HOME » » ふくたんからのお知らせ

富山福祉短期大学ふくたんからのお知らせ


ふくたんのオープンキャンパスは、毎回違うテーマ、スペシャル企画、体験授業を準備しています。

今回は、第2回オープンキャンパスのご案内です♪


【日程】 622日(土) 1300

【オープニング会場】 富山福祉短期大学 5号館


<テーマ> 知ってほしい ふくたんの強み!他学とはここが違う!

20196月OC.jpg

6月のオープンキャンパスから体験授業がスタートします♪

今回の体験授業は、他学にはないふくたんの魅力を体感できる内容が盛りだくさん!!


また、毎回好評の「学科・専攻別歓談タイム」もあります。
希望する学科・専攻の教員や在学生とゆっくりお話しできるチャンスです

進学に対する思いや、キャンパスライフについて、気軽に聞いてみてください。

保護者の方と一緒に、お友だちと一緒に、ぜひご参加ください!!




『地域創生型AO入学試験説明会』は、今回(6月)と7月オープンキャンパスのみとなります。

5月・6月・7月のオープンキャンパスに1回以上参加し、「地域創生型AO入試説明」を受けることが『地域創生型AO入学試験』出願資格要件の一つとなります。


6月オープンキャンパスのご案内.pdf




オープンキャンパスのお申込みはこちらから

富山福祉短期大学では、オープンキャンパスに参加できない方や、個別にゆっくりと相談したい方などのためにキャンパス・ナビ(個別見学会)を開催いたします。

進路について悩んでいる高校生の方はもちろん、社会人の方、保護者の方も対象です。

1組1組個別対応させていただく予約制の相談会です

富山福祉短期大学の学びに関することやキャンパス見学、入試に関すること、奨学金説明、色々な質問にじっくりと対応させていただきます。

2019 キャンパスナビのお知らせ.jpg
日程:

2019年7月6日(土)10時~、13時~、15時~  

※完全予約制ですので、2日前までに必ず申込をお願いいたします。

※時間調整のご連絡をさせていただく場合があります。


キャンパス・ナビお申込みはこちらから

社会福祉専攻1年生では、6月7日(金) ソーシャルワークを学ぶ一環として、施設見学に行きました。



【午前】

富山県介護実習・普及センター

富山市まちなか総合ケアセンター

【午後】

富山市社会福祉事業団・富山市障害者福祉センター

堀川南光風苑(特別養護老人ホーム)

富山県介護実習・普及センター
施設見学1.jpg施設見学2.jpg施設見学3.jpg

富山市まちなか総合ケアセンター
施設見学4.jpg施設見学5.jpg施設見学6.jpg

富山市社会福祉事業団・富山市障害者福祉センター
施設見学7.jpg施設見学8.jpg施設見学9.jpg

堀川南光風苑(特別養護老人ホーム)
施設見学10.jpg施設見学11.jpg




みんなで集合写真
施設見学12.jpg


今回の施設見学を通して、ソーシャルワーカーがどのような現場で活躍しているのかを実際に見て、知る機会となり多くの気づきが得られたようです。

学生からも「初めての施設見学でしたが、施設によって機能が違うことを知れてよかったです」、「施設の特徴をきちんと理解しないと利用者にも説明が出来ないと思いました」といった話がありました。

多くの学生が様々な気づきを得られ学びを深めることが出来たのも、ご多忙の中快く施設見学を受け入れてくださった各施設の皆様のおかげです。本当に心から感謝いたします。

また、学生たちには今回の施設見学で学んだことを、今後の学習に繋げ成長してもらいたいです。




社会福祉学科社会福祉専攻 助教・中村尚紀

3年目を迎えた射水市協働事業「森であそぼう!里山さんぽ」

今年のテーマは"はじめての親子サバイバル"

第1回目は「火を育てる」の巻。受付開始早々に満員御礼となるお申込みをいただきました。どうもありがとうございました!!

幼児教育学科学生たちによる「サバイバル5要素クイズ」や、「森の準備体操」をした後、自分たちが火を育てるための薪を拾いながらの森のお散歩に出発!

火を育てる1.jpg火を育てる2.jpg

囲炉裏小屋についたら、空き缶にトンカチとくぎで穴をあけてウッドストーブ作りです。

火を育てる3.jpg

「火を使うときのお約束」をみんなで確認して、いよいよ火おこし!メタルマッチに挑戦です。

火を育てる4.jpg火を育てる5.jpg火を育てる6.jpg

なかなか大変な作業でしたが、悪戦苦闘しておこした自分の火で焼いたウインナーとマシュマロはさぞおいしかったことでしょう!

火を育てる7.jpg火を育てる8.jpg

参加されたお母さんから後日「うちでも焚き火の"復習"しています!」とお伝えいただきました。楽しい親子の時間が続いていきます!

次回7月13日(土)「ナイフをつかう」の巻もどうぞお楽しみに!

火を育てる9.jpg


2019年7月

図 書 館

7月

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

※開館時間に関する問合せ先:図書館

黒色(8時30分~19時)

赤色(休館日)

卒業生が近況報告に来てくれました♪


2015年度 幼児教育学科卒業 堀 小百合さん

■現在の勤務先:高岡愛育園

■職種:保育士

20190612堀さん.jpg

Q.現在のお仕事の内容を教えてください。

A. 幼児さんや思春期の子どもの支援・援助。また子どもが過ごしやすいように施設内の環境整備をすること。

Q.なぜ現在のお仕事に就こうと思ったのですか。

A.学生時代の実習先でした。実習前までは将来は保育園か幼稚園に就職したいと考えていましたが、実習を経験し同じ時間、同じ場所で子どもたちと過ごし自分自身も一緒に成長していきたいと思いました。また特殊な環境にいる子どもたちへの対応やケアの仕方に興味を持ったからです。



Q.現在の仕事のやりがいや大変なことを教えてください。

A.やりがいは、子どもの成長を間近で見ることができ、感情をそのまま共有することができること。

大変なことは、子どもに分りやすい言葉で伝えることが難しくもどかしい思いを何度かしたこと。

Q.「保育士」に向いている人や求められる能力は何だと思いますか。

A.子どもとの意思疎通。話をしっかりと聞き相手に伝えることができる。子どもの行動に臨機応変に対応することができる。

Q.富山福祉短期大学での思い出を教えて下さい。

A. ミュージカル(赤ずきん)。皆で力を合わせてひとつの劇を成功させたこと。言い合いもしましたがそれを糧にしてまとまることができたことが一番の思い出です。

Q.富山福祉短期大学を卒業して今思うこと。

A. 先生方の教えがあったからこそ今まで仕事を続けることができた。日誌の書き方や子どもたちへの接し方など細かいところまでしっかり指導してもらったおかげです。

Q.今後の目標を教えてください。

A. 今年初めて中学・高校の子どもたちの担当になりました。幼児や小学生と違い気持ちが不安定になってくる時期なので今まで以上に会話の内容を意識しながらその都度臨機応変に対応するようにしている。

Q.福短へ入学してくる高校生や、在学生に向けて、メッセージをお願いします。アドバイスなど、是非お願いします。

A. 勉強にしっかり取組みつつ、福短祭やミュージカルなど楽しいこと盛りだくさんの学生生活も楽しんでください。




卒業生が【ふくたん】を訪れて近況を知らせてくれることは、とても嬉しいことです。

堀さんのように、ふくたんの幼児教育学科に入学した学生は、将来保育園や幼稚園で働くことを目指している学生が大半ですが、2年間で5回の現場実習を経験することにより、自分の目指す将来像がさらに明確になり就職先選びにつながっていきます。

また是非遊びに来て下さい。

卒業生が近況報告に来てくれました♪


2018年度 幼児教育学科卒業 角 新麗さん

■現在の勤務先:射水市立大門きらら保育園

■職種:保育士
2019.06.07幼児教育学科卒業生.jpg


Q.現在のお仕事の内容を教えてください。

A. 2歳児16名の担任をしています。

子どもや保護者の方と信頼関係が築けるようにコミュニケーションと笑顔を大切に仕事しています。

Q.なぜ現在のお仕事に就こうと思ったのですか。

A.第一に子どもが好きだからです。

 また、職場体験や実習を通して、様々な遊びや経験をしながら子どもたちの感性を豊かにしていきたいと思ったからです。

Q.現在の仕事のやりがいや大変なことを教えてください。

A.やりがい: 毎日子どもと関わる中で少しずつ子どもの成長を身近に感じられることです。なかなか出来なかったことが言葉掛けや援助等、様々な工夫を凝らし保育していく中で出来るようになった時には嬉しさを感じます。月齢の違いなどがあるので一人ひとりへの言葉掛けや援助が違ってきます。

大変なこと:保護者の方や子どもと信頼関係を築いていくことです。笑顔で対応すること、その日あった園での子どもの様子を伝えコミュニケーションをとることを意識しながら関わるようにしています。

Q.「保育士」に向いている人や求められる能力は何だと思いますか。

A.笑顔です。毎日目標をもって子どもたちと関わることができる人。コミュニケーション能力が必要だと思います。子どもや保護者信頼関係を築いていくためには、この2つが重要だと就職してこの2ヶ月で感じました。

Q.富山福祉短期大学での学生生活の一番の思い出を教えて下さい。

A. 実習です。毎日目標を持って子どもたちと関わり、慣れない日誌や指導案等を書いて、部分実習や全日実習を通して子どもたちに"楽しかった!またしたい!"と言ってもらえた時にはとても嬉しかったです。友だちと毎日の授業や空きコマ、行事等を一緒に過ごして楽しい日々を送れたことも大切な思い出です。

Q.富山福祉短期大学を卒業して今思うこと。

A. 学生生活は楽しかったなぁと思います。今は仕事で別の楽しさを感じていますが、学生ならではの行事を楽しめたこと、授業を通して保育の専門知識を身につけたことが、短大の2年間でしか経験できないことを経験できたと感じています。

Q.今後の目標を教えてください。

A. 働き始めて2ヶ月ほどしか経っていないので正直分らないことがまだたくさんあります。けれども毎日たくさんのことを吸収しながら子どもたちと笑顔で過ごし、喜びや悲しみ等様々な感情を共感しながら関わっていきたいと思っています。そして子どもたちがたくさんの経験や成長ができるように日々試行錯誤しながら一人ひとりに合った援助を心がけていきたいと思っています。

Q.福短へ入学してくる高校生や、在学生に向けて、メッセージをお願いします。アドバイスなど、是非お願いします。

A. 実習やボランティアを通して子どもたちと関わる機会を増やしていくことが大切だと思います。また、働いて思うことは手遊びはもちろん、パネルシアターやペープサート等の保育教材を学生のうちに作っておき、自分の引き出しをたくさん増やしておくことが大切だと思います。

最後に、公立の保育園へ就職をしようと思った理由を聞きました。

公立の保育園に就職すると何年かで園を異動することになります。色々な保育士の先輩と一緒に働くことで新しく学ぶことがたくさんあり自分にないものを吸収させてもらえると思っています。と答えてくれました。



卒業生が【ふくたん】を訪れて近況を知らせてくれることは、とても嬉しいことです。

角さんの高校時代の恩師と先日お話をさせていただく機会がありました。「角さんは高校の時から何事にも一生懸命取組んでいて、射水市の保育士になったことを高校に報告に訪れてくれてとても嬉しかった。後輩がふくたんのオープンキャンパスで角さんの話を聞いてふくたんに入ろうと思ったようです」と話して下さいました。

保育士は体力仕事です。健康に気をつけて笑顔あふれる先生としてこれからも子どもたちと関わって欲しいです。また是非遊びに来て下さい。

今月の新着図書図書案内です。(5月入庫分)

ぜひ、ご利用ください。


新着図書5月.xlsx

図書の検索はこちらからどうぞ → https://t-fukushi.opac.jp/opac/top

book_tosyokan_label.png

卒業生が近況報告に来てくれました♪



2017年度 幼児教育学科卒業 松原 由依さん

■現在の勤務先:藤ノ木こども園

■職種:保育教諭


2019.06.02.jpg             石津先生と幼児教育学科卒業生のみなさん(前列左:松原さん)

Q.現在のお仕事の内容を教えてください。

A.年長児(5歳児)25名の担任をしています。

 子どもたち一人ひとりの情緒の安定を図りながら安心して楽しく過ごせるよう保育、教育をしています。一人ひとりへの理解や関わり方を深めようとしている最中です。

Q.なぜ現在のお仕事に就こうと思ったのですか。

A.私が年中だった時の担任の先生に強く憧れをもったことがきっかけです。

 その先生のことが大好きで自然と"こんな先生になって幼稚園で働きたい"と考えるようになりました。子どもが大好きなことも理由の一つです。

Q.現在の仕事のやりがいや大変なことを教えてください。

A.やりがい:初めて担任する子どもたちなので、心が通じたと感じた時です。

 少しずつでも思いが通じたり心を開いてくれたのかなと感じたりしたとき。様々な活動に"楽しさ"や"おもしろさ"を感じて取組んでいる姿を見たとき。

大変なこと:子どもが抱えている辛さやもどかしさを上手く組みとってあげられず援助の仕方を考えているとき。

Q.富山福祉短期大学での学生生活の一番の思い出を教えて下さい。

A.実習中のできごとを友だちと報告しあって"頑張ろうね"と励ましあったこと。福短祭や授業ももちろん楽しかったです。

Q.富山福祉短期大学を卒業して今思うこと。

A.夢だった保育教諭になるための勉強をする2年間を本当に楽しく過ごせたなぁと思います。辛いことや迷うこともたくさんあったけど、先生方や友だちに恵まれて"保育教諭になる"と強い気持ちをもって過ごせました。

Q.今後の目標を教えてください。

A.もともと夢だった"先生像"が働き始めてより具体的になってきました。視野を広くし心にゆとりをもちながら"楽しい""嬉しい"などの明るい気持ちをたくさん子ども達と共有していきたいです。大人になっても"こども園楽しかったな""松原先生とすごせてよかったなぁ"と思ってもらえるようにたくさん楽しいことを共有していきたいです。

Q.福短へ入学してくる高校生や、在学生に向けて、メッセージをお願いします。アドバイスなど、是非お願いします

A.できることからコツコツ取組む。積極的に実習に行く。実習先でも常に見られている意識をもって楽しむ。現場をみたり、実際に子どもと関わったりする機会を多くもったほうが学ぶことが多いと思います。




卒業生が【ふくたん】を訪れて近況を知らせてくれることは、とても嬉しいことです。

松原さんは学生時代、オープンキャンパススタッフとして参加者に対しいつも笑顔で丁寧な対応をしてくれていたことを思い出しました。 また是非遊びに来て下さい。

下記のとおり、後援会役員会・総会、学科専攻別保護者懇談会が開催されました。


日時:令和元年6月1日(土)

12:30~13:15 後援会役員会

13:30~14:30 後援会総会

14:40~16:30 学科専攻別保護者懇談会


◇後援会役員会◇

後援会役員会.jpg総会前に役員会が実施され、総会への審議内容について確認をいたしました。



◇後援会総会◇ 
総会出席者名 98名

後援会総会.jpg


平成30年度の後援会事業報告や決算について報告や令和元年度の役員、事業計画や予算について審議がなされました。

今年度も学生の学業支援、環境整備などで支援をおこなっていただきます。ありがとうございます。


※当日の議案等につきましてはこちらをご覧下さい。閲覧には、ユーザー名・パスワードが必要となります。




◇学科専攻別保護者懇談会◇

総会の後は学科専攻毎に分かれ、日頃の学生の様子や国家試験対策、就職状況などについて説明があり、個別面談も実施されました。



社会福祉学科社会福祉専攻

社会福祉専攻.jpg
社会福祉学科介護福祉専攻

介護福祉専攻.jpg
看護学科

看護学科.jpg
幼児教育学科

幼児教育学科.jpg

お忙しい中、たくさんの会員の皆様にご参加いただき、誠に有難うございます。

引き続き、後援会活動へのご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。



今年度のカレッジガイド(学校案内パンフレット)が完成しました!!

ふくたんのカレッジガイドのコンセプトは『ふくたんSMILE(スマイル)!』

2020カレッジガイド.jpg

『ふくたんSMILE(スマイル)!』は専門分野を通して人を支えていくやりがいや楽しさを学んだふくたん生の"自信"と"誇り"の表れです。

今回のカレッジガイドは、ふくたんの「笑顔を生み出す秘密」がつまった内容になっています。


カレッジガイドは5月オープンキャンパスから配布を予定しています!! 

楽しみにしていてください。

資料請求はこちらから



◆第5回オープンキャンパス日程の詳細 → こちらをご覧ください

◆お申込方法 → オープンキャンパスのお申込みはこちら

◆科目名:生活支援技術Ⅰ-①

◆授業担当:坂井 亜紀 先生


生活支援技術Ⅰ-①では、4月~5月にかけ全8コマ(4日間)の講義を非常勤講師の坂井亜紀先生(老人保健施設みどり苑管理栄養士)より受けました。

この科目の学習教育目標は、身体的機能と栄養学的基礎知識を理解し、食生活支援を実践するための技術を修得することです。

初日は、授業テーマが「調理の基本」「疾病予防と食事」でした。

衛生管理の方法から始まり、お米のとぎ方、煮干しだしのとり方、野菜のいろいろな切り方、青菜のゆで方、減塩調理の工夫、食物繊維を摂る工夫について学びました。

宮城先生1.jpg

2日目は、授業テーマ「介護食の工夫を知る」。

料理を柔らかく仕上げる方法や、のど越し良くする方法、蒸し料理のポイントを学んでいました。

宮城先生2.jpg

3日目は、「食文化を知る」。節句食について、揚げ物料理のポイントについて学びました。

宮城先生3.jpg

最終日は、「食事の基本」「献立の成り立ちを知る」でした。主食、主菜、副菜の割合や食材や色彩の組み合わせについて学びました。

宮城先生4.jpg

学生は、6つのグループに分かれ、1食分の献立を考えたり、食材を切ったり、レシピの中の調味料を計測スプーンで換算したり、食品成分を考えたり、盛り付けに工夫を凝らしていました。

しっかりと先生の話に耳を傾け、チームメンバーで協力しながら楽しそうな表情で調理している姿が印象的でした。


2年次の訪問介護実習では、実際に利用者の食事の要望を確認して、食材の買い物や、材料を切りお味噌汁、肉じゃが、野菜いため、また卵焼きを作ったりしています。
今回の授業で修得した知識をこれからの食生活支援の実践の場で活かし役立ててほしいものです。

宮城先生5.jpg



介護福祉専攻 宮城和美

4月から着任しました小児看護学担当の古里です。リレーメッセージin看護153-1.jpg


おもに小児看護学援助論を担当しています。着任して2カ月になろうとしています。施設の設備に慣れず戸惑っているときは、学生から声をかけて手助けをしてくれるので、とても頼もしいです。円滑な人間関係を築き上げるコミュニケーション能力が育っていると感じられます。

講義では、双方向対話型にするために、学生から試験・アンケートの回答をリアルタイムに徴収できるクリッカーを使用しています。小児看護は成長・発達に応じた看護をしなければならないため、覚えることが多くて大変だという言葉は聞かれますが、講義の最後にクリッカーを使って、問題を解くことで、楽しく復習ができているようです。
リレーメッセージin看護152-5.jpg
-2リレーメッセージin看護152.jpg

5月25日(土)に第1回オープンキャンパスを開催しました!


第1回OC①.jpg 当日は5月とは思えない猛暑の中、53名の生徒が集まってくれました!来てくれた皆さん、ありがとうございました!
また、未来の後輩の為に集まってくれた学生スタッフの皆さんもありがとうございました!
暑さを感じさせないとてもいい笑顔で対応していました。


笑顔で学生スタッフがお出迎え!

第1回OC②.jpg

LINEの紹介も!

第1回OC③.jpg 第1回オープンキャンパスでは各学科専攻についての説明を楽しく分かりやすく行いました。
どの学科専攻も工夫を凝らした内容で、とても盛り上がりました。


社会福祉専攻のスタッフが演劇で学科を紹介!

第1回OC⑤.jpg介護職の仕事について、介護学科専攻の学生も白熱の演技で発表!

第1回OC④.jpg 看護学科の学生がふくたんを選んだ決め手や将来の夢を語る!

第1回OC⑥.jpg

幼児教育の学生がOCに参加してくれた生徒と一緒に楽しく体操!盛り上がりました!

第1回OC⑦.jpg

新学科の国際観光学科について分かりやすく解説!

第1回OC⑧.jpg

歓談タイムではそれぞれ自分が希望する学科・専攻毎に分かれて、話をしました。

先輩方に今の自分の悩みやふくたんを選んだ理由など、具体的な質問をしていて、

今後の進路選択にとって、大変貴重な時間になったのではないかと思います。


社会福祉専攻

社会福祉士とは?熱く語る先生!

第1回OC 社福②.jpg真剣な表情の生徒・・・、温かいまなざしの学生スタッフ!


第1回OC 社福①.jpg

介護福祉専攻

介護福祉専攻の内容について分かりやすく資料を用いて説明!

第1回OC 介護①.jpg

介護のより具体的な仕事内容、やりがいなどを語る

第1回OC 介護②.jpg

看護学科

看護師について実務的な話や、将来への悩みの相談。

第1回OC 看護②.jpg

楽しく教員、学生スタッフと歓談!

第1回OC 看護①1111.jpg 幼児教育学科

学生による絵本の読み聞かせ

第1回OC 幼教①.jpg

みんなで楽しくリズム体操!

第1回OC 幼教②.jpg

国際観光学科

熱心に質問する生徒さん

第1回OC国際観光.jpg

分からないことは丁寧にお答えします!

第1回OC 国際観光②.jpg

キャンパス見学では教員自らがご案内!

第1回OC 案内①.jpg第1回OC 案内②.jpg

第1回オープンキャンパスは皆さんの協力で大成功のもと、終了しました!

大変楽しい時間を過ごせたと思います!

今後第2回~第5回とオープンキャンパスは続きます。

ふくたんに興味を持ったあなた、まずはオープンキャンパスでぜひ本学の魅力を知ってください!お待ちしています!

第1回OC ラスト.jpg


第2回オープンキャンパスの内容はこちら




参加申し込みはこちら

富山福祉短期大学では、今年5回のオープンキャンパスを開催します!!

毎回違うテーマ、スペシャル企画、体験授業を準備していますので何度でもご参加ください。

第1回オープンキャンパスは、5月25日(土)に開催します!!

2019 5月OCチラシ.jpg
【日程】 5月25日(土) 13:00~

【オープニング会場】 富山福祉短期大学 5号館


<テーマ> ふくたんでは何が学べるの?学科・専攻について知ろう

<スペシャル企画> 第1弾 全学科専攻の特徴を、教員や学生たちがご紹介♪

富山福祉短期大学の学科専攻について、学生の寸劇やインタビューなど様々な形式でわかりやすく紹介させていただきます。



また、毎回好評の「学科・専攻別歓談タイム」もあります。
希望する学科・専攻の教員や在学生とゆっくりお話しできるチャンスです♪

進学に対する思いや、キャンパスライフについて、気軽に聞いてみてください。

保護者の方と一緒に、お友だちと一緒に、ぜひご参加ください!!



※『地域創生型AO入学試験説明会』が始まります。

5月・6月・7月のオープンキャンパスに1回以上参加し、「地域創生型AO入試説明」を受けることが出願資格要件の一つとなります。



2019 5月オープンキャンパスのご案内.pdf

オープンキャンパスのお申込みはこちらから

不二越工業高校3年生29名が本校見学に来校してくださいました。

◆日時:令和元年522日(水)11001200

◆場所:富山福祉短期大学

◆参加者:不二越工業高等学校3年生29

進学を希望されているみなさんは、進路について視野を広げるため、暑い中来校してくださいました。


見学①.jpg

まず、大学内のキャンパス見学を行いました。

本校は校舎が体育館(Uホール)を入れて6校舎あり、それぞれ学科・専攻によって、メインにする校舎が異なり、1つ1つの校舎を限られた時間内で説明しながら見学していただきました。



見学②.jpg見学③.jpg子供が好きな生徒さん。是非幼児教育学科へ!

そのあと、校内に入っていただき、これからの進路や入試、今やるべきことや、本校の概要など説明させていただきました。

生徒のみなさんは、真剣なまなざしでメモをとりながら説明を聞いておられました。


見学④.jpg

今回の見学会を受けて、少しでも生徒さんたちの進路の参考になれば嬉しいです。
また、本校ではこのように高校生のみなさんへふくたん見学会も受け付けております。
是非この機会に生徒さんに足を運んでいただき、本校を知っていただけると嬉しいです。


5月25日(土)のオープンキャンパスでは、社会福祉専攻、介護福祉専攻、看護学科、幼児教育学、国際観光学科も含めて、それぞれの学科・専攻の学びの特徴などについて、楽しく、分かりやすく紹介します!

ぜひお越しください!



5月26日のオープンキャンパスの内容はこちら



参加申し込みはこちら


◆科目名:介護実習Ⅱ-① 事後指導

◆授業担当:韓 在都 先生

介護福祉専攻2年生が、実習を終え、元気に学校に戻りました。

「介護実習Ⅱ-➀ 事後指導」の授業の目的は、実習前と実習後の自分自身の変化と成長を自覚し、次の課題に向き合うことです。
今回は介護福祉専攻2年生の 「事後指導」の授業を紹介したいと思います。

実習期間:2019年2月4日(月)~2019年3月6日(土) 4週間

韓先生授業③.jpg

まず、実習で体験した様々な事柄を振り返りながら、個々人が自分の言葉で体験したことを発表していきます。その後、6人のグループに分かれて、自分の実習ファイルを振り返り、実習の学びを深めます。実習記録は、自分の体験を言葉や文字にすることで、初めて他人に伝えたり、共有したりできる大切なものです。

韓先生授業②.jpg

各グループの中でペアになり、相手が書いた援助の考察文を読み、書き直した方がいいと思われる部分について、お互い討論を重ねながら、援助の科学的根拠を共同作業の中で探求していきます。

韓先生授業①.jpg

お互いの考察文に対して、自分の意見をしっかり言ったり、反論したり、活気ある授業になりました。また、相手に指摘された部分について、追加で記述したり表現を修正したりすることで、実習場面の状況に合わせた記録が充実します。

授業を通して、自分の体験を言葉や記録に残すことは、他者に伝えたり、情報を共有したりする専門職としての基本的な技術を身につけることができたと思います。

【授業後の学生の感想】

〇実習を振り返ることで、学びを深めることができた。また、自分が気付いてない考察文の直しがクラスの中で情報を共有することで充実した記録になったと思う。

〇今回の授業によって、実習報告会に向けた資料作りに役に立った。情報共有の大切さを改めて感じた。

最後に実習を振り返ることは、次の課題に向けた新しい発見であり、大きな成長のカギとなるのではないでしょうか。

介護福祉専攻 韓 在都

◆科目名:相談援助実習指導Ⅲ

◆授業担当:鷹西 恒 先生

この授業では、実習に係る個別指導並びに集団指導を通して、相談援助に係る知識と技術について体得し、社会福祉士として求められる資質、技能、倫理、自己に求められる課題把握など、総合的に対応できる能力を習得することを目的としています。

鷹西クラスは障害者(児)分野を希望した8名の学生で構成されており、7月から25日間(180時間以上)の実習を施設・事業所で行うことになっています。
実習では、利用者の方への介助や支援を直接的に行うこともあれば、専門知識や必要な視点を身につけるための講義なども行われます。
その場合、まず①話や説明を聴く、②要点を理解する、③実践に活かすというステップになりますが、①と②の部分を実習日誌にまとめる作業を事前学習として行いました。

今回の授業は、実習日誌の書き方を学ぶため、東大PHED:障害と高等教育に関するプラットフォーム形成事業のSIG-Law 企画ウェビナー(遠隔会議システムzoomを使ったオンライン視聴形式)を活用させていただいて、川島 聡先生(岡山理科大学)と大胡田 誠先生(弁護士:視覚障害当事者)による対談を視聴することで、障害者差別や権利侵害について学ぶ機会としました。

チャット形式で参加者の意見も同時に見れるため、他者の意見も参考にしながら自分の考えをまとめていくことができます。


鷹西先生授業.jpg


【障害を理由とする不当な差別的取扱いの禁止】

障害を理由として障害者でない者と不当な差別的取扱いをすることにより、障害者の権利利益を侵害してはならない。

大牟田先生は以下の事例を出されて、障害者が火事を起こす根拠がないこと、段差があったほうが視覚障害者にはわかりやすいこと、事前の話しあいが偏見や差別を減らしていくことなどを当事者の視点を含めて話されました。
学生たちは真剣にメモをとっていました。

(事例)

私は全盲の視覚障害者ですが、アパートを借りに不動産屋さんに行ったら、「火が出たら危ないから」とか、「段差があって危ないから」などの理由でお部屋を紹介してくれませんでした。このようなことが許されるのでしょうか。

翌日に記録用紙に書いて提出してもらったところ、以下の内容が記されていました。一部を紹介したします。

「利用者に対する思い込みがあることに気づかされた。」

「差別とは思わなかったことが差別になることを知った。」

「公平とか公正のあり方について考えさせられた。」

「配慮がないことが権利の侵害につながることがわかった。」


7月からいよいよ25日間の実習が始まります。

これから暑くなりますが学生たちもいい意味で熱く頑張ってほしいと願います。


社会福祉学科 社会福祉専攻
鷹西 恒(たかにし ひさし)


2019年6月

図 書 館

6月

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30


黒色
(8時30分~19時)

赤色(休館日)


卒業生が近況報告に来てくれましたので、近況をインタビューしてみました!!


2018年度 幼児教育学科卒業 樋口 綾香さん

■現在の在籍大学名:姫路大学 こども未来学科(教育学部)

今回は編入学後の大学生活について報告に来てくれました。


卒業生来校①.jpg

Q.編入学し、現在学んでいることを教えてください。

A.幼稚園教諭一種免許と養護教諭一種免許を取得するための学習をしています。


Q.富山福祉短期大学を卒業し、なぜ姫路大学へ編入学されようと思われましたか。

A.幼稚園教諭や保育士として、子供たちを支援していくだけではなく、保育園、幼稚園等の延長線上にある学校の児童生徒等も支援できるように、自分が行うことができる援助の幅を広げたいと思いました。


Q.現在の学びのやりがいや大変なことを教えてください。

A.4年間で学習することを2年間でつめこまれているので復習が大変です。しかし、様々な資格を取得する学生がいるので、多くのことを共有しあえます。


Q.富山福祉短期大学での学生生活の思い出(サークル活動、ボランティア活動、実習等1つ)を教えてください。

A.クラスメイトと様々なものを一緒に作り上げたことです。図工の制作物や、5領域に合わせた遊び、実習に向けての指導案など、いつも一緒にいる仲間がいたから、楽しく何事も乗り越えていけました。


Q.富山福祉短期大学で得たものを教えてください。

A.同じ夢をもつ仲間と楽しみながら、互いに高め合っていくこと。


Q.今後の目標を教えてください。

A.今年教員採用試験を受けて、養護教諭を目指します。


Q.4年制大学への編入学を希望して、福短へ入学してくる高校生や、編入学を目指している在学生に向けて、メッセージをお願いします。アドバイスなど、是非お願いします。

A.学生でいられる時間は、人それぞれ違っているけど、学生のうちに沢山のことにチャレンジして、社会に出る前に沢山のことを吸収して頑張ってください。そして、遊ぶ時は遊んで友達との時間も大切にしていってください。



卒業生が【ふくたん】を訪れて近況を知らせてくれることは、とても嬉しいことです。

目標に向かって頑張っている姿は大変誇らしく感じました。

また是非遊びに来て下さい。

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.