HOME » » 福短からのお知らせ

富山福祉短期大学福短からのお知らせ

富山福祉短期大学では、5月27日(土)に『第1回オープンキャンパス』を開催します!

第1回オープンキャンパスのテーマは、

「【福短】ってどんな大学? 何が学べるの?」 です!


第1回OC.jpg

今回はスペシャル企画として、教員・在学生による「学科・専攻紹介」をご用意しています! 学科・専攻のちがいや特色を、わかりやすくお伝えします。


また、今年度からAO入学試験が大きく変わりますので、その説明会も行います。

AO入学試験に出願するためには、説明会に出席することが条件です。


毎回好評をいただいている「学科・専攻別歓談タイム」もご用意しています。 教員や在学生に、わからないことや不安などをきいてみてください。


きっと新しい発見がありますよ♪

友達と一緒に、ご家族と一緒に、ぜひご参加ください!


【日程】

* 5月27日(土) 13:00~

* 詳細についてはこちらをご覧ください → 2017第1回オープンキャンパス_詳細.pdf

* お申込はこちらから




本学にはAD TIMEという時間があります。(高校のHRのようなものです)

たまたま桜が満開の時期でしたので、ゼミメンバーで「下条川の桜をみて週フォリオを書こう」という企画を行いました。

メンバーのひとりが書いたものを紹介しましょう。

桜を見て涙が出そうになりました。授業で観たドラマのワンシーンでおじいちゃんが言った「桜はね、毎年いっぺん見に来るんだよ、花見客の顔を。生きている俺たちを元気かい?って見に来てくれるんだ。もういなくなっちまった人が花弁になって。だからあんなに綺麗なんだよ」という言葉を思い出しました。

image4.JPG
私は4年前祖父を亡くしました。とても不思議なことですが、夢の中で祖父から電話がかかってきて「好きなことは最後までやり遂げなさい。今までありがとう」と言われました。夢は途絶え、その後、亡くなったと知らせが来ました。私は祖父に何もしてあげられませんでしたが、今でもその言葉を大切にしてます。

私はこれから福祉について学び、ソーシャルワーカーを目指したいと思っています。

2年後、しっかり卒業し就職して桜を見にいきたいと思います。もう一度、自分自身の

気持ちを引き締める時間になりました。とてもよい時間でした。


読んで思わず涙が出ましたぞ。

事前にバリアフリー状況を確かめてくれた人、当日の天候やアフターのアイス売り場メニューの確認をしてくれた人・・・・それぞれに行動したことのすべてが何らかの学びになったと感じました。


いい感じがするゼミです。

これから学びを深めていきましょう!GO!

image2.JPG

社会福祉専攻長 教授 鷹西恒


富山福祉短期大学では、下記の期間を指定休業日とし、校舎を閉館させていただきますのでお知らせいたします。


<閉館日>

平成29425日(火)


尚、いただきましたお問合せ(FAX、メール等)に関しましては、順次お返事させていただきますのでご了承ください。

よろしくお願いいたします。

富山福祉短期大学


「子どもだいすきサークル」の学生3名が、4月9日(日)に富山大学附属病院でのボランティアに参加しました。

"がんの子どもを守る会"からの依頼で、病院に入院している子どもたちが対象の、バルーンアートイベントのお手伝いです。

HP_バルーンアートイベント1.jpgHP_バルーンアートイベント2.jpgHP_バルーンアートイベント3.jpg
富山大学の学生さんとの交流もあり、子どもたちの笑顔にも触れ、有意義な時間が過ごすことができました。

顧問:看護学科 若瀬淳子


みなさんこんにちは!

29年度に入り、もうすぐ5月♪ 連休が楽しみですね♪

今回は看護学科助手の今村が担当します。


では、最近の看護学科の様子をお伝えします!!

現在、2年生は、「基礎看護学実習Ⅱ」で4/10~4/27までの約3週間、富山県内の6か所の病院で実習をしています。

毎日緊張しながら患者さんと関わり、看護師さんに指導を受けながら実習を行っています。

1年生の頃の「基礎看護学実習Ⅰ」とは違い、実際に患者さんに合った援助計画を立て、実施し評価を行いながら看護展開をしています。初めてのことが多く毎日がドキドキですが、みんな楽しんで実習をしています!



110gou-1.jpg110gou-2.jpg110gou-3.jpg

写真は、毎週金曜日の帰学日の様子です。

実習先各病院のグループに分かれ、記録をまとめたり、カンファレンスの資料を作成したりしています。みんな真剣です!!!


3年生は、学内で「看護研究」の発表会がありました。

1月後半から3月へかけて行っていた領域別実習において、各グループで看護研究を行ってきた成果の発表です。

110gou-4.jpg110gou-5.jpg110gou-6.jpg

みんな、真剣に各グループの発表に耳を傾けていました。

3年生は5月からまた領域別実習が始まります!!

みんな、がんばれ!!!


毎月、タスキをつないでいく社会福祉専攻駅伝メッセージの2回目です。

サクラの季節を迎え、社会福祉専攻にも新入生が加わり、新年度がスタートしました。

さくら.jpg

ところで、先週の休みに、子どもを連れて久しぶりに魚津のミラージュランドに行きました。観覧車のゴールドのゴンドラに乗りました。天気も良く、魚津の街並みがきれいに見えました。私が貧乏な学生だった頃、街の灯りを眺めながら、灯りのひとつひとつにそれぞれの家庭や人生があり、それら大勢の人々の思いが集まって私たちのこの社会が形づくられていることに、何ともいえない不思議さを感じていました。今またゴンドラから魚津の街並みを眺めながら、あのひとつひとつの家々のさまざまな人々の暮らしを想像しました。うおづ.jpg

社会福祉専攻には、実に多様な学生が集まってきます。ひとり一人将来のイメージは異なり、学ぶ理由も学ぶ目標も学ぶ内容もさまざまです。また本学の学生だけでなく、履修証明プログラムによる社会人受講生の方や大学コンソーシアム富山の単位互換制度を活用した他大学の学生さんも、一緒に学んでいます。この少子高齢化の時代、わが国の社会と福祉は、切り離すことができません。社会の全ての職種において、福祉の考え方が必要とされる時代が来ています。学生たちが将来どの方向に進んでいこうと本学で学ぶ福祉学と心理学の知識を役立てることができます。

私のモットーは、「楽しくなければ学びじゃない」です。人間にとって学ぶことは、本来楽しいことなのです。社会福祉専攻では、これまで以上にアクティブラーニングによる教育を強化し、教員と学生がお互いの力を合わせて楽しい学びを実現することを目指していきます。授業の様子については、本学ホームページ上で紹介していきます。オープンキャンパスにもぜひお越しください。お待ちしています。

社会福祉学科長 竹ノ山圭二郎


富山福祉短期大学では、下記の要領で教員免許状更新講習(文部科学省認可)を実施いたします。 今年度の講習は次の通りです。

No

領域

講習名

開設日

定員

(名)

受講料(円)

選択必修

特別支援教育の視点を生かした教育相談

平成29年8月18日(金)

30

6,000

選択

子どもの感性を育てる造形活動

平成29年8月4日(金)

20

8,000

選択

幼少期に必要な運動遊びについて

平成29年8月8日(火)

25

8,000



■受講対象(講習毎の対象職種は別途記載欄でご確認ください)

平成30年度3月31日に最初の修了確認期限を迎える現教職員等の方

  昭和37年4月2日~昭和38年4月1日までに生まれた方
  昭和47年4月2日~昭和48年4月1日までに生まれた方  
  昭和57年4月2日~昭和58年4月1日までに生まれた方

平成31年度3月31日に最初の修了確認期限を迎える現教職員等の方

  昭和38年4月2日~昭和39年4月1日までに生まれた方   
  昭和48年4月2日~昭和49年4月1日までに生まれた方   
  昭和58年4月2日~昭和59年4月1日までに生まれた方

■講習の概要

①【選択必修】特別支援教育の視点を生かした教育相談

日にち:平成29年8月18日(金)

時間: 9:00~16:00(予定)

対象: 受講対象に該当する幼稚園教諭・小学校教諭    
   (現職、過去に教員経験のある者・随時、非常勤講師の登録をしてある者)

会場: 富山福祉短期大学 3号館2F 201教室

時間数:6時間(選択必修)

講師: 嘉義 陽子(富山県朝日町立さみさと小学校相談員)

講習の内容:     
    不適切な養育環境や発達障がい等により集団への不適応
    (いじめや不登校を含む)を示す子どもへの支援や保護者との     
    教育相談の在り方について実際の事例を通して考察する。     
    また、繰り返される不適切な行動の評価・分析と対応に     
    ついて理解を深める。

受講料:6,000円

-----------------------------------------------

②【選択】子どもの感性を育てる造形活動

日にち:平成29年8月4日(金)

時間: 9:00~16:00(予定)

対象: 受講対象に該当する小学校教諭・幼稚園教諭・保育教諭・養護教諭     
    (現職、過去に教員経験のある者・随時、非常勤講師の登録をしてある者)

会場: 富山福祉短期大学 4号館2F造形室

時間数:6時間(選択)

講師: 北澤 晃(富山福祉短期大学 幼児教育学科 教授)      
     岡野 宏宣(富山福祉短期大学 幼児教育学科 助教)

講習の内容:    
     ・子どもの豊かな感性を十分に引き出すための造形     
     活動の在り方や支援の方法を考察し、作品とともに     
     制作過程での一人一人の子どもの表現の多様性を認め、     
     子どもの作品に共感し伝えることの必要性と鑑賞する     
     意識を理解する。     
     ・子どもが豊かに感情を描き表し、自己表現することが     
     できる支援の在り方や、素材や画材による形や色の魅力の     
     再発見を行い、子どもの意欲的な創造活動を刺激する     
     支援の在り方を考える。

受講料:8,000円

--------------------------------------------------------

③【選択】幼児期に必要な運動遊びについて

日にち:平成29年8月8日(火)

時間: 9:00~16:00(予定)

対象: 受講対象に該当する小学校教諭・幼稚園教諭・保育教諭   
   (現職、過去に教員経験のある者・随時、非常勤講師の登録をしてある者)

会場: 富山福祉短期大学 Uホール(体育館)

時間数:6時間(選択)

講師: 小川 耕平(富山福祉短期大学 幼児教育学科 講師)

講習の内容:     
     幼少期に必要とされる運動動作の獲得や子どもの     
     発育発達に応じた運動指導の方法について講義     
     及び実技を通じて学ぶ。また、日本サッカー協会の     
     キッズリーダー講習会を併用して実施することで、     
     実際の教育現場で使える実践的な運動あそびに     
     ついての知識と技術を習得する。     
      ※受講された方には、日本サッカー協会より    
      「キッズリーダーU-6」の資格が授与されます。

受講料:8,000円

---------------------------------------------------

■申し込み方法・お問合わせ

FAXで申し込みとなります。受講料は、当日、受付にてお支払ください。
申し込み用紙に必要事項を記入いただき、FAX(0766-55-5570)にてお申し込みください。

申込用紙はこちら→(エクセル)H29 受講申込書(H29教員免許状更新講習)_.xls         
             (PDF)  H29 受講申込書(H29教員免許状更新講習)_.pdf

申し込み期限: 平成29年6月30日(金)          
           
※定員に達し次第、締切とさせていただきます。           
          
※受付いたしましたら、記載のメールアドレスに            
           受付完了メールを差し上げます。メール受け取り            
           制限をされている方は、 @te.urayama.ac.jp の            
           つくメールアドレスからの受信を許可しておいてください。

お問合わせ先: 富山福祉短期大学             
           共創福祉センター事務局            
           山崎・牧田            
           TEL:0766-55-5567            
           FAX:0766-55-5570




3月28日(火)、業者主催の「学校体験バスツアー」で、県内外から約30名の高校生が学校見学に訪れました。


HP_H29さんぽうバスツアー1.jpg

富山福祉短期大学では、「福祉コース」「看護コース」「幼児教育コース」の3分野のコースを用意し、進学説明や体験授業をうけていただきました。


【福祉コース】 『身近な社会福祉の仕事を知ろう!-介護との違い-』

≪高校生コメント≫

ソーシャルワーカーについて知ることができて良かった。福短の良さが分かった。

HP_H29さんぽうバスツアー2.jpg



【看護コース】
 
『看護師の観察技術 ~聴診器を使ってみよう~』

≪高校生コメント≫

なかなか聞けない呼吸音などめずらしい体験ができてよかった。ずっと前から看護師になりたいと思っていたけど、さらになりたいと思った。

HP_H29さんぽうバスツアー3.jpg



【幼児教育コース】
 
『「幼児と遊び」実践編~伝承遊びを楽しく実践してみましょう~』

≪高校生コメント≫

みんなと楽しく活動できてよかったです。やったことのない遊びができて楽しかったです。

HP_H29さんぽうバスツアー4.jpg




富山福祉短期大学では、今後もオープンキャンパスなどでさまざまな体験授業や学校・学科専攻紹介を行っていきます。

多くの先輩が『オープンキャンパス』を体感して進路決定の決め手にしています!

友達と一緒に、ご家族と一緒に、【福短】のオープンキャンパスにぜひ参加してみてください。

きっと新しい発見がありますよ♪


2017年度 オープンキャンパス日程





富山福祉短期大学では、進路について悩んでいる方からの個別相談にも応対させていただきます。

日程の都合上オープンキャンパスに参加できない方や、個別にゆっくりと相談したい方などのためにキャンパス・ナビ(個別見学会)を開催いたします。


H29キャンパスナビ.jpg

1組1組対応させていただき、色々なお話をさせていただきます。
分からないことや質問など、気軽にご相談下さい。


日程:平成29年5月13日(土)10時~、13時~、15時~


「FUKUTAN」の全てをあなたのためだけにナビゲートいたします!
親子で、友達同士で是非お申込ください。
奨学金や学費のことについてもお話しさせていただきます。保護者の方の参加もお待ちしています。
尚、完全予約制ですので、2日前までに必ずお申込をお願いいたします。



詳細はこちらをご覧ください → 2017キャンパスナビ_詳細.pdf


お申込はこちらから



図書館では、3月に富山県立図書館と図書館相互協力を締結し4月から富山県立図書館の図書を借りることが可能となりました。(県立図書館へ出向く必要がありません)


【富山県立図書館の図書申込方法】

①富山県内図書館OPAC横断検索ネットワークシステムから富山県立図書館と富山福祉短期大学にチェックして希望の図書の所蔵検索を行う。

http://lib2.lib.pref.toyama.jp/CrossLibrary/

②富山福祉短期大学に所蔵がなく、富山県立図書館に希望の図書があった場合本学図書館に申込をする。

③富山県立図書館から図書が届きましたら申込者に連絡を行います。


ぜひご利用いただきますようよろしくお願いいたします。


図書館では、入学生の図書館利用教育として毎年オリエンテーションを実施しています。4月7日(金)から4月28日(金)まで入学生164名を対象に実施を行っています。

※写真は看護学科オリエンテーション 4月8日(金)実施


【オリエンテーションの内容】

1.館内資料の利用方法

貸出、返却、貸出冊数、貸出延長、貸出予約の説明について


2.図書館サービスについて

開館時間、複写サービス、視聴覚資料、OPAC(図書検索)

電子ジャーナル(医中誌、富山県内図書館OPAC横断検索)などの説明

富山県立図書館との図書館相互協力の説明


3.闘病記文庫の説明


4.図書マラソンの説明



H29図書館オリ.JPG

2017年オープンキャンパスの日程をお知らせします。

福短のオープンキャンパスでは、体験授業や教員・在学生との歓談タイム、スペシャルイベントをご用意しています。

多くの先輩がオープンキャンパスを体感して進路決定の決め手にしています!
友だちと一緒に、ご家族と一緒に、是非参加してみてください。

オープンキャンパス日程.jpg

  第1回オープンキャンパス  

 5月27日() 13:00~

  第2回オープンキャンパス  

 6月24日() 10:00~

  第3回オープンキャンパス  

 7月22日() 13:00~

  第4回オープンキャンパス  

 8月6日()  10:00~

  第5回オープンキャンパス  

 8月26日()  13:00~

  第6回オープンキャンパス  

 9月24日() 10:00~



「何が学べるの?」「どんな大学?」「私も入学できるかな?」

そんな疑問を、オープンキャンパスで解消してください!!

お申込みはこちらから


109gou-1.jpg

初々しい新入生が仲間となって、在校生が一段とたくましく感じられます。

学生のみなさん、入学および進級おめでとうございます。 

この4月から看護学科の学科長に就任した、北濵まさみです。



高齢化がすすみ、医療の高度化・多様化する中、看護大学が増え、専門学校も統合校になるなど、看護師は社会からとても必要とされています。

看護は、どんな健康状態であっても人がその人らしく生活することができるように支援する専門職であり、人の心に寄り添い、常に患者の立場に立ち、患者を支えることが求められます。また、人の生命にかかわる仕事であり、専門的知識や技術を必要とする厳しい仕事です。しかし、関わった患者様がよくなって退院されたり、「あなたのおかげで楽になった。」という言葉をいただいたりすると、とても幸せな気持ちになり、やりがいを感じることができます。


看護の短期大学は全国でも少数になりました。

本学の看護学科は、建学の精神として、

1、質実にして明朗な人格形成。

1、専門的な学問とその応用を通して社会に貢献する人格形成

を掲げています。

教育目標である、「つくり、つくりかえ、つくる」に基づき、地域に根差した看護師を育成していきたいと考えています。


看護学科では、看護師として必要とされる専門的な知識や技術はもちろんのこと、生命の尊厳を基盤にした倫理観や人に対する姿勢、優しさや厳しさ、いわゆる豊かな人間性が学べるようにカリキュラムを構築し、充実した看護領域の講義に加え、各種シミュレーションを用いた演習を行っています。さらに、実習は病院のみならず、保健センターや高齢者施設など、多領域を経験することによって幅広い理解ができます。

多くの指導者に接し、就職に関する示唆を得ることで就職後の定着率も上昇しています。さらに、卒業後の進路や研究支援など魅力あふれた教育を可能にしています。


また、臨床の場では他職種の専門家と連携して医療を行うことが求められています。本学には、看護学科と訪問看護ステーションがあります。地学一体を目指し、地域に根差した看護師の育成を進めています。



109gou-2.jpgちなみに、私は看護師となって就職したのちに助産師学校に進学しました。現役時代に取り上げた赤ちゃんは1700人を超えます。そのなかで、何名かは看護師を目指し学生として再会することがありました。
ある学生から、「私の母子手帳に先生の名前が書いてあります。先生は私を取り上げてくれた人です。母は、お産の時についていてくれた助産師について、『あの助産師さんにもう一度会いたい』といつも言っていて、私は看護師を目指しました。」という話を聞いた時には、看護師に、助産師になって本当に良かった、と感じることができました。

私は、皆さんにもこのような気持ちを感じてほしいと思っています。本学看護学科で多くの人たちと出会い、様々な経験を通して「看護学」を学ぶ豊かさ、魅力、楽しさを実感してくださることを心より願っております。


一人ひとりの患者様を大切に考え、関わることのできる看護師に育って欲しいと願い、私たち教員は、入学された一人ひとりの学生さんを大切にサポートしていきます。

さあ、看護の素晴らしさや、やりがいを一緒に学んでいきましょう。


晴天に恵まれた4月1日(土)、第21回入学式が本学にて行われ、夢と希望に満ち溢れた164名の新入生が入学しました。

HP_第21回入学式1.jpg

はじめに、川目学長が式辞として「皆さんには、本学での学びをそれぞれの専門職で地域を支えるという高い志に昇華し、地域における自らの役割像をぜひとも確固としたものにしてもらいたいと考えています。社会に出たときにまわりから求められる、またあなたに相談したいといわれる人になってください。」と述べました。

HP_第21回入学式2.jpg

また、浦山理事長が訓辞を述べ、来賓を代表して射水市長代理・射水市福祉保健部 部長 岡部宗光様より祝辞をいただきました。

HP_第21回入学式3.jpg

在学生を代表して幼児教育学科 島津咲希さんが「大学生活は楽しいことばかりではなく、大変なことやつらいこともあると思います。そのようなとき、学校には皆さんを支えてくれる教職員や先輩、共に頑張る仲間がいることを忘れないでください。そして、自分を信じて乗り越えていってください。」と『歓迎のことば』を述べました。

HP_第21回入学式4.jpg

続いて、新入生を代表して社会福祉学科社会福祉専攻 安井岬さんが『誓いのことば』として、「将来進む分野は皆それぞれ違いますが、福祉という同じ志をもった仲間と共にこの大学生活を、泣いて笑って共に励まし合いながら本学の教育目標である「つくり、つくりかえ、つくる」の精神を常に心がけ、学生としての誇りをもって努力していくことをここに誓います。」と誓いました。

HP_第21回入学式6.jpg

最後に、在学生による校歌紹介があり、すばらしい歌声で入学式を締めくくりました。先輩を見つめる入学生の真剣なまなざしが印象的でした。

HP_第21回入学式5.jpg

新入生の皆さんには、この日の気持ちを忘れずに、これから始まるキャンパスライフで授業や実習を通して、夢の実現に向かってがんばってほしいと思います。

福短の教職員は、一人ひとりの学生と向き合い学生生活がより快適なものとなるようにサポートします。


第21回入学式を下記の通り挙行いたします。

[ 第21回入学式 ]


・日時 平成29年4月1日(土) 14:00~15:00

    ※新入生は13:10~13:30に受付を行います

    ※駐車場につきましては、係員の指示に従ってください

・場所 富山福祉短期大学 Uホール


・式次第

  一、開式の辞

  一、国歌斉唱

  一、入学許可

  一、学長式辞

  一、理事長訓辞

  一、祝辞

  一、在学生代表 歓迎のことば

  一、新入生代表 誓いのことば

  一、校歌紹介

  一、閉式の辞


・その他 式終了後には、必修教科書販売・保護者説明会・奨学金説明会を予定しております。


オリエンテーションを下記の通り行います。

[ 進級生(23年生)ガイダンス ]


・日時 平成29年3月29日(水) 8:40~16:30(予定)


・場所 富山福祉短期大学 Uホール



[ 新入生(
1年生)ガイダンス ]


・日時 平成29年3月30日(木) 8:40~(受付開始)~15:30(終了予定)


・日時 平成29年3月31日(金) 8:30~(受付開始)~14:00(終了予定)


・場所 富山福祉短期大学 Uホール

※オリエンテーションは学生本人のみ出席してください。

※ご自宅へ詳細のご案内をさせていただきます。


◆4月3日(月)から時間割に従って授業開始となります。

(時間割はオリエンテーションにて配布いたします)


3月29日、学内で就職説明会が開催されました。

今回は、社会福祉法人アルペン会・特定医療法人財団五省会・社会福祉法人小杉福祉会の3法人の方々にお越しいただき、スクリーンや資料を使って、詳しく説明して頂きました。

007.JPGのサムネイル画像

012.JPGのサムネイル画像

015.JPGのサムネイル画像

説明会に参加した学生達は真剣に説明に聞き入っていました。これから就職活動を始めるにあたり、貴重な情報を得ることができたと思います。

参加学生の感想をご紹介します。

・説明を聞いて驚いたのは、多世代交流を中心に活動を行なっていることだった。特養だけでなく、保育園や学童施設、障がい児施設を併設しており、たくさんの行事やイベントなど利用者と子供たちが楽しめるような工夫がたくさんあった。

・施設の概要や仕事の内容を聞くことができた。この法人でしか行なわない活動やイベントがあることが分かり、とても参考になった。

・もう少し長く話を聞きたかった。

・認知症カフェなど多くのイベントや行事を行っていたり、近くの保育園と交流していることが分かった。

・多世代との交流や季節に応じたイベントなど、利用者さんが笑顔になってくれるように色々なことをされていることを知った。

・今回就職説明会に参加してみて、今まで考えていた施設や方針のイメージの違いに気づくことができた。仕事の内容や利用者さんの活動や生活の様子などを知ることができてよかった。

・教育プログラムが設けられていて、新卒が現場に出る前に慣れる機会をつくり、しっかりと研修していただけることが印象に残った。その後の制度も聞いて、長く働き続けることができやすい職場だと思った。

・今回二つの法人のお話をきくことができ、それぞれの施設における介護福祉士の役割を知ることができました。今回の話を聞いて、利用者さんを一人一人思い、自立支援を考えた介護を行なっていきたいと強く思いました。利用者のできること、できないことを見つけ、老人保健施設では医療的な考えにも考慮した介護を行なっていきたいです。

・説明を聞き驚いたのは、多世代交流を積極的に日常に取り組んでいる点でした。イベントとして行なっている施設は知っていましたが、毎日のように交流している施設は富山型デイサービスの施設以外では初めて聞きました。

・職員用のアパートがあったり通勤の利便性もよいことが分かった。

・説明を聞いて、職員に対する福利厚生が手厚いと感じた。誕生日休暇やリフレッシュに対する配慮など、働きやすい職場だと思った。


就職活動は情報とスタートダッシュが決め手です。

みなさんが希望の施設や病院・企業に就職できるようにサポートしていきますので、わからないことがあれば【キャリア開発・支援課】へ気軽に相談に来てください!

3月30日(木)・3月31日(金)の2日間に渡り、新入生オリエンテーションが行われています。

HP_H29新入生オリエン1.jpg

最初に、村井学事部長から 「これからの2・3年間を、自分の成長を実感できる学生生活にしてほしいと思います。そのために、実習や授業だけではなく学内外のいろんな活動に積極的に参加してください。仲間内の友情を深め、コミュニケーション能力を高めることができます。そのことがみなさんの満足感・達成感につながります。」 とお話がありました。

HP_H29新入生オリエン2.jpg

引き続き、事務連絡として「履修・授業について」「就職活動について」などの詳しい説明や、学友会や5S委員からの挨拶が行われました。

HP_H29新入生オリエン3.jpgHP_H29新入生オリエン4.jpg

その後各学科専攻別に分かれてのオリエンテーションや健康診断が行われました。

学科専攻別のオリエンテーションでは、「福短学生としての心構えについて」の丁寧な説明や教員紹介、学内施設見学などが行われました。


HP_H29新入生オリエン5.jpgHP_H29新入生オリエン6.jpg

明日(3月31日)は引き続き、学科専攻別のオリエンテーションや入学式予行が行われます。

入学式は4月1日(土)ですが、新入生たちは自分の夢や目標に向かって【福短】での新たな一歩を今日から踏み出しました。

新入生の皆さんがはやく短大に慣れ、充実した学生生活になるよう、教職員一同全力でサポートしていきます!


4月の図書館開館時間について


平成29年3月31日

館長 中野 愼夫

4月

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

                                 









黒色
(9時~20時)

青色(9時~18時)

赤色(休館日)

社会福祉専攻では、社会福祉を専門的に学ぶことと同時に、介護の知識と技術を身につけることをすすめています。その一つとして、通常の授業とは別に「介護初任者研修」を実施し、資格を取得できる仕組みを整えています。


■研修内容

研修時間:24日間(130時間)

研修期間:平成28年12月26日(月)~平成29年3月15日(水)

特に実習を希望する学生には受講を強くすすめています。講義と演習形式で介護の基礎をしっかりと学び、学生たちは24日間の長い研修を終えました。今年度の修了生は15名です。

HP_H28初任者研修1.jpgHP_H28初任者研修2.jpgHP_H28初任者研修3.jpg

修了書をいただいた後、介護労働安定センターの中島様から、「長期間の研修・試験、お疲れさまでした。本日を迎えられたのは、皆さんの強い意志と努力があったからこそだと思います。ぜひ自分のことを褒めてあげてください。さらなる向上心をもって、これから福祉分野で活躍していってください」とのお言葉をいただきました。


HP_H28初任者研修4.jpg

その後、社会福祉専攻の先生方よりそれぞれご挨拶がありました。


竹ノ山先生 「皆さんが手渡された修了書は、努力が形になった結果です。学びを形にすることが、人生を切り拓く力になります。どうぞ保護者の方に自慢してください」


鷹西先生 「長きに渡り、おつかれさまでした。資格をとった自覚と誇りをもってください。皆さんはもう有資格者です。バイト、就職で十分に活かしてください」


松尾先生 「皆さんにとって短大で初めての資格ですね。これからは、有資格者として扱われることになります。知識・技術を維持して、これから活かしていってください」




初任者研修では、ベッドメイキングや着脱、移動・移乗、食事介助、足浴など、さまざまな演習を体験しました。学生たちは先生から助言をいただきながら、利用者役と介助者役を体験し、和気あいあいとした雰囲気で取り組み、学びを深めました。

HP_H28初任者研修5.jpgHP_H28初任者研修6.jpgHP_H28初任者研修7.jpgHP_H28初任者研修8.jpg
今回の初任者研修で学んだことは、知識・技術だけではありません。相手に対する思いやりや配慮、声のかけ方、コミュニケーションのとり方など、社会福祉分野で活かせることも多く学びました。この研修で得たものを、今後の学校生活・社会人生活で活かしてもらいたいと思います。


※介護職員初任者研修とは

介護を行う上で必要な基本的知識と技術を身につける研修で、平成25年3月をもって廃止されたホームヘルパー2級に代わる資格です。福祉現場への就職の際のエントリー資格として、多くの求人票に募集される資格で、高齢者施設、障害者施設、病院、訪問介護事業所において介護業務を行うことができます。


108gou-1.jpgこんにちは。

108回を担当します小児看護学・基礎看護学の堅田です。

春めいた季節になりました。

こちらの短大に来て早いものでもう1年になります。学生さんと真剣に向き合い授業や実習で泣いたり、笑ったり、怒ったりとあっという間の1年でした。学生の若い力に後押しされ、共に成長できた年でした。


3年生は3月19日に晴れて51名が本学を卒業し、様々な思いを抱きながら新たな道に進みます。教職員はその晴れやかな姿に喜びの涙を浮かべ、卒業生を送りだしました。

同時に在校生は進級し、悔いのない学生生活を過ごせるようさらなる努力を続けてくれることを期待しています。




今回は私ごとですが、興味関心が強い、小児におけるホスピスの現状についてご紹介します。小児ホスピスについて少しでも興味を持って頂ければ幸いです。


子ども向けのホスピスは、1982年に英国オックスフォードに設立された「ヘレン&ダグラスハウス」をきっかけに世界的に広がりました。


「ヘレンハウス」は、ヘレンちゃんという脳腫瘍の女の子と、その家族がきっかけで出来た施設です。6カ月入院した後、治療ができない状態になり自宅で過ごしていたヘレンちゃん。コミュニティーナースとして働いていたシスターフランシスが訪れ、ご両親の疲労困憊した状態を心配し、ヘレンちゃんを少しの間預かりました。そのことが、ご両親が心身を立て直すきっかけになったということで、ヘレンちゃんのご両親の意見を取り入れながら、同じような子どもと家族の為にヘレンハウスを創設しました。

ヘレンハウスは、医療者以外にも多様なスタッフ・ボランティアが一緒に働いています。子ども達が安心して楽しく過ごせるように、病院のようでなく、明るく温かく開放的な雰囲気です。また同時に、他界した子どもの家族、親御さんや兄弟のこころのケアなども行っています。


108gou-2.jpg
医療の進歩に伴い、過去には若くして亡くなった子どもが長生きするようになり、15歳までを対象としているヘレンハウスでは子ども達や家族のニーズにあわなくなってきました。

2004年、隣接地に16歳から35歳までの若年成人を対象とした「ダグラスハウス」が設立されました。

ダグラスハウスは、ヘレンハウスと同様に様々な職種のスタッフが入っていますが、施設内にはバーがあったり、ミュージックルームがあったり、温水のジャグジーあったりと、少し大人になった子どものニーズに合わせたものになっています。

現在ではその2施設を合わせて「ヘレン・ダグラス・ハウス」と呼ばれるようになりました。



成人向けのホスピスは、末期がん患者などの緩和ケアを主眼とした終末期医療のための施設です。一方子ども向けのホスピスは、限りある人生をよりよく生きるための施設であり、家族の看護負担を軽減しリフレッシュしてもらう「レスパイト(小休止)ケア」の機能を併せ持った施設です。イギリスでは、ヘレン・ダグラス・ハウス設立以降、地域住民の寄付によって現在52ヶ所の小児ホスピスが設立されています。



日本に初めて小児ホスピスができたのは2012年です。英国のヘレンハウスを真似て、大阪に「TSURUMI こどもホスピス」が設立されました。

「TSURUMI こどもホスピス」の施設の一部は、広く市民に開放されています。重い病気を持つ子どもと一般の子どもが隔たりなく共に遊び、難病児の家族と地域住民が日常的に触れ合う地域交流の拠点としての役割を果たすなど、地域全体で難病の子どもとその家族を支える基盤となることを目指した施設です。

108gou-3.jpg

今回リレーメッセージにて英国初、日本初の小児ホスピスを紹介しました。

高齢者における緩和ケアは法に基づき制度化されており、住み慣れた場所で最期を迎えたい高齢者には社会資源や施設も多くありますし、最後の時をどこでどのように過ごしたいかを選択することも可能になりました。

しかし日本においては、小児の緩和ケア・ホスピスではその必要性を感じながらも歩みはゆっくりであり、他国より立ち遅れている状況は否めません。先駆的に小児ホスピスが進められているイギリスやドイツなどの現状を知った上で、私たちに合った小児ホスピス設立が望まれます。

命が限られた子ども達にとって、そして家族にとって、その子が最後の時を過ごすのは家庭で、家族が一緒に過ごせることが望ましいことです。

小児ホスピスは家庭に代替する場所ではなく、レスパイト等の機会を提供することで家庭を補完する、支える役割を担っているのだと思っています。


今回のリレーメッセージを通して小児ホスピス・緩和ケアの状況を理解して頂き、そのような状況にある子どもやその家族に心を寄せる機会となればうれしいと思います。




アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
ふくたん学生レポート(学生ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.