HOME > 学校案内 > 教員紹介

教員紹介

社会福祉学科看護学科幼児教育学科

社会福祉学科

社会福祉専攻

竹ノ山 圭二郎
  • 学事部長/社会福祉学科長・社会福祉専攻長・教授
  • 竹ノ山 圭二郎 (Keijirou TAKENOYAMA)
  • 文学修士(久留米大学)、交流分析士インストラクター、臨床美術士5級
  • 「心理学」「心理学基礎実験」「心理検査法」他

社会福祉専攻では、福祉学と心理学の両学問領域を体系的に学ぶことができる全国的にも珍しいカリキュラムを設け、心のケアのできる福祉人材を養成しています。また、本学で心理学の基礎を学んだ上で、4年制大学に3年次編入することで、公認心理師・臨床心理士取得あるいは家裁調査官や心理判定員といった心理系国家公務員・地方公務員を目指すことも可能です。ぜひオープンキャンパスにお越しください。

鷹西 恒
  • 教授
  • 鷹西 恒 (Hisashi TAKANISHI)
  • 社会学修士、社会福祉士、精神保健福祉士、福祉住環境コーディネーター2級
  • 「障害者福祉論」「社会福祉原論I・II」「社会福祉援助技術論III」他

福祉を学べば歴史が変わる。歴史を学べば福祉が変わる。そして何より楽しく学べば地域に貢献できる人になる。高校生のみなさん、ふくたんでレキシをつくりましょう。

歴史研究サークル「六波羅探題」
http://plaza.rakuten.co.jp/rokuharatandai/

松尾 祐子
  • 講師
  • 松尾 祐子 (Yuko MATSUO)
  • 社会福祉修士、社会福祉士、精神保健福祉士、介護支援専門員
  • 「相談援助演習」「高齢者に対する支援と介護保険制度」「実習指導」他

高齢者や障がい者の施設、学校や病院など様々な分野で、社会福祉を学んだ人が働いています。人の役に立つ仕事はたくさんありますが、その中の一つが福祉です。興味のある方はオープンキャンパスに来てみてください。

中村 尚紀
  • 助教
  • 中村 尚紀 (Naoki NAKAMURA)
  • 社会福祉学、社会福祉士、IPS認定3級プレゼンター
  • 「保健医療サービス」「社会福祉援助技術論I」「地域福祉論I」

ソーシャルワーカー(SW)はただ人の話を聴く仕事ではなく、面接の中で様々な理論等を使いながらクライエント(CL)が抱える課題の解決に向けて一緒に考えていきます。人の話を聴くのは本当に大変な仕事ですが、SWもCLから沢山のことを学び、SW自身の人生を豊かにするやりがいのある仕事です。ぜひ、ふくたんでSWの専門性を学びませんか。

介護福祉専攻

宮嶋 潔
  • 介護福祉専攻長・准教授
  • 宮嶋 潔 (Kiyoshi MIYAJIMA)
  • 社会福祉学修士、経済学士、社会福祉士、精神保健福祉士、福祉住環境コーディネーター2級
  • 「人間の理解」「地域福祉論」「市民活動論」他

今、介護の現場は大きく変化してきており、これからはリーダーが求められています。 「ふくたん」で目指してみませんか?まずは、オープンキャンパスで!待ってます。

小野寺 孝一
  • 教授/ランニングセンター長/入試・広報センター長
  • 小野寺 孝一 (Koichi ONODERA)
  • 教育学修士
  • 運動生理学

志を抱いている学生を応援、支援したいと考えています。みんなで EVERONWARD。

松本 三千人
  • 教授
  • 松本 三千人
  • 工学博士
  • 「情報処理I・II」、「現代の科学」

高齢者・障がいを持った方が、安心・安全・快適な生活がおくれる社会とはどうあるべきか、一緒に考えましょう。
そして、そうした社会を実現するための一つの方法になると思っていますが、ICT(情報通信技術)を上手く活用していく事を考えましょう。

韓 在都
  • 准教授
  • 韓 在都 (Jaedo HAN)
  • 博士(工学)、介護福祉士、介護予防主任運動指導員、健康運動指導士、障害者スポーツ指導員、生涯スポーツ指導員
  • 「介護の基本」「介護過程」「生活支援技術」

これからの介護福祉の世界は、生活行動の多様化・多層化により、ニーズの変化に対する対応が求められる時代に突入しています。多様化したニーズに応えられる介護福祉士は、今までよりも高い知識・技術が求められています。高い知識や技術の習得だけではなく、支援を必要とする多くの人々から求められている品性ある介護福祉士を目指しませんか。

毛利 亘
  • 講師
  • 毛利 亘 (Wataru MOURI)
  • 介護福祉士
  • 「介護過程I・II」「介護の基本II・IV」「生活支援技術」他

介護を必要としている方を、思いっきり大切にできる介護福祉士を育てます!

宮城 和美
  • 助教
  • 宮城 和美 (Kazumi MIYAGI)
  • 富山大学修士(看護学)、看護師、介護支援専門員
  • 「こころとからだのしくみ」「医療的ケア」「認知症の理解」他

福祉・医療・地域などの間をつなぎ、ケアサービスの中心を担っているのが介護です。介護は、利用者に対して感心をもつことから、その方の理解がはじまります。やりがいを実感できる介護職を一緒に目指していきましょう。

▲ページトップへ

看護学科

北濵 まさみ
  • 看護学科長・教授
  • 北濵 まさみ (Masami KITAHAMA)
  • 心身健康科学修士
  • 「母性看護学」「精神看護学」他

助産師としての経験を生かして、母性・父性について考えています。
看護師だからできるケアを、もっと伝えていきたいと思います。

村井 嘉寛
  • 教授
  • 村井 嘉寛 (Yoshihiro MURAI)
  • 博士(医学)、薬剤師
  • 「解剖生理学」「病態生理学」「薬剤治療管理論」他

高齢化と人口減少が進み、地域活性化の必要性が叫ばれています。地域医療の充実は重要な課題のひとつで、その担い手としての優秀な看護師の確保が必須となります。私もそのために微力ながら頑張りたいと思っています。

荒木 晴美
  • 教授
  • 荒木 晴美 (Harumi ARAKI)
  • 看護学修士、看護師、社会福祉士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネータ2級、交流分析士1級
  • 「在宅看護学」「高齢者看護学」他

社会のニーズに応じ在宅看護の必要性が高まっています。在宅看護は、在宅での訪問看護だけにとどまらず地域も視野に入れた広い視点で、人々の健康と生活がより豊かになるよう他職種と連携しながら看護実践します。障がいや高齢になっても自分らしい生活ができるような支援を一緒に考えていきましょう。

境 美代子
  • 教授
  • 境 美代子 (Miyoko SAKAI)
  • 看護学修士、経済学学士、看護師
  • 「看護倫理」「感染防止管理論」「医療安全管理論」他

これからの看護師は、病院だけでなく施設や在宅など地域での役割を担うことになります。また他職種との連携において活動することも多くなります。そのような現状を見据えて、看護師に必要な知識、技術の修得、またいろいろな人と関わりから倫理的行動ができるように学生の皆さんと一緒に学んでいきたいと思います。

今川 孝枝
  • 講師
  • 今川 孝枝 (Takae IMAGAWA)
  • 修士(社会福祉学)、 学士(福祉経営学)、看護師、介護支援専門員
  • 「高齢者看護学援助論」「高齢者看護学実習」「回復促進援助技術論」他

「看護」は、人々の心身ともに健康を支援するすばらしい職業です。看護師を目指す学生ととともに学び、成長していきたいと思っています。

小出 えり子
  • 講師
  • 小出 えり子 (Eriko KOIDE)
  • 看護学修士、看護師、臨床美術士
  • 「医療的ケア」「生活支援技術III」他

今日、超高齢者社会の中で、人の役に立つ仕事として、看護師、介護福祉士などがあります。医療、福祉が連携して人との関わりを大切にしていける専門職となれるよう、看護、福祉の魅力について皆さんにお伝えしていきたいと思います。

若瀬 淳子
  • 講師
  • 若瀬 淳子 (Junko WAKASE)
  • 人間学修士、人間学学士、介護支援専門員、認定心理士
  • 「小児看護学援助論」「小児看護学実習」他

看護職は、人の誕生から最期を迎えるその時まで、一生に関わることができる専門職です。その人らしい生涯を過ごすために看護にできることは何か、看護の役割を模索しながら自己研鑚できる学生を育てたいと思っています。看護職としての知識や技術の修得は勿論ですが、最も大切なことは倫理的配慮ができる人間性です。本学で沢山の体験を積み重ね、大切に自分自身に磨きをかけながら一緒に成長していきましょう。

大永 慶子
  • 助教
  • 大永 慶子 
  • 看護学修士、文学学士
  • 「精神看護学援助論」「精神看護学実習」

看護にはそれまでに経験してきたすべてのことが活かされます。3年間、本学でも様々な事を経験し一緒に成長していきましょう。

北山 由起子
  • 助教
  • 北山 由起子 (Yukiko KITAYAMA)
  • 看護学修士、MPH、保健師、介護支援専門員
  • 「精神看護援助論」国際災害援助論」「生活行動援助技術論」

看護職は人を様々な視点から理解し、その人らしく生きることをともに支える仕事です。 3年間の学生生活を通して看護の魅力や奥深さを発見し、同じ志を持つ仲間とともに成長していきましょう。皆さんと学べることを楽しみにしています。

炭谷 英信
  • 助教
  • 炭谷 英信
  • 看護学修士、社会福祉学学士、看護師、社会福祉士、交流分析士1級
  • 「在宅看護学援助論I」「在宅援助論II」

自分が卒業した学校に先生となって帰ってきました。よき先輩とはなれないですが学生とともに歩んで生きたいと思っています。

高田 亮子
  • 助教
  • 高田 亮子
  • スポーツ健康科学(修士)、経営学(学士)、看護師
  • 「看護技術論I」「看護技術論II」「生活行動援助技術論」

看護は、頭脳活動と手を連動させて行え、自分で創造しデザインできる仕事です。人生における仕事の選択の基準をどこにおくか。「人間としての成長」ではないでしょうか。あなたの人生を豊かにするために、一緒に学びませんか。

中田 智子
  • 助教
  • 中田 智子 (Tomoko NAKADA)
  • 心身健康科学修士、看護師
  • 「成人看護学援助論」「成人看護学実習」「回復促進援助技術論」

看護を学ぶこと、学習を積み重ねることはとても楽しいです。様々なことを見聞きし、経験し、関心を広げ、実りある3年間を過ごしましょう。充実した学生生活を送れるように支援していきたいと思います。

稲垣 尚恵
  • 助手
  • 稲垣 尚恵 (Hisae INAGAKI)
  • 助産師、看護師

病院の産科病棟で17年間助産師として働いていましたが、こうして教育の道に進むことは私の長年の夢でした。今その夢の第一歩を踏み出せたことへの喜びと、人を育てるという責任の重さへの不安とで、胸がいっぱいです。学生と共に少しずつ成長していけるよう、頑張りますのでよろしくお願いします。

柴田 由加
  • 助手
  • 柴田 由加 (Yuka SHIBATA)
  • 看護師

学生の皆さんが楽しくスムーズに学習や実習をすすめていけるようサポートします。看護師になるために一緒に学び、成長していきましょう。

中井 里江
  • 助手
  • 中井 里江 (Rie NAKAI)
  • 看護師、介護支援専門員

看護師を目指す皆さんと楽しく学習や実習をしていきましょう。

▲ページトップへ

幼児教育学科

石津 孝治
  • 幼児教育学科長・教授
  • 石津 孝治 (Kouji ISHIZU)
  • 文学修士
  • 「保育の心理学I」「臨床心理学」

保育・教育の学びは奥が深く、興味をもって学ぶことで自分の潜在的な可能性も開かれると思います。子どもに関わるたびに発見があり、同時に自分も成長していきます。専門の勉強のみならず、新しいことに積極的にチャレンジして感性を磨き、また、人と関わる経験を多く積んでほしいと思います。学生生活は充実したものになるでしょう。

北澤 晃
  • 教授
  • 北澤 晃 (Akira KITAZAWA)
  • 学校教育学博士(兵庫教育大学大学院連合学校教育研究科)、臨床美術士1級、小学校教諭免許状、中学校教諭免許状(国語・美術)
  • 「教育方法論」「臨床美術」「表現アート演習I」他

教育方法を考える時、目的を達成するまでのプロセスこそが大切です。プロセスにおいて働く力が「生きる力」であり、その本質は芸術的思考です。つまり、「ひらめき」なのです。「ひらめき」を活性化する教育方法を大切にします。

山本 二郎
  • 教授
  • 山本 二郎 (Jiro YAMAMOTO)
  • 洗足学園音楽大学客員教授、富山県ピアノ指導者協会会長
  • 「音楽」「ピアノ実技指導」「音楽表現演習」他

子どもの感性を育む音楽。本学では保育、幼児教育を目指すものとして、ピアノの個人レッスンや声楽のレッスン、さまざまな楽器を使ったアンサンブルにミュージカル等の授業を受けながら、演奏技術を高めながら、豊かな表現力を身につけます。ピアノの弾き歌いは容易ではありませんが、初心者の方でも必ず弾けるように指導、支援していきます。ピアノに関することでしたら遠慮なく相談してください。

小川 耕平
  • 講師
  • 小川 耕平 (Kouhei OGAWA)
  • 教育学修士、中学校・高等学校教諭専修免許状(保健体育)、健康運動指導士・日本体育協会公認スポーツ指導員 他
  • 「幼児体育」「保育内容(健康)I・II」「生涯スポーツ」他

子どもにとっての「学び」は、「遊ぶ」ことです。「ふくたん」で保育の専門的な知識と技術を学びながら遊びの専門家を目指しましょう。特に子どもの体力低下が大きな問題となっている今、運動遊びを通じて楽しく活動し、強い心とたくましい身体をつくるお手伝いができる保育士・幼稚園教諭を一緒に目指しましょう。

岡野 宏宣
  • 助教
  • 岡野 宏宣 (Hirotaka OKANO)
  • 修士、臨床美術士2級、中学美術専修、高校美術一種
  • 「臨床美術」「図画工作」「保育内容(造形表現)」他

絵を描くことは好きですか?下手だから描きたくない?子どもにとっての造形活動は上手に描くことが目的ではありません。作ることは想像力、感動する心、豊かな感性を成長させます。苦手意識は忘れて一緒に子どもの心を育てる保育士・幼稚園教諭を目指していきましょう。

藤井 徳子
  • 助教
  • 藤井 徳子 (Noriko FUJII)
  • 学術修士、中・高等学校教諭(理科)1種、小学校教諭1種、特別支援学校教諭2種、自然観察指導員
  • 「保育内容(環境)」「幼児と自然」「保育内容(言語表現)」「保育実習指導」他

もう一度やり直せるなら、どんな子ども時代を過ごしたいですか?保育園や幼稚園でどんなことをやりたいですか? どろんこになって 夢中で虫を追いかけ "どっこい生きてる" そんな子どもたちが大好きです。

宮越 浩子
  • 助教
  • 宮越 浩子
  • 教育学修士、小学校教諭、中学校教諭(家庭)、幼稚園教諭、保育士、MCS認定マザーズティーチャー、TCS認定コーチ
  • 「教育原理」「教師論」他

幼少期の子どもたちは、「やってみたい」「できるようになりたい」という気持ちに満ち溢れています。子どもたちのもつ力を信じ、一人一人が可能性をより広げていくことができるようなかかわり方・コミュニケーションの在り方を一緒に考えていきましょう。


<< 学長の言葉大学案内 >>

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.