては、本好きな私にとって格好の仕事をさせていただきました。このように、適材適所で上手く働かせていただいたことに感謝致します。

「つくり・つくりかえ・つくる」の精神で、今後も土台を作り変えていっていただきたいと願います。

318日 原 元子




下田先生.jpg

下田 裕子 (Yuko SHIMODA)講師

――――――――――――――――――――――――――――

保健師、看護師、養護教諭1種、介護支援専門員、修士(看護師)

「高齢者看護学援助論Ⅰ・Ⅱ」「高齢者看護学実習Ⅰ・Ⅱ」 他

――――――――――――――――――――――――――――

看護を取り巻く環境は、社会構造の変化や医療技術の発展に伴い著しく変わっていきます。人々がより良く生きることを課題とするこの時代に、その人の生活を理解して健康と関連付けながら捉えることは、看護の本質に関わる重要なことと言えます。専門職として、健康生活へのケアが提供できるように共に学びましょう。


退職にあたりご挨拶

私事にて恐縮ですが、この331日をもちまして退職する運びとなりました。

介護学科と看護学科の両学科の教員として両学科の学生の皆様に本当にお世話になりました。なれない教員としてのスタートからでしたが、皆様には多くのことを教えて頂き、感謝申し上げます。

富山福祉短期大学、看護学科のご健勝とご発展を心よりお祈り申し上げます。

今まで大変お世話になりました皆様一人ひとりに紙面をかりまして、「ありがとう」のご挨拶を致します。

318日 下田 裕子



原先生、下田先生長い間、お疲れ様でした。

とても学生から人気のあるお二人の先生でした。学生にとっては寂しく残念ですが、

看護の世界は広くて深いのでまた、新たな世界でのご活躍を期待しております。

新たなお二人の先生の門出をお祝いしてお送りしたいと思います。

さようなら.jpg

どうぞ、

お元気でご活躍ください。

たまには、富山福祉短期大学にも遊びにいらしてください。

さようなら

桜1.jpg

319日(木)に富山福祉短期大学の「第17回卒業証書・学位記授与式」が挙行され、206名が卒業しました。

 

HP_卒業式2.jpg

 

・式次第

  一、開式の辞

  一、国歌斉唱

  一、卒業証書・学位記授与

  一、各賞授与

  一、学長式辞

  一、祝辞

  一、在学生代表 送ることば

  一、卒業生代表 感謝のことば

  一、校歌斉唱

  一、閉式の辞

 

 

北澤学長が 【拡張する身体】(車の運転の際などに感じる、身体のエリアが拡張している感覚)がある一方で、私たちは【生身の身体】を生きています。 技術革新によって【拡張する身体】の有能さや万能感におごることなく、私たちが生きる根拠である【生身の身体】の感覚を大事に、他者と関わり生きていくことが何より大切です。 【拡張する身体】の可能性と【生身の身体】の実感の二重性をしっかりと生きていってほしいと思います」 と、式辞を述べました。(北澤学長 式辞)

 

HP_卒業式4.jpg

 

浦山理事長より祝辞、射水市長 夏野 元志 様より来賓祝辞をいただきました。

 

HP_卒業式5.jpg

 

在学生を代表して、山口 七彩さん(幼児教育学科)が、「『つくり、つくりかえ、つくるという教育目標のもとに目標をもち、仲間と支えあい、一つのものを創り上げ、さらに新しいことへ挑戦していく大変さと素晴らしさを先輩方から学ぶことができました。これからの新しい出会いを大切にされ、それぞれのステージで元気にご活躍ください」 と、送る言葉を述べました。

 

HP_卒業式6.jpg


卒業生を代表して、長谷川 茉美さん(幼児教育学科)が「私たちは今後、誰かの命を支える大切なつながりの一部として、それぞれの職場や地域の中で貢献していくことを誓います。そして、今日の卒業を門出として、私たちは本学で学んだ知識や技術を活かし、それぞれの場でつくり、つくりかえ、つくるの精神で日々精進していきたいと思います」 と、感謝のことばを述べました。

 

HP_卒業式7.jpg



卒業にあたり、各賞を受賞された方をご紹介します。

 

≪ 表彰学生一覧 ≫

 

■学長賞

本学の教育目標である「つくり、つくりかえ、つくる」に関わる自分づくりの取組みにおいて顕著な実績を残した学生を学長表彰と致します

 

社会福祉専攻    中面 理恵

介護福祉専攻    成田 圭吾

看護学科        五反 瞳奈

幼児教育学科    中村 珠美 

 

                 

■優秀賞

学業成績において顕著な実績を残した学生を優秀賞と致します

 

社会福祉専攻    砂田 梓

介護福祉専攻    梶谷 恭子   

看護学科         下口 茉里奈

幼児教育学科    土井 紗都希

          

 

■活動賞

学友会活動やボランティア活動等において顕著な実績を残した学生を活動賞と致します

 

社会福祉専攻  松本 夏生

介護福祉専攻   本川 静加

看護学科          永井 真央 

幼児教育学科  行澤 佳央梨

 

 

◆ 各資格取得に向けての取組、学外(施設)実習等において顕著な実績を残した学生に各養成協会から協会長賞が授与されています

 

■日本社会福祉士養成校協会会長賞      坂口 涼香

■日本介護福祉士養成施設協会会長賞    中川 仰

■日本私立看護系大学協会会長賞         北村 瑞希

■全国保育士養成協議会会長賞             若瀬 風香

 


この23年間福短で学んだこと、福短の教育目標「つくり、つくりかえ、つくる」を思い出し、自分を成長させながら、今後社会人として活躍してくれることを楽しみにしています。


HP_卒業式8.jpgHP_卒業式9.jpgHP_卒業式10.jpgHP_卒業式11.jpg

 

 

ご卒業おめでとうございます!


HP_卒業式社福.jpg

(社会福祉専攻)



HP_卒業式介護.jpg

(介護福祉専攻)



HP_卒業式看護.jpg

(看護学科)


HP_卒業式幼教.jpg

(幼児教育学科)


◆第十七回卒業式を下記の通り挙行いたします。

 

【第十七回卒業証書・学位記授与式】

 

・日時 平成27319日(木) 1000開式~1115閉式

     ※卒業生は900までに指定控室に集合してください。

     ※保護者の方は受付後930までに会場保護者席へご着席ください。

      また、駐車場につきましては、係員の指示に従ってください。

 

・場所 富山福祉短期大学 Uホール

 

・式次第

  一、開式の辞

  一、国歌斉唱

  一、卒業証書・学位記授与

  一、各賞授与

  一、学長式辞

  一、祝辞

  一、在学生代表 送ることば

  一、卒業生代表 感謝のことば

  一、校歌斉唱

  一、閉式の辞

 

・その他 式後、記念撮影等を予定しています。

 

 

◆卒業記念パーティーを下記のとおり開催いたします。

 

【卒業記念パーティー】

 

・日時 平成27319日(木) 1800~受付 1830開宴

 

・場所 とやま自遊館1階・自遊館ホール (電話:076-444-2100

 

 

 

社会福祉専攻では、社会福祉を専門的に学ぶことと同時に、介護の知識と技術を身につけることをすすめています。その一つとして、通常の授業とは別に「介護初任者研修」を実施し、資格を取得できる仕組みを整えています。


HP_初任者0.jpg

 

特に実習を希望する学生には受講を強くすすめています。講義と演習形式で介護の基礎をしっかりと学び、学生たちは23日間の長い研修を終えました。今年度の修了生は33名です。

 

写真は、ベッドからポータブルトイレへの移乗の演習風景です。

先生から助言をいただきながら、利用者役と介助者役を体験し、和気あいあいとした雰囲気で研修がすすみました。

 

HP_初任者1.jpg HP_初任者2.jpgHP_初任者3.jpgHP_初任者4.jpg

 

今回の初任者研修で学んだことは、知識・技術だけではありません。相手に対する思いやりや配慮、声のかけ方、コミュニケーションのとり方など、社会福祉分野で活かせることも多く学びました。この研修で得たものを、今後の学校生活・社会人生活で活かしてもらいたいと思います。

 

 

※介護職員初任者研修とは

介護を行う上で必要な基本的知識と技術を身につける研修で、平成253月をもって廃止されたホームヘルパー2級に代わる資格です。福祉現場への就職の際のエントリー資格として、多くの求人票に募集される資格で、高齢者施設、障害者施設、病院、訪問介護事業所において介護業務を行うことができます。


■研修内容

研修時間:23日間(130時間)

研修期間:平成261224日(水)~平成27313日(金)


こんにちは、

看護学科、母性看護学担当の北濵です。

春うらら、桜の季節が近づいてまいりました。

桜.jpg

この1年、学生の皆さんと真剣に向き合って、泣いたり、笑ったり、怒ったり、でも実習を通じてお互いがたいへん成長が確認できた1年でもありましたね。

もうすぐ3年生は卒業式(319)です、4月から私たちと同じ看護職の一員ですね!!

同時に在校生は進級、悔いのない学生生活を過ごせるように頑張りましょう。


******************************************************************************


さて、

今回のリレーメッセージは前回に引き続き「産後のお母さんと赤ちゃんについて」です。私は昨年の12月に、お隣国、韓国の産後調理院の視察に行ってまいりました。


産後調理院.jpg

産後調理院とは、出産を終えた女性を専門的にケアする民間施設で、1516年前に登場しました。「調理」には「養生」という意味が含まれ、2週間から1カ月を過ごします。

 

見学した最高級とされる施設には、スパやエステがあり、掃除、洗濯はすべてお任せ。お食事も母乳がよく出る産後の回復によいメニューのものが出されます。

 

産後調理院2.jpg


また、産後の回復のための健康器具は自由に使え、感染防止の徹底した衛生管理など、いたれりつくせりのケアを受けて自宅に帰ります。それから更に2週間くらい、家にヘルパーが派遣されて、家事や子育てのケアを助けてくれるシステムが普及しており、70%くらいのお母さんたちが利用しています。

 

韓国では、看護師は5558歳で定年退職するので、まだまだ専門的経験を生かして働ける分野としても注目されています。

 

日本は、産婦人科病院で出産後、普通分娩では5日間、帝王切開分娩では8日間ほどでお母さんも、ベビーも自宅に戻り、育児に自信がない日中は赤ちゃんと二人の初めての子育て生活が始まります。

産後6日目のお母さんの身体は、おっぱいの出方や出産後の創部痛や分娩後の疲れでまだゆっくりしたいところですが、赤ちゃんは待ってはくれません、おっぱいを飲ませ、オムツを交換、夜の授乳、食事の支度や洗濯等、想像以上に赤ちゃんとの初めての生活が大変です。

夜間の充分な睡眠がとれないため自分の体の回復もままならず、一人家の中に閉じこもってブルーな気分で過ごすことも多く、お父さんは会社の仕事で忙しく気付いてくれない、だんだん気分が優れない、マタニテ-ブルーまっしぐらとなります。

このため半数のお母さんは、里帰り分娩を選択し、退院後に実家で過ごし、1カ月健診ころまで実母に手伝ってもらいます。

国内でも是非、韓国のようなシステムは必要とされていますが、制度化されないでいます。

 

家族.jpg

前回のリレーメッセージでは日本国内の産後施設について紹介しました。

まだまだ絶対数が少ない状況ですが、核家族化が進む現代の日本の都市部では絶対必要です、また、地方都市でもおばあちゃんが働いていることも多いため高い需要が見込まれます。

 

産後のお母さんと赤ちゃんに温かい支援の制度を整えることが少子化を防止するための施策でもあり、今、日本の若いママやパパとベビーに対し、支援しないと手遅れになってしまう

「何ができるか」を至急考えなくては!との思いを熱くした視察でした。


韓国・日本.jpg


富山福祉短期大学では富山県立小杉高等学校との高大連携事業を実施し今年度で5年目となります。今年度の課程が313日(金)に終了し、修了式が行われました。その様子をご紹介します。

 

 

この連携事業は81日(木)に始まり、2年生16名は、30時間かけて本学で音楽・造形・体育などの授業を受けてきました。

 

H26小杉高校1.jpg H26小杉高校2.jpg

 


終了式では、幼児教育学科学科長 石津 孝治 教授から、修了証書が手渡されました。

 

H26小杉高校3.jpg

 


そして、富山県立小杉高等学校の米谷校長先生より「今回の連携事業で実習したことを、自分の力にしてください。そして、子どもたちの希望となるような仕事をするために、今後さらに力をつけていってください。」とのお言葉をいただきました。

 

H26小杉高校4.jpg



その後、石津学科長より「音楽・造形・体育などの授業を通して、"表現できて楽しかった!"という実感はありましたか? 子どもたちにとって、その感覚が成長につながり、感性が豊かになります。のこり1年の高校生活を、悔いのないようがんばってください。」と激励のことばをいただきました。

 

H26小杉高校5.jpg

 


今回の連携事業では多くの実習を行い、子どもたちの気持ちになって楽しむことができたのではないでしょうか。将来、受講生のみなさんが子どもに関わる仕事につくかどうかはわかりませんが、今回経験して感じたことを大切にしてほしいと思います。

30時間、おつかれさまでした!


H26小杉高校6.jpg

37日(土)第5回オープンキャンパスを開催しました。

 

当日は、高校生・既卒者の方だけでなく、保護者の方々にもご参加いただきました。

【福短】のオープンキャンパスは、毎回違った内容の体験授業を選んでいただくことができます。今回は保護者の方にも、高校生・既卒者の方と一緒に体験授業を受けていただきました。

 

 

授業の様子と、参加された方々の感想をご紹介します!! 

 


【社会福祉】「必要とされる人間になるために:福祉と心理の学び」

 


 

【介護福祉】「介護福祉士って何?~生活を支援するということ~」

 

H26介護5.jpg


 

【看護】「赤ちゃんについて知ろう ~お腹の中からこんにちは~」


H26看護5.jpg

・実際に胎児の重さを体験でき、おむつ交換の際も、首のすわり具合がとても本当の乳児らしくて、楽しく学べた。先生もとても親しみやすい方でした。


 

【幼児教育】「作って遊ぼう~動くものに挑戦~」


H26幼教5.jpg

・自分が小さい子の気持ちになっておもちゃをつくれたから楽しかった。おりがみ1枚でも、笑顔になれるおもちゃを作ることができるんだと驚いた。

 



体験授業の後は、高校12年生を対象に「つくり、つくりかえ、つくる作文技法」、受験予定者・保護者の方を対象に「入試セミナー」を行いました。

 

「つくり、つくりかえ、つくる作文技法」は、北澤 晃 学長による"つくりかえ作文"の授業です。今回は、学長ブログ81「高校生のナラティヴ・アプローチ(2)を読んだ上で、参加者の皆さんも今回オープンキャンパスに参加して思ったこと・感じたこと・考えたことを、一人ひとり作文を書いてみました。提出していただいた作文は、11枚北澤学長がコメントを書いて、本人へ返送します。

 


 

その後の「歓談タイム」では、和やかな雰囲気の中で、在学生や教員へ質問をしたり、オープンキャンパスの感想について話したりしていました。教員や在学生と話したことで、参加者の皆さんは入学後の福短生活をイメージすることができたのではないでしょうか。


H26歓談5①.jpgH26歓談5②.jpg

 

 

来年度のオープンキャンパスは、523日(土)からはじまります。学科・専攻の説明や、キャンパス見学、在学生・教員とのフリートークなど、さまざまな企画をご用意しています。ぜひ参加して、ふくたんについてもっと知ってください。

詳細につきましては、4月にホームページで公開予定です。

 

また、LINEでもふくたんの情報をお届けしています♪

くわしくは、をご覧ください。



ふくたんの公式LINEアカウントを開設しました!

高校生・受験生の方々へ、ふくたんの最新情報をお届けします♪


LINE@.jpg


 

友だち追加の際は、以下のQRコードを読み込んでください!

LINE@_QRコード.PNG

読み取れない場合は、「富山福祉短期大学」で検索してくださいね。


富山福祉短期大学では、富山県からの委託を受け『介護福祉士養成科』『保育士養成科』の職業訓練受講生を募集いたします。



【訓練目標】

厚生労働大臣指定の介護福祉士養成課程のカリキュラムを中心に、介護・福祉に関する専門知識及び実習などにより技能を身につけ、介護・福祉分野に就職する。(介護福祉養成科)

■厚生労働省令による指定保育士養成施設指定科目を中心に子どもの保育・教育に関する専門知識及び技能を修得し、保育所・認定こども園・福祉施設に就職する。(保育士養成科)


【応募資格】

■高等学校卒業(または同等以上の学力が認められる)以上で、公共職業安定所に求職申し込みをされている方(ただし、新規学校卒業者を除く)

※入校願書提出の際は、高等学校等の卒業を証明する書類が必要です。

(例:高等学校の卒業証明書又は同等の証明書、短大・大学等最終学歴の成績証明書)


■雇用保険受給資格があり公共職業安定所長の受講指示を受けられる方、または公共職業安定所長の受講推薦または支援指示を受けられる方


【訓練期間】

平成2744日(土)~平成293


【受講料】

無料(ただし、教科書・ユニフォーム等の実費分は自己負担)

自己負担額の概算(1年次:約105,000円、2年次:約45,000


≪応募先≫

最寄りのハローワーク


≪募集に関するお問い合わせ≫

・最寄りのハローワーク

・富山県商工労働部職業能力開発課(TEL076-444-3260

 

≪主催≫

富山県技術専門学院(TEL076-451-3508

 

≪施設、選考に関するお問い合わせ≫

富山福祉短期大学 企画推進課(TEL0766-55-5567

  

 

詳細については、以下のリンク先にてご確認ください。

介護福祉士養成科.pdf

保育士養成科.pdf 



応募をお考えの方は、オープンキャンパスでご希望の学科の体験授業等に参加していただくことができます。教員との懇談の時間や個別相談の時間も設けています。是非お越しください。詳しくは こちらをご覧ください。 

ふくろうくんHP用.jpg

 

 


地域活動支援サークル「ちょっこり」では、『とべ、ちょっこりプレーンづくり~Uホールにテイクオフ~』を行いました。

日 時:平成 27年3月1日(日)13:30 ~ 15:15

場 所:富山福祉短期大学 4号館 2階 造形室 Uホール

参加者:地域の小、中学生の子どもたち(10名)、

ボランティア(地域の施設職員、本学の学生、高校生、教員15名)

 

この活動は、富山福祉短期大学 鷹西恒 教授(社会福祉学科)と靏本千種 准教授(幼児教育学科)と発達障害者支援センターありそが連携して「発達障がいや様々なハンディーキャップのある子ども達が、地域の中で自立し、楽しく幸せに暮らせることを支援する」ことを目的として実施したものです。

この企画は、地域貢献活動を推進のために立ち上げた地域活動支援サークル「ちょっこり」の松田留奈さん(看護学科2年)がリーダーとなって行いました。

プレーン作成_3438.jpg

今回はアトリエちょっこりとして、わりばしで紙飛行機をつくったり、大縄跳びを楽しみました。

こどもたちや学生も大いに楽しむことができました。

内容の詳細はこちらを参照ください。→ 2015.03.01ちょっこり.pdf

 

 社会福祉学科介護福祉専攻ならびに幼児教育学科において、

厚生労働省より「教育訓練給付金」支給対象講座として指定を受けました。

北陸三県で「教育訓練給付金」の対象講座に指定された短期大学は本学だけです!

 

 

■教育訓練給付金制度とは?

平成26101日から、「教育訓練給付金」の教育内容が拡充され、現行の教育訓練に加え、「専門実践教育訓練」が新設されます。これは、社会人の中長期的なキャリアアップを支援するため、厚生労働大臣が専門的・実践的な教育訓練として指定した講座を受講した場合に、給付金の給付割合の引き上げや追加支給があるというものです。

内容は、以下の通りです。

 


①給付を受けることができる方

・初回受給の場合、講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険期間を有している方

 

・平成26101日前に教育訓練給付金を受給した場合、講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者を有している方

 

・平成26101日以降に教育訓練給付金を受給した場合、前回の受講開始日から次の専門実践教育訓練の受講開始日前までの間に10年以上雇用保険被保険者期間を有している方

 


②給付の額

 

一般教育給付

専門実践教育訓練

(従来の教育訓練と同じ)

(新たに拡充される訓練)

支給額

受講費用の20

訓練費用の40
 
訓練を修了し、資格取得等をし、

修了から1年以内に就職に繋がった場合は、訓練費用の20%を追加給付

支給額の上限

10万円(1回限り)

年間32万円

支給期間

1

原則2
資格に繋がる場合は3年まで

 

本学における専門実践教育訓練給付金の支給対象学科は以下の通りです。

・社会福祉学科 介護福祉専攻(2年制)

・幼児教育学科(2年制)

 

※給付金支給の条件として、社会人入試で受験いただき、本学の学生として2年間の課程を修了することが条件となります。

 

 

制度の詳細については、ハローワークのホームページをご覧ください。

【ハローワークHPhttps://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_education.html 

【厚生労働省からのご案内】「教育訓練給付金」の対象講座についてのお知らせ.pdf



富山福祉短期大学では、「オープンキャンパス」「直前入試説明会」に日程が合わず参加できない方の為に、「FUKUTAN キャンパス・ナビ」(個別見学会)を毎月開催しています。

 

第13回 日程:平成27年3月14日(土)10時~、13時~、15時~

 

11組対応させていただき、色々なお話をさせていただきます。疑問や質問を気軽に聞いてください。丁寧に回答させていただきます。

奨学金や学費のことについても詳しくお話させていただきますので保護者の方も是非ご一緒にご参加ください。

 

FUKUTAN」の全てをあなたのためだけにナビゲートいたします!!

 親子で、友達同士で是非お申込ください。

 

●日程が決まっている完全予約制です。必ずお申込をお願いいたします。

 

◆日程の詳細 → 2014キャンパスナビ案内.pdf

◆お申込方法 →   お申込はこちらから

 

【入学試験願書受付期間のご案内】

平成2739日(月)より『一般入学試験Ⅲ期』『センター試験利用入学試験Ⅱ期』『社会人・学卒者・外国人特別入学試験Ⅲ期』の入学願書の受付が開始となります。

 


『一般入学試験Ⅲ期』『センター試験利用入学試験Ⅱ期』

『社会人・学卒者・外国人特別入学試験Ⅲ期』

  出願期間:平成2739日(月)~314日(土)(受付締切日消印有効)

              ◎持参受付:午前9時~午後5時(土曜・日曜・祝日を除く)

  入学試験:平成27321日(土)

  合格発表:平成27324日(火)

 

2015年度学生募集入学試験日程↓

http://www.t-fukushi.urayama.ac.jp/admission/exam.html


 

【奨学金制度のご案内】

◆社会人・学卒者・外国人特別入学試験受験者のうち、本人が希望し、かつ試験結果が優秀な受験生のうち、選考により若干名を奨学生として、入学年度の授業料前期分の半額を免除します

 

なお、希望者は入学願書の奨学生希望欄に必ず○をつけてください。○がない場合は、希望しないものと判断させていただきます。

 

 

【入試対策のご案内】

受験をお考えの方は、是非『第5回オープンキャンパス』または『キャンパス・ナビ(個別見学会)』にご参加ください。

第5オープンキャンパスのご案内

キャンパス・ナビ(個別見学会)のご案内

 

 

【入試相談窓口開設のご案内】

富山福祉短期大学では、入試・相談窓口を開設し、入試に関する疑問や質問に担当者が丁寧にお答えいたします。お気軽にご相談下さい。

◆メールでのお問い合わせは fuku-navi@te.urayama.ac.jp


3/16(月)~4/8(水)までの図書館開館時間について

 

平成27年3月9日
館長 山本二郎


3/16(月)~4/8(水)までの開館時間は下記の通りです。
開館時間に関する問い合わせ先:図書館まで

 

20153

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 

20154

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

 
 
黒  開館日   (9時00分~20時00分) 2号館は20時00分閉館
青  短縮開館日(9時00分~17時30分) 2号館は17時30分閉館

  短縮開館日(9時00分~18時00分)2号館は18時00分閉館

緑  短縮開館日(12時00分~17時30分)2号館は17時30分閉館

赤  休館日   (3/19(木)は16時30分、4/8(水)は18時00分で2号館閉館)
 

介護現場でケアに悩んでいる要介護者、より良いケアを提供したい認知症のある利用者への"事例検討"を行う本研修会も、いよいよ最終回です。


受講者は自身が働く介護事業所(特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・デイサービス・小規模多機能型施設・グループホームなど)で日頃ケアをしている認知症要介護者1名に対し、本学介護福祉専攻の介護過程用の記録用紙(FKT方式)を使用し、展開してきました。そして今回、受講者のうち14名が、事前に作成した記録用紙をもとに取り組みの成果を報告しました。

 

若手介護福祉士1.jpg 若手介護福祉士2.jpg

 

報告後には、報告に対する質問や感想などの発言も見られました。また介護福祉専攻の教員より、それぞれの専門分野からの講評を受け、最終報告会を終えました。


一人ひとりの報告に対し講評を述べた宮嶋専攻長は、まとめとして「要介護者の個別のニーズから、施設や事業所の課題も明確になる。今後はよりよい施設づくりも意識していってください」と熱いメッセージを受講者に託していました。


若手介護福祉士3.jpg


報告会後には、専攻長より修了書が授与されました。変則勤務である仕事ではありますが、多くの受講者が皆出席で本講習会を終えることができました。

 

若手介護福祉士5.jpg

 

その後、簡単な茶話会を通して報告に関することや、介護現場の状況、受講していた卒業生の近況などなど、専攻教員と談笑する場面もありました。

 

 

今年度10回にわたり介護過程の展開、特にアセスメントスキルの向上を目指して講習会を開催してきました。

来年度も、成果や課題を見据え、現任の介護職員の方々に更なるスキルアップを目指していただけるような研修会の開催を予定しています。詳細は、決まり次第ホームページでご案内します。

介護福祉専攻では、現場で働く介護従事者の皆さんを応援し続けます!!



基礎看護学を担当しています、長谷です。昨年の今頃は、看護師になる夢に向かって希望

看護師7.jpg

と不安でいっぱいだった1年生を4月に迎え入れて、早1年が過ぎようとしています。みなさまの学校でも、1年生の変化と成長には驚きながらも基礎看護学領域を担当している教員にとっては、一抹の不安を感じながら次の学年に送り出す立場ですよね・・・。

この一年間は、1年生の講義や演習にたくさん関わり、この時期には私も、学生もお互いによく頑張ったねと、学習の成果を実感することができます。

 

学生にとって、大学生になったのにうるさく言われた身だしなみ。

流行に敏感なお年頃ですが、そこは看護学生の自覚十分、実習服を着たらたとえ学内であっても、言われなくても整えることができるようになってきました。

学生同士の会話の中にも専門用語が出てくるようになりました。


自主演習.jpg

 


自主演習2.jpg

よく学び、よく遊び(?)成長した学生たちは2年生に進級します。4月に始まる3週間の病院実習では、これまで学んできた知識や技術を総動員し、担当したひとりの患者さんの看護を考え実践します。実習前には復習することも多く大変ですが、そんな努力をするからこそ、自分の考えた看護を実践し、患者さんから「ありがとう」の言葉や、笑顔となって返ってきたときには大変だったことも吹き飛ぶくらいにうれしいのだと思います。

 


看護師に一歩近づいたことを実感できるのがこの基礎看護学実習Ⅱです。

授業風景.jpg

今、まさにその大変な復習の時期。

実習に向けて自主的に勉強会(授業外)へ参加したり、技術の練習をしたりと授業のときとはまた違った顔つきで一生懸命取り組んでいる姿を見ると、看護師として働く姿に見えてくるのは私だけでしょうか?この実習が終われば、今度は領域担当の先生方にバトンタッチです。少しだけ肩の荷を降ろすことができます。

1年生が3年生になったときに出会うことを楽しみにしながら、4月からの新1年生の入学を心待ちにしています!

今のこのひと時が、教員の最高の幸せとひと時でしょうね!!


富山福祉短期大学では、『第5回オープンキャンパス』を開催します!!

 


各分野の体験授業は、夏のオープンキャンパスとは違った内容でみなさんをお待ちしています。毎回好評をいただいている「学科・専攻別歓談タイム」もご用意しています。

 

また、高校12年生対象に『「つくり、つくりかえ、つくる」作文技法』、3月受験予定者・保護者対象に「入試セミナー」も準備し、盛りだくさんの内容となっています。

 


「福短って、どんな学校?」「何が学べるの?」「他の学校と何が違うの?」という疑問の答えを見つける日にしてください。きっと新しい発見がありますよ♪

友達と一緒に、ご家族と一緒に、是非参加してみてください!

 


 【日程】

* 37日(土) 13001600  

 

* 詳細についてはこちらをご覧ください → OCパンフレット(3月).pdf

      

* お申込はこちらから



富山福祉短期大学では、学生5S委員が中心となり、エコキャップの回収を随時継続的に行っています。

エコキャップ回収活動は、学生や教職員間にも浸透してきました。学内だけでなく、自宅で集積したエコキャップを届けてくれる方が増えています。

今後も、皆様のご協力をお願いいたします!!今回の搬入状況は以下のとおりです。


 

ポリオワクチン.jpg

搬入日:平成27年3月5日(木)  

場所:富山市婦中町クリーン産業株式会社マザーワークス

エコキャップの個数: 6192個(14.4kg):累計個数64426個

*ポリオワクチン74.9人分に相当します。 


ペットボトルキャップ.jpg

寒さもやわらぎ、窓から入る春めいた日ざしがうれしい今日この頃です。314日の北陸新幹線の開通ももう目前となり、世間では北陸が一大ブームになっています。


北陸新幹線3.jpg

 

看護学科の1年生はもう春休みに入っていますが、4月からの基礎看護学Ⅱの学外の病院実習に出かける準備に向けて、バイタルサインや清潔ケアの看護技術の練習に励んでいます。

自主学習1年.jpg

3年生は222日の国家試験!! 先程、第104回看護師国家試験のため、3年生は全員バスで金沢に向かいました。初々しい1年生の時から関わってきてそれぞれの成長を見てきましたので、皆が笑顔で合格報告に来て欲しいと心から合格祈願の毎日です。325日の発表まで教員も学生も落ち着かない日々を過ごすことになりそうです。

だるま2.jpg


そして、2年生は1月から始まった領域別の実習の真っただ中であり、みんな活き活きと頑張っています。申し遅れました、リレーメッセージ34回を担当します中田です。

 


私が担当している成人看護学実習Ⅰ(急性期)は、223日から3週間の病院実習を行います。今回は外科病棟、整形外科病棟、脳外科病棟での実習を行い、手術を受ける患者の回復支援の看護を学びます。実習前の学内実習では、講義で学んだ知識を蘇らせ、実習に臨む準備を行いました。手術患者のクリティカルパス(標準治療計画表)を参照し、患者の入院から退院までどのように経過しどんな看護援助が必要なのかを考えました。


成人看護学実習.jpg

 

また、手術当日の術前の場面や手術を終えて病室に帰室した場面の状況設定をし、患者役、看護師役になり、バイタルサインの測定や状態観察の演習を行いました。

「手術から帰ってきた患者さんになんて声をかけたらいいのだろう?」「患者さんは手術が終わったらどんな体位でどんな状態で戻ってこられるのだろう?」「下肢牽引をしている患者さんの排泄はどのようにするのだろう?」「ドレーンや創部があって横向きになっていいの?」など、素朴な疑問がたくさん上がってきました。


そのあと各科術式の看護のDVDを見てもらいました。演習とDVDを視聴した学生の感想として、「手術を受ける患者の入院から退院までの流れや経過に合わせて看護していくイメージがついた。」「患者さんとその家族に関わっていきたい。」などありました。また、「緊張するけど、早く患者さんの看護をしたくなってワクワクしてきた。」という声も聞かれました。


DVDから学ぶ.jpg

 

学生は成人看護学実習(急性期)で初めて手術を受ける患者様を受け持つことや、急性期の看護展開が早いことについていけるか心配という不安が強いようです。患者様との出会いは一期一会であり、今思い起こせば、私自身、患者様からたくさんの学びを頂き成長しました。学生も、受け持ち患者様の看護援助を通して多くの学びが得られるように、初心に戻り私も学生と一緒に看護のすばらしさや価値について共に考えて、共に成長できるように努めたいと思っています。来月にはもう、新しい1年生に出会えることも春の楽しみの一つです。


パンジー.jpg

アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.