HOME » » 地域・一般の方へ » 「2018年度 第5回プログラム研修会」が行われました

「2018年度 第5回プログラム研修会」が行われました

富山福祉短期大学では、臨床美術士の方を対象にプログラム研修会を実施しています。参加者は、実際に1つの参考作品を製作することができ、取り上げられる全てのプログラムのライセンスが給付されます。臨床美術士としてのスキルを磨く機会としていただいています。


2018年度の第5回目が9月16日(日)午後に実施されました。


第3回は、最新アートプログラム研修会⑯です。今回は10名の臨床美術士の方が参加されました。

HP_第5回プログラム研修会2018_1.jpg

【研修内容】 

「紙やすりに描くラ・フランス」※参考作品制作

【講師】  北澤 晃


はじめに今回の題材であるラ・フランスについてお話がありました。

ラ・フランスは旬の時期がとても短く、時期外れだと手に入れるのが困難です。今回の研修もラ・フランスの収穫にはまだ早い時期での開催でした。

富山県では立山町で生産に力を入れています。今回の研修会では、先日の台風の影響で落果してしまった実を譲っていただき、モチーフとさせていただきました。

その後、材料や描画紙の準備について説明があり、プログラムに沿って制作にはいりました。「紙やすりに描く」ということで、みなさん画材の素材感を楽しみながら制作をされていました。


HP_第5回プログラム研修会2018_2.jpgHP_第5回プログラム研修会2018_3.jpg
素材の面白さと、様々な技法を体験しながら、ラ・フランス特有の形を浮かび上がらせ、細かい表情を表現していきました。皆さんとても集中した時間が流れました。

HP_第5回プログラム研修会2018_5.jpgHP_第5回プログラム研修会2018_4.jpg

プログラム終了後には、「乾かし方、力の入れ具合などの加減が必要か」「モデリングペーストの混ぜ込み方のコツは?」といった、実践的な質問があがりました。


ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!

アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.