HOME » » ふくたんからのお知らせ » インフォメーション » 祝 内定報告【第7報】 <キャリア開発・支援課>

祝 内定報告【第7報】 <キャリア開発・支援課>

内定おめでとうございます!

西岡絵里花さん.JPG

西岡 絵里花 さん(社会福祉学科社会福祉専攻)

≪内定先:社会福祉法人 手をつなぐ高岡≫


Q1.就職内定おめでとうございます。今の気持ちを教えてください。

A1. 内定をいただくことができ、とても嬉しいです。


Q2.就職活動を振り返って思うことは何ですか?

A2. 就職活動を始める際に、自分が何をやりたいのか、何を目指すのかと悩み、考えました。そして常に目標を持ち、努力する中で目指すものが見えてきたと思います。

こちらの施設を志望したは、実習で就労支援に興味を持ち、障がいのある方々の支えになりたいと思ったからです。


Q3.内定を勝ち取った要因は何だと思いますか?

A3.1年生の時から積極的にボランティアに参加したり、福祉関係のアルバイトをしたりと色々な経験をさせていただきました。また、サークル活動の中でも障がいをもった方や子どもたちとも関わり、様々なことを学びました。このような経験から自分の考えをしっかりと持ち、面接などで活かすことができたからだと思います。


Q4.どんな社会人を目指しますか?

A4. 利用者さん一人ひとりに寄り添い、支えていけるような人になりたいです。社会人としての自覚を持ち、努力することを惜しまないようにしたいです。


Q5.後輩へアドバイスやメッセージをお願いします。

A5.できるだけ多くの経験を積んでおくとよいと思います。積極的に考え、行動し、学ぶチャンスを逃さず頑張ってください。


学生時代に学んだこと、経験したことは本当に一生の宝物です。短大へは時々卒業生が遊びにきてくれますが、「学生時代にもっと勉強しておけばよかった」「もう一度講義を受けたい」という声も聞かれます。

在学生の皆さんも、一日一日を大切に、いろいろなことにチャレンジしてみてください。きっと目指すものがみえてくると思います。教職員も一緒にサポートしていきたいと思います。

アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.