HOME » » 学科トピックス » 看護学科

看護学科

◆科目名:小児看護学援助論Ⅱ

◆日程:2019年11月8日

◆担当教員:古里 直子先生

◆学科専攻:看護学科 2年生

191108⑦.jpgこの授業では、前期の小児看護学の内容をふまえ、健康問題がある小児と家族の支援技術を身につけること、「子どもの最善の利益」を考慮した看護技術と知識の統合ができること、小児看護学の臨地実習に向け準備ができることを目標としています。

今回の授業では、「点滴固定と観察」、「シンリジポンプ使用方法」、「マンシェット選びと頭囲・胸囲測定」、「抑制(おくるみ)」をそれぞれ4グループに分かれ、40分間のローテーションで学びました。

それぞれの演習について、まず教員から手順の説明を受け、なぜ行うのか、それをすることでどういったことが起きるのか、また注意点等話を聞き、その後実際に人形を使い、実践しました。

191108差し替え2.jpg
191108差し替え.jpg
191108③.jpg191108④.jpg191108⑤.jpg学生たちは、事前学習を行い、準備物や手順を確認して演習に臨んでいますが、実際にやってみると、うまくいかなかったり、疑問点が出てきたりと、学生同士協力し合い、また、先生に確認するなどして臨んでいました。

◆学生たちの感想◆

・今回の演習を通して、実際にやってみると、手順どおりにはうまくいかず、赤ちゃんの状態によって対応していかなければならず、簡単ではないと思った。

・「抑制」は、おさえつけるようで赤ちゃんにとってかわいそうだと思っていたけど、赤ちゃんの安全のためにやることなので、「ごめんね」という思いではなく、「頑張ろうね」という気持で臨んでいくべきだと感じた。

・今回の演習は赤ちゃんだったが、赤ちゃんでも大人でも、相手の事を考えて支援していくことが大切であると感じた。

子どもは大人とは異なり、訴えができません。今回の講義、演習を通して、「子どもの最善の利益」を守る関わりができる知識・技術の習得を目指し、今後の実習に活かしてほしいと思います。

191108⑥.jpg

こんにちは! 看護学科の高田です。

秋も深まってきました。4月入学した1年生も、後期に入り学ぶ厳しさと同時に看護学の学習の深さ・面白さを体感してきています。9月21日には、福短祭を開催し、模擬店や看護コーナーで、学んだ技術をもとに身体計測・BMIの計算・血圧測定で頼もしい姿をみせてくれました。これからも、看護師という職業人に向けて、若い力を注いでくれることを願って、共に学び続けたいと思います。

 ところで、今回は後期に学ぶ「回復促進援助技術論」の紹介です。

この看護技術は、診療の補助技術と言われるものです。本来、看護師には医学的処置は、できない行為ですが、『医師の指示のもと』であれば実施可能な技術として位置付けられています。そのため、看護教育の中の学習内容となっています。

口腔内吸引の実際では、咽頭にたまった痰を吸引する設定で、胸部の聴診、呼吸数やリズム等の観察を行い、実際の吸引器と吸引カテーテルを使用した方法を準備から後片付けまで体験しました。(モデル人形使用)その後、各自看護師・患者役で口腔内の吸引を行いました。カテーテルを実際挿入し、咽頭にカテーテルを挿入したときの感覚や吸引されるときの圧の強弱の体験を行いました。

リレーメッセージin看護163-①.jpg
リレーメッセージin看護163-②.jpg



学生さんからは、

実習で看護師がやっている場面をみたが、簡単にやっているようだったが、やってみると難しかった。吸引されてみて、のどが痛くなった、患者さんへの声かけや説明を十分にすることが大切だと実感した。解剖生理学との関連が強く、学習の必要性を感じた。といった反応があり、看護学の特性である関連した知識で看護を考える力を体感したようでした。

看護学は、生きた学問であり、実際にいかせることが求められます。看護師を目指す皆さんもその楽しさにふれてみませんか。

今回の演習で、今後も、患者さんの立場にたてる看護師の育成のため、講義内容と方法の開発を進めていきたいと思った時間となりました。



リレーメッセージin看護163-③.jpg 



看護学科 高田 亮子

看護学科 稲垣です。

後期母性看護学実習が始まりました。

1クール3週間で、後期は2クールです。

産科病棟と外来、市町村保健センター、助産院の4箇所での実習をします。

助産院では、産後ケアや中学校で行われる、「いのちの授業」に参加させて頂きました。

保健センターでは、乳幼児の健診や、パパママ教室に参加させて頂きました。

病院の、外来及び産科病棟では、生まれたての新生児に触れ、褥婦と妊婦に関わり、マタニティサイクルの各期の看護を学ぶことができました。

少子化が進む中、また、羞恥心を伴う処置が多い中、学生が実習で、妊婦や母子、そのご家族に出会い、関わることができるのは奇跡に近い状況です。

その貴重な体験からの学びを、毎週金曜日の学内報告会で、模造紙にまとめ、プレゼンを行なっています。

3週目の実習最終日には、4か所の実習の学びから導き出された「私たちが考える母性看護」とは何か、をまとめあげ、完成型となります。
リレーメッセージin看護162-1.jpg

この模造紙は、各施設に持参して、実習指導者に見て頂き、学生の学びを報告しています。

学生の学びが素直な言葉で、目に見える形となることで、実習指導者は「私が助言したことを理解してくれて良かった」「あまり指導できなかったけど学んでくれて嬉しい」と嬉しそうに話して下さいます。
リレーメッセージin看護162-2.jpg

これからも、学生と学びを深め、実習指導者と共に実習環境の調整に努めたいと思います。

看護学科  稲垣 尚恵

 今年本学には、ミャンマーの留学生7人とモンゴルの留学生2人が入学しました。リレーメッセージin看護161-①.jpg

 9月21日ふくたん祭のホームカミング企画として、看護学科では「アジアの看護事情を知ろう」というテーマで、留学生さんがミャンマーとモンゴルの母国の紹介をしました。

 看護学科では、1期生、3期生、6期生9期生の卒業生が遊びに来てくれ、懐かしい教室や教員との再会に感激していました。








「五感で感じるミャンマーの魅力」・・・ミャンマーの歴史、文化、医療事情についてシトウリンさんが説明してくれました。

リレーメッセージin看護161-2.jpg
リレーメッセージin看護161-3.jpg




ミャンマーは男女ともに日常的に民族衣装のロンジーを着るそうです。身体にフィットした筒状のロングスカートですが、これを着て自転車やバイクに乗るそうです。仏塔が無数に広がるバガン遺跡やパワースポットのゴールデンロックなど、是非行ってみたいと思いました。

在学生や一般の方々が大勢参加され、興味深く聞き入ってくださいました。

リレーメッセージin看護161-4.jpg
リレーメッセージin看護161-5.jpg

シトウリンさんの歌に合わせて、ティティモーさんがダンスを披露しました。

リレーメッセージin看護161-6.jpg
リレーメッセージin看護161-7.jpgリレーメッセージin看護161-8.jpg

ミャンマーの伝統化粧品「タナカ」をつけてもらうクラスメート。

「タナカの木」を水で磨り潰してペースト状にしたもので、日焼け止め効果があるそうです。

リレーメッセージin看護161-9.jpg


リレーメッセージin看護161-10.jpg
リレーメッセージin看護161-11.jpg
リレーメッセージin看護161-12.jpg

ミャンマーのお菓子やモンゴルチョコを試食しました。



モンゴルの文化や医療事情については、ゾリグトバートル ウルジーボヤンさんが説明してくれました。

モンゴルの民族衣装はデールというそうです。

リレーメッセージin看護161-13.jpg
リレーメッセージin看護161-14.jpg

私たち教員もクラスメート達も異文化にふれ、さらに親睦を深めることができたと思います。 看護学科 中田智子

リレーメッセージin看護161-15.jpg
リレーメッセージin看護161-16.jpg

10月に入りましたがまだ暑い日が続きます。本学では、後期の授業が開始となりにぎやかな学生たちの声で活気づいています。今回は私、今川孝枝が担当している高齢者看護学実習Ⅱについて紹介させていただきます。

■高齢社会での看護

世界に類をみない速さで進む日本の高齢社会に対応していくために、高齢者看護は重要な位置づけとなります。

高齢者の意思を尊重し、死を迎えるその時までその人らしく過ごせることを支援する



■高齢者看護学実習Ⅱ

 3年次 3週間 長期療養型病院で実習しています。高齢者の方を受け持ち、本人・家族の思いを尊重し病院での生活を支援する方法を学んでいます。実習中は毎日、教員が病院に出向き実習指導者と一緒に学生の指導を行っています。実習途中には学校で、実習の学びを整理してわからないことや支援の方法などについて、グループメンバーで検討しています。

 

■写真は学校での様子です。受け持ち高齢者の病気や生活の様子など関連図にしたものを発表して学び合っています。
リレーメッセージin看護160-1.jpg
リレーメッセージin看護160-2.jpg

■この後、3年生は11月中旬まで実習があります。実習を1つ1つ乗り越えていく学生たちの成長を感じつつ、指導にも力が入ります。また、学生が受け持つ高齢者の方々から私自身が学ばせていただいています。

高齢者は様々な生活の歴史をもちながら生活をしている人であり、その人の健康生活を支援できる看護師を目指し教育方法を工夫していきたいと思います。
リレーメッセージin看護160-イラスト.jpg

今回のリレーメッセージ担当の荒木晴美です。

8月31日(土)、「健康寿命を延ばして介護知らず!~認知症と付き合う!」をテーマにUSPで地域つくりかえ講座を行いました。内容は「センサによる認知症予兆の早期発見!」、「認知機能低下予防運動コース」、「認知機能低下予防の臨床美術コース」、「認知症の方への接し方」、「認知症になっても元気で暮らせるために」です。今回は、私が担当した「認知症になっても元気で暮らせるために」について紹介させていただきます。

                       リレーメッセージin看護159 イラスト2.jpg


■認知症について

日本は高齢化が進み、それに伴って認知症の方も増えてきています。2025年には高齢者の5人に1人が認知症になると言われています。

 もちろん、食事や運動など生活習慣に気をつけて予防することは大事です。でも、それでも自分が認知症になったら、どこでどのように生活したいでしょうか。

 家でサービスを利用して暮らしますか? 家族に迷惑をかけるから施設に入りますか?

 私は認知症になっても家で暮らしたいと思っています。



■そのために、何が必要でしょうか。

まずは、認知症について理解することが必要です。認知症といってもいろいろなものがあり、症状もその人それぞれです。どのような認知症があるのか、どのように進行するのかなど知りましょう。

そして、自分が何を大切にし、どんな生活をしたいのか家族や周りに伝えておくことが、大切です。地域の人とのかかわりを大切にしておくことも大切です。

 

■地域づくりについて

あなたの地域はどんなところでしょうか。

認知症の人がおられたら優しくサポートしている地域でしょうか。それとも、認知症で徘徊していたり、ゴミの始末ができない人などがいたら、「早く施設に入れば」というような風土の地域でしょうか。

認知症の人は接し方次第で元気に暮らせます。あたたかく見守り適切な援助を受ければ、自分でやれることも増えます。認知症を理解して認知症の人も元気で徘徊できるような地域を作っていきませんか。まずは、認知症対策について話し合うことから始めましょう。            



■私が認知症になったら

 将来もしも認知症になったら、元気にパソコンを持って徘徊し若い人を見つけては、「認知症ってね・・・」と説明しているかもしれません。地域の人に見守られながら、堂々と徘徊できる地域になればいいなと思っています。その時は、よろしくお願いします。

8月も終わりに近づいてきましたが、今年も暑い日が続きましたね。

看護学科助手の柴田です。

さて、8月には基礎看護学実習Ⅰがありました。

入学した1年生の初めての病院実習でした。

1年生は実習が始めるまでに、さまざまな看護技術の演習をして、実習に臨みました。

リレーメッセージin看護158-①.jpg
リレーメッセージin看護158-②.jpg
リレーメッセージin看護158-③1.jpg

実習では、実際に患者さんに行われている援助を体験し、看護師に必要な知識・技術・態度について学びました。

1年生はスタートしたばかりの看護師への道のりです。

よりよい看護を学んでいけるよう、学生の皆さんをこれからもサポートしていきます。

リレーメッセージin看護158-4.jpg

あなどれないハンドマッサージ

 4月から着任いたしました坂東紀代美です。よろしくお願いいたします。今回はハンドマッサージについて述べます。皆さん、それぞれ「こころ」はどこにありますか?ある大学の看護学生に質問したところ、「胸」と答えた人が約80%、「心臓」と答えた人は5%、「脳」と答えた人は15%でした。自分の心があるところは自分の思うところどこでもよいといわれています。
157-1.2.jpg

ただし、

157-3-3.jpg


157-4.5.jpg
我が国の精神保健福祉(平成16年版)では『心の健康とは精神障害でないことはもちろんのこと、個人が社会の中でよい適応の状態において生活できること』と述べられています。私たちは人生の各段階に応じてそれぞれ特有の問題や困難があります。問題や困難が生じたときストレスが生じてきます。要因としては人間関係や仕事の忙しさ、環境の変化などがあげられます。ストレスは精神的健康を脅かし、脳の不調の結果として、不安、イライラ、不眠、集中の困難などが見られます。


今回リラックスの方法としてハンドマッサージを紹介します。

 ハンドマッサージの効果としては次の5つがあげられます。

  1. 血行が良くなり、冷え症を緩和                  

  2. こわばった筋肉がほぐれ、しなやかで巡りのよい体質に

  3. 老廃物や余分な水分を排出し、むくみを改善

  4. 脳が活性化

  5. ストレス解消効果

マッサージ方法はいろいろ紹介されています。私は無添加のハンドクリームや普段自分が使っているクリームで行うことをお勧めします。

157-6.7.8.jpg

一人でハンドマッサージを数分することで効果を感じると思います。二人で行うとお互いの心が近づくことでしょう。社会で生活していく私たちはストレスが無くなることはありません。日々できるだけストレスに対処し、心の健康を大切にしていきましょう。

157-9.10.jpg

             

 

       

今回担当します山﨑です。

6月8日(土)看護学科2年生が国際災害看護活動論でイタイイタイ病資料館・四季防災館へ行ってきました。

イタイイタイ病は日本の4大公害病の1つです。資料館では神通川(神の通る川と言われていた)流域の用水の水を使った住民がイタイイタイ訴え病院に行ったことからイタイイタイ病(カドニウムが原因で、細かな骨折を繰り返す病気)と名がついたこと、今も患者さんがおられることなど詳しく説明をしていただき、学生たちは、資料を基に真剣に話を聞いていました。



【イタイイタイ病資料館での様子】

四季防災館では煙体験や消火器を使った消火体験、地震体験、暴風雨体験などをしました。

富山県は災害が少ない県ではありますが、いつ起きてもおかしくない、看護を学ぶ学生として、一住民として何ができるか考えました。
7.156消火体験の様子(四季防災館).jpg
7.156暴風雨体験の様子(四季防災館).jpg



【四季防災館での災害体験】

国際災害看護活動論では国内外に問わず災害看護が起きているということをグループワークで学び、課外授業を通し体験し、学びあっています。

7.156グループワークの様子.jpg

【グループワークをしている様子】

最後に、学んだことをテーマごとにペープサートや劇を通し発表し共有もしています。


7.156グループ発表会の様子.jpg
7.156グループ発表会の様子1.jpg

毎日様々なニュースが新聞に載っています。しかしながら新聞の購読率は低いようです。

多くの学生がインターネットから情報を得る時代になってきているようです。

私は、東日本大震災が起きた際、福島県二本松市で1ヵ月保健師活動をしていた経験があります。ネットはつながらないそんな環境の中で自治会の運営もあり、定期的に避難所内での新聞を発行していました。紙で伝わる情報も大事です。今一度災害について考え、防災・減災について考え備えていく必要があると思います。また、各国からのメッセージや食料などの支援がありました。   

7.156-6.jpg7.156-7.jpg

 

医療安全管理1.jpg

◆科目名:医療安全管理論

◆授業担当:吉崎 寿美先生(西能病院 病院外来師長 医療安全管理者)



719日(金)、医療安全管理論では、特別講師として吉崎寿美先生(西能病院 病院外来師長 医療安全管理者)より講義を受けました。

この科目の学習教育目標は、看護・医療事故予防に関する知識・技術を習得し、安全な医療ケアが提供できるように、患者に存在する危険を認識する能力を持つこと。さらに危険予知能力を持つことの重要性や根拠を理解し行動できる実践力を身につけることです。


医療安全管理2.jpg
まず初めに、西能病院の取り組みをもとに、病院で働いている方の職種や医療安全を守る組織について紹介し、病院業務に関わる全ての人たちが安全管理の基本を理解し、協力する大切さについて話されました。

また、ヒューマンエラーが発生しやすい環境因子として多重業務や職員・部署間の連携不足、5Sの不備等をとりあげ、現代の医療界が抱える課題について触れ、まだまだ改善が必要であることを教わりました。

医療ミスの特徴として、高度なシステム不備によって生じる特殊な事故と思われがちですが、単純な確認ミスであることが多いことも教えてくれました。だからこそ、防止対策の基本である、「ハイリンリッヒの法則」、「スイスチーズ理論」、「環境システムの整備」をしっかり頭に入れ、当たり前の業務を当たり前にこなすことの大切さを学びました。

講義の中で、実際に医療ミスによって大きな悲しみに見舞われた実際の患者さんからのメッセージについて映像を見る時間もありました。

医療安全管理映像.jpg

映像を見た後に、グループワークを行い、何が原因だったのか、どうするべきだったのか、2度と起きないためにはどうすればいいか等、学生同士が意見を出し合い、発表する場面もありました。

医療安全管理グループワーク1.jpg医療安全管理発表1.jpg

学生たちは実際に被害にあった患者さんの悲しく、リアルな話を聞き、そして現場で働く先生からの講義を受けて医療安全管理の大切さを改めて感じ、理解を深めていました。

今回の講義を受け、これから先の実践の場に活かし、役立てていただきたいです。

◆学生の感想をご紹介します◆

「医療に関わる人間として、それぞれの経験や先入観にとらわれず、しっかり調べ、確認することの大切さを知りました。」

「患者一人一人と向き合い、忙しい時こそ業務を分担し、またチームみんなで症状を確認していくことが大切であると感じました。」

「医療ミスは単純なミスが多いということで、今基礎的なことをしっかり身につけ、確認、チームとの報連相をしっかり行わなければならないと思いました。」

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.