HOME » » ふくたん日和(教職員ブログ) » 2014年10月

2014年10月

「今日は何の日?」という質問に簡単に「ハロウィン」と答えましたが、
望まれた回答は【神送り】でした。
古くからの日本の風習のひとつです。ぜひ調べてみてください。

                         以上 企画推進部 きた
2014年10月15日


~3813295.jpg

高岡市の歴史ユニバーサルマップの作成のための写真選びに、山本権兵衛殿(社福1年)が参加してくれています。
この活動に参加してから、どこへでかけても段差やトイレが気になるようになったとのことでした。
こういう地域貢献の方法もふくたんにはあります。

このマップは県外から歴史都市高岡を訪れる高齢者の方や障がい者の方、子育て中の方など、誰でも歴史を楽しめることができるよう新たに作成されるものです。


顧問:鷹西 恒(社会福祉専攻)

ある女優さんのご子息で、弟(次男)がダウン症で生まれことを
その相談をした時のお兄ちゃんの言葉です。

ご両親の一番の心配は、弟のことで長男が苛められたり、
いやな思いをしないかであったが、その言葉で吹っ切れたそうです。

今、アジアパラリンピック大会が行われています。
選手を応援しつつ、思いだしました。
もう一度、全文を掲載します。
「全然大丈夫。もし、からかわれたら"うちの弟はゆっくり成長する。
だから可愛い時間がたくさん楽しめるんだ。いいでしょ!って自慢してやる!」

    寒くなってきたこの時期、とても心が温まる素敵な言葉です。

                        企画推進部 きた
我が家の子供たちも、この4月から新しいステージに進み、
それぞれの生活にも慣れてきたようで、楽しんでいるようです。
頼られることが少なくなり、親としては、
うれしさとさみしさと不安な複雑な心境です。

今、子育て真最中の皆さん、
大変だと思いますが、頼られる期間はそんなに長くありません。
頼られることを楽しむ時間としてください。

                          企画推進部 きた
人生において、時に切なく、苦しい選択を
しなければならない時があります。
最近は、一定の年齢になり、
それなりの覚悟を持って、選択出来るようになりましたが、
若い時はその選択をすること自体に苦痛を感じていました。

若い皆さん、大変かもしれませんが、
自分らしく前に進むためのプロセスです。
たくさん悩んで、自分の人生を切り開いてください。
進路・人生に悩む高校生・在学生の皆さんにアドバイス。
  
                               企画推進部 きた

最近めっきり秋めいてまいりました。

朝晩肌寒くなってきましたがいかがお過ごしでしょうか。

 

今回は私が関わっているちょっこりサークルの番外編を

ひとつ紹介しましょう。

 

8月に富山県東部にあります児童施設とのコラボ企画を

魚津市ミラージュランドで行いました。

 

このときの県内はずっと雨続きでした。当日は雨が降らないことを

祈りながら進行していたのを覚えています。

 

HP_BBQちょっこり.jpg


途中で炭が落ちたり、タレが切れて魚津出身の学生さんに買いに行ってもらったり

てんやわんやの展開でしたがみなさんいい思い出になったのではないかと思います。

 

「光陰矢のごとし(時間があっという間にたつこと)」と言いますが、それにしても

気がついたら福短キャンパスも秋ですわ。BBQがいにしえに感じます。

 

 

詳しくはこちらを参照ください。→ ふくたんちょっこりニュース(BBQ).pdf



Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.