HOME » » ふくたんからのお知らせ » リレーメッセージin看護―128

リレーメッセージin看護―128

看護学科助手の稲垣です。1月から看護学科2年生の領域別看護学実習が始まり、母性看護学実習の実習指導をしています。
この1年間で、いろんな領域の実習指導をさせて頂きましたが、助産師としての臨床経験しか無い私にとっては、唯一リラックスできるのが、母性看護学実習です。
いざ本領発揮!と意気込んで臨みましたが...1月、2月は、豪雪とインフルエンザの洗礼を受け、武者震いかのような意気込みは、あっと言う間に打ちのめされ撃沈しました。


そんな中で、学生は、新生児に触れ、褥婦の幸せそうな表情を見ていると癒されると話してくれます。「自分がお父さんになったら、妻と赤ちゃんを守ってあげたい」と話してくれる男子学生や、「自分もこうやって大切に育ててもらったのだと、両親に改めて感謝しました」と話す学生も多いです。

128gou-1.jpg私はそんな話を、これまた幸せそうな顔で話してくれる学生を見て、ホッコリと温かい気持ちにさせられて、癒されています。
こんな風に、楽しそうに、母性と父性にあふれた表情で実習している学生を見ていると、こちらも嬉しくなり、打ちのめされた意気込みが、ムキムキと復活してきます。


母性看護学では、赤ちゃんとお母さんの母子相互作用が育まれることが大切と学びますが、学生から力をもらっている私は、学生との相互作用だな〜と勝手に思っています。
母性看護学実習も終盤になりました。大好きなチョコを注入しつつ、もうひと頑張りして、しっかり指導したいと思っています!
意気込みが打ちのめされそうになった時、体と脳みそが疲れた時はこれに限ります♡

128gou-2.jpg

アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.