HOME » » ふくたんからのお知らせ » 射水市の「学生による政策提案」で優秀賞に選ばれました!

射水市の「学生による政策提案」で優秀賞に選ばれました!

「富山コミュニティー論」では全学科の1年生が必ず履修する科目です。実際に地域に出向き、主体的に地域の課題を理解することが学習の目標となっており、AD(アドバイザー)教員ごとに様々な地域課題をテーマに取り組んでいます。


社会福祉専攻1年生の松尾AD 6名は、自分たちが地域に貢献できることはないかと考え、防災をテーマに調査をしました。

まず現状を知るために射水市役所(総務課)、三ケコミュニティセンターへ聞き取り調査に行きました。学生へのアンケートも実施しました。

HP_射水市政策提案1.jpg

そして、射水市が「学生による政策提案」を募集していると知り、「若者への防災意識の向上のために必要なことは何か」というテーマに応募することにしました。途中で行き詰まることもありましたが、何とか調査結果をまとめました。

HP_射水市政策提案2.jpg

当日は、他大学の先輩達に交じっての発表ということで、学生たちは非常に緊張していました。会場にはどのグループより早く到着し、リハーサルをしてから本番に臨みました。

本番では、審査員の方々の前で政策を発表しました。工夫をこらしたプレゼンテーションは、審査員の心をがっつり掴んだようです。射水市の防災の現状をきちんと調べていることと、プレゼンテーションでの学生の頑張りが評価され、優秀賞を頂きました!

HP_射水市政策提案3.jpgHP_射水市政策提案4.jpg

[ 学生のコメント ]

射水市の「学生による政策提案」で優秀賞をとれたことは大変嬉しく感じました。この防災というテーマを通して、改めて防災意識を強くもたないといけないと思いました。この福祉短期大学の災害時の備蓄がないことなどは調べてみないと分からないことでした。

このメンバーと松尾先生だからこそ、資料のための調査やプレゼンテーションの準備を進めることができました。今後、学内外でも防災意識が高まることを願います。

豆本 栄くん


HP_射水市政策提案5.jpg

1年生にとって、応募書類を揃えることは難しい部分もありましたが、終わった後に「達成感あるよね」と話している姿を見てほっとしました。

学生はお互いに意見を言いながら、それぞれの意見を尊重し、一つひとつ準備していました。このような経験を通して、学生の他者と協働する力や論理的思考が少し養われたのではないかと思います。



社会福祉専攻 講師 松尾 祐子



アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.