HOME » » 学科トピックス » 幼児教育学科

幼児教育学科

合格おめでとうございます!

樋口さん.JPG

樋口 綾香 さん(幼児教育学科)

≪編入先:姫路大学 教育学部こども未来学科≫


Q1.進路決定おめでとうございます。今の気持ちを教えてください。

A1. 周りの友達が就職先を決めていくなかで、不安もありましたが、応援してくれる仲間や家族に支えられ、進学先を決めることができてとても安心しています。


Q2.進学のための活動を振り返って思うことは何ですか?

A2.事前にオープンキャンパスに参加したことで、生徒と教職員の関わりや学校の雰囲気を感じることができ、資料だけでは分からないことも知ることができたので参加してよかったと思います。


Q3.合格を勝ち取った要因は何だと思いますか?

A3. 大学に入ってから学びたいこと、卒業後の進路を自分の中で明確にしておき、それを志望理由書や面接で、自分の言葉で伝えることができたことです。


Q4.進学先で何を目指し、頑張っていきたいですか?

A4. 幼稚園教諭一種免許の資格と養護教諭の資格を取得し、その学び得た知識を活かし、養護教諭として人の役に立つことができるように頑張りたいです。


Q5.後輩へアドバイスやメッセージをお願いします。

A5.編入は、視野が広がり自分の可能性を広げられるチャンスだと思います。一度しかない人生、悔いがのこらないように、様々なことに挑戦してほしいと思います。
 

富山福祉短期大学では2年間の学びの課程で、さらに専門分野への学びを深めたいという気持ちがあれば、4年制大学の3年次編入学が可能です。

 富山県と他の県で学ぶことで、視野を広げられることに加え、富山県に戻って就職を希望する場合は、本学と多くの施設とのつながりを活用し、就職をサポートすることができます。

 これからも樋口さんを応援していきたいと思います。頑張ってください!

 「富山コミュニティー論」は、全学科の1年生が必ず履修する科目で、地域の課題を理解することが学習の目標となっています。幼児教育学科では、地域の子育ての課題、あるいは、地域の子育て支援の課題を理解することを目標としています。

 私のグループの学生は、学生たちが意見を出し合い、子育て支援センターを利用する保護者にアンケートなどを実施し、子育て支援の課題を明らかにするという目標を決めました。

 そこで、子育て支援センターの機能をグループで調べるなどの準備を行い、射水市子ども子育て総合支援センターを実際に見学しました。

 まず、センター長の齋藤先生から、センターについてご説明をしていただきました。

HP_石津コミュニティー論1.jpg

 その後、センター利用者の方が集まり、「ふれあいタイム」が始まりました。最初は、保育士さんによるパネルシアターです。子どもたちだけでなく、お母さんたちも期待の表情です。保育士さんは、子どもたちの反応を受け止めながら演じていました。

HP_石津コミュニティー論2.jpg


 体操の時は、学生も一緒に動きます。

HP_石津コミュニティー論3.jpg

 これらの他に、ふれあい遊びもあり、親子でスキンシップを楽しめる工夫がありました。

 ふれあいタイムが終わり、利用者の方々は、思い思いの活動を楽しみます。緊張がほぐれた学生も、子どもと遊び始めます。また、お母さんとお話をさせていただく学生の姿も見られました。

HP_石津コミュニティー論4.jpg



 翌週の授業では、学生たちがそれぞれの気づきを発表し、学びあいました。

HP_石津コミュニティー論5.jpg



 保護者と子どもだけで遊ぶ、子ども同士が関わる、保護者同士がかかわる、といった多様な利用形態が可能である、などの意見が交わされました。


 次の作業は、この体験をもとにアンケートを作成することです。これからが大変ですが、保護者の思いを、少しでも、実感できる機会となればと思います。また、地域が保育士に期待していることを感じ取ってほしいと思います。自分たちが学んでいることの意味がより明確になりますし、こうして頑張って自分をつくっていくことが、同時に社会に貢献していくことになるのですから。

 センターの先生方、利用者の皆様、ありがとうございました!


幼児教育学科長 教授 石津孝治





 幼児教育学科2年生が「保育内容(環境)」の集中講義として、国立立山青少年自然の家にて「幼児期における自然体験活動指導者研修」に参加してきました。あいにくの雨模様でしたが、自然の中を散策したり、子どもたちと一緒に自然を使ったアクティビティを楽しんだり、充実した3日間の研修となりました。

HP_立少研修1.jpg
■ 日 時 : 10月13日(金)~10月15日(日)

■ 場 所 : 国立 立山少年自然の家

■ 対 象 : 幼児教育学科2年 53名


 今回の研修は、富山大学の学生24名と合同で行われました。ふくたんの学生と富山大学の学生が4~5名のグループとなり、自然の中で子どもたちと行うアクティビティを考えて実施します。



 1日目は、事前に一人ひとりが準備してきた「自然の中で子どもたちと行うアクティビティ案」からディスカッションして1つを選び、実際に子ども達と活動できる内容に改良していきました。

 各グループで担当領域が決まっており、アクティビティ案はその領域の内容で検討します。


・運動   (自然の中でしかできない、体を使った動きや活動)

・人間関係 (子ども同士で相談する等、協力して活動するもの)

・造形   (自然物を使った共同制作活動あるいは自然環境を活かした共同制作活動)

・身体表現 (体を使った表現。例えば動物になりきって動く等)

HP_立少研修2.jpgHP_立少研修3.jpg

 2日目には、アクティビティ作りを行いました。3日目本番の降水確率が高かったので、雨天を想定し屋内でできるアクティビティとし、落ち葉や木の実など必要なものを森で散策しながら集めました。また、活動に必要な道具や材料も、手づくりで準備しました。

HP_立少研修4.jpgHP_立少研修5.jpgHP_立少研修6.jpgHP_立少研修7.jpg

 そして、いよいよ子どもたちにアクティビティを体験してもらう最終日!

 学生が考えたアクティビティをいくつかご紹介します。

☆運動「もりをたんけん!!サーキット」

カラフルな落ち葉の帽子をかぶって探検に出発! ツルの縄跳び、ススキの的投げ、小枝のケンケンパ、最後は葉っぱの山の中でお宝探し。

☆人間関係「しりとりの森」

仲間と協力しながら森の中に隠されたしりとりカードを探し、カードを並び替えてしりとりを完成させる。

☆造形「落ち葉スタンプですてきな旗を作ろう!」

好きな葉っぱや木の実を選んで絵の具を塗り、大きなチームの旗にみんなでスタンプする。

☆身体表現「忍者になって巻物を手にいれよう!」

忍者になって森の中を敵にみつからないよう動物に変身しながら、隠された巻物を探す。

HP_立少研修8.jpgHP_立少研修9.jpgHP_立少研修10.jpgHP_立少研修11.jpg

 活動案を考えるときはなかなかイメージしづらいようでしたが、他のグループと相互参観してアドバイスし合ったり、リハーサルを繰り返して改良するポイントを見つけたり、必要な道具を考えて作成したりすることができました。
 本番では1つのアクティビティを3つの子どもグループが体験するため、1回終わるたびに学生同士が話し合い、実施するたびに工夫され、子どもが楽しめる内容へと細かな変更がなされていました。


 出会ったばかりの他大学生とチームを組んで、短期間のうちにアクティビティや指導案を作らねばならず、しかも講師陣からはたくさんのダメ出しが出るので、大変な「産みの苦しみ」だったと思いますが、その分得られた学びも大きかったことでしょう。 富山大生との交流からもとてもいい刺激を受けることができたと思います。

 これからも自ら自然と触れ合う直接体験を増やして、子どもたちと一緒に自然を楽しめる保育者になってほしいと願っています。


幼児教育学科 助教 岡野宏宣、藤井徳子


6月19日(月)から6月30日(金)の期間に幼児教育学科2年生の保育実習Ⅰ-②(保育所以外の福祉施設での実習)が行われました。
保育士資格を得るためには保育所で0~2歳児を対象に10日間、3~5歳児を対象に10日間、保育所以外の福祉施設での実習10日間が必要です。

保育所以外の福祉施設での実習では、乳児院や児童養護施設、福祉型障害児入所施設、障害者支援施設、就労支援B型事業所、生活介護事業所等で実習を行います。

様々な事情から保育園とは異なった環境で生活する子どもたちや、知的障害や発達障害等のある成人の方々が利用する施設での実習であり、対象となる方々と初めての関わりとなる学生が多く、事前指導の段階から不安がる学生が多くいました。


事前指導では、施設の様子や実習の進み方などを映像で確認し、施設を利用する方々の事情や心理状況、障害種別について学び、学生自身が実習を行う施設についての学びを深めていきました。

また、施設によっては車椅子を利用する方々いたり、直接、身体に触れ支援することもあることから介護福祉専攻の毛利先生より、利用者さんを支えたり、身体を動かす時の支援方法や車椅子を使用するときの基本知識を学ぶ介護体験を行いました。

HP_H29介護体験実習.jpgHP_H29介護体験実習2.jpg

実習前や実習が始まった直後は、経験したことのない利用者との関わりについて不安や怖さを感じていた学生たちですが、実際に実習を行う中で、子どもたち一人ひとりとの関わりや障害のある方の日常の姿を知り、実習前に感じていた不安や怖さは、知らないということへの不安や怖さであることに気づきました。

福祉施設の機能や、職員の方々の工夫、そして利用者の方々にどのような事情や障害があろうが一人の人間として関わることの大事さを知る実習になりました。


幼児教育学科 助教 岡野宏宣




日時:平成29年6月16日(金)・23日(金)午前
場所: 社会福祉法人浦山学園福祉会 小杉西部保育園  新湊作道保育園


幼児教育学科の1年生が、「保育実習指導Ⅰ」の一貫として保育園見学に行ってきました。

保育園の子どもたちの遊びや生活、保育士の動きの実際はどんな様子だろう?

年齢によってどのような発達の違いがあるのだろう? 

と、学生たちは初めての保育園見学にはりきって臨みました。


学生たちは、購入したばかりの実習着に、手作りしたかわいいフェルトの名札が付いたエプロンを着て、グループに分かれて配属クラスに入りました。

HP_H29保育所見学.jpg
子どもたちと一緒に、室内で自由遊び、公園への散歩、園庭でのかけっこ、虫探しなどをしました。
目線を合わせて話しかけたり、抱っこしたり、体遊びしたりしながら、最初は緊張ぎみだった学生たちも、ぐんぐん子どもたちと心がつながっていったようです。

HP_H29保育所見学2.jpg


年齢による遊びや発達の違い、場面に応じた保育士の対応の仕方など、2つの保育園での見学を通して、学生一人一人がさまざまな課題を認識できたようです。

今回の学びから、今後の実習にむけた学習にますますがんばって取り組むことでしょう。期待しています!


幼児教育学科 助教 藤井徳子


卒業生が短大に「帰って」きました。

HP_H28卒中田さん皆元さん.jpg
2人とも3月に卒業したばかりです。左が公立保育所に勤務する中田さん、右が浦山福祉会の保育所の皆元さんです。


就職してまだ3ヵ月も経っていませんが、どのように意識が変わったか聞きました。すると、「学生時代の実習の時より、もっと子どもがかわいいと感じられるようになった」と言います。それは、「自分の担当としてずっと見てあげないといけないから」、だそうです。

担当の子どもたちの育ちに責任をもつということは、相当な覚悟が必要でしょう。しかし、いったんこの覚悟が決まると、子どもたちへの愛着も深くなるのだと思います。

また、学生の時よりも、もっと安全に配慮する意識が高くなり、危険なことを予知できるようにしていると言います。常に子どもに注意を向けることに心がけ、何かあればすぐに対応できるようにしているようです。

さらに、「保護者の方々と接する機会が多くなり、親の子に対する愛情や思いについて、深く実感できるようになった」とのこと。まだ自分の子を持たない彼女たちですが、保護者が話されることを丁寧に受け止め、その思いに共感しようと務めているからだと思います。


子どもたちの、不思議でかわいらしい行動についても色々と話してくれました。そういう子どもたちの姿に癒されているようです。

このように、充実している日々を過ごす彼女たちは、帰宅後は「疲れてすぐ寝る」そうです。休日はリフレッシュしているようです!

HP_H28卒中田さん皆元さん2.jpg
言葉の端々に、まだ数カ月の経験とは言え、「社会人」らしくなったことが認められ、私も心を動かされました。


とはいえ、研究室で、「ここ落ち着くー」とか「ここ家?」などと言っている彼女たちに、「まだ幼いなあ」と思ったりもします。しかし、時々短大に「帰ってくる」卒業生が多いのは、ふくたんの特徴ではないかと思います。

子どもにとって、親の存在は「安心」を与え、「自立」の土台ともなります。そして、人間は成長に伴い、そのような情緒的な支えを得るため、親しく交流できる人間関係を築いていくのです。これは生涯続くプロセスです。

ふくたんの教員は、卒業生にとっても、そのような人間関係の一部であれたらいいな、と思います。そして、彼女たちこそ、子どもたちや保護者の方々の拠り所になってほしいと願うのです。

幼児教育学科 教授 石津孝治


幼児教育学科2年生の「総合演習」は、学生がそれぞれ自分の得意な領域をつくる授業です。全部で7つの領域がありますが、今回は心理学系の授業を紹介します。


心理学系のテーマは、「絵本を『読む』」です。単に絵本を読むだけでなく、自分なりに深く読み込むことを繰り返し、子どもを理解するために必要な想像力と感性を養うことが目的です。

学生は自分の気に入った絵本を選び、授業で自分の「読み」をプレゼンします。

HP_H29石津ゼミ1.jpg

学生の発表が一巡したのですが、私は、読みが「浅い!」と、ことごとくダメ出しをしました。しかし、深く読み込む以前に、学生たちが知っている絵本の絶対量が少ないようなのです。

そこで今回は、短大の近くにある大島絵本館で授業です。

HP_H29石津ゼミ2.jpg

学生は、1回分の授業時間(90分)の間に15冊以上の絵本に目を通し、気付きや感想などをメモしなければなりません。学生は、皆真剣に絵本を読み、感想のシートを埋めていきます。

HP_H29石津ゼミ3.jpgHP_H29石津ゼミ4.jpg

学生が授業で作成したシートの一部です。

HP_H29石津ゼミ6.jpg

発表に使えそうな絵本にチェックを入れているようです。皆、20冊ほど読めました。読書をしない学生が増えていると言われますが、絵本も本のうちなので、誇っていいのではないでしょうか?


小説と違い、絵本はページ数が少なく、短時間で読むことができますが、内容は負けてはいません。大人でも、今読んでも感動する絵本がありますね。また、意識して絵本を読み込んでみることで、子どもの世界や感じ方の理解を深めることもできるのです。絵本は多様なポテンシャルを秘めているといえます。

そういうわけで、学生は自分の選んだ絵本に向き合い、その魅力やテーマ、意味について掘り下げ、まとめます。言ってみれば、自分の心を一つの絵本作品にぶつけさせるのです。

保育者が子どもの内面を理解しようとしている時、あるいは子どもの全体像を理解したい時、同じような姿勢で向き合っているのではないでしょうか?


今後のプレゼンが楽しみです。想像力と感性の優れた、子どもを深く理解できる保育者になってほしいと思います。学生たちが将来出会う子どもたちのためにも、学生を鍛えてあげなければ!と思うのです。

幼児教育学科 教授 石津孝治



幼児教育学科2年生53名が公財日本サッカー協会公認 キッズリーダー(U-6)の資格を取得しました。5月18日(講義)・25日(実技)の2回の講座を受けて認定書をいただきました。

o0480036013945834247.jpg
講座では、未就学児を対象としたボールを使った運動遊びに関する知識と技術を学びました。子どもの気持ちになって、仲間と一緒にゲームを行ったり、相手の気持ちを考えた声かけの方法などについて学びました。


H29_キッズリーダー2.jpgH29_キッズリーダー3.jpg

講師の京谷氏は実際に、年間200回ほどの子どもへの指導をされている方で、テキストの内容はもちろんですが、実際の現場で起こる子どもの突発的な事例なども挙げて丁寧に教えていただきました。運動が苦手な学生も楽しそうに活動している様子でした。



キッズリーダー(U-6)の資格は、5年前から幼児教育学科の2年生が「幼児体育Ⅰ」の授業の中で取得しており、ふくたんは北陸で唯一この資格を取れる短大だときいています。

実際に現場で活躍されている講師の先生から、指導してもらえることは大変貴重な経験です。学生たちは積極的に質問しながら取り組んでいました。

H29_キッズリーダー5.jpg

幼児教育学科 講師 小川耕平


(前編はこちら)

カードを使ったゲームに続き、イメージの共有やズレをテーマとしたワークが続きます。学生は2人ペアになり、まずボールを使わないでキャッチボールをするふりをします。その後本物のボールを使ってキャッチボールをし、違いを感じます。

HP_平田オリザ先生講座②1.jpgHP_平田オリザ先生講座②2.jpg


平田先生は、学生に両者の違いを聞いた後、特に身体の使い方の違いについて説明されました。一般に、実際のボールを使うほうが、全身が適切に動くそうです。反対に架空のキャッチボールでは、特に下半身の動きがなく、それらしく見えないのです。俳優さんは、それらしく見えるよう自分の身体の動きを知ることが必要なのですね。

続いて架空の縄跳びです。

HP_平田オリザ先生講座②3.jpg


一緒に演じる人数が多いのにもかかわらず、縄跳びのほうが演じやすいようでした。平田先生によれば、キャッチボールよりもイメージが共有しやすいからだ、ということです。縄跳びは動きがシンプルであること、女子は小さいころから親しんでいること、がその理由です。
見ているほうにとっても、キャッチボールよりも、それらしく見えましたし、躍動感が伝わってきます。縄跳びのほうが、参加している学生の感情が動くので、それが見ている側にも伝わるためのようです。

演劇では、この演じる側と観客の緊張関係を利用し、また、イメージの共有しやすいものから、イメージの共有しにくいものへと構成を工夫するのだそうです。そして、教育においてもこの原理が大切だと解説されました。


いよいよ、平田先生の用意されたテキストを使用する演劇的なワークです。学生に台詞を読む練習をしてもらい、そのあと平田先生による演技指導です。

HP_平田オリザ先生講座②4.jpg


「間」を取る方法と、「間」の前後ではコンパクトにすることを指導されました。かなり本格的です。その指導後は、確かに、演技のメリハリがついたように思います。

テキストには、初対面の人に話しかける場面があるのですが、この演技が意外と難しいのです。そのような現実体験が乏しく、また状況や文化が違えば一つの言葉の受け止め方が違うからです。しかし、話しかけやすくなるような設定とセリフを加えると、これが簡単になるのです。そのバージョンで再度演技をしてみます。

HP_平田オリザ先生講座②5.jpg


この体験によって学生は、「初対面の人に話しかける」という新たなイメージを獲得することができるのです。


前半のカードを使ったゲームでは、言葉を使う基準やイメージが個人によって異なることがテーマとなりました。これを「コンテクスト」(のズレ)と言います。お互いに、このズレをすり合わせることが、現代のコミュニケーションでは重要なのです。
学生はこのワークで、人に話しかけるというのは結構大変なことであることを実感しながら、新たなイメージを獲得し、結果としてコンテクストのすり合わせをする能力を養っているのです。

HP_平田オリザ先生講座②6.jpg
最後に平田先生は、価値観が異なる人たちの中で合意形成していくこのこと厳しさ、「いい子」をしたたかに演じるきるくらいの教育が必要なこと、などについて説明されました。

体験学習、講義ともに、非常に濃い内容の特別講座でした。私自身も、もっと考え抜かなければならない点があると強く感じました。1年生の皆さんにとっては、今後の学生同士の交流、表現に関する専門的な学習、自分のコミュニケーション能力を鍛えること、などの広範囲な側面で、弾みとなる機会になったと思います。

幼児教育学科 教授 石津孝治


幼児教育学科では、著名な劇作家の先生である、平田オリザさんをお招きし、特別講座を実施しました。内容は、「演劇ワークショップ」で、対象は1年生です。

「演劇ワークショップ」とは、演劇的な体験学習を通して、私たちに潜在的に備わるコミュニケーション能力を活性化させ、それをいつでも発揮できるようにする方法です。保育者にかかわらず、どのような職業に就くにせよ、このような力を磨くことが大切ですね。



冒頭、平田先生の劇作家としての活動を紹介されました。

HP_平田オリザ先生講座①1.jpg

続いて、いよいよ体験学習です。まずは「コミュニケーションゲーム」。

「富山で思い浮かべるもの」「行ってみたい国」など、先生の指示の後、学生たちは自分の思いと同じ人を探し、素早くグループをつくります。

この講座は、県内の高校の先生方や、本学園の教職員が参観されました。いつもと違った雰囲気だったのですが、学生たちは、最初の指示から積極的に声をあげて動き回り、グループをつくっていきます。さすが幼児教育学科の学生たちです!

HP_平田オリザ先生講座①2.jpgHP_平田オリザ先生講座①3.jpg

今度は体を使った体験学習です。2人でペアになり、背中合わせで座り、「ケンカ」「まわす」「立つ」ことができるよう気持ちを合わせたり、3人一組で真ん中の学生を受け止めるワークを体験しました。

HP_平田オリザ先生講座①4.jpgHP_平田オリザ先生講座①5.jpg


平田先生は、これらのゲームの合間に、コミュニケーションゲームの活用についてコメントされました。ディスカッションなどを計画する際、その前にこのゲームを行うと盛り上がるそうです。また、あくまでその後のワークを活性化させるために行うもので、やりすぎでバランスが悪くなってはいけないことも指摘されました。


続いて、数字の書かれたカードを使い、パートナーを見つけるゲームです。与えられた数字が大きいほど、活発な趣味を持っており、数字が小さいほど大人しい趣味を持っている役になります。学生は、自分の趣味を心の中で決め、数字を相手に見せず、自分に近い趣味を持つ人を見つけ出さなくてはなりません。自分の趣味を伝えてもかまいません。学生は活発に動いて相手を探します。

HP_平田オリザ先生講座①6.jpgHP_平田オリザ先生講座①7.jpg


いいパートナーが見つかれば学生は着席し、結果発表です。学生は、自分の趣味を発表し、番号を明かします。
似たような趣味を持っているのに、大きく数字が離れているペアも出てきます。同じ、「ショッピング」の趣味でも、「21」「38」のペアがありました。平田先生は「38」の学生に対して、「相当激しく買うよね!」と突っ込み、会場は爆笑です。

HP_平田オリザ先生講座①8.jpg


盛り上がった発表の後、平田先生が解説されました。

このようなズレが起こってくるのは、人それぞれ言葉を使う基準が違う、言葉から受けるイメージが異なるからです。「活発な趣味」と言っただけでは、そこからイメージするものが、人によって大きく異なる可能性があるのです。

このゲームを体験すると、相手の趣味が何であるかを聞くことが重要でないことがわかってきます。その趣味を、相手が活発だと思っているのか、大人しいと思っているのか、が重要なのです。

学生たちは、お互いが異なったイメージを持っていることを、印象的なやり方で学べたと思います。

ところで、このゲームは、パートナーを決定するのに迷いすぎたり、声をかけるのをためらったりするうち、チャンスを逃してしまうことがある。それは人生のパートナーを見つけるのと同じだ、と平田先生は指摘されました。体験の後だけに、何か、妙に説得力がありますね・・・


後半のワークは、あらためて紹介します。


幼児教育学科長 教授 石津孝治

アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
介護福祉士実務者研修
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.