HOME » » ふくたんからのお知らせ » 2014年3月

2014年3月

 各位

                            

図書館長 山本二郎

 

 4月1日(火)~4月4日(金)まで学校行事のため
2号館(図書館、コンピュータ室、演習室)は9時00分~17時30分までの
開館時間となります。ご理解の程、お願いいたします。

 

 <図書館開館時間について>

 

 4月1日(火)           11時45分~17時30分

                    (学園辞令交付式開催のため)


 4月2日(水)           9時00分~17時30分

                    (新入生オリエンテーション開催のため)


 4月3日(木)           10時45分~17時30分

                    (新入生オリエンテーション開催のため)


 
4月4日(金)             10時00分~17時30分

                        (入学式予行練習開催のため)

 

 

327日(木)、業者主催の「春の学校体験・見学バスツアー」で、県内外から約60名の高校生が学校見学に訪れました。

 

富山福祉短期大学では、「福祉コース」「看護コース」「保育・幼児教育コース」の3分野のコースを用意し、キャンパス見学や学校説明、体験授業をうけていただきました。

 

 

【福祉コース】『相談援助のやりがい』

高校生のひとりに片まひの体験をしてもらい、その様子をみて、片まひの方にはなにが必要か、グループワークで意見を出し合いました。そして、先生が片まひの方が生活していくためにはどのような援助があるのか、相談援助と介護の違いを交えながら説明しました。

 

050.JPG 051.JPG 

【看護コース】『赤ちゃんって何だろう?~Q&A~』

本物の赤ちゃんとそっくりに作られたモデル人形を使って、赤ちゃんの衣服の着脱、頭囲と胸囲の測定、身長・体重の測定を体験しました。その後、クイズを通してわかりやすく赤ちゃんのからだについて学びました。

 

053.JPG 055.JPG 054.JPG 

【保育コース】『幼児期に必要な運動遊びについて』

「健康」の条件である「運動」「栄養」「休養」の中の「運動」に焦点を当て、発達・発育に応じた幼児期に必要な運動遊びについて、実際にからだを動かしながら学びました。

 

056.JPG 058.JPG 057.JPG 

富山福祉短期大学では、今後もオープンキャンパスなどでさまざまな体験授業や学校・学科専攻説明を行っていきます。

 

多くの先輩が『オープンキャンパス』を体感して進路決定の決め手にしています!

友達と一緒に、ご家族と一緒に、【福短】のオープンキャンパスにぜひ参加してみてください。

きっと新しい発見がありますよ♪

 

平成26年度 オープンキャンパス日程のご案内 

 

 サークルより活動報告がありましたのでご報告します。

 全32サークルの報告がそろいました。

サークル名

活動報告

おんたま♪

11月に富山市のグランドプラザで開かれた「介護の日」フォーラムに参加しました。大きなイベントに参加させていただき、貴重な体験ができました。

児童文化サークル

1年間実習もある中、時間を見つけて研究教材の作成をして、施設で発表することで、1年生・2年生共により多くの体験をし、理解を深めることができた。学年を越えて情報交換の場をもうける事が出来たと感じる。一人一人、それぞれ身になる1年だった。

男子バスケットボール

北陸三県に向けてチーム一丸となってバスケットを楽しみながら練習ができたと感じました。練習を通して他の学科の人達との交流も深めることができ、他の人達のことを考えながらプレーを意識する大切さも学べました。

U.F.B

このサークルに入って、人前で演奏する事の楽しさ、練習をしていく中で音楽で繋がる楽しさを知ることができました。福短祭で演奏したことはこれからもとても良い経験をして残ると思います。福短祭に向けてメンバーでスタジオに入り練習して打ち上げをした、あの時間がとても充実していました。来年もこのサークルを続けていってもらいたいと心から思っております。

バドミントン (男子)

北陸三県の大会に向け練習したが、大会では女子の成績の方がよく悔しい思いをしました。今年は去年よりもよい成績が残せるように、精一杯頑張っていきたいです。

フットサル

楽しい仲間と楽しくフットサルができました。みんな上達したと思います。

女子バスケットボールサークル

皆で、実習などで大変な中、団結して楽しく練習することができました。男子とも一緒に練習することができ、互いに高め合うことができたと思います!大会で結果はだすことはできませんでしたが、最高の思い出となりました。

女子ソフトボールサークル

男子ソフトボールサークルと共に練習し、北陸三県の大会で2位をとることができました。みんな仲良く楽しめるサークルでした。

 

 

たくさんのサークルがそれぞれ目標をもって活動し、より充実した学生生活を送れたのではないかと思います。

今年度も4月に募集がありますので、在校生のみなさん、新入生のみなさん、是非参加してください!

第13回フェスティバル障害のある人もない人も

 「みんなでフライングディスク!」

日時:平成26年3月23日(日) 場所:富山県総合体育センター

 

障がい者のフライングディスク大会のボランティアに参加して来ました。ボランティアの内容としては、選手の方々の誘導を担当しました。
誘導の中でも、障がい者の方々とたくさん楽しく話す事ができ、良い経験ができました。
 そして、実際に障がい者の方々のフライングディスクの競技会が終わったあと、「ボランティアに参加した学生さんもフライングディスクを実際にやってみたら。良い経験になるから」ということで、フライングディスクのチーム戦を行いました。
 本学から今日参加した4人と高岡龍谷の生徒さん1人を合わせて、チーム戦を行いました。そして、3位をとることができました!とても楽しいボランティア活動を行うことができました。

 介護福祉専攻1年 

VCCリーダー 本川静加

 

私は、フライングディスク大会に何度かボランティアとして参加したことがあります。

毎回、参加した経験を活かして、たくさんの障がいのある選手とのコミュニケーションを行っています。今回も、経験を活かして、コミュニケーションを行うことができました。

そして、今回の私の係は選手の誘導だったので、選手が私の誘導についてきているか、歩く速度を考えながら行いました。

このような大会のボランティアに参加することは、障がいのある人と接する際、どのように会話をしていけばいいのかなど学ぶ事につながり、とてもよい経験となっています。

これからもこのボランティアを続けていきたいと改めて感じました。

介護福祉専攻1年 

VCC副リーダー 木下千尋

 


みんなでフライングディスク.JPGフライングディスク とは、円盤(ディスク)を回転させて投げる競技です。

詳細は、富山県障害者フライングディスク協会のホームページをご覧ください。

 

 

富山福祉短期大学には、在学生を会員とする「学友会」があります。学友会は、学生の自治精神を養い、学生生活の充実をはかることを目的としており、学生同士の活発な交流がされています。新入生歓迎会、北陸三県私立短期大学体育大会、福短祭などさまざまなイベントでも、学友会メンバーが盛り立てて活躍しています。

 

平成26年度学友会長に就任した 長谷川 茉美さんに抱負を聞いてみました!!

学友会長(長谷川茉美さん)幼児教育学科.JPG『平成26年度学友会長になりました、幼児教育学科の長谷川 茉美です。

 今年の学友会の活動では、一つ一つの行事を大切にしていこうと思います。福短祭では、本学の学生はもちろん、地域の方々も一緒に楽しめるような行事にしようと役員一同考えています。

 学生の皆さんがより充実した学生生活を送ることができるよう努めていきたいと思います』

 

4月から学友会が本格的に動き始めます。

学友会では、年間を通して様々な行事が企画されます。専門職を目指した勉強だけではなく、「福短だから出来ること」「福短にしかないもの」がココにきっとあると思います。たくさんの友達を作って、楽しいキャンパスライフを過ごして下さいね。

 

319日(水)富山福祉短期大学の「第16回卒業証書・学位記授与式」が挙行され、198名が卒業しました。

 

・式次第

  一、開式の辞

  一、国歌斉唱

  一、卒業証書・学位記授与

  一、各賞授与

  一、学長式辞

  一、祝辞

  一、在学生代表 送ることば

  一、卒業生代表 感謝のことば

  一、校歌斉唱

  一、閉式の辞

第16回卒業式-0.JPG 

北澤学長が『これからの自分の人生において、出会う人々に心を傾けて話を聴くことで、声として発するに至らない語りを聞きとり、出会う人々と豊かで深い関係をつくり出せる人に成長していくことを切望いたします』と式辞を述べました。(北澤学長式辞抜粋)

 

第16回卒業式-1.JPG浦山理事長より祝辞、射水市長 夏野 元志 様より来賓祝辞をいただきました。

第16回卒業式-2.JPG 在学生を代表して、長谷川 茉美(幼児教育学科)が『困難を乗り越えながら、みんなで一つのことを成し遂げることの素晴らしさを先輩から学びました。在学生一同、先輩方の思いを引き継いでまいります。どうぞ、新たな出会いを大切にされ、それぞれのステージで元気にご活躍ください。』と送る言葉を述べました。

 

第16回卒業式-3.JPG           (在学生代表送ることば 長谷川 茉美さん) 

 

卒業生を代表して、川端 悠太さん(社会福祉専攻)が『今日の卒業式を門出として、私たちはこの大学で学んだ「つくり、つくりかえ、つくる」という精神をもって、本学で学んだ知識や技術を活かして、それぞれの場所で地域社会に貢献できるよう、日々精進していきたいと思います。』と感謝のことばを述べました。

 

 

第16回卒業式-5.JPG 

卒業にあたり、各賞を受賞された方をご紹介します。

 

★ 表彰学生一覧 ★ 

 

■学長賞

本学の教育目標である「つくり、つくりかえ、つくる」に関わる自分づくりの取組において顕著な実績を残した学生を学長表彰と致します

 

社会福祉専攻    堺 新菜

介護福祉専攻    濱野 優美

看護学科        奥原 理紗

幼児教育学科    橋本 茜

                 

■優秀賞

学業成績において顕著な実績を残した学生を優秀賞と致します

 

社会福祉専攻    岡田 まりこ

介護福祉専攻    松岡 こず恵   

看護学科        椛島 あかね

幼児教育学科    伊藤 まどか

          

■活動賞

学友会活動やボランティア活動等において顕著な実績を残した学生を活動賞と致します

 

社会福祉専攻    深山 綾香

介護福祉専攻    森 香純

看護学科        横井 瑞季

幼児教育学科    竹澤 良江

          

●各資格取得に向けての取組、学外(施設)実習等において顕著な実績を残した学生に各養成協会から協会長賞が授与されています

 

■日本社会福祉士養成校協会会長賞     北清 結唯

■日本介護福祉士養成施設協会会長賞   岡村 孝子

■日本私立看護系大学協会会長賞       丸山 実奈

■全国保育士養成協議会会長賞         浦松 京奈

 

この23年間【福短】で学んだこと、【福短】の教育目標「つくり つくりかえ つくる」を思い出し自分を成長させながら、今後社会人として活躍してくれることを楽しみにしています。

 

第16回卒業式-社福.JPG(社会福祉学科 社会福祉専攻)

 

第16回卒業式-介護.JPG 

(社会福祉学科 介護福祉専攻)

 

第16回卒業式-看護.JPG(看護学科)

第16回卒業式-幼児.JPG 

(幼児教育学科)

 

ご卒業おめでとうございます!!

 

第十六回卒業式を下記の通り挙行いたします。

【第十六回卒業証書・学位記授与式】

・日時 平成26319日(水) 1000開式~1115閉式
     卒業生は900までに指定控室に集合してください。
     保護者の方は受付後930までに会場保護者席へご着席ください。
      また、駐車場につきましては、係員の指示に従ってください。

・場所 富山福祉短期大学 Uホール
 
・式次第
  一、開式の辞
  一、国歌斉唱
  一、卒業証書・学位記授与
  一、各賞授与
  一、学長式辞
  一、祝辞
  一、在学生代表 送ることば
  一、卒業生代表 感謝のことば
  一、校歌斉唱
  一、閉式の辞

・その他 式後、記念撮影等を予定しています。

 

卒業記念パーティーを下記のとおり開催いたします。

【卒業記念パーティー】

・日時 平成26319日(水) 1800~受付 1830開宴

・場所 とやま自遊館1階・自遊館ホール (電話:076-444-2100

 

「一般入学試験期」「センター試験利用入学試験」「社会人・学卒者・外国人特別入試」出願期間のご案内 

 

『一般入学試験Ⅲ期』『センター試験利用入学試験Ⅱ』『社会人・学卒者・外国人特別入学試験Ⅲ』入学願書の受付が37日(金)より開始となります。今年度最後の入学試験となります。

 

■出願期間:平成2637日(金)~315日(土)

 ◎持参受付:午前9時~午後5時(土曜・日曜・祝日を除く)

 

■入学試験:平成26324日(月)

 

■合格発表:平成26326日(水)

 

2014年度学生募集入学試験日程↓ 

 http://www.t-fukushi.urayama.ac.jp/exam/nyushi01.html

  

【一般入学試験とセンター試験利用入学試験の併願受験について】

一般入学試験とセンター試験利用入学試験において、同一日程(215日・324日)の同学科・専攻の受験についてのみ、併願受験を認めます。その場合は入学願書(受験票・受験票副票を含む)のみ2部提出いただき、ひとつの封筒にまとめて提出ください。なお、その場合の面接試験は、1回といたします。

 

【県外からの受験をお考えの方へ】

県外からの参加者の皆様に、「入学試験受験の際の宿泊ホテル情報」「富山福祉短期大学周辺住居情報」を提供させていだきます。必要があれば、ご連絡ください。

 

【入試相談窓口開設のご案内】

富山福祉短期大学では、入試・相談窓口を開設し、入試に関する疑問や質問に担当者が丁寧にお答えいたします。お気軽にご相談下さい。

◆メールでのお問い合わせは fuku-navi@te.urayama.ac.jp

富山福祉短期大学では、「オープンキャンパス」「直前入試説明会」に日程が合わず参加できない方の為に、FUKUTAN キャンパス・ナビ」(個別見学会)を開催いたします。

 

第9回 日程平成26年3月15日(土)10時~、13時~、15時~

 今年度のキャンパス・ナビは終了しました

11組対応させていただき、色々なお話をさせていただきます。

 

FUKUTAN」の全てをあなたのためだけにナビゲートいたします!!

 

親子で、友達同士で是非お申込ください。尚、日程が決まっている完全予約制です。必ずお申込をお願いいたします。

 

◆日程の詳細 → キャンパス・ナビのご案内.pdf 

 

お申込みはこちら

 

 

38日(土)第5回オープンキャンパスを開催しました。

 

当日は高校生の方だけでなく、保護者の方々にもご参加いただきました。

【福短】のオープンキャンパスは年に5回開催され、毎回ちがった内容の体験授業を受けることができます。今回は保護者の方々にも体験授業を受けていただきました。

 

048.JPG参加された方々の感想を紹介します。

 

【社会福祉総合】「心を病む人へのソーシャルワーク」

・とても質問がしやすく、とても楽しかったです。 

039.JPG 【福祉心理・心理学専修】「心の家[→再び玄関]:心理専門職への道」

・心理の仕事のひろさを知ることができました。 

041.JPG 【介護福祉】「介護福祉士って?」

・先生や在学生が親しみやすく、距離がちかかったです。 

040.JPG 【看護】「在宅介護ってなーに?」

・入学後なにがどのように学べるのか、実習を通して学ぶことが分かりました。先生方の説明が分かりやすく、この大学に来たいと思いました。 

038.JPG【幼児教育】「お面をかぶってワークショップ~子どもに近づいてみよう~」

・話を聞くだけでなく、自分で作り、からだを動かすことができて楽しかったです。 

044.JPG 043.JPG

 

体験授業の後は、高校12年生対象に「つくり・つくりかえ・つくる」作文技法、3月受験予定者・保護者対象に「入試セミナー」を開催しました。

「つくり・つくりかえ・つくる」作文技法では、北澤学長が文を書くときは「起承転結」が重要なことをわかりやすく説明し、実際に一人ひとり作文を書いてみました。提出していただいた作文は、11北澤学長がコメントを書いて、本人へ返送します。 

「入試セミナー」では、入学試験の概要や、入学試験合格に向けてのアドバイスなどについて説明しました。  

046.JPG 

その後、学科ごとに先生や在学生と歓談の時間がありました。在学生に質問をしたり、今日の感想を言い合ったり、とても和やかな雰囲気でした。

希望者プログラムでは個別相談やキャンパス見学の時間もとり、【福短】をたっぷりと体感していただきました。 

047.JPG 

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

 

来年度もオープンキャンパスが開催され、今回とはちがった内容の体験授業が受けられます。興味・関心を深めたり、別の分野に視野を広げたり、進路選択の参考にしたり、もっともっと【福短】を知ることができます。

是非参加してみてください!お待ちしています!

 

富山福祉短期大学では、地域貢献事業の一環として年間を通してさまざまな講座を開催しています。

 

今回は本学の「福祉」「看護」「教育」の総合短期大学の特色を活かし、毎年大好評をいただいている「ふくたん心理学セミナー」を開催しました。

 

◆日 時:平成2638日(土)

◆テーマ:体験型セミナープログラム

◆講 師:竹ノ山圭二郎【社会福祉学科長 教授

◆場 所:富山福祉短期大学 5号館

【講座内容】

 

・第Ⅰ部 心理専門職のライフ:心理職ってこんなにあるんだ!ココロのプロへの道

 

・第Ⅱ部 カウンセリングの基本:「積極的に聴く」専門技術とは

 

・第Ⅲ部 心理学実験:ココロの科学的理解をめざすサイエンス・セミナー

 

 

今回の心理学セミナーは、座学と実習を組み合わせたものでした。参加者の皆さんは実際に動き、話すことで、さまざまな気づきや学びがあったようです。

  032.JPG 

第Ⅱ部カウンセリングの基本では、「積極的に聴く」ことを実践しました。参加者の皆さんがペアになって、一人が「やりたいのにできていないこと」について話し、もう一人はその人の話を聴きます。このとき、聴き手は質問しかしてはいけません。皆さん、とても積極的に言葉を交わし合っていました。

 

036.JPGしかし実際会話をしていると、聴き手はついついアドバイスをしてしまい、「聴く」ことがいかに難しいかに気づきます。

 

「積極的に聴く」ことはカウンセリングにおいてとても重要な技術です。人はいつでも変わることができますが、人を変えることはできません。そして人が変わるのは、自分自身で気づいた時だけです。そのため、カウンセリングでは「積極的に聴く」技術を用いることで、人が自分自身で気づき、変わるように支援をしています。今回のワークでは、相手の話を「聴く」ことの難しさを、実践を通して学びました。

 

 

第Ⅲ部心理学実験では、「古典的条件付け」についてポンプを使った実験でわかりやすく学びました。そしてこの古典的条件付けが、高所恐怖症やPTSD(心的外傷後ストレス障害)などともつながっていることも教わりました。

 

035.JPG

~参加者の声~

・最初はとても緊張していたのですが、うちとけるようにキャッチボールをしたり話す練習をしたりすることで、リラックスして受けることができました。聞いたことがある内容もあり、とても分かりやすい授業内容でした。これから心理学も学びたいと思っていたので、良い機会になりました。

 

・モチベーションクエスチョンの実験では、カウンセリングは思っていた以上に難しいものなのだと思いました。アドバイスだけでは一方的で反発をかうのだと分かり、これからは友人などと接するときに、そこを注意して話そうと思いました。

 

人に対するにあたって、具体的にも活かせるようなことを学べてとても有意義でした。講義のみでなく参加型のセミナーで、体験しながら行動心理を学べてわかりやすかったです。

 

 

富山福祉短期大学社会福祉学科では、心理学を本格的に学習できるカリキュラムを採用しています。市民講座でも、高校生や一般のみなさまに興味を持っていただけるような企画に取り組んでいきます。ご期待ください!

 

ふくたん地域サポートプログラムアトリエちょっこり を行いました

 

日 時:平成 26年3 月2日(日)13:30~ 15:30

場 所:富山福祉短期大学 4号館101教室、造形室

◆参加者:地域の小、中学生の子どもたち(14名)、ボランティア(本学の学生、卒業生、教職員など19名)

この活動は、富山福祉短期大学教員の鷹西恒教授(社会福祉学科)と靏本千種准教授(幼児教育学科)と発達障害者支援センターありそが連携して「発達障がいや様々なハンディーキャップのある子ども達が、地域の中で自立し、楽しく幸せに暮らせることを支援する」ことを目的として実施したものです。

 

今回の活動は、『コロコロペイント~チョキッとペタッとCDジャケットをつくろう~』です。

アトリエちょっこり03.02-1.JPGこの企画は、地域貢献活動を推進のために立ち上げた地域活動支援サークル「ちょっこり」のメンバーがリーダーとなり実施したものです。

アトリエちょっこり03.02-2.JPG アトリエちょっこり03.02-3.JPG 

★詳細についてはこちらをご覧下さい→ アトリエちょっこり03.02.pdf 

 

今回も入学が決まった高校生1名が参加し、たいへんに盛り上がりました。

入学をお考えのみなさん、このようなプログラムは【ふくたん】にはあります。

お気軽にお問い合わせください。

 

311日に発生いたしました東日本大震災から3年を迎えます。

 

東日本大震災では多くの方が被災され、また犠牲になれらました。 また、今もなお多くの方々が元の生活に戻れず復興の途上におられます。

 

富山福祉短期大学でもこの3年間、北澤晃学長の「被災地の子どもたちに絵本を届けよう。絵本で笑顔を取り戻せるように」の呼びかけのもと、「ふくたん 笑顔プロジェクト」への取り組み、また、東日本大震災ボランティア『福短・チーム笑顔』を結成し、岩手県陸前高田市へボランティア活動。学園祭での募金活動などの取り組みを行ってまいりました。

 

富山福祉短期大学では、今後も様々な形で支援を続けていきます。

 

同時に、311日はいつどこを襲うかわからない大地震や大津波への「備え」や避難路などの再確認をする貴重な日となりました。本学でも改めて考えていかなければならないと思います。

 

東日本大震災で犠牲になられ、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

 

2014.03.11 富山福祉短期大学 教職員一同

富山福祉短期大学では、『第5回オープンキャンパス』を開催します!!

 

各分野の体験授業は、夏のオープンキャンパスとは違った内容でみなさんをお待ちしています♪「学科・専攻別歓談&質問タイム」もあります。

また選択コースとして、高校12年生対象に『「つくり、つくりかえ、つくる」作文技法』3月受験予定者・保護者対象に「入試セミナー」も準備し盛りだくさんの内容となっています。

 

「福短って、どんな学校?」「福短で何が学べるの?」「他の学校と何が違うの?」という疑問や質問の答えを見つける日にしてください。

友達と一緒に、ご家族と一緒に是非参加してみてください。きっと新しい発見がありますよ!!

 

【日程】

   5回オープンキャンパス:38日(土)130016:30  

終了いたしました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました

☆詳細についてはこちらをご覧ください

     第5回OCのご案内(26.03.08).pdf 

☆お申込⇒ こちらから

 

 

※尚、午前には「第3回ふくたん心理学セミナー」10001200を開催いたします。

「心理学セミナー」後、続けて「第5回オープンキャンパス」に参加される方はお申込の際に人数をお知らせ下さい。昼食をご用意させていただきます。

 

昨年のオープンキャンパスの様子

25.03.09-①.JPG

25.03.09-③.JPG

25.03.09-④.JPG

25.03.09-⑤.JPG

25.03.09-⑦.JPG

25.03.09-⑧.JPG

 

 

富山福祉短期大学では、地域貢献事業の一環として年間を通して様々な講座を開催しております。

 

今回は本学の「福祉」「看護」「教育」の総合短期大学の特色を活かし、

「社会福祉学科」における講座のご案内をさせていただきます。

 

前回、前々回と好評だった「ふくたん心理学セミナー」の第3回を開催します!

シンリガクって何?カウンセリング?プロファイリング?ココロが読めるの?

キョーミはあるけどワカラナイあなたの疑問にお答えします!是非この機会に、心理学を体験してみて下さい。 

 

◆日 時:平成2638日(土)10001200

終了いたしました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました

 

テーマ:体験型セミナープログラム

 

◆講 師:竹ノ山 圭二郎【社会福祉学科学科長 教授

 

■場 所:富山福祉短期大学 5号館

■詳 細: 第3回心理学セミナー.pdf

■申 込:ホームページから→ こちら

■参加費:無料

 

■お問い合わせ先:企画推進課 漆原・吉田・瀬戸TEL0766-55-5567

 

対象は、一般の方、高校生の方などどなたでも参加自由です。

多くの方のご参加をお待ちしています!!

社会福祉専攻では、社会福祉を専門的に学ぶことと同時に、介護の知識と技術を身につけることをすすめています。その一つとして通常の授業のとは別に、「介護初任者研修」を実施し資格取得できるようになっています。

 

■研修内容

研修時間:22日間(130時間)

研修予定日:平成251224日(火)~平成26320日(木)

 

特に実習を希望する学生には受講を強くすすめています。

今年度の受講生は24名です。研修は講義と演習形式で行っています。

 

022.JPG 023.JPG22日間の長い研修の半分が終わりました。後半は介護実習室での演習(実技)が中心となります。利用者役と介助者役を体験しながら、和気あいあいとした雰囲気で研修がすすんでいます。

 

024.JPG 025.JPG 026.JPG 027.JPG 029.JPG 028.JPG ~学生の声~

利用者の気持ちや、介護をする者の気持ちを両方知ることができ、実際介護をするということの責任とやりがいを感じることができたと思います。

ぶっちゃけ介護楽しいです!!

                    社会福祉専攻1年 市田 浩規 さん

 

高齢者の気持ちになって体験することができたので、高齢者の気持ちに寄り添った介助を学ぶことができました。この先も実践できるようにしていきたいです。

                    社会福祉専攻1年 匿名希望 さん

 

利用者さんの立場に立って、今までは知らなかった利用者さんの気持ちを知ることができたし、介助者としてのささいな気づかいや声かけを学べて、たのしかったです!

                    社会福祉専攻1年 久古 安子 さん

 

 

※介護職員初任者研修とは

介護を行う上で必要な基本的知識と技術を身につける研修で、平成253月をもって廃止されたホームヘルパー2級に代わる資格です。福祉現場への就職の際のエントリー資格として、多くの求人票に募集される資格で、高齢者施設、障害者施設、病院、訪問介護事業所において介護業務ができます。

 

公益社団法人 日本心理学会が運営するウェブサイト『心理学ミュージアム』展示作品に、社会福祉学科竹ノ山教授の心理学実験デモ教材「ほめることと叱ることの錯覚~なぜ未熟な指導者は体罰に頼るのか?」が選ばれました!

 

■竹ノ山教授

 

030.JPG 

Q. 『心理学ミュージアム』とは?

 

A. 心理学という学問が誕生してから約150年間ほどの歴史があります。これまで数多くの正確で客観的な知見が積み上げられてきました。それらの多くは、私たちの日常生活に直接関わる科学的な成果です。心理学には一般の方々から多くの期待と関心が寄せられていますが、同時に誤解や偏見もまだまだ残されています。

 日本心理学会が運営する『心理学ミュージアム』は、その名の通り、心理学を楽しく学べる教材作品を日本全国の研究者から公募し、その中から選ばれた作品を収蔵展示するウェブサイト上の博物館で、2012年から運営開始されました。現在、拙作も含め21作品が収蔵されています。作品製作についての唯一の制約は、中学生でも理解できる作品でなければならないことです。

 

 

Q. 先生の「ほめることと叱ることの錯覚~なぜ未熟な指導者は体罰に頼るのか?」とはどんな作品ですか?

 

A. 2012年から13年にかけて、女子柔道日本代表内での暴力問題や高校の部活動での体罰問題などが社会問題として大きく報道に取り上げられました。正しい指導法を学んでいない指導者が体罰を使いがちになってしまうのは、「回帰の誤謬」という心理的錯覚現象によってある程度説明できるのですが、そのことが一般の方には全くと言っていいほど紹介されておらず、それなら楽しく学べる教材を自分で作ってみようと思ったのです。この教材は、ウェブ上でのクリックのみで簡単に体験できる心理学実験デモンストレーションです。

 完成した作品を『心理学ミュージアム』に投稿したところ、選出にあたった日本心理学会教育研究委員会からは、「重要な意義を持つ作品」と高く評価していただきました。

 

 

下記リンク先にありますので、ぜひみなさんも体験なさってください!

 

・「ほめることと叱ることの錯覚~なぜ未熟な指導者は体罰に頼るのか?」収蔵サイト

http://psychmuseum.jp/showroom/praise.html

 

・公益社団法人 日本心理学会のサイト

http://www.psych.or.jp/

 

富山福祉短期大学では、富山県からの委託を受け『介護福祉士養成科』の職業訓練受講生を募集いたします

詳細については、以下のリンク先にてご確認ください。

 

介護福祉士養成科募集のご案内.pdf

 

≪応募先≫

最寄りのハローワーク

≪募集に関するお問い合わせ≫

・最寄りのハローワーク

・富山県商工労働部職業能力開発課(TEL076-444-3260

≪主催≫

富山県技術専門学院(TEL076-451-3508

≪施設、選考に関するお問い合わせ≫

富山福祉短期大学 企画推進課(TEL0766-55-5567

 

AO方式入学試験Ⅲ期』出願期間のご案内

 

■出願期間:平成26224日(月)~31日(土)

 AO方式入学試験Ⅲ期は、社会福祉学科のみ実施。(看護学科・幼児教育学科はⅢ期を実施いたしません)

 

■入学試験:こちらを参照ください ↓ 

 http://www.t-fukushi.urayama.ac.jp/exam/nyushi01.html

 

■合格発表:平成26326日(水)

 

2014年度学生募集入学試験日程↓ 

 http://www.t-fukushi.urayama.ac.jp/exam/nyushi01.html

 

AO方式入学試験とは』

 

富山福祉短期大学の教育目標「つくり、つくりかえ、つくる」の考えのもと、課題作文の作成、提出を繰り返すことで、『私』をつくりかえる自己成長の意欲を高め、さらに課題作文に対する指導を通して相互理解を深めます。入学前の自己理解や、そこからスタートする「新しい自分の発見・創造」を、作文という手法を通して、指導し、受験生ならびに本学、双方の理解を深めることを目指します。

 

AO方式入学試験の詳細については、必ず募集要項でご確認ください↓

  http://www.t-fukushi.urayama.ac.jp/exam/nyushi06.html

 

※【出願資格】の一つとして、オープンキャンパス、キャンパス・ナビ等(平成253月以降の開催)の機会を利用し、本学へ1回以上来学・見学していることが条件となります。

AO方式入学試験の際は、3回以上の事前課題の取り組みが必要となります。

AO方式入学試験は、『専願』となります。

アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.