HOME » » ふくたん日和(教職員ブログ) » 2015年7月

2015年7月

慌ただしい日々の中で、ブログの更新ができず、また反省です。

自分が決めた更新回数を守れないぶかいない自分と、

出来ない言い訳を正当化する自分が戦い、

後者の自分が勝ってしまっていました。

言い訳をせずに、自分が決めたことを守れる自分へ、

また挑戦です。    

                               以上 喜多

7年前に本学の社会福祉専攻を卒業されたお2人の

結婚式に参列してきました。

結婚式4.jpg
式では新郎、新婦にご縁がありまして、どちら側に座ろうか迷いました。

お2人はどちらも福祉施設の職員で、出席者もほとんどが福祉関係者で

した。親へのお手紙を読まれたシーンでは、この日を迎えるまでの

ご苦労が多かったことなどを涙で話され、私もたいへん目頭が熱くなりました。

そんなお2人の様々なエピソードをお聞きして思い浮かんだのが

徳川家康公の言葉でした。

「人生は重荷を背負いて、長き道を行くが如し。」

人生、進んだその先にはこんな幸せが待っていたようです。

利用者さんの重荷を軽くすることも忘れることなく頑張っていってほしいと

願います。

末永くお幸せに!

社会福祉専攻 鷹西 恒

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.