HOME » » ふくたん日和(教職員ブログ) » 2013年11月

2013年11月

今年も、いつの間にかもうすぐ12月。「師走」ですね。毎日「寒いね~」の言葉が自然と出てしまう毎日です。寒くて天候も悪いと外に出るのも億劫になりがちです。

これから、一年で一番寒い季節になりますが、こんな季節にも咲く花は色々とあるのをご存じですか。ベランダやプランターに花を咲かせたり、お部屋に花を飾ると気持ちが和みます。

「シクラメン」「パンジー」「ポインセチア」など色々と冬の花はありますがおススメは、「クリスマスローズ」。寒さに強く雪にも負けず凛と花を咲かせます。さまざまな色や八重ものもありますので、お花屋さんに立ち寄られた際には探してみてください。

クリスマスローズ.jpg                       企画推進課 よしだ

年間を通して、いろいろな方々と名刺交換をさせていただく。

そして、その中から数人の方々と懇意になり、継続的な関係に発展する。

スタートは同じ名刺交換ですが、違いはその後のメールや電話等による

コンタクトの頻度の差で決まってくる。

そのよう関係構築のプロセスを私は【縁】と考える。

年賀状を考える時期となり、【縁】を大切にしていない自分に気がつく。

反省し、改めてご無沙汰している方々に近況報告を兼ねた

メールを送信するこの頃です。 

                              企画推進部 きた

   

寒くなってきましたね。

皆さんは、富山福祉短期大学で学ぶことができる「臨床美術」をご存知でしょうか。独自のアートプログラムによって、右脳を活性化させ、認知症の予防や子どもの創造性の助長、メンタルケアなどに効果があるものです。

 

本学の市民講座では、何度かセミナーを開催したり、通学講座で臨床美術士の級取得ができるような取組みも行っています。

 

私は日頃、学生の様子を取材してHPにアップしたり、広報誌を制作したりするメンバーの一員なので、学生たちが受ける臨床美術の授業も何度となく見てきました。しかし、自分が生徒役になって体験すると言う経験は、なかなかありませんでした。

 

そこで先日、本学で臨床美術士の資格を取得して【臨床美術の会】を運営している皆さんが行っている、「きときとアート塾」に参加してきました。1113日(水)の19:00からの講座で、今年度は今年が最後ということでしたので、なんとか間に合ったという感じです。

 

テーマは、「さつまいもの量感画」です。講師は2名の方が務められました。体験する生徒は、初めて体験するという方や、2回目くらいの方ばかりでした。

 

まず、さつまいもについて少し話をしました。それから、臨床美術士の方がつくってきてくださった石焼きいもを食します。臨床美術は五感を使うことがポイントのひとつ。美味しく味覚を働かせました。それから自分でピピッときたさつまいもを選びます。よく見て、よく触って、オイルパステルで中身から描いていきました。オイルパステルも色のイメージや味のイメージから難色か選びます。私は小心者なのか、お芋を大きく描けませんでしたが、他の方は感性で描いていらっしゃるという感じで、大きく描いている方も多かったです。私もいつの間にか、とても集中していました。

 

完成したときには、初めは少し緊張していた生徒の私たちが、皆全員笑顔でした。右脳を働かせるということは、どう表現していいのか悩みましたが、気分がいいものです。スッキリとしていて純粋に楽しかったという感覚でした。この感覚が、認知症の予防に役立ったり、メンタルケアになったりするのだろうな、と理解しました。

 

作品の出来不出来は、臨床美術では関係がなく、よいところを認め合うものなので、今回は私の作品も掲載します!悪くないですよね・・・?

 

さつまいもの量感画1.JPG 

また機会を見つけて体験したいと思います。皆さんも是非どうぞ。臨床美術体験の報告でした!

 

                      企画推進課 まきた

 

あの関ヶ原(岐阜県)に行って参りました。

 

今回は、関ヶ原古戦場の陣跡や資料館を中心に、豊臣秀吉の軍師竹中半兵衛の史跡、資料館等を巡る旅でした。

参加したのは看護1年3名、31名、社福21名や卒業生2名(石川県、富山県の施設職員)、大工原名誉教授、私の総勢9名でした。

行った場所は関ヶ原歴史民俗資料館、

http://www.rekimin-sekigahara.jp/

徳川家康、石田三成、大谷吉継等の陣跡など古戦場全域と、竹中氏陣屋、竹中半兵衛菩提寺などかなり盛りだくさんでした。事前学習会も行ったのでそれぞれの理解もかなり深まったようです。

 

 

関ヶ原古戦場を探訪1.jpg写真1:関ヶ原決戦地の碑

 

 

今年のサークルは、学祭模擬店の売り上げなどをうまく運用して遠征に充てており、ほぼ毎月の遠征を行っています。

そのおかげなのか個人の知力、移動力、魅力、技術力などいろいろな能力がアップしてきたように感じます。

実習や将来就職した時にきっと役立つでしょう。

 

関ヶ原古戦場を探訪2.jpg 写真2:佐助殿が食べたジャンボ味噌カツ定食

 

 

次は映画清洲会議に出陣の予定です。

 

                              六波羅探題南方  鷹西 恒(社会福祉専攻)

 

本学の推薦入試が週末に実施されることに伴い、

多くの皆様から、受験に対する細かな質問をたくさんいただきます。

どの受験者からも、今回の試験に対する真剣さが感じられ、

その熱意に答えるため、

できるだけ早く効果的な回答が出来るよう対応しています。

不安で仕方がないと思いますが、受験生全員が同じです。

最後は、これまでの受験に向けた準備を支援してくれた方々に感謝するとともに、

自分を信じて、自分らしく受験してください。

願わくば、受験者全員が合格出来ることを祈念いたします。

                              企画推進部 きた

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.