HOME » » ふくたんからのお知らせ » 進学ガイダンス

進学ガイダンス

6月中旬から7月にかけて、各学科・専攻の卒業学年の学生の中では、就職活動が活発に行われるようになってきました。

1号館の就職担当窓口にも、「履歴書の書き方を教えてください」、「志望動機を添削してください」、「公務員試験について教えてください」などと言って訪ねてくる学生が増えてきました。

学生にとってはもちろん初めての就職活動であり、求人票を見て、どのような観点で施設を選び、実際にどのような手順で活動すればよいのか、そしてどんな採用試験が行われるのかなど、戸惑うことが多いと思います。


これから本格的に就職活動が始まるのを前に、そのような学生を支援することを目的として、6月20日(土)と7月4日(土)の2回にわたり、『キャリアアップ講座』を行いました。


前回の内容は、以下の通りでした。

 ■ 6月20日(土) : ①施設訪問対策

                ・「働く」ということ 就職活動の流れ

                ・訪問の仕方            など

               ②履歴書対策

                ・志望動機、自己PRの書き方とそのコツ など



そして今回7月4日(土)は、前回の続きとして、③面接対策と④小論文対策を行いました。

IMG_4995-1.jpg


③面接対策では、・面接試験の意義 ・自分自身の分析 ・求められる人物像 などについて、学生とのやりとりを交えながら話しました。

IMG_5008-1.jpg


また、④小論文対策では、・小論文の書き方とその内容 ・書くコツ などについて話しました。

IMG_5011-1.jpg



どの学生もメモをとりながら真剣に話を聞き、「自分の就職活動に役立てよう」という気持ちが伝わってきました。
IMG_5010-1.jpgIMG_5002-1.jpg

IMG_4998-1.jpg



学生にとって、どこの施設へ就職するのかは大変大きなことであり、人生のターニングポイントです。これからも一人一人の学生が自分の進路としっかり向き合い、自分の努力で自分の道を切り拓いていけるよう全力でバックアップしていきます。


そしてその中で、これから社会に出る一人の大人としての礼儀やマナーなどを身に付け、より一層成長してもらいたいとも考えています。


目標は、『就職率100%』です!

 

 毎年12月に、全学科専攻の1年生(看護学科は1、2年生)を対象とした就職・編入学ガイダンスを行っています。ガイダンスでは、進路状況や就職活動の流れ、履歴書の書き方、また編入学についての説明がありました。

 

 

003.JPG

 学生達は今年の4月に入学したばかりで、毎日の授業や実習・学校行事であっという間の日々だったと思います。しかしこの時期にガイダンスを行うことで、今後の進路について考えたり、実際にいつから、どのように動けばよいかが分かり、今から準備することができます。

 

 キャリア開発・支援課ではたくさんの資料を用意し、就職に関するいろいろな相談に応じます。なにか良い情報が得られるかもしれませんので、気軽に職員に声をかけてみてください。

 大学編入学試験 合格おめでとうございます!

     

市田浩規さん.JPG          市田 浩規 さん(社会福祉学科社会福祉専攻)

           ≪進学先:同朋大学社会福祉学部編入学≫

 

Q1.合格おめでとうございます。今の気持ちを教えてください。

A1. 県外の大学への編入学ということで、これからの生活に楽しみなことと

   不安なことはありますが、一人暮らしをしていくことになるので気をひきし

   めていきたいです。

 

Q2.進学のための活動を振り返って思うことは何ですか?

A2. 自分が入試でどれだけ進学先の大学のことを調べていくことができたかも

   面接の材料になったと思います。しかし、何よりも自分の個性や今まで力を

      入れてきたことをアピールすることが求められたと思います。

   志望動機を考える上でも調べた情報が役立ちました。

 

Q3.合格を勝ち取った要因は何だと思いますか?

A3. 自分がこれまで学んできたこと(失敗したことも含め)を面接の際に出すことが

できたことが要因であると思います。試験では人間性が見られるので、自分が

自信をもって成し遂げられたことや、現在頑張って取り組んでいることを伝える

ことができたと思います。

 

Q4.進学先で何を目指しますか?

A4.また2年間、学習する機会ができたので、世に出て恥ずかしくない社会人を

目指していきたいです。

 

Q5.後輩へアドバイスやメッセージをお願いします。

A5. 今が大切だと思います。自分が語ることのできる物語をつくっていってください。

それが活かせるときは絶対にくると思います。

 

 

市田さんが頑張って取り組んでいることが合格につながり、本当に嬉しいです。

春から県外での生活となりますが、またいろいろなお話が聞きたいので短大へも

是非来てくださいね。

 

    4年制大学編入学合格おめでとうございます!

永楽さん.jpg

           永楽 琴音 さん(社会福祉学科社会福祉専攻)

       ≪進学先:日本福祉大学社会福祉学部編入学≫

 

 

Q1.合格おめでとうございます。今の気持ちを教えてください。

A1. 合格することができてほっとしています。しかし、まだ2年の後期が始まった

       ばかりなので気を緩めず勉強していきたいと思っています。

あと少しの短大生活も楽しんでいきたいと考えています。

 

Q2.進学を考えたのはいつ頃ですか?また、どのように取り組みましたか?

A2. 1年生の時から編入については漠然と考えていました。

      編入を決意したきっかけは、2年生での実習中に精神疾患の方の援助について

   ほとんど知らないと思い、もっと深く勉強したいと思ったことです。また、授業で

   心理学の勉強もしていたので精神分野に興味をもちました。

ただ、決めるのが遅かったため、急いで受験の準備をしました。

 

Q3.入学時に「私」宣言をしての見事編入学合格となりましたね。

A3.実は高校の時は就職も考えていました。富山福祉短期大学を調べるうちに

  「編入学」いう道もあることを知り、入学して「私」宣言をしました。

 

Q4.合格を勝ち取った要因は何だと思いますか?

A4. 過去問を勉強したことだと思います。

   先生にアドバイスをもらいながら勉強ができていたため、とても心強かったです。

 

Q5.進学先で何を目指しますか?

A5. 精神保健福祉士の資格をとりたいです。社会福祉士の勉強をすると共に精神

   分野についても学んでいきたいと思います。

 

Q6.後輩へアドバイスやメッセージをお願いします。

A6.進路に関しては早めに行動することが1番だと思います。漠然としたものでいい

   ので、自分の理想に近いものは何なのかよく調べて一生懸命になってください。

 

 

   ありがとうございました。 

   福短でやりたいことが見つかり、次の目標に向かって一生懸命頑張る永楽さんを

   これからも応援しています!

 

 

 

  今年の春より、4年制大学へ編入学された卒業生の方より近況が届きましたので

  ご紹介します。

 

 

深山綾香さん.JPG深山 綾香さん(平成263月 社会福祉学科社会福祉専攻卒業)

新潟青陵大学(福祉心理学科)に編入学

 

Q.編入学し、現在学んでいることを教えてください。

A.心理学全般と精神医学について学んでいます。

 

Q.卒業後、なぜ新潟青陵大学へ編入学されようと思われましたか?

A.臨床心理士の資格取得のためです。青陵大学には大学院が併設されており、

且つこの大学院は第一指定大学院です。(大学修了後すぐに受験資格を得られる)

 

Q.現在の学びのやりがいや大変なことを教えてください。

A.将来必要になるであろう知識を覚え蓄えることは大変です。また、私個人としては

  自分で学びたいことはその周辺も学んでこそより深く理解できると思っているので

  余計に大変なのかもしれません。

 

Q.富山福祉短期大学を卒業して今思うことは?

A.県外の大学に編入したので少し寂しいです。

  いい友人と素敵な教職員に出会えたので、福短にいられてよかったなあと思います。

 

Q.今後の目標を教えてください。

A.臨床心理士になることが大きな目標ですが、当面は単位修得や大学院入学が

  目標です。

 

Q.4年制大学への編入学を希望して、福短へ入学してくる高校生や、編入学を目指している在学生に向けてメッセージをお願いします。

A.短大も大学も勉強するところです。勉強の仕方、円滑な人間関係を築く方法、程よい

  手の抜き方など大いに学んでください。

  私は学ぶことは本来楽しいものであると思っているので、皆さんの学びも楽しいものに

  なってほしいです。

 

 

 ありがとうございました。将来の目標をしっかりともち、一生懸命学んでいらっしゃる

 深山さんの姿が目に浮かびます。少し離れていますが、時々息抜きに福短を訪れて

 また元気な声を聞かせてください!

富山福祉短期大学では毎年4月に日本学生支援機構の奨学金説明会を行っています。

今年は新規採用者の説明会を421日~23日の3日間の日程で行いました。

 

記入の仕方や注意点・今後のスケジュールなどの説明があり、皆さんメモをとってしっかりと聞き入っていました。

 

 

奨学金説明会.jpg 

 

毎年、日本学生支援機構の奨学金は新規で30名ほどの申し込みがあり、高校時予約採用者を含めると奨学生は60名前後となっています。

 

説明会の後も記入の確認を一人一人に行い、採用までフォローしていきます。

その他、奨学金の説明も個別に行いますので、キャリア開発・支援課までお問合せください。

 

 

 

 

毎年11月から12月にかけて、看護学科2年生、1年生・社会福祉学科1年生・幼児教育学科1年生を対象に第1回目の就職ガイダンスを行っています。1217日には社会福祉学科の学生を対象にガイダンスが行われました。

 

1年生ということで、まだ入学して1年も経っていないのに...という気もしますが、この時期に一度ガイダンスを開くことで、これからの学生生活を送るにあたっての意識がぐっと違ってきます。

 

まず、「就職とは何か。なぜ就職するのか。」ということから学生に考えてもらいました。また、学生達は「何をしたいのか?どこの施設がよいか?福祉の職業にむいているのか?」など様々な不安があるかと思います。分からなくて当然であり、まずは具体例を挙げて、就職活動を始めていくことが大切になります。

 

画像 035.JPG今回は、今年の進路状況や注意点・求人票、採用試験の時期など、どのように就職活動を進めていけばよいかの説明が行われました。また、今後の進路として、編入学についての説明もありました。

 

説明会の後にキャリア開発・支援課へ就職活動の相談に訪れた学生も数名おり、早くも行動に移してくれています。

 

キャリア開発・支援課では最新の就職ガイダンスや求人情報を掲示・案内しています。

 

迷ったら、「相談」してみることが大切です。

就職に関するいろいろな相談に随時応じますので、気軽に職員に声をかけてくださいね。

アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.