HOME » » 学科トピックス » 看護学科 » リレーメッセージin看護―124

リレーメッセージin看護―124

124gou-1.jpg



こんにちは

124回を担当します小児看護学・基礎看護学の堅田です。



 早いもので今年も2週間をきりました。12月を師走と言いますが、では師走とは何か・師走の語源は何か、疑問に思い調べてみました。

 師走の語源には諸説あり、正確にはわかっていない様です。そこでここでは、現在のところ有力視されている説を紹介します。


師(僧)が走る説

 僧とはお寺のお坊さんのことです。日本には昔から年末になるとお坊さんに自宅まで来てもらい、お経を唱えてもらう風習がありました。

 そのため、年末が近付くとあちこちから依頼がくるお坊さんは、東西を行ったり来たりと大忙しになります。その様子を見て「師が馳せる」から師走になったという説です。


 今回は師走の忙しい中、学生達がどのように過ごしているかご紹介したいと思います。



 1年生は入学して早8ヶ月が過ぎました。9月から回復促進援助技術科目を学んでいます。この科目は健康回復促進に必要な「症状・生体機能管理技術」「創傷管理技術」「治療・処置に伴う援助技術」「与薬の技術」「救急救命処置技術」についての基本的援助技術を習得できることを目的にしています。


 11月下旬より、回復促進援助技術の中でも侵襲を伴う看護技術「与薬の技術」を学んでいます。与薬にあたっては、医師の指示に基づいた薬物を、安全かつ確実に投与されることが求められます。学生達は初めて針を使った演習であり、緊張度が増す演習でもあります。真面目に事前学習に取り組み、真剣な表情で演習に取り組んでします。

   

124gou-2.jpg



 2年生は、11月27日より高齢者看護学実習Ⅰが始まりました。この科目は、人生の最終ステージを生きている高齢者の特性を理解し、その生活を支援する方法と、看護が果たす役割について学ぶことを目的としています。
 学生達は介護老人福祉施設・介護老人保健施設で3週間の実習を行います。2年生になって2回目の実習であり、高齢者との関わりを通して多くの学びを得ることを期待しています。


 この写真は学内での風景です。1週間施設で学んだことを振り返り、今後の課題を明らかにするため、グループ間で情報交換やテーマに基づきディスカッションをしています。

124gou-3.jpg 


 3年生は、11月17日で3年間最後の実習である総合実習を終えました。現在は国家試験合格に向けて最後の追い込みの時期です。

 本学では学習強化のため、各領域担当教員による補修講義をおこなったり、学習環境を確保するため、AD担当教員の研究室・会議室・演習室等を開放し、夜間学習のため施設の開放時間を延長したりなど、国家試験合格100%を目指し、支援体制を強化しています。

 
 国家試験全員合格を願うと共に、3年生の新たな出発に向けて教職員一同今後も支援して行きたいと思います。

124gou-4.jpg


アーカイブ

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.