HOME » » ふくたんからのお知らせ » 【社会人の方へ】専門実践教育訓練給付金制度のご案内

【社会人の方へ】専門実践教育訓練給付金制度のご案内

「専門実践教育訓練給付金制度」とは、働く人の主体的で、中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的として、一定条件を満たす方を対象に、教育訓練にかかった経費の一部をハローワークが支給する制度です。

ふくたんでは、介護福祉専攻幼児教育学科「専門実践教育訓練給付金制度」の対象となっています。



平成30年1月1日以降に受講開始する専門実践教育訓練から、支給額・上限・対象要件が拡充されることになりました!
社会人経験を活かし、資格取得やキャリアアップを目指す方は、ぜひご活用ください!

fukuro-.jpg [ 支給額 ]

■訓練経費の50%を支給!

 受講の為に支払った教育訓練経費(入学金や授業料)の一部がハローワークから支給されます。これまで経費の40%(年額上限32万円)だった上限が、平成30年より50%

(年額上限40万円)に変更となりました。給付期間は2年間です。

 この給付は、訓練期間中6カ月ごとに支給申請をおこなうため、訓練中から支給を受けることができます。


[ 追加支給 ]

■資格取得&就職で+20%給付!

 訓練を修了して資格を取得し、1年以内に就職に繋がった場合は、教育訓練経費の20%を追加給付されます。

 訓練中の給付とあわせると、教育訓練経費の70%(年額上限56万円)が支給されることになります。




さらに、教育訓練期間中失業状態にある場合は、「教育訓練支援給付金」の対象となる場合があります。
「教育訓練支援給付金」では、離職前の基本手当日額の80%相当(上限あり)を、訓練期間が終了するまで受給することができます。
※「45歳未満である」「今回が初めての受講である」等の条件あり





「専門実践教育訓練給付金」を受給するためには、

①ハローワークへ申請 ②入学試験に合格 する必要があります。


ハローワークでは、受講前に訓練対応キャリアコンサルタントによる「訓練前コンサルティング」を受け、「ジョブ・カード」を発行し、申請手続きを受講開始日の1ヶ月前までに行う必要があります。



新たな資格を取得するチャンスです! この機会に、ふくたんで学び直してみませんか?

詳しくは、お近くのハローワークにお問い合わせください。



制度の概要はこちらをご覧ください → H30専門実践教育訓練給付金制度.pdf
ふくたんの資料請求はこちらから






アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.