HOME » » ふくたんからのお知らせ » インフォメーション

インフォメーション

キャリア開発・支援課からの 内定報告【第5報】です!
富山市の公務員試験に見事合格された村井さんに、今のお気持ちを伺いました。

★公務員試験合格★

幼2村井.jpg幼児教育学科 2年  村井 明日香 さん

富山市職員(保育士)


Q1.公務員試験合格おめでとうございます。今の気持ちを教えてください。
A1.とても嬉しいです。不安でしたが、無事受かって良かったです。幼い頃の担任の先生と一緒に働くチャンスを掴むことができました。

Q2.合格までの道のりを教えてください。また、就職活動を振り返って思うことは何ですか?

A2.公務員試験対策講座に参加して、一生懸命勉強しました。細かく、分かりやすく教えてくださって理解しやすかったです。

面接練習では、予想される質問に対して一言で答えるのではなく、肉付けをして自分をアピールしていくことが大切だと分かりました。

Q3.合格を勝ち取った要因は何だったと思いますか?

A3.試験前はとにかくリラックスすることです。緊張しているといつものようにできないので、深呼吸をながら、余裕を持つことが大切だと思います。

Q4.どんな社会人を目指しますか?

A4. 真面目に働き、いろいろな人びとと関わることができるようになりたいです。

社会で認められるような保育士になります。

Q5.後輩へアドバイスやメッセージをお願いします。

A5.リラックスして試験に臨んでください。

しっかり眠って、体調も整えましょう。まじめに努力したら必ず報われます。

村井さん、素敵な笑顔でインタビューに答えてくださりありがとうございました。

今年度も、次年度の公務員試験受験を考えている1年生を対象に、公務員試験対策講座がスタートします。先輩の声を参考に頑張っていきましょう!

キャリア開発・支援課では、学生の就職状況について、今後も随時報告いたします。

11月の開館時間について

平成30年10月29日

図 書 館

11月

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

※開館時間に関する問合せ先:図書館

黒色  9時-20時

青色  8時30分-17時30分

緑色 11時30分-17時30分

赤色 休館日

キャリア開発・支援課から卒業生の活躍を紹介します!

仁愛大学人間学部心理学科に進学した殿岡彩樹さんが、うれしい報告に来てくれました!どんな報告なのかは後ほど...進学後の様子等をインタビューしました。

平成29年度 社会福祉学科社会福祉専攻 卒業生

卒業生_殿岡さん.jpg

仁愛大学人間学部心理学科 3年次へ編入
殿岡 彩樹 さん (竹ノ山学科長と一緒に)


Q1.編入学し、現在学んでいることを教えてください。

A1.心理学について学んでいます。基礎的なことから専門的なことまで幅広く学んでいます。

Q2.富山福祉短期大学を卒業し、なぜ仁愛大学へ編入学されようと思われましたか?

A2.将来、心理職を目指したかったからです。また、もっと深く心理学を学びたいと富山福祉短期大学在学中に思ったからです。

Q3.現在の学びのやりがいや大変なことを教えてください。

A3.毎日の授業が楽しいです。

Q4.富山福祉短期大学での学生生活の思い出(サークル活動、ボランティア活動、実習等1つ)を教えてください。

A4.日々の授業はもちろん、同級生のみんなと楽しくおしゃべりしていたことが、とても思い出に残っています。

Q5.富山福祉短期大学で得たものを教えてください。

A5.福祉のことについてです。福祉のことを多く学んでいたからこそ、今の心理学の授業に活かせていると思います。心理学と福祉について詳しいことは、今の私の最大の強みになっていると思います。

Q6.今後の目標を教えてください。

A6.昔から犯罪心理学を生かした仕事に就きたいと思っていたので、今は犯罪心理学を活かした仕事に就くことが目標です。

Q7.4年制大学への編入学を希望していて、福短へ入学してくる高校生や、編入学を目指している在学生に向けて、メッセージをお願いします。アドバイスなど、是非お願いします。

A7.早めの準備が大切だと思います。また、あきらめずに「編入学したい!!」という夢を貫くことが大切だと思います。

今回の目玉 検定合格の報告に来てくれました!! 
Q8.今回合格された検定について教えてください。

A8.心理学検定 2級』を取得しました。この検定は、心理学を学んだという証明になります。
富山福祉短期大学在学中から受験勉強に取り組んで、去年は3科目中2科目合格でした。そして今年、再挑戦して「2級」に合格することができました。去年からの積み重ねがあったからこその合格だと思うので、次は1級に挑戦したいです!

 殿岡さん、突然のお願いにもかかわらず、笑顔で快くインタビューに答えてくださりありがとうございました。
 富山に着いて、キャリーパックを持ったまま短大に報告に来てくれました。元気な顔を見ることができてうれしかったです!今後のさらなるご活躍を応援しています!

キャリア開発・支援課からの 内定報告【第4報】です!
看護師として富山県立中央病院に内定が決まった小助川さんに、今の気持ちを伺いました。

看3小助川.jpg

看護学科 3年  小助川 佳奈 さん

内定先:富山県立中央病院


Q1.就職内定おめでとうございます。今の気持ちを教えてください。

A1.希望していた病院から内定をいただいて、ホッとしています。

Q2.就職活動を振り返って思うことは何ですか?また、志望理由も教えてください。

A2.この病院は県内唯一の県立病院であり、また、富山県の機関・中核病院として高度先進医療や急性期医療の充実が図られているため志望しました。
就職活動を振り返ってみると、長かったようで試験まではあっという間に時間が過ぎていったと思います。

Q3.内定を勝ち取った要因は何だったと思いますか?就職の為に行ったことはありますか?

A3.病院についてホームページやパンフレットを用いて調べたり、オープンホスピタルに行って情報を集めたりしたことだと思います。

Q4.どんな社会人を目指しますか?

A4.周囲の人から頼られる「社会人」を目指します。

Q5.後輩へアドバイスやメッセージをお願いします。

A5.就職活動と同時に勉強や実習をしなければならなくて大変だと思いますが、頑張ってください!

小助川さん、実習で大変な中、インタビューに答えてくださりありがとうございました。

夕方、実習で疲れているにもかかわらず内定の報告に来てくれました。本当におめでとうございます!



キャリア開発・支援課では、学生の就職状況について、今後も随時報告いたします。

t3.jpg

社会福祉専攻1年生後期の授業では、「心理検査法」という授業を行います。

この授業は心理検査の基礎を学び、人間の多様な心理を客観的根拠をもって理解するための技術の基礎を習得し、自ら客観的に捉える力を養うことを目的としています。

社会福祉専攻では、社会福祉学と心理学の学びを深め、日本福祉心理学認定資格である「福祉心理士」の資格取得を目指すことができます。

心理検査などの心理的アセスメント技術は、心理職はもちろん、心理ケアを必要とする福祉現場においても役立てることのできる専門的スキルです。


                        講義風景

t1.jpg

今回は、わが国で広く用いられている知能検査のうち、ウェクスラー式知能検査についての授業をご紹介します。

ウェクスラー式知能検査は、発達障害児/者や認知症患者など、個別具体的な知的能力を診断的に把握する必要がある場合に用いられる重要な知能検査です。

学生たちは、実際に最新の検査キットであるWAIS-Ⅲを用いて、検査者と被検査者を交代で実演しながら、この検査の概要や実施手順について体験的に学びました。

実際の授業風景をご覧ください。

                       画像をクリック

                         ↓↓↓

/information/tdouga1-1.png

このような体験的な学びが、将来、障がい児/者への専門的な支援の力となります。

また、この科目で学ぶ心理検査の基礎が2年次で履修する心理アセスメント基礎実習の土台となります。

社会福祉専攻では、北陸の短期大学で唯一、心理学を体系的に学習できるカリキュラムを採用し、実践・体験を重視した授業を行っています。

心理学に興味がある方、ぜひ富山福祉短期大学へ入学し、社会福祉専攻で一緒に学びませんか?お待ちしています!

キャリア開発・支援課からの 内定報告【第3報】!

看護師として黒部市民病院に内定が決まった阿知良さんに、今の気持ちを伺いました。

看2阿知良.jpg

看護学科 3年  阿知良 希 さん

内定先:黒部市民病院

Q1.就職内定おめでとうございます。今の気持ちを教えてください。

A1.嬉しい気持ちと安心の気持ちでいっぱいです。

Q2.就職活動を振り返って思うことは何ですか?また、志望理由も教えてください。

A2.病院見学会に参加し、実際に病院の雰囲気を見ることができたので良かったです。
 志望理由は、自宅から近く幼いころから通っていた病院であったこと。新川医療圏の基幹である黒部市民病院で、看護師としての技量をより高めていきたいと思ったからです。

Q3.内定を勝ち取った要因は何だったと思いますか?就職の為に行ったことはありますか?

A3.面接で自分の長所である元気でハキハキしているところを存分に発揮できたからだと思います。集団面接であったため、他の受験者よりも声を出してはっきりと話すこと、背筋をしっかり伸ばして落ち着いていることで、少しは自分の良い印象を残せたのではないかと思います。

Q4.どんな社会人を目指しますか?

A4.私の身近には、仕事のプロフェッショナルの方がたくさんいて、憧れと尊敬でいっぱいです。私もその方々のように、早く一人前になって自分の仕事にやりがいとプロ意識を持った社会人になりたいです。

Q5.後輩へアドバイスやメッセージをお願いします。

A5.緊張や不安でいっぱいになるときもあると思いますが、自分の言葉でしっかりと伝えようとする姿が大事だと思います。頑張ってください!

阿知良さん、素敵な笑顔でインタビューに答えてくださりありがとうございました。

キャリア開発・支援課では、学生の就職状況について、今後も随時報告いたします。

9月15日(土)、今年も福短祭に合わせて『ホームカミングデイ』を開催しました。

当日はたくさんの卒業生にお越しいただき、各学科専攻とも充実した時間を卒業生の皆さんと過ごすことができました。


ホームカミングデイ当日の様子ご紹介します。

******************************************************************
「卒業生交流会「SYAFUKU 22(シャフク)」 
(報告:社会福祉専攻 鷹西先生より)

社会福祉学科開設22周年。1000名以上の卒業生が地域で活躍しています。 今年は卒業生竹内紀子さん、福田春翔さん、森田博さんらが 中心になって、自己紹介や交流ゲームを行いました。

DSC02602.JPG


自己紹介では何期生,所属、短大時代の思い出などひとりずつ話していただきました。 所属も社福らしく多彩で、生活支援員、生活相談員、介護職として働いている人をはじめ、施設長や市役所職員、一般企業の方まで いて思い出などを語ってくれました。


自己紹介が終わってからは、背中に貼ってあるものの名前を相手への質問で当てるゲームや、「○○といえば?」とグループの4人の答えが 同じ人が多いほど点数が入り、高い点数ほど高価なデザートがもらえる争奪戦ゲームを行いました。 豪華高級デザートをもらったチームは達成感に満ち溢れた笑顔でした。
DSC02616.JPG  DSC02623.JPG

DSC02628.JPG最後はお話タイムでpizzaなどを食べながら、仕事の話や趣味の話、短大時代の思い出を 楽しく語り合いました。年月は違っても同じ教室で学んだ人どうしで過ごす時間は、参加した 全員にとってとても心地よい時間だったようです。

DSC02645.JPG

終わった後、「楽しかった」、「美味しかった」、「よい交流や情報交換ができた」との声が多くありました。 事前準備、司会進行、会計業務等最後までしっかりとやってくださった役員、関係者の方に感謝いたします。


社会福祉専攻卒業生の方々の今後のご発展を祈念いたします。 またお会いしましょう!

**********************************************************************************************


*その他の学科専攻の様子です。

看護.JPG

IMG_1639.JPG

IMG_1640.JPG
参加してくださった卒業生のみなさん、ありがとうございました。

今回、都合がつかず参加できなかった方も多くいらっしゃいましたが、来年も開催予定です。

是非、またお会いしましょう!

 

10月の開館時間について


平成30年10月9日

図 書 館

10月

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31










黒色(9時~20時)

青色(8時30分~17時30分)

緑色(12時~18時)

赤色(休館日)

 今年度も、ふくたんの卒業生が集まる機会として「ホームカミングデイ」を福短祭当日に開催いたします。今回も学科専攻毎に研修会やイベントを企画しています。研修を通して会員相互の親睦を深めていただければと思いますので、この機会に是非、なつかしい母校へ足をおはこびください。

 ※尚、準備の関係がありますので、参加ご希望の卒業生の方は同窓会事務局までご連絡ください。(TEL:0766-55-5567)


***ホームカミングデイ・研修会のご案内 ***


■社会福祉専攻 

◆9月15日(土) 14:00~16:00   場所:1号館 301教室

卒業生交流会「SYAFUKU22」

・社会福祉専攻が開設されて22年。県内外で1077名の卒業生が福祉現場等で活躍しています。今年もアイスブレイク、ゲーム等を通してコミュニケーションを円滑にする技法を学びながら、仕事の悩み相談、名刺交換、ビンゴなど内容盛りだくさんで卒業生のみなさんをお待ちしています。

■介護福祉専攻

◆9月15日(土) 14:00~16:00    場所:3号館 201教室

ふくたん介護福祉専攻卒業生「ガス抜きデー」

・自分の働いている施設の良いところや改善すべきところの再確認を通して、日頃のストレスを発散し、介護福祉士としての質の向上を図る。

■看護学科

◆9月15日(土) 14:00~16:00    場所:5号館 102教室

1 本学卒業生・教員による研究発表会 【14:00~15:00】

  研究発表1

  「A病院 集中治療室における道徳的感受性と倫理的行動力の向上にむけた

  取り組みと評価~倫理カンファレンス強化月間前後の実態調査~」

  研究発表2 

  「高齢者看護学実習でのケア実践における困難の分析 ―振り返り学習から―」

  研究発表3

  「青年海外協力隊としてみた世界」

2 ミニ同窓会 【15:00~16:00】


■幼児教育学科 

◆9月15日(土) 14:00~15:00   場所:4号館 101教室

卒業生による交流会

・保育者としての仕事のやりがい、悩みなどを共有し、また新たな気持ちで仕事に向きあえるようにする。

********************************************************************

卒業生の皆様には、はがきにてご案内させていただきましたが、お手元にはがきが届いていない、または住所の変更をされた方は、お手数ですが同窓会事務局までご連絡ください。

■住所変更はこちらから→ 住所変更フォーム


たくさんのご参加をお待ちしております。

【お問い合わせ先:富山福祉短期大学同窓会事務局 0766-55-5567】

9月の開館時間について


平成30年9月1日

図 書 館

9月

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30




        





黒色
(9時~20時)

青色(8時30分~17時30分)

緑色(11時30分~17時30分)

赤色(休館日)

アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.