HOME » » 学科トピックス » 看護学科 » リレーメッセージin看護―134

リレーメッセージin看護―134

看護学科 炭谷英信です。

今1年生たちは「看護技術Ⅰ」でフィジカルアセスメントについて学習しています。

「フィジカル」とは「身体」、「アセスメント」とは「評価」とその方の体の状態を評価することを学んでいます。先日は呼吸器、循環器の聴診を人形や学生同士で行いました。

実際の正しい音、身体の異常を知らせる音を聞き分けるには知識も必要ですがその音を聞いていくことが必要です。

看護学科では実際に人形を使い学生に身体の異常を知らせる音を聞いてもらっています。

フィジコ.jpg

「この音はあの音だ」、「この音はわからなかった」と学生の中でも新たな経験として体に入ったと思います。

私はこの学校出身なのですが私の学生のころはこの人形2体しかなく取り合いでした。

今福短では全部で5体あり学生たちに満遍なく機会を与えられています。

ここからもっといろんなことを経験し知識とあわせていってほしいです。

卒業生としては今の学生がほんとうらやましい限りです...

アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.