HOME » » ふくたんからのお知らせ » 受験生の方へ » 【授業紹介】先輩から学ぶ相談援助実習指導Ⅰ(社会福祉専攻)

【授業紹介】先輩から学ぶ相談援助実習指導Ⅰ(社会福祉専攻)

坂下9.jpgこの科目は、実習に向けて必要とされる知識や技術を、各分野の先生や実習先の指導者から学ぶ科目です。

今回は本学を卒業し、現在は新川むつみ園で活躍されている坂口涼香さんと、堀川南地域包括支援センターで管理者として活躍されている向井守さんのお二人に来ていただきました。

坂口さんは自分がふくたんにいた時の思いや経験を語りながら、現在の仕事を選んだきかっけや実際に働くことの意義について話をしてくれました。

実際に社会福祉専攻で過ごした先輩の言葉ということもあり、学生達もいつにも増して真剣に話を聞いていました。


                  新川むつみ園 坂口 涼香 さん

坂下11.jpg坂下12.jpg

向井さんは、最初に自分自身について考えるアイスブレイクを行った後、自己覚知の大切さ、地域包括支援センターの紹介や、職員の一日の仕事についてお話して頂きました。後半には、地域包括支援センターが対応される高齢者の相談の事例についてグループで考えました。

           堀川南地域包括支援センター管理者  向井 守 さん

テスト3.jpgmatuo2改.jpg


<学生の感想>

・自分と同じ学科専攻を卒業した先輩が活躍していることを知り、自分も将来についてイメージを深めることが出来た。

・坂口さんから今の仕事を選んだきっかけが実習だったという話を聞いて、これから自分が実習に行く時もそういう目線で取り組みたいと思った。

・専門的な面から地域と関わる仕事であり、個別の問題から地域全体での解決ができるよう支え合い、その連携・調整が社会福祉士の役割であると思いました。

・お話を聞いて地域包括支援センターの重要性が分かりました。事例を通して実際の相談援助についてイメージすることが出来ました。

・自己覚知の大切さや自分のことを知ることにより、相手のことをより理解することができることを学びました。

・講義の中で特に印象に残ったことは、相手との距離感がとても大切であるということです。どこからどこまで支援をしたらいいのか難しいと感じますが、実習を通して学びたいと思います。



 この授業は、現場のソーシャルワーカーに接する機会が少ない学生にとって、実際の相談援助の内容について学ぶ貴重な機会になったと思います。日々、地域包括支援センターで高齢者の方々と向き合う向井さんと、本学を卒業して活躍する先輩である坂口さんの講演を通じて、学生達は支援することの難しさややりがい実感し、これからの実習に向けて決意を新たにしていました。



第3回オープンキャンパスのテーマは「地域で活躍するプロに学ぶ!~将来の理想像を描こう~」です。

各分野でご活躍されている方々から直接分野の魅力や求められる人材について聞くことができるスペシャル企画を予定しています!

きっと新しい発見があると思います!是非ご参加ください!

第3回オープンキャンパスの詳細はこちら

お申込みはこちら

アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.