HOME » » 福短からのお知らせ » 【授業紹介】心理学(社会福祉専攻1年)

【授業紹介】心理学(社会福祉専攻1年)

■科目名:心理学

■担当:竹ノ山 圭二郎 教授

■ミッション(学習目標):人に対する支援は一律のものではない。対人援助に関わる人は、「個人」を理解することが必要となる。心理学を学ぶことによって、人を理解しようとする態度と、人を理解するために必要な基礎知識とを身に付けることができる。

HP_H29nen心理学1.jpg

 この科目は、心理学の基礎的概要を学ぶ、心理系専門科目の導入教育であると同時に、社会福祉士基礎受験資格の指定科目でもあります。心理学を学ぶ楽しさを学生に実感してもらうことを第一の目標としています。

 富山福祉短期大学では、アクティブラーニングのための授業ツールとして「クリッカー」を導入しています。クリッカーとは、学生ひとり一人に配布されたカード型端末を用いて、学生の回答を瞬時に集計しスクリーンに表示する双方向コミュニケーション教育機器です。

HP_H29nen心理学2.jpg

 この科目を担当している竹ノ山先生のモットーは、「楽しくなければ勉強じゃない!」だそうで、どうしたら学生が楽しくアクティブに学べるかを追求した末に独自に開発した「クエスト型授業」によって講義が行われています。

 この授業では、「クエスト」、「ペンギン・パーティ」、「アクション・ポイント」、「考えてみよう!」、「パーティ・チャレンジ!」など学生がこれまで体験したことのない楽しく学ぶための仕掛けが満載です。毎年改良を加え、今年度は、教育界で注目されつつある評価法である「ICEモデル」を組み込んだ「クエスト型v5.0」を用いて、学生がアクティブに学び、自らの学びを評価し、学びの質を高めていく授業設計が施されています。このスタイルで行われている心理学講義は、日本で唯一ではないかとのことです。



 通常形式の授業では、その科目を学ぶために積み重ねた努力の大きさを学生は感じることができません。しかしこのクエスト型授業では、授業をゲームに見立てて、授業外の学習・授業での発言・仲間との協力などの全ての学習行動をポイントとして記録し、学生一人ひとりがこの科目を学ぶためにかけた努力を徹底的に「見える化」することで、「学ぶ喜び」を体感できるシステムを構築しています。

 学生は仲間と協力してポイントを獲得していくことで、見習い→赤の戦士→青の騎士→黒の魔法使い→白の王→光の救世主とレベル(学習到達度)が次第に上がっていき、自分の学習到達レベルとこの科目に費やした総学習時間を毎回のステージごとに確認することができます。


 今回の学習テーマは、「学習の心理」です。人がこれまでの行動を変化させたり、新しい行動を習得したりすることに関する心理学の基礎理論を学びました。

 この授業は、講師の話をただ聴くだけのものではありません。今回は、学生がよりアクティブに学ぶために講師を実験台にして実演しました。使うのは水鉄砲と笛です。学生Aが笛を吹くのと同時に学生Bが竹ノ山先生の左眼に水を吹きかけます。すると瞬目反射によって瞼が閉じます。これを繰り返すと次第に笛の音だけで瞼が閉じる条件反射が形成されます。これは梅干をみると唾液が出るのと同じ現象で、これを古典的条件づけによる学習といいます。またこれは恐怖症やPTSDの発症メカニズムとも関連する現象です。

HP_H29nen心理学3.jpgHP_H29nen心理学4.jpg

 学生たちは、和気あいあいとした雰囲気の中、クリッカーを用いて回答したり、自ら手を挙げ発言したりして、「アクティブな」心理学の学びを楽しんでいました。竹ノ山先生は、「日本一、楽しく学べる心理学講義」を目指して授業改善に取り組んでいるそうです。

HP_H29nen心理学6.jpg

 社会福祉学科社会福祉専攻では、心理学を本格的に学習できるユニット・カリキュラムを採用しています。今後も、授業内容など積極的にご紹介していきます。


社会福祉学科 教授 竹ノ山圭二郎


アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
ふくたん学生レポート(学生ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.