HOME > 学科案内 > 看護学科

看護学科

医療の面から、「人が人らしく生きること」を支えます。人体の構造と機能をしっかり理解し、病気の原因や経過などを判断できる力を身につけます。また、患者さんや家族と信頼関係を築くために、コミュニケーション力を磨くことも大事にしています。

教育目的

看護師として正確な専門知識と安全な技術を身につけ、本人と家族を含めた看護の対象やその対象を支える保健・医療・福祉従事者および地域の人々への理解を深め、信頼関係を形成し、安心感を与えることのできる態度と幅広い教養を身につけ、常に自己を向上させる意欲を備えた看護実践者の育成を図ることを目的とする。

看護学科からのお知らせ

「看護学科からのお知らせ」を全て読む »

学びのポイント

研究ができる看護のスペシャリストになれる

日々進化する医療の現場では、新しいものを学ぶ姿勢が常に求められます。 自ら調べ、他の人に伝える訓練を徹底することで、どんな状況でも根拠をもって考え、実践できる人をつくります。

地域に根ざした、様々な種別の施設での実習が可能

県内病院、施設、市町村保健センター、富山型デイサービス、地域包括ケアセンターなど様々な領域での臨地実習が可能です。また、全ての実習において、地域におけるその施設や事業所等の役割を意識し、これから推進していく地域包括ケアに対応できる看護職の育成を目指しています。

“交流分析”でコミュニケーション力をアップ

看護職は人とつながる仕事です。「人間関係論」と「コミュニケーション論」にて交流分析士2級の資格認定試験を受験することができます。交流分析はカウンセリングの基礎を習得でき、普段の生活でも活用することができる技術が身につきます。

ふくたんはココが違う! 他大学との比較ポイント

“就職3年目から花開く”カリキュラム

「親学」、「地域つくりかえ学」、「富山コミュニティー論」など地域の課題を扱う授業を通して、発見力や解決力を磨きます。また、看護研究I・II・IIIを系統的に学ぶことで、看護職として研究力を育成します。

地域のニーズを意識した実習・教育体制

全ての実習において、地域における施設や事業所等の役割を理解した上で学生を派遣し、これから推進していく地域包括ケアに対応できる看護職の育成を目指しています。また、短大内に訪問看護ステーションを有しており、教員が教育とともに現場にかかわることが可能な環境となっています。

交流分析士の資格を取得できる

人間関係の改善や自己改革に役立ち、看護師としての自分を育てることにつながります。

取得できる学位・資格 主な活躍の場
短期大学士(看護学)
看護師国家試験受験資格
看護大学等編入学受験資格
助産師養成所受験資格
保健師養成所受験資格
養護教諭養成課程受験資格
交流分析士2級受験資格
社会福祉主事任用資格 など
病院(総合病院・一般病院)
医院(診療所)
障がい者(児)施設
老人福祉施設
児童福祉施設
訪問看護ステーション
デイサービスセンター
保育所 など

先生からのメッセージ

先生写真

看護学科 学科長・教授

北濵 まさみ子

看護師としても人としても成長できる看護師に

「看護師になりたい」そう考えた時に、あなたはどのような将来像を思い描きましたか?選ぶ理由は様々ですが、卒業までの3年間で、看護師としても、人としても大きく成長できると思っています。総合的な視野と確かな看護実践能力を身につけ、高い資質と倫理観をもって、様々な場で活躍できる、そんな看護師を一緒に目指しましょう。

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
ふくたん学生レポート(学生ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.