HOME » » ふくたん日和(教職員ブログ) » 2013年1月

2013年1月

わたしの今年の目標は「先延ばしにしないこと」です。

 

そのうちにやろうと思うことを今のうちにしておく。

 

些細なことこそ、早めに対処し気持ちに余裕を持って

 

日々を過ごしていきたいと思います。

 

☆☆☆1月中に取り組んだこと☆☆☆

 

・道端や床に落ちているゴミを見て見ぬフリをせず、拾えるものをゴミ箱へ。

 

・不要なメールや書類はこまめに処分する。

 

・図書館の環境に目を配る。(館内の閲覧学習席・カウンター・業務用机の雑巾がけを毎朝必ず行う。)

・図書館業務のマニュアル作成を始める。

 

・言いにくいことや気になっていることを持ち越さず、早めに相談する。

 

・壊れているもので、修理できるものは修理をし、出来ないものは潔く処分する。

 

 今年もまだ1ヶ月、途中で挫折しないように自分なりに取り組んでいきます。

 

                                      図書 館子

昨年はいろいろな面において全力で走り続けた1年でした。

うまくいったこともうまくいかなかったこともあったけれど、「私はよく頑張った!!」と心から思えます。

振り返ってみると、その時、自分の持てる力を出し切って取り組んだ結果がこの充実感だったのかなと思います。

そこで今年の私宣言。「精一杯取り組む」

当たり前のことですが、精一杯取り組んだかどうかは自分にしかわからない。

結果が失敗に終わったとしても、よく頑張ったと胸をはって言える自分でありたいと思います。

そしてそう思えることがまた次のステップへと進む力になるのだと思うのです。

                                                   (nn)

先日、卒業生の西沢さんとご飯に行ってきました!

 

先日取材で卒業生訪問をし、西沢さんの職場にお邪魔しました。

最近卒業した学生さんたちとも仲良くさせていただいていますが、西沢さんは、私がこの短大でお仕事をさせていただく前の卒業生です。つまり、取材で初めて会った方でした。

 

お仕事のときは、お仕事モードでお会いしましたが、仕事後に少しお話してみて、人生のステージが近いというか、なんだか波長があって、お友達になりたいな~と思いました。ご飯に誘ってみました!喜んでくれたので、ほっと一安心。

 

二人でランチに行きました。今気になっていることや、新婚だということやいろいろなところでふたりの状態も合い、話も合ってとても楽しいひとときでした。

 

西沢さん1.jpg出会いがあるっていいですね。いいお仕事をさせていただいているな、と思います。

 

その場限りや、2年・3年限りのお付き合いではなく、人に長くかかわっていけたら素敵だな、と思います。そうでありたいと思っています。

 

企画推進課 まきた

 

キャリア開発・支援課の小西です。

わたしの今年の目標は、何ごとにも「一呼吸おくこと」です。

 

ついつい慌てたり先走ったりしてしまいがちないつもの私。

そのくせ自分の子供には「落ち着いて!」とよく言っているのですが、、、

今年はまず、自分が落ち着こう、一呼吸おいてみよう、と思いました。

 

仕事にしても、私生活にしても、自分が余裕をなくしていると周りにも伝わり、

悪い影響しか出てこないと思います。

 

そんなわけで、今年は少し気持ちに余裕を持って行動してみたいと思います。

 

(それから、ついつい食べてしまう間食も・・・

一呼吸おいて、本当にお腹がすいているのか冷静に判断してから食べたいと思います!!)

 

キャリア開発・支援課 こにし

1-22-2013 002.jpgサークルができたのが秋でした。

映画で感性を養い、歌やダンスで表現を行うことを目的に社会福祉専攻の学生を中心に結成しましたが、今は幼教、看護の学生も参加しています。

映画はサークル助成金を活用したおかげで2本見ることができました。

 

「任侠ヘルパー」

http://www.ninkyo-helper-movie.jp/

「レ・ミゼラブル」

http://www.lesmiserables-movie.jp/

 

 

とくにレ・ミゼラブルは感涙通り越して号泣される方が多かったです。

主人公ジャン・バルジャンの苦労を思えば、これから始まる期末試験などたいしたことはありませんぞ・笑

 

今、シネマ&グリー部は、課題曲のダンスレッスンを夜な夜な行っています。

曲はCarly Rae Jepsen /Call Me Maybe、ダンサブルでキュートなナンバーです。

 

今回は練習風景の動画をご用意しました  

PCの方はこちら →  練習風景mpegpc.mpg

スマートフォンの方はこちら →  練習風景mpeg4.mp4 

2月にはメンバー登場の

ふくたん紹介ビデオ~シネマ&グリー部バージョン~

の撮影やロケを行う予定です。

本当に卒業できるか心配な人も踊っておられますが・・・

 

試験勉強もこれくらい熱心にやってくれたらと思います。

 

顧問:鷹西恒(社会福祉専攻)

 

 

今年、富山福祉短期大学図書館は、地域に開かれた図書館

としての活動を行っていきます。

詳しい内容は、今後、インフォメーションコーナーに掲載を行います。

来館者の方にメリットとなる内容が盛り込まれています。

楽しみにしていて下さい。

よろしくお願い申し上げます。

図書館

 

【私宣言】リレー

 

はきものをそろえると  こころもそろう
こころがそろうと  はきものもそろう
ぬぐときにそろえておくと
はくときに心がみだれない
だれかがみだしておいたら
だまってそろえておいてあげよう
そうすればきっと
世界中の人の心も  そろうでしょう

 

元日、上記の文句(永平寺、道元禅師の教え)を自宅のトイレに掲げました。

日常生活の中で自分の心をよく見つめ、足元をしっかりと見据えていこうと思います。

 

共同研究室

新しい年も15日が過ぎ、1月も後半となりました。

その時期に、今さらですが、今年度の抱負を【私宣言】という形で

教職員リレー形式で宣言したいと思います。

トップの私は、【言い訳をしない】です。

社会人として一定年数が経過するとともに、

自分自身に慣れと甘えが出てきて、

できない理由を探す自分がいることに気が付きました。

あたしらいことに挑戦するためにも、今年はできない【言い訳】を

捜さない1年にしたいと思います。

 企画推進部 きた

 

「この時代、咲いてみようじゃないの」

 

今春から始まった大河ドラマ「八重の桜」のキャッチフレーズです。

今作は、幕末の会津に生まれ育ち、会津戦争では銃を片手に勇ましく奮戦、会津の魂を胸に、激動の時代を力強く生きた「幕末のジャンヌ・ダルク」とも呼ばれた新島八重の生涯を描くものです。

視聴率は関東地区21.4%、ドラマの舞台となる福島地区は30.7%だったそうです。

自称歴史マニアでもある私もしっかり見させていただきました。

 

私がとくに印象に残ったのが

ドラマの中に出てくる会津で生まれた武士の子どもたちが学ぶ

「什の掟―じゅうのおきて(ならぬことはならぬものです)」

です。

 

一、年長者(としうえのひと)の言ふことに背いてはなりませぬ

一、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ

一、嘘言(うそ)を言ふことはなりませぬ

一、卑怯な振舞をしてはなりませぬ

一、弱い者をいぢめてはなりませぬ

一、戸外で物を食べてはなりませぬ

一、戸外で婦人(おんなのひと)と言葉を交へてはなりませぬ

 

現代にも通じる精神を感じさせる言葉の数々ですね。

什の掟は今でも会津地方の小学校で教えているそうです。

 

サークルメンバーの会津出身学生がいることを思いだし、その精神が大学生になっても影響があるのかをメールで聞いてみたところ、次のような返信がありました。

 

「今思うとやっぱり会津の子供は素直だなって思います。

んー。生きざま..."ならぬものはならぬものです。"

という教えが、周りに流されず悪いこともせず、ぶれない自分でいれることに繋がっているような気がします!笑」

 

最後の一文についてさらに聞いたところ、小学校の先生は「今は大丈夫なんですよ」説明され、男児一同は安心したそうです・笑

 

いろんな所から学生さんが入学されるようになりました。

 

社会福祉専攻 鷹西 恒

 

 

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.