HOME » » 学科トピックス » 社会福祉学科/社会福祉専攻 » 【授業紹介】相談援助演習Ⅳ(社会福祉専攻2年)

【授業紹介】相談援助演習Ⅳ(社会福祉専攻2年)

H30年10月26日

「相談援助演習」は1年の前期に始まり、2年間継続して行われる演習形式の科目です。社会福祉の知識(理論)を基に、実際の援助場面(実習)で活かすためのコミュニケーション力や相談援助力を身につけることを目指しています。

授業ではグループワークやロールプレイなどを取り入れ、学生が積極的に授業に参加しています。


今回の授業は、2年生が3~4人のグループとなり、今まで学んできた施設や相談機関や地域にある学校などの社会資源を、模造紙を使って整理しました。



相談援助演習Ⅳ-1.jpg相談援助演習Ⅳ-3.jpg

模造紙の真ん中に「人」、その周りに同心円を書き、それを4つの分野(高齢、障害、児童、その他)に分けました。次に「特別養護老人ホーム」「障害者支援施設」「児童養護施設」「高校」などの社会資源を書いた付箋を、身近にたくさんあるものは中心の「人」の近くに、県に1つある施設の付箋は一番外側の枠に置きました。



相談援助演習Ⅳ-5.jpg

   
    

[ 学生の感想 ]

・自分が住んでいる地域の社会資源や特性が分かり面白かった。これを機会に自分が住んでいる地域にある他の施設も調べてみたいと思った。

・地域にある様々な分野のサービスを知ることにより視野が広がった。

・私たちが知らないだけで地域には様々な社会資源があることが分かった。数が多く身近にあるものは需要が大きいと思いました。

・薬局の数を調べたら多くて驚いたが、地域には必要不可欠なのだと思った。



最初は少し戸惑っていた学生も、付箋を書き模造紙に置いて整理していくうちに地域がそのような社会資源によって構成されているか、少しずつ理解していったように思います。今まで学んできた社会資源の整理につながったのではないかと思います。



社会福祉専攻 講師 松尾 祐子

アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.