HOME » » 地域・一般の方へ » 地域・一般の方へ » 「地域いきいき・臨床美術セミナーin氷見市」が行われました

「地域いきいき・臨床美術セミナーin氷見市」が行われました

富山福祉短期大学では、富山県ひとづくり財団からの助成を受け、今年度も臨床美術に興味のある一般の方を対象に「地域いきいき・臨床美術セミナー」を開催しています。

9月30日(土)に、第2回となる氷見市でのセミナーが行われました。氷見市と共催のセミナーとして実施し、45名の方が受講されました。その様子をご紹介します。

日にち:平成29年9月30日(土)

時間: 14:00~16:00

会場: 氷見市ふれあいスポーツセンター

講師: 富山福祉短期大学 幼児教育学科 教授 北澤 晃

内容: "頭ひらめき、心きらめき、健康づくりアート"のすすめ(30分)
    アートプログラム(80分)
    「線と色のコラージュ」

今回も、本学 幼児教育学科 教授 北澤 晃 先生と、臨床美術士4名の方を講師として実施しました。

はじめに、氷見市地域包括支援センター所長 七分様よりごあいさついただきました。
七分様より、昨年氷見市と富山福祉短期大学で締結した連携協定のお話や、本学が取り組む臨床美術について、ご紹介をいただきました。

続いて、さっそくセミナーが始まりました。まずは、臨床美術についての説明です。
臨床美術はアートプログラムを行うことで、右脳が活性化し、認知症の予防や子どもの創造性の育成、大人のメンタルケアに効果が期待できるものです。
絵の描き方や内容によって、脳の活性化する部分や程度が異なるという説明がありました。
臨床美術セミナー氷見市(先生).jpg
会場の参加者に対して、「絵を描くのが好きか」という問いかけがあると、一般的には少ないものですが、若干多い1/4くらいの方の手が挙がりました。一方、「絵を見ることが好き」という問いかけには多くの方の手が挙がりました。
臨床美術セミナー氷見市(手を挙げる).jpg
また、臨床美術のプログラムの紹介がありました。プログラムは数多くあり、いくつかの作品例が示されました。

続いて、「のばして混ぜる色遊び」のプログラムで少し体験をしてみます。
臨床美術セミナー氷見市(線あそび).jpg
好きな色を指で伸ばして制作しました。臨床美術がどのようなものかわからなかった受講者の方々も、偶然にできる抽象画を実際に制作してみました。セミナー開始時には少し緊張してみえた表情もありましたが、制作後にはグループごとに見せ合うなど、笑顔が見られました。どれも鮮やかで、ひとつとして同じ作品はなく、小さな作品でしたがどれも存在感がありました。
臨床美術セミナー氷見市(伸ばす手元).jpg臨床美術セミナー氷見市(伸ばす作品).jpg
続いて脳の仕組みや脳がどのように時間を捉えていくかがポイントであり、臨床美術のプログラムは「共時性」~今行っていること、今を感じること~を大切にできるように、結果に捕われないようにつくられているプログラムであるという内容の話がありました。
さらに、臨床美術を継続して行った受講者の「いきいき観」が上昇しているデータ(更に研究・実証途中)も示されました。

続いて、「線と色のコラージュ」を制作しました。制作中は音楽が流れ、五感である聴覚も自然に刺激されています。五感を全て使って描くというところも、臨床美術の特徴のひとつです。いつの間にか、音を立てるほどオイルパステルを集中して動かして描く参加者が多くみられました。
「今」に集中していく受講者の作品に、臨床美術士が声かけを行います。
臨床美術セミナー氷見市(コラージュ説明).jpg臨床美術セミナー氷見市(臨床美術士フォロー).jpg
さらに、作ってきた作品にはさみを入れて「つくりかえる」という工程もあり、受講者の皆さんは驚きながらも、出来上がった作品が想像を超えるものになることを体験していました。

臨床美術では、最後に必ず鑑賞会を行います。作品全てについて、どなたの作品なのかを確認し、臨床美術士によって、その良いところが述べられます。
臨床美術セミナー氷見市(鑑賞会てあrだ).jpg臨床美術セミナー氷見市(鑑賞会わたなべ).jpg臨床美術セミナー氷見市(鑑賞会さわだ).jpg臨床美術セミナー氷見市(鑑賞会なんもと).jpg
この鑑賞会を含めて、臨床美術のプログラムが成り立っています。受講者の皆さんも、実際に作品を褒められるという体験をしていただき、その効果を体感していただきました。

左脳では描けない(形ありきではない)美しい抽象画が並んでいました。こういった意図しては描けない絵を自身が描くという新しい自分との出会いや喜びを、是非時々生活に取り入れていただき、地域の活性化にもつなげていっていただきたいと思います。

受講者の声をご紹介します。

・初めて体験させていただき、大変充実した時間をありがとうございました。右脳モードが苦手な私でも、すてきな作品になりました。また機会があれば、参加したいと思います。

・自分には絵を描く才能は無いと思っていました。いわゆる食わず嫌いが少し改善されたかな・・・

・描き始めると楽しくて、手が止まらなくなりました。

・とても楽しかったです。評価しない表現、すばらしいと思いました。

・夢中になれた時間に感動。仕上がった作品に感動。

・初めて見た世界、大変申請で帰って委員会で話してみようと考えています。

・子どもでもできる簡単な作業を通して、はじめて出会った隣の方々とも会話がはずんだことを意識できて驚きました。楽しかったです。

・こうしたアートを楽しむことができることに感動した。

・臨床美術とは初めて聞いたので少し不安でしたが、脳の働き方について学びよかったです。

現在、臨床美術は、高岡市・射水市・南砺市・砺波市の地域包括支援センターやサロンに導入されており、地域からのご依頼も多くなっています。氷見市においても、是非地域の活性化のために、活用されることを期待しています。今回の受講者の皆さんには、今回のセミナーで得たことをお役立ていただきたいと思っています。

また、富山福祉短期大学では、「臨床美術のプログラム」を体験したい、というご要望も承っています。本学で開講される地域の方向けの講座や出張授業もご用意しています。興味のある方は、是非ご用命ください。




アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.