HOME > 学科案内 > 看護学科

看護学科

医療の面から、「人が人らしく生きること」を支えます。人体の構造と機能をしっかり理解し、病気の原因や経過などを判断できる力を身につけます。また、患者さんや家族と信頼関係を築くために、コミュニケーション力を磨くことも大事にしています。

教育目的

看護師として正確な専門知識と安全な技術を身につけ、本人と家族を含めた看護の対象やその対象を支える保健・医療・福祉従事者および地域の人々への理解を深め、信頼関係を形成し、安心感を与えることのできる態度と幅広い教養を身につけ、常に自己を向上させる意欲を備えた看護実践者の育成を図ることを目的とする。

看護学科からのお知らせ

「看護学科からのお知らせ」を全て読む »

看護師国家試験合格対策

看護師になるには、国家試験に合格しなければいけません。本学では、3年になる前から国家試験を意識して学習に取り組んでいます。

1年次:基礎学力向上のための「補完授業」を実施
2年次:過去問を自分たちで調べ、解説する「国家試験対策授業」を実施
3年次:実習の合間に模擬試験や学内講座を行い、体験を伴ったより確かな知識の習得に努める

学習が遅れ気味の学生には個別指導を充実させ、手厚く支援しながら、「合格率100%」を目標に頑張っています。

学びの特長

主体的にかかわる力を育てる

日々進化する医療の現場に携わる者として、新しいものを学ぶ姿勢を常に持ち続けることが大切です。自ら調べ、他の人に伝える訓練をすることで、どんな状況でも根拠をもって考え・実践できる看護師を目指します。

研究活動をしている教員が揃っている

学びをサポートする教員一人ひとりが、看護師としての豊富な経験に加え、自らの研究分野をもち、学会に参加するなど精力的に研究活動を行う看護のスペシャリストです。学生と教員が同じ方向に向かって歩んでいけることが福短の強みです。

「学ぶ」環境が充実している

卒業後の進路を見据え、さまざまな規模・種類の病院や在宅看護、施設を臨地実習先としています。 また、最新機器や映像教材を使っての授業や、スマートフォンからも活用できるWeb 教材の導入、図書館には約6600冊の看護・医療に関する蔵書など学習環境が充実しています。
※臨地実習…実際の看護の場での実習

取得できる学位・資格 主な活躍の場
短期大学士(看護学)
看護師国家試験受験資格
看護大学等編入学受験資格
助産師養成所受験資格
保健師養成所受験資格
養護教諭養成課程受験資格
交流分析士2級 認定試験受験資格
 (日本交流分析協会認定)
社会福祉主事任用資格
病院(総合病院・一般病院)
医院(診療所)
障がい者(児)施設
老人福祉施設
児童福祉施設
訪問看護ステーション
デイサービスセンター
保育所 等

先生からのメッセージ

先生写真

看護学科 学科長・教授

炭谷 靖子

常に学び続ける姿勢を持って

自分自身に興味を持ち、「私」の人生を一生懸命生きてください。困難と出会った時、自分には能力がないと考えるのではなく、“ 乗り越えるためにはどういう道があるのか” を考えるのです。医療は日々変化していきます。知識・技術を学ぶことももちろん大事ですが、常に学び続ける姿勢をもつことが、医療に携わる者として何よりも大切なことです。「他人と過去は変えることができない。自分と未来を変える」のです。

福祉短大学長 北澤 晃のブログ
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
リレーメッセージin看護
ふくたん日和(教職員ブログ)
ふくたん学生レポート(学生ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.