HOME » » 学科トピックス » 社会福祉学科/社会福祉専攻 » 【授業紹介】卒業生による講義が行われました(社会福祉専攻1年)

【授業紹介】卒業生による講義が行われました(社会福祉専攻1年)

1年生を対象とした「地域つくりかえ学」の授業で、「卒業生のつくり・つくりかえ・つくるに学ぶ」というテーマで2人の卒業生をお招きしました。

  北清 結唯さん(障害者支援施設 花椿きらめき・南砺市) 

  深山 綾香さん(常願寺病院 精神科デイナイトケアひだまり・富山市)

2019.06.卒業生①.jpg



最初に現在の仕事について紹介し、その後に短大生活を振り返って話してもらいました。

・短大に入って感じたこと、

・印象に残っていること、頑張ったこと

・実習に向けて

・2年間で自分が変わったと思うこと 入学から~卒業まで 

・就職・進学に向けてどのように動いたか

・今後の予定

入学当時のこと、サークル活動、アルバイト、実習のこと、ソーシャルワーク・心理学研究に取り組など、泣いたり笑ったりした日々の話を1年生は真剣に聞いていました。

2019.06.卒業生②.jpg

北清さんは働きながら実務経験2年で社会福祉士の試験を受け合格、深山さんも公認心理師の試験に1回で合格しました。

このような素晴らしい面をもちながら、今までの人生の山あり谷ありの出来事を含めて、どのように「つくり・つくりかえ・つくる」をしてきたか話してくれました。教員も知らなかった学生時代の内面の話は1年生の心に響いたようでした。

2019.06.卒業生③.jpg


2019.06.卒業生④.jpg

逞しく成長し、後輩たちに福祉や心理への熱い思いを語る卒業生に、圧倒される思いでした。改めて学生の成長する可能性を感じた一時でした。

1年生にとっては卒業生の話に自分自身を重ねて、将来を考える良い機会になったのではないかと思います。

社会福祉専攻 准教授 松尾 祐子

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.