HOME » » ふくたん日和(教職員ブログ) » 2012年8月

2012年8月

一昨日、卒業生が短大に遊びに来てくれました。

 

卒業してから半年ぶりに見たその姿は、あの時と少しも変わらず元気そうで安心しました。注射もできるようになり、既に夜勤も入っているそうです。毎日必死で頑張っているとのこと。その彼が言っていました。卒業した今は、学生のとき以上に毎日勉強していますよと。

 

はみか見ながら仕事ぶりを話すその姿の中にも、看護師としての誇りや自覚が垣間見え、学生の頃よりも少し大きく見えました(あれっ!太ったのか!?・・・そんなわけないやん!)

 

以下は、看護学科の教育目的です。

 

看護師として正確な専門知識と安全な技術を身につけ、本人と家族を含めた看護の対象やその対象を支える保険・医療・福祉従事者及び地域の人々への理解を深め、信頼関係を形成し、安心感を与えることのできる態度と幅広い教養を身につけ、常に自己を向上させる意欲を備えた看護実践者の育成を図る。

 

彼の姿は、学生の頃培った本学の教育目的そのものの姿であることを実感した嬉しい出来事でした。

 

―共同研究室―

 

 

お盆に、墓参りをされた方も多いと思いますが、

自分の祖先について、私も少し考えたことがあります。

当然、私は両親のお陰で生まれてきていますが、

その両親にも、それぞれに両親があります。

そのようにさかのぼっていくと、わずか10代で

1,024人が関係し、私が生まれてきたことになります。

いろいろなことがある人生ですが、いろいろな人との

関わりにより、今の自分がいることに、まずは感謝して、

目の前のことだけではなく、少し長い目で人生を考えてみたいと思いました。

企画推進部 きた

 

福短がある射水市には、いろいろな観光地、施設等があります、

普段は富山市から通勤しており、なかなか射水市内をゆっくり探訪する

機会がないので、市内について、今後継続的に情報提供させていだきます。

記念すべき、最初の紹介は、海老江海水浴場です。

この夏、はじめて利用させていだきましたが、駐車場から近いこと、

無料のシャワー・更衣室等が設置されており、とても魅力を感じました。

若干泳げる範囲が狭いので、大人だけで楽しむには不向きかも知れませんが、

家族づれで利用するには、最高のロケーションです。

まだ暑い日がつづきます。ぜひ利用してみてください。

企画推進部 きた

 

 

お盆を過ぎてもこの暑さ!!! みなさん熱中症には十分ご注意ください。

 

現在、福短学生の約1/5は富山県外出身の学生たちです♪

ということは...この約1/5のほとんどの学生が一人暮らしをしていると言えます。

福短の周辺にはアパートも多く、福短指定の不動産業者さんがお部屋探しをしっかりサポートしてくれています。安心・安全・快適な学生生活が過ごせるよう、通学の利便性や周辺環境、予算などを考慮しながら紹介してくれます。

 

この暑さの中、一人暮らしの学生たちは、ちゃんと食事できているのか心配です。(私も毎日「今日の夕食何にしようかな?」と頭を悩ませています...)

最近の我が家では、冷たい夕食(トマト冷製パスタ)とおやつ(白玉)を子どもと一緒に作ってみました♪オススメです♪みなさんもいかがですか。

 

 

ぱすた.jpg しらたま.jpg冷たいものの食べすぎでお腹を冷やさないように気をつけてくださいね...

 

企画推進課 よしだ

▽連日沸き立つオリンピックも終盤。過去最高のメタル数を獲得した日本選手団。

各競技をTV観戦、競技後の選手コメントを聞き、自己との戦いを続けるアスリートたち、自己を諦めない人たちに感動の毎日です。自己との戦いを続けられること、自己を諦めない条件のひとつには、決してひとりぼっちではなく、周りの人とのかかわりによって強くなるんだなぁと感じます。

さて、ブログで何を書こうか。

 

▽コインランドリーで待ち時間。読み倒された雑誌や漫画を手にする気になれず、携帯のbookストアメルマガ から 「アントキノイノチ」を立ち読みしてみました。昨年映画化され話題になった作品だけど内容は全く知りませんでした。作者のさだまさしは、歌手としてファンですが、本を読んだのは初めてでした。人々の心の動きを的確に優しく読みやすく綴られた文章に、人間としての深さを感じ益々ファンになりました。

コインランドリーを出るときには、続きは本を購入して読もうと決めていました。翌日のユーズドでの購入価格は新品同様なのに驚くほど安かったです。

 

▽主人公の永島杏平の心の動き・葛藤。同級生たちの心の動き。親としての葛藤。孤独に生き続けた人たち。読みすすめるたびに、若かった頃の感情や親になり感じた不安・期待・辛さ・愛情、我が子の心・・・・さまざまな感情がオーバーラップしました。涙涙。。

また、周りの大人たちの優しさ・温かさ、深いこと!また、父親の対応がとってもすばらしい。とても深いテーマなのに、さわやかに表現された読みやすい文章です。読むのに時間はかかりませんのでお勧めです。

 

▽自分を諦めない。生きることを諦めない。そのことを息子と語りたいなぁと思っていました。しかし、あれから3ヶ月が経ったけど、また伝えられない自分が居ます。でも、焦らないでおこうと思います。押し付けになってはいけないしね。

無理せずに、受け入れられるときがきたら、そのときはきっと話し合えるはずですから。

 

今日も暑いです。みんな「元気ですかー」

 

学事課:よしい

 

  anntokinoinoti.jpg   

 

全国高等学校総合文化祭が富山で開催されています。

今朝、富山駅周辺を通りましたが、揃いのTシャツを着た高校生のたくさんを見かけました。

ボランティアとして4,000人の県内高校生が関わっているそうです。

県外からの参加される高校生の皆さんが良い思い出を持って、

故郷に帰れるよう裏方として支える高校生の方がいます。

体調管理をされ、自分自身も楽しむ活動としてください。

企画推進部 きた

連日、日本選手の活躍が続いておりますが、メダルを獲得した選手のコメントによく出てくる言葉があります。

 ・夢はあきらめなければ、叶うもの

 ・支えてくれた人々に感謝したい

気の遠くなるようなを努力を重ねてきた選手のコメントですが、私たちの人生の指針にもなる言葉です。

自問自答してみてください。

 ・夢や目標を思い続けていますか。

 ・周りの人たちに感謝していますか。

企画推進部 きた

オリンピックが始まってから、睡眠不足の日が続いていますが、

特に、水泳の北嶋選手と卓球の石川選手に姿勢には深い感銘を受けました。

メダルに届かず、非常に残念でしたが、努力を積み重ねてきた二人の強い攻めの姿勢は、

私に勇気を与えてくれました。とかく結果を気にして、慎重になりがちになりますが、

今の自分に満足することなく、常に向上を目指す福短の教育目標である「つくり・つくりかえ・つくる」と通じるものを感じました。頑張れニッポン、みんなが応援しています。

 企画推進部 きた

 

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.