HOME » » 学科トピックス » 社会福祉学科/介護福祉専攻 » 元気になるクリスマスパーティーを行いました

元気になるクリスマスパーティーを行いました

12月20(水)、本学Uホールで、「元気になるクリスマスパーティー~学生と一緒にベトナム料理を食べよう~」が行われ、射水市大江地区の65歳以上の方々30名にご参加いただきました。

富山福祉短期大学では、全学科の1年生が必ず履修する科目として「富山コミュニティー論」を実施しており、地域の課題を理解することが学習の目標となっています。

このたび射水市より「"きららか100歳体操"を広めたい」という地域課題の提案をいただき、特に、大江地域での普及を要望されたため、本学介護福祉専攻・宮嶋先生のゼミの学生が中心になり、大江地区の方々をお招きして今回のクリスマスパーティーを開くことになりました。

また、射水市地域福祉課および大江地区を担当されている小杉・下地域包括支援センターの職員の方々と協力して、今回のパーティーは行われました。
宮嶋先生.jpg学生司会.jpg
会場には、射水市のキャラクター、ムズムズくんも駆けつけてくれました。
そのムズムズくん・学生も一緒に、射水市が昨年制作したDVDを見ながら "きららか100歳体操"を行いました。じっくり行うと45分ほどかかる体操で、楽しい劇やワンポイントアドバイスなどもあり、楽しく体操を行うことができました。
ムズムズ.jpg100歳体操1.jpg100歳体操2.jpg100歳体操3.jpg
続いて、射水市地域福祉課 島崎様から"きららか100歳体操"の説明や実施について説明がありました。この体操は、昨年射水市で推進がスタートし、射水市内では今年に入って100グループが取り組んでいるそうです。週1回グループで集まって実施し、5名以上のグループには市からの支援もあるそうです。筋力をアップできる体操で、DVDを見ることができ、できれば椅子が用意できる環境があれば、手軽に実施できます。継続にはグループで集まって行うのが一番効果的なのだそうです。
包括説明.jpg
地区代表の方からもお話がありました。
地区代表.jpg
今回のパーティーでは、体操のほかに、ベトナムスイーツを食べながら歓談をする時間も企画されていました。本学の介護福祉専攻には、今年度ベトナムからの留学生が入学しており、彼らの国のお菓子やコーヒーが用意されていました。加えて、前日から材料を買い出しに行き準備し、体操中に調理室で調理した手作りの"揚げ肉まん"が会場に運ばれました。もち粉・豚肉・きくらげ・ねぎなどが材料で、油で揚げたものでした。
参加して下さった方々は、めずらしいベトナムのスイーツや料理を楽しみながら、学生たちと歓談し、楽しい時間を過ごしました。
交流1.jpg交流2.jpg交流3.jpg

学生たちも、地域課題に取り組み、実際に市の担当の方と連携したり、地域の方々と触れ合うことで、大きな学びとなりました。このパーティーの様子も含め、科目の最後には報告会も予定されています。

大江地区の皆様、ご参加ありがとうございました!
今回の楽しいパーティーをきっかけに、大江地区でも "きららか100歳体操"を始めるグループが生まれることを願っています。




アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.