HOME > 学科案内 > 幼児教育学科

幼児教育学科

子どもたちの幸せをサポートする力を磨く学科です。音楽や図工、体育など、遊びを通して感性を育てる「表現能力」の教育にも力を入れています。子どもだけでなく、保護者や職場の仲間からも信頼される保育者・教育者を育てます。

教育目的

子どもの保育・教育に関する専門知識、技術を修得し、音楽や造形、体育などを通して子どもの感性を育む表現力を身につけ、さらに保護者や同じ職場の仲間から信頼される幅広い教養と使命感をもって、子どもたちの幸せをサポートできる人間愛に満ちた保育者、教育者の育成を図ることを目的とする。

幼児教育学科からのお知らせ

「幼児教育学科からのお知らせ」を全て読む »

学びのポイント

得意な領域をつくる総合演習

音楽・体育・造形など得意な領域を確実に身につけることを目的とした6つの科目が開講されており、自分の得意分野にあわせて選ぶことができます。 保育・教育の現場に出たときにそれが自分の強みとなり、自信をもって働くことができます。

ピアノ初心者も安心!
個別の音楽指導でレベルアップ

保育・幼児教育の現場において、音楽の表現力はとても重要。 特にピアノは欠かせない技能のひとつです。県内で活躍している、指導経験豊富な7人の講師による個人レッスンを用意しており、初心者でも安心して取り組める環境です。

取得できる学位・資格 主な活躍の場
短期大学士(幼児教育学)
保育士資格
幼稚園教諭ニ種免許
臨床美術士 5級・4級
社会福祉主事任用資格
(公財)日本サッカー協会公認 キッズリーダー(U-6)
幼児体育指導員(初級)
幼児のリズム体操指導員
保育所(保育園)
幼稚園
認定こども園
児童福祉施設
障害者支援施設
子ども関連企業 など

先生からのメッセージ

先生写真

幼児教育学科 学科長・教授

石津 孝治

自分の可能性を固定せずに

幼児教育の世界で長く活躍するために、心をひらき、子どもたちから学び続ける謙虚さを大切にしてほしいと思います。
自分の可能性を固定せずに、子どもや保護者、現場の先輩から、いかに吸収して自分を高めることができるのかが重要となってきます。 実習での失敗も挫折だと思わず、「苦手なことを知れて良かった!」とポジティブに捉えてみてください。 ふくたんでの生活と卒業後の人生で、教育の奥深さや楽しさを存分に感じてください。

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.