HOME » » 学科トピックス » 看護学科

看護学科

【介護福祉士実務者研修(医療的ケア)スクーリング】



今回のリレーメッセージ担当となります今川孝枝です。

先日、行いました介護福祉士実務者研修における「医療的ケア」演習(スクーリング)について紹介させていただきます。



■介護福祉士実務者研修とは・・・

平成28年より介護福祉士国家試験の受験資格として、3年間の介護業務の実務経験に加え、「実務者研修」の受講が義務化されました。これにともない本学では通信教育(自宅学習)とスクーリングを組み合わせた「実務者研修」を実施しています。本学の介護福祉士・看護師養成校である施設・設備を活かし、介護過程の展開、医療的ケアの演習を行っています。

看護リレー●●1.jpg■医療的ケア演習(スクーリング)では、左記のテキストを使用し「吸痰吸引」「経管栄養」「救急蘇生法」の基本研修・演習を行います。










■受講生の皆さんは3~4名のグループとなり、「吸痰吸引」「経管栄養」の実施手順に従い繰り返し行います。教員のチェックを受け皆さん無事、終了しました。

看護リレー●●2.jpg看護リレー●●3.jpg

 

5号館 演習室1

医療的ケア演習(スクーリング)の最後は「救急蘇生法」です。

講義、DVDを視聴し手技を確認し実際に行います。

看護リレー●●4.jpg看護リレー●●5.jpg

                 

















5号館  演習室2



■国家試験合格を願っています。

今後、ますます高齢化となり医療・介護の需要が高まることも予測されます。受講生の方々からは、施設等で医療的ケアのニーズがあると聞きます。介護福祉士にとって、医療の業務の一部が行えるようになり、担うべき業務が拡大されます。施設等の体制やマニュアルの整備がなされ医療・福祉が連携し、医療的ケアが安全・適性に実施でされることを期待しています。

 

 看護学科 境美代子です。今日は私の授業についてご紹介します。看護の基礎科目の中で、1年次の後期に「感染防止管理論」の授業を8コマ担当しています。この科目は他の大学や養成校では、基礎看護学の授業として構成されているかと思います。福祉短大では、看護学科新設当初から必修科目として授業を実施しています。


今回は授業概要についてご紹介します。最近の感染対策の現状は、病院だけではなく施設や在宅における感染対策を実施していかなければなりません。そこで授業においても、病院だけではなく高齢施設や在宅看護領域などの地域ケアにおける感染対策も理解できるように展開しています。感染看護の歴史からスタートして、感染防止対策の基本としての標準予防策と感染経路別予防策、滅菌・消毒、周辺環境対策、血液媒介感染対策、職業感染対策などについて、関連する教育DVDを視聴したりします。

演習として、日常的に効果的な「手洗い」ができるように、自分の手洗い前後の清浄度を「ルミタスター®」という手の汚染物質を高感度で測定する機器を使用して確認しています。またブラックライトによる手洗い評価として、蛍光クリームを手に刷り込み、その後の手洗いでどれくらい綺麗に洗えているのか、洗い残しはどの部分なのかも確認しています。この演習によって、日常的にあまり手洗いを実施していなかった学生たちが、毎回石鹸を使用した手洗いや1日の手洗い回数が増えた、家での手洗い方法を家族にも話しているなど手洗い行動に変化があったと感想に述べています。学生たちは、家庭での手洗い方法や手洗い石鹸の管理についても振り返り、感染を広めない対策が家庭内で実施できているようです。


その他の演習としては、個人防護具の利用として、手袋・マスクやエプロンの正しい着脱方法について実施しています。

9月からスタートした授業ですが、8回終了時(11月まで)には、看護学生としての感染看護を含めた予防対策が各自正しく理解し、行動できると思っています。

リレーメッセ―ジ看護141-1.jpgリレーメッセ―ジ看護141-2.jpg

リレーメッセ―ジ看護141-3.jpg

蛍光クリームによる手洗い評価

(白く見えるのが洗い残しです)


リレーメッセ―ジ看護141-4.jpg

ルミテスター®使用により手洗い前後で手の表面を拭き取り、汚れの数値を確認します。


リレーメッセ―ジ看護141-5.jpg
ビニールエプロンの着脱方法を体験~ 

看護学科の稲垣です。

記録的な猛暑、集中豪雨...と自然の力にさいなまれた夏休みも、あっという間に終わってしまいました。そして台風21号、北海道の地震...、まだまだ自然の脅威にさらされながら、後期授業がスタートしました。



9月3日は1年生・2年生のガイダンスがあり、学生は後期の授業について説明を受け、履修登録をしました。

新しい教科書を抱えた学生達の笑い声が響いて、久しぶりに5号館1階が賑やかでした。

3年生は一足早くお盆明けから後期実習がスタートしており、9月9日から最終クールの母性看護学実習が始まります。

実習に行くと、数々の現役時代の忘れられないエピソードを思い出します。

あと半年余りで新人看護師となる3年生に、いのちの大切さ、重さ、尊さを伝えられたらいいなと思っています。そして失敗を恐れず、たくさん成長してほしいなと思います。



<現役時代の忘れられないエピソード>

*初めての深夜勤で、主任に20人分の採血を命じられ、1時間30分かけてやり遂げ褒めてもらったときに、達成感が半端なかったこと。

*新人時代の夜勤で、陣痛が来たと入院してきた産婦の内診をしたところ、児頭がすぐそこに触れ、子宮口全開だと思って、焦って夜中の4時に「お産です、すぐ来てください!!」とドクターを呼びつけ、走ってきて息切れしながらドクターが診察したら、子宮口未開大。ドクターが優しくフォローしてくれ、2度と間違うもんか!と内診を猛練習したこと。

*初めての一人助産師の夜勤で、夜間に3件分娩があり、ヘトヘトになっているところに電話があり、陣痛が始まった連絡だろうと、いつも通り電話にでたら、電話の向こうで赤ちゃんの産声が聞こえたこと。(自宅で生まれてしまったという事です。)

そのときの看護師、医師との連携、団結力がすごかったこと。

*2カ月以上安静入院した受け持ち妊婦が、無事に双子を経膣分娩で出産し、二人とも元気に産声を上げたとき、子を思う母の強さと、小さいながらも力強い生命力を実感したこと。

.リレーメッセージin看護140.jpg .リレーメッセージin看護140-1.jpg

看護学科で解剖生理学などの基礎医学を担当している村井です。
看護リレー139-1.jpg


リレーメッセージは7回目となりました。これまで私が書いたリレーメッセージは、授業のことを書いたものがほとんどで、読み返しても話が堅いので、今回は思っていることを自由に書いてできるだけ柔らかいものにしたいと思っています。

さて、看護学科は今年で11年目を向かえました。開学当初からのメンバーであった私は当然11年目ということになります。

ここへ移る以前は、富山大学医学部診断病理学講座で働いていました。古い話ですが、私が勤め始めた頃は富山医科薬科大学という名称でした。そこもほとんど開学当初からいましたので30年程お世話になりました。その当時の生活は研究が主で、毎日夜遅くまで研究をして、その研究成果を英語で論文としてまとめるのに悪戦苦闘していました。医学部の学生に対しての授業も持っていましたが、今の授業数から見れば全然少ない時間数でした。講座に研究に来ていた大学院生との関わりは非常に強いのですが、学部の学生に対してはそれほど強い関わりはありませんでした。


看護リレー139-2.jpgその点ここ富山福祉短大とは大きな違いです。看護学科を開設することになって、縁あって富山福祉短期大学に移りましたが、ここでは担当する授業数は以前に比較にならないほど多く、初めての講義科目もあり、移った当初は授業準備でとても大変でした。それまでの研究一辺倒の生活から会議や授業や学生と関わることの多い生活に変わりましたので、当初は私にとって少なからず違和感がありました。しかし、私は大学進学の際に、教育の道に進み中学校か高校の教員になる希望も持っていましたので、学生と関わることが多い教員に対する思いは少なからずあり、今の生活に生きがいを見出すことができました。

この短大はアドバイザー(AD)制度があり、学生との関わりがとても強い学校です。ひとりひとりの学生と深く関わることから、学生にとっても教員からの影響も強くなることがあると感じています。その点では教師としての責任を強く感じます。今では卒業生を少なからず輩出でき、嬉しいことに何人かの卒業生は研究室を訪ねてくれます。勤めた病院で生き生きと活躍していることを聞くときには、教員生活にやりがいを感じることができる瞬間です。今後もこうした生活が何年続くかわかりませんが、学生との良い関わりができるように努力したいと思っています。
看護リレー139-3.jpg

看護学科では、私は少数派です。女性の教員がほとんどで、また、学科の特徴からほとんどの教員は看護師で、看護師でない私は当然少数派となります。肩身の狭い思いをしているわけではありませんが、周りのやさしい方たちにいろいろとご配慮いただきながら、なんとか職務を遂行しています。このリレーメッセージの読者がだれなのか特に意識しないまま私のこれまでのことを書いてしまいました。その上やはり根がまじめなだけに話が堅くなってしまい、次回はもう少し柔らかい話になるように極力努力することでお許し願います。

こんにちは。看護学科の柴田です。

基礎看護学実習Ⅰが無事終了し、今週からは3年生の領域別実習が始まっています。

今回は基礎看護学実習Ⅰの最終日に行われた、報告会の様子をご紹介します。



報告会では、実習病院別に受け持った患者さんの概要と行った援助、

看護師に必要な知識・技術・態度、実習での学び、今後の課題を発表し、

質疑応答しながらディスカッションしました。



パワーポイントも半日で作り上げました!



実習が始まったころは、患者さんのもとに行くのもなかなかできなかったり、

どんなことを記録に書いていいか困惑していた学生たちが、

報告会ではお互いの意見を述べ合い学びを深められるようになり、

私は1年生の成長を感じさせられました。



病院実習を通しての体験・学びからか、毎年1年生は基礎実習Ⅰが終わると、

少しだけキリッとします。

138-1.jpg


138-2.jpg



今回の学びをもっと深め、新たな学びを得ていけるように

学生たちも努力していくことでしょうし、

私たちもそのためのサポートをしていきたいと思います。

138-3.jpg


みなさん、こんにちは。

今回のリレーメッセージ担当、看護学科の亀田です。



夏本番になってきました!熱中症に注意の季節ですね。

のどが渇いていないから、汗をかいていないから、大丈夫と思いがちですが、こまめな水分・塩分補給を心がけたいですね。



 さて、看護学科では1年生が基礎看護実習Ⅰの時期を迎え、先月末からオリエンテーションが始まりました。人生で初めての看護実習に行くので、不安や期待など色々な気持ちがあるのではないかと思います。(私も○○年前そうでした)

 入学してまだ数カ月ですが、学内で学んだ知識や技術を実際の看護場面で結びつけて考え、実践することによって、学内だけでは得られない気づきや喜びがあり、より一層看護への関心や意欲が出てくるのではないかと思います。



 オリエンテーションと並行して、看護技術のチェックも行われます。当然のことながら、このようなテストをパスしないと実習に行くことはできません。

 笑顔で患者さんに接することができるよう、一つ一つ課題をクリアして、少しずつ自信をつけて実習に臨みましょう。

 私も、たくさんの学びを得て、看護の魅力をいっぱい感じられる実習になるようサポートしたいと思います。

 看護リレー137-1.jpg

↑高田先生による基礎看護実習Ⅰオリエンテーション


看護リレー137-2.jpg

↑看護技術の学内演習

連携2.jpgふくたんでは社会福祉学科(社会福祉専攻・介護福祉専攻)と看護学科が設置されているメリットを活かし、学生時代から多職種と連携する力を養うために、毎年合同授業を行っています。

今年度も2年生を対象に、多職種連携授業が行われ、社会福祉専攻16名、介護福祉専攻29名、看護学科56名の合計101名が参加しました。

この合同授業では他学科専攻の学生とのディスカッションを通して、社会福祉士、介護福祉士、看護師それぞれの専門性や視線の違いを理解することを目的としています。

現場で実際に働く時には同業の方だけでなく、さまざまな分野の方々と協力していく必要があります。

多職種が連携し、チームアプローチを行う際に必要な知識、技術、心構えをこの講義を通して学びます。

                 地域で活躍されている外部講師の方々

連携1.jpg

                    
                   全体説明をする松尾祐子先生

連携4.jpg

 多職種連携授業には、射水市の地域包括センターや居宅介護事務所のケアマネジャーがファシリテーター(午前午後とも各8名)としてご協力頂きました。

 初めは緊張気味だった学生も、グループでの話し合いが進む中で少しずつ緊張感も和らいでいきました。

             ファシリテーターの方と一緒にグループディスカッション!

連携3.jpg

 学生達はそれぞれの役割(病棟看護師、医療ソーシャルワーカー、ケアマネジャー、訪問介護など)から、「高齢者の方が安心して生活するために必要なこと」を考えて付箋に記入し、模造紙にまとめました。

                   アドバイスを貰いながら考えていく!

連携5.jpg

学生達にとっては初めての他学科専攻との事例を通しての授業でした。

事前学習の段階では不安の声が聞かれましたが、当日は欠席する学生もなく、多職種連携授業の一歩である「同じテーブルに座る」というねらいは達成されました。

発表が終わった後の学生の表情には、達成感と笑顔が見られました。

きっとこの経験が卒業して働いてから、活かされていくことと思います。

学生を温かく見守り助言してくださったケアマネジャーの方々に本当に感謝いたします。

ありがとうございました。

7月になりました。

今回担当します、看護学科の山崎です。

暑い日が続きますが、健康管理に気をつけてがんばっていきましょう。

1年生は基礎看護学実習Ⅰに向け一生懸命看護技術を磨いていますね。

ひとつ、ひとつ看護技術を身につけていくためには、フィジカルアセスメントが大事ですね。

初めての実習に向けて、こつこつと看護技術を身につけましょう。

2年生は、「成人看護学援助論Ⅲ」(慢性期看護)の授業として、摂食嚥下障害看護認定看護師の清水紀代美(富山西リハビリテーション病院 看護師長)さんから、専門的な摂食嚥下に関する看護を学びました。「摂食嚥下障害看護」「誤嚥性肺炎と予防」の内容で2コマの授業を受けました。人にとって食べることの意義や、患者さんにとって栄養をどのように摂取することが最適なのかを学びました。また誤嚥性肺炎の予防として、嚥下体操や口腔ケアの具体的な方法などを講義と動画などから学習しました。実際にパンやゼリーを食べながら自分自身の体で感じ取り、多くのことを学んでいたと思います。授業後の学生の感想では、「口から食事を摂取するという当たり前のことを安全・安楽に行えるように看護師としての役割を理解できた」「次の実習で患者さんのケアに口腔ケアや嚥下体操などの援助をしたいと思った」などの意見が聞かれました。

1年生、2年生、3年生がそれぞれ看護について深めていますが、何より、患者さんのため、人のためにどんな看護をしていきたいか自身の看護観を深めていってください。一生懸命、勉強に実習に取り組めばきっといいことがあります。

  看護リレー●.jpg

写真は2年生の成人看護学援助論Ⅲ、「摂食嚥下障害看護」「誤嚥性肺炎と予防」授業の様子です。

看護リレー●●.jpg

こんにちは! 看護学科の高田です。

いよいよ梅雨入りいたしました。寒暖差の激しさに体調を崩しそうになることもありますが、皆元気に学んでいます。

 4月入学した1年生は、聞きなれない新しい言葉が飛び交う学習環境の中で、学生同士でともに学びあい、一歩ずつ自分の中に知識と看護技術を取り入れ、自分の看護を生成しています。

 若さと知る喜びを学生さんから感じ、私自身も学習を楽しんでおります。



ところで、今回も基礎看護技術の講義についてです。

 フィジカルアセスメントPart 2    

本日は、腹部と運動器のフィジカルアセスメントを演習で行いました。入試説明会にいらしていた高校の先生方も授業の参観をされ、緊張しながら授業をやらせていただきました。

看護リレーメッセージ135-1.JPG
看護リレーメッセージ135-2.JPG

 フィジカル(身体)の状態を理解するための方法を、フィジカルイグザミネーションといいます。

ちなみに、人が体を動かせるのは何が作用していると思われますか?

骨と筋肉です。それをコントロールしているのが神経です。筋肉はその中でも骨格筋といわれるもので、骨の先端につき、収縮と弛緩をしながら、骨を動かしています。私たちは、それがあって食事をしたり、トイレにいったり、スポーツができたりします。

全身のため、学生はその部位の筋肉(例えば、筋肉は全身で400ぐらいあります、無論医師ではないので、生活に必要な筋肉でよいのですが)や骨さらに関節や神経の名称や作用を4月からの解剖生理学を通して学びつつあります。その土台の上に今回の学習が積み重なることになります。

看護学生の学習の難しさはそこにあり、たいへんな学習に取り組んでいることになります。今回の演習での学生の声です。

 ・関節可動域の測定が難しい。解剖生理学とのつながりを感じた。

 ・関節の動きがよくわかった。正常を理解して、異常がわかるようにしたい。

未知なる領域に足を踏み出し、驚きと困惑の演習ですが、とまどいにならず、学生の「わかったぁ」がどんどん広がる授業を作り上げたいと思わされた時間でした。

 学生さんと教員でともに『つくり、つくりかえ、つくる』を目指して、看護師としての自分を学生さんが自ら作り上げられる授業を進めていきたいと考えています。

看護リレーメッセージ135-3.JPG
看護リレーメッセージ135-4.JPG

高田7.jpg

看護学科の「看護技術論Ⅰ」という講義を紹介します。

この授業では、看護技術に必要な基本的知識や技術、態度を学びます。

担当の高田先生は「与えられたことをするのではなく、自分から何が必要かを考えて動けることが大切」というねらいで講義を行っています。

                        高田 亮子 先生

高田1.jpg

講義では高田先生から、この授業で行う演習の内容について説明された後、学生達が必要な器具を準備します。

実際に看護の現場で働く時、前もって必要な器具が準備されているということは無く、自分から「何が必要なのか」を考えて用意する必要があり、そのような状況を想定しています。


                   必要な器具を学生が自ら準備!

高田4.jpg高田5.jpg

演習では、学生一人一人が患者役と看護役に分かれ、「看護する側、される側」の気持ちを体験しながら行います。

ただ器具を使って測定するだけではなく、その値が正常なのか、異常なのかをチェックリストを用いて判断し、教員へ報告します。

その報告を受けて、教員から生徒に対してアドバイスや指導を行います。

そして反省点や改善点を活かして、再度チャレンジします。


                   患者と看護役に分かれて実践!

高田8.jpg


            チェックリストを確認しながら異常がないかを判断!

高田10.jpg              確認した内容を教員へ報告し、アドバイスをもらう。

高田13.jpg

学生は授業を通して、P(計画j)→D(実行)→C(評価)→A(改善)サイクルを回すことで看護に必要な技術を身につけていきます。

自分で全てを計画して行うからこそ、何が必要なのかを理解することができ、患者が求めていることを知ることができます。

良かった点、悪かった点を学生同士が相談しながら改善し、切磋琢磨しているのが印象的な講義でした。


6月23日(土)オープンキャンパスのテーマは「知ってほしいふくたんの強み!他学とはここが違う!」です。6月オープンキャンパスより体験授業がスタートします!

各学科専攻で、ふくたんならではの特徴のある授業を行います。

ふくたんを体験していただく絶好の機会です!ぜひお越しください!


6月26日(土)のオープンキャンパスの内容はこちら


参加申し込みはこちら

アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.