HOME » » ふくたんからのお知らせ » インフォメーション » 祝 第18回入学式!

祝 第18回入学式!

平成2645日(土)第18回入学式が本学にて行われ、夢と希望に満ち溢れた188名の新入生が入学しました。

075.JPG

 

はじめに、北澤学長は式辞として「本学の建学の精神は、

1 質実にして明朗な人格形成

1 専門的な学問とその応用を通して 社会に貢献する人格形成

です。この建学の精神にある人格を自ら主体的に形成するために、本学の教育目標である「つくり、つくりかえ、つくる」という自分づくりの実践を続けていくことが大切です。

私は【書き記す】という活動を大切にしたいと考えています。私たちが何を語り、何を表現するかは多くの場合は自由ですが、言葉という自己表現によって、自分の未来が、その言葉にふさわしく開いていくすばらしさと恐さを知るべきです。これからの学びの日々の生活の中で、皆さんが記す言葉が引き寄せる未来に可能性があふれていくことを期待します。そして、その言葉の可能性が自己を支え、身の回りの人々の思いを支え、社会をも支え得る力を持つようになると信じています。」と述べました。 

071.JPG 

また、浦山理事長が祝辞を述べ、来賓を代表して射水市長代理・射水市福祉保健部 部長渋谷俊樹様より祝辞をいただきました。 

070.JPG 

在学生を代表して幼児教育学科 長谷川茉美さんが「本学では、「つくり、つくりかえ、つくる」を教育目標とし、自分のよさや可能性を固定せず、常に「今を乗り越えていく」ことを目指しています。学問の知識や技術の向上ばかりでなく、日々の出来事を振り返り、考え、行動することの繰り返しが、私たち自身の可能性を広げてくれます。また、心を育てるとともに、社会性・創造性などの豊かな人間形成を図ることができます。大学生活で、時には悩むこともあるかと思いますが、どんな小さな悩みでも、先生方や職員の方々、私たち在学生に、遠慮せずに相談してください。一緒に明るく楽しい大学生活をつくっていきましょう」と『歓迎の言葉』を述べました。

072.JPG

 

 続いて、新入生を代表して社会福祉学科社会福祉専攻福澤芹菜さんが『誓いのことば』として「これからの学生生活の中で、つらいことや逃げたくなることがあったときは、今日この日のことを思い出し、自分がどんな夢を持ち富山福祉短期大学に入学したのかを改めて考え、行動していきます。これまで支えてくださった多くの方々への感謝を忘れることなく、同じ志を持つ仲間たちと「成長」を続け、常に「私」を「つくり、つくりかえ、つくる」ことを、ここに誓います」と誓いました。

073.JPG 

新入生の皆さんには、これから始まる【福短】でのキャンパスライフで、本学の教育目標である「つくり、つくりかえ、つくる」を実践しながら、夢の実現に向かってがんばってほしいと思います。

 

【福短】の教職員は、一人ひとりの学生と向き合い学生生活がより快適なものとなるようにサポートします。

 

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.