HOME » » 学科トピックス » 看護学科 » 祝 内定報告【第3報】<キャリア開発・支援課>

祝 内定報告【第3報】<キャリア開発・支援課>

キャリア開発・支援課からの 内定報告【第3報】!

看護師として黒部市民病院に内定が決まった阿知良さんに、今の気持ちを伺いました。

看2阿知良.jpg

看護学科 3年  阿知良 希 さん

内定先:黒部市民病院

Q1.就職内定おめでとうございます。今の気持ちを教えてください。

A1.嬉しい気持ちと安心の気持ちでいっぱいです。

Q2.就職活動を振り返って思うことは何ですか?また、志望理由も教えてください。

A2.病院見学会に参加し、実際に病院の雰囲気を見ることができたので良かったです。
 志望理由は、自宅から近く幼いころから通っていた病院であったこと。新川医療圏の基幹である黒部市民病院で、看護師としての技量をより高めていきたいと思ったからです。

Q3.内定を勝ち取った要因は何だったと思いますか?就職の為に行ったことはありますか?

A3.面接で自分の長所である元気でハキハキしているところを存分に発揮できたからだと思います。集団面接であったため、他の受験者よりも声を出してはっきりと話すこと、背筋をしっかり伸ばして落ち着いていることで、少しは自分の良い印象を残せたのではないかと思います。

Q4.どんな社会人を目指しますか?

A4.私の身近には、仕事のプロフェッショナルの方がたくさんいて、憧れと尊敬でいっぱいです。私もその方々のように、早く一人前になって自分の仕事にやりがいとプロ意識を持った社会人になりたいです。

Q5.後輩へアドバイスやメッセージをお願いします。

A5.緊張や不安でいっぱいになるときもあると思いますが、自分の言葉でしっかりと伝えようとする姿が大事だと思います。頑張ってください!

阿知良さん、素敵な笑顔でインタビューに答えてくださりありがとうございました。

キャリア開発・支援課では、学生の就職状況について、今後も随時報告いたします。

アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.