HOME » » ふくたん日和(教職員ブログ) » 2013年4月

2013年4月

先週末、健康も考え、

最寄駅から自宅までの約5キロを歩いてみました。

普段は車で10分弱の時間ですが、歩くと50分かかりました。

車での移動では、見えない春の訪れ、見知らぬ細い道路を

楽しみながら、気持の良い時間となりました。

車の運転とともに、便利さと時間を節約しているかわり、

大事なものを失ったことを改めて気がつきました。

これからのゴールデンウイークは、

普段なかなか出来ない歩く週間にしてみます。

企画推進部 きた

先週末、テレビを見ていて、二つの言葉に出会いました。

 「あなたは多くの子供を助けるために

             生まれてきたのよ。」

   この言葉をかけられた女性医師は、365日・24時間

   診察体制の小児専門救急センターで勤務しています。

   自分自身に子供が出来なかったことを後ろめたく

   思っていると感じた義母がかけた言葉です。

 

 「土に地下足袋の跡が多いほど、

          おいしいミカンがなる。」

   家業を継いだミカン農家が、父親からかけられた言葉です。

   手間をかければかけるほど、 

   おいしいミカンがなることを信じて、50年が経過。

   今では日本一のおいしいミカンと言われるように

   なったとのことです。 

 

  言葉の力を信じて、今週も言葉をたくさん交わしたいと思います。

   企画推進部 きた

 

 

 4月1日より、共同研究室に2人の助手の先生が入りにぎやかになりました。

これから、学内演習や臨地実習でお会いする機会が多くなると思います。皆さんを

サポートできるよう頑張ります!

 

共同研究室

 

 

 

 

卒業生の方の結婚式に招待されました。

ついこの間まで研究室に出入りしていた学生さんだと思っていたらけっこう月日が経っていました。光陰矢のごとしです。

ドレスを身にまとわれたお姿は、それはそれはお美しいものでした。

 

 

ウエディング.JPG

短大は2年間(看護は3年)、人生は数十年。

人生に比べれば短大なんてつかの間の一瞬かもしれません。その一瞬を学生さんには大切にしてほしいと思いました。

 

そろそろかなと考えている卒業生のみなさん。

できれば私がスピーチネタを覚えている内にお願いします。

 

社会福祉専攻 鷹西 恒

新入生も授業が2週間目に入り、少し慣れてきたことを

日々の挨拶の中で感じるようになってきました。

そこで、不安を抱えていないか、心配して、

新入生に「今一番大変なことは?」と声をかけると、

女子学生の多くから、

「制服がなくなり、通学に着てくる洋服選びが大変」と

答えが返ってきました。

課題や実習の事前事後の対応に追われる進級生の

短期大学生活を身近に見ていて、

微笑ましい回答が新鮮でした。

「忙しくなり、洋服のことがゆっくり考えられなくなる日が

もうすぐですよ。」と思う春の一日でした。

企画推進部 きた

 

 

本日の入学式で、新入生を代表として誓いの言葉を述べてくれた

幼児教育学科 I さんの言葉です。一部抜粋してありますが、

私自身、多くのことを考えさせられ、新たな気持ちで、

学生たちの自己物語を応援したいと思います。

 

社会では、明るいニュースばかりではなく、

人の心に影を落とすようなものも多く報じられて

いますがそれでも、震災から立ち上がろうと

前向きに励む人々の姿などを通して、私たちも

頑張ろう、そして、人の心の痛みを理解し、

互いに支え合う社会を創る人材となりたいと

いう気持ちを強くしています。

 

私たちがこれから学んでいくことは、

専門的な知識や技術だけではありません。

人としての温かみや、人をいつくしむ気持ちをも、

高めていくことになります。それは、他者を思いやり、

人のために行動できる自分になれるだけでなく、

自分の進むべき道を切り開くことができ、

各々の夢に近付くための第一歩へと繋がっていきます。

 

これまで支えくれた両親をはじめとする多くの方々に

感謝の気持ちを忘れずに、富山福祉短期大学の学生で

あるという誇りを持ち、誰かのために役に立ちたいと

いう思いを持った仲間たちと共に、努力を惜しむことなく

「成長」を続け、常に「私」を

「つくり、つくりかえ、つくる」ことを、ここに誓います。

 

企画推進部 きた

 

あることがあり、最近、教員の方々と少し福祉に関する

専門的な話をすることが多くなってきました。

専門分野に関して、理論ならびに臨床経験に

基づく、いろいろな方々の話を聴くにつれ、

改めて短期大学の教育機関としての良さを

実感しています。

今日から新入生のオリエンテーションも始まり、

なりたての短大生が、楽しそうにキャンパス内を

移動しています。

みんなの目標が叶えられますように

引き続き支援してまいります。

企画推進部 きた

春の心地よい晴天のもと、入学式に先立ち新入生オリエンテーションが行われました。

今年も初々しい緊張した顔つきの学生や期待に笑顔が溢れている学生たちが登校してきました。

毎年この日は、新入生を笑顔で迎えたく朝からオリエンテーション会場前で挨拶をします。

 

富山福祉短期大学へようこそ!!たくさんの仲間と一緒にこの大学でみなさんの夢をかなえる為の1歩を踏み出してください。応援しています!!

 

25.04.04-1.JPG

企画推進課 よしだ

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.