HOME » » 学科トピックス » 社会福祉学科/社会福祉専攻 » ソーシャルワーク研究・心理学研究発表会

ソーシャルワーク研究・心理学研究発表会

2月5日(火)社会福祉専攻2年生のソーシャルワーク研究・心理学研究発表会が開催されました。

この日、発表に臨んだ4名の学生は、社会福祉専攻で学んできた2年間の集大成として、自ら取り組んだ研究成果を発表しました。

【心理学研究】

■ 「幸福をつかむための自尊感情の築きかた」  石黒亜美

2018ソーシャルワーク研究・心理研究発表①、.jpg

■「ホームレスの人はなぜ援助されにくいのか?‐ネガティブな印象と件の感情が援助意思に及ぼす影響-」  西田裕弥

2018ソーシャルワーク研究・心理研究発表②、.jpg

【ソーシャルワーク研究】



■「愛着障害とその理解について」 折谷侑紀

2018ソーシャルワーク研究・心理研究発表③、.jpg



■「認知症カフェの継続要素に関する研究-地域包括支援センターの職員からの視点-」 

今井直美(共同研究者 高橋 雪那)

2018ソーシャルワーク研究・心理研究発表①.jpg



発表者の発表を真剣に1・2年生も聞きながら、各学年からの質疑応答もあり、充実した発表会となりました。



竹ノ山学科長から、「発表者が取り組んだ研究テーマは、それぞれが問題意識を持って選んだテーマであり、それだけに自ら情熱を持って多大な労力と時間を費やして情報収集し、調査や実験に取り組んだ成果として、本日、発表されたものです。これこそが主体的な学びの実践ではないでしょうか。

2018ソーシャルワーク研究・心理研究発表⑤.jpg


ここにこそ学ぶ喜びと素晴らしさがあると、私も感じましたし、発表者本人たちも感じたと思います。

学ぶことは、いつでもどこでも実践することができます。これからもぜひ続けていってください」と、エールを頂きました。



最後には、社会福祉専攻の教員より、学生たちへ心に響く講評を頂きました。



発表者の皆様、お疲れ様でした。初めての研究で戸惑う部分が多々あったと思いますが、この経験を次へ活かし、成長して下さい。

社会福祉専攻 中村 尚紀

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.